入会キャンペーンがお得なクレジットカードを徹底解説!

クレジットカードに入会することで、カード会社からポイントやマイルの特典を受け取ることができる入会キャンペーン。

どうせクレジットカードに入会するのであれば、沢山のポイントやマイルを貰って得したいものですよね。

今回は入会キャンペーンがお得なオススメのクレジットカードを紹介していきます。

また、以下のような入会キャンペーンに関する様々な疑問にも答えていきます。

  • 特典の受け取りにお金がかかるんじゃないの?
  • 入会キャンペーンがよりお得になる時期は?
  • 入会キャンペーン利用時に注意すべき点は?
  • クレジットカードの入会キャンペーンではポイントやマイルが貰える

    カード会社は、カードの新規入会者に対してポイントやマイルといった特典を進呈する、入会キャンペーンを行うことがあります

    理由は新規の顧客を獲得するためです。

    カード会社は顧客を獲得するために費用を投じて入会キャンペーンを行うのです。

    具体例を挙げると2019年3月18日時点では以下のような新規入会キャンペーンが行われています。

    クレジットカードの入会キャンペーンは各社競って行っています。

    そのため「どのカードの入会キャンペーンがお得なのかがイマイチ分かり辛い」という方もいるでしょう。

    そこで次はまねーぶオススメの入会キャンペーンがお得なクレジットカードを紹介していきます。

    入会キャンペーンがお得なオススメクレジットカード5選

    ここでは新規入会キャンペーンがお得でかつクレジットカードのスペックも高いオススメカードを5枚紹介していきます。

    新規入会キャンペーンに重点を置いてクレジットカードを選びたい方は、ぜひ以下の5枚のなかから申し込むカードを選ぶことをオススメします。

    ※詳細へジャンプをタッチするとカードの詳細情報のある位置へジャンプできます。

    VIASOカード

    VISAOカードは入会キャンペーンで最大10,000円相当のVIASOポイントが貰えるクレジットカードで、年会費は無料となっています。

    VIASOカードは貯まったポイントを自動キャッシュバックしてくれるのが特徴で、キャンペーンで貰ったポイントはそのまま銀行口座に振り込まれます。

    つまり、現金で10,000円を入手できるということになります。

    ポイント還元率は0.5%(1,000円利用で5円相当のポイントが貯まる)で、特定の携帯・プロバイダ・ETC料金の支払いはポイントが2倍になります。

    オリコカード・ザ・ポイント

    オリコカード・ザ・ポイントは年会費無料ポイント還元率が1%(100円利用で1円相当のポイント付与)の高還元カードです。

    さらに入会6ヶ月間はポイントが2倍になり、ポイント還元率は2%となります。

    貯まったポイントはAmazonギフト券やファミリーマートお買い物券、Tポイントなどに交換することができます。

    そんなオリコカード・ザ・ポイントに入会すると、キャンペーンで最大8,000円相当のオリコポイントを貰うことができます

    楽天カード

    楽天カードは年会費無料ポイント還元率1%の高還元カードです。

    100円利用につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まり、貯まったポイントは楽天市場を始めとする楽天サービスで1ポイント1円として利用できます。

    また、デイリーヤマザキやマクドナルド、ツルハドラッグ、出光などの楽天ポイント加盟店でもポイント利用が可能です。

    楽天カードは現在入会キャンペーンを行っており、最大5,000ポイントの特典進呈を受けることができます

    JALカード

    JALカードは入会後1年間は年会費が無料になるクレジットカードです(通常2,160円)。

    100円利用につき1JALマイルを貯めることができ、さらにファミリーマートやイオンなどのJALカード特約店なら2倍のマイルが貯まります。

    ※ショッピングマイル・プレミアムに入会している場合(年会費3,240円+税)

    また、毎年初回搭乗ボーナス(1,000マイル)などの各種ボーナスマイルも用意されており、カード利用以外の形でもお得にマイルを貯めることができます。

    そんなJALカードは現在最大2,050マイル付与の入会キャンペーンを実施中。

    VISAとMasterCardならWチャンスで最大5,500マイルの特典進呈も受けることができます。

    貯めたマイルは6,000マイルから国内の往復チケットに交換することができるので、入会キャンペーンの特典だけで飛行機代を浮かすこともできます。

    ANA VISAカード

    ANA VISAカードはカードを利用するとマイルが貯まる(100円利用で1ANAマイル)、年会費初年度無料(通常2,000円+税)のカードです。

    ANAカードマイルプラス提携店・対象商品での利用ならマイルが1.5~2倍になるほか、各種ボーナスマイルでもANAマイルを貯めることができます。

    また、今なら最大10,000マイルプレゼントの入会キャンペーンも行われています。

    ANAマイルは5,000マイルからANA国内線特典航空券と交換可能なので、入会キャンペーンのマイルですぐに国内旅行のチケットを入手することも可能です。

    年会費無料のカードでも入会キャンペーンは受けられる

    クレジットカードの入会キャンペーンは楽天カードなどの年会費無料カードでも受けることができるので、申込者の方は無料でポイントやマイルの進呈を受けることもできます。

    これは年会費無料のクレジットカードで入会キャンペーンを実施しても、カード会社は儲かると踏んでいるためです。

    では年会費無料カードを発行している会社は、どうやって入会キャンペーンを行いつつ儲けることができているのでしょうか?

    次はその点をご理解頂くために、クレジットカードのビジネスの仕組みを説明していきます。

    入会キャンペーンを行っている年会費無料カードでもカード会社は収益を上げられる

    カード会社は入会キャンペーンを行っている年会費無料カードを発行しても、利益を上げることができます

    これはカード会社の主な収益に加盟店手数料やリボ払い・分割払いの手数料があるためです。

    それぞれ解説していきましょう。

    加盟店手数料

    加盟店手数料とは、カード発行会社がカード決済を利用している小売業者から貰える手数料のことです。

    例えば、カード利用者がコンビニで昼食代1,000円を利用した場合、カード会社は1,000円の内の一定の割合を、コンビニから手数料として貰うことができるのです。

    リボ払い・分割払いの手数料

    リボ払い・分轄払いの手数料とは、カードの利用者が分割払いやリボ払いを利用した際に発生する料金のことです。

    つまり、カード会社は加盟店手数料や分割払い・リボ払いを利用する一定の利用者から利益を得ることで、ビジネスを成り立たせているのです。

    そのため、リボ払い・分割払いを利用しない限りはカード利用者に金銭的負担がかかることはありません。

    クレジットカードの入会キャンペーンは無料でマイルやポイントが貰えるお得な活動なのです。

    では、カードの入会キャンペーン特典は繰り返し受け取ることができるのでしょうか?

    入会キャンペーンを受けられるのは基本1回限り

    クレジットカードの入会キャンペーン特典を受けられるのは基本的には1回目の入会時のみです。

    そのため、特典を受け取って解約し、同じカードに再入会して再び入会キャンペーンの特典を受け取ることはできません。

    ただし、過去に審査落ちをして再申し込みで入会できた場合は、入会キャンペーンの対象になります。

    入会キャンペーンがお得な時期は基本的にはない

    「クレジットカードの入会キャンペーンって時期によってお得度が違うの?」

    クレジットカードの入会キャンペーンに関して多くの方がこのような疑問を抱くのではないでしょうか?

    どうせクレジットカードに入会するなら入会キャンペーンが最もお得な時期に申込みをしたいですよね。

    しかし、クレジットカードの入会キャンペーンに関しては、時期によってお得度が異なることは殆どありません

    カードによっては突発的に期間限定で入会キャンペーンの内容がグレードアップすることもありますが、このタイミングを待つのはあまり得策ではありません。

    クレジットカードの入会キャンペーンは突発的に終了する可能性もあるためです。

    入会キャンペーンが突発的に終了すること考え、欲しいカードはすぐに申し込むようにするのがオススメです。

    入会キャンペーンで注意すべき6つのこと

    ここではクレジットカードの入会キャンペーンを受け取るうえで注意すべきことを紹介していきます。

    入会キャンペーンの利用で注意すべき点は以下の6つです。

    ✅付与されるポイントの有効期限が短い
    ✅特典を受けっとてすぐ解約すると社内ブラックに載る
    ✅払った年会費は戻ってはこない
    ✅解約のタイミングによっては特典を貰えなくなる
    ✅特典の付与は数ヶ月後になることも
    ✅入会キャンペーンの特典内容は申込み方法によって異なる

    以下でそれぞれ詳しく解説していきます。

    付与されるポイントの有効期限が短い

    カードの入会キャンペーンで貰えるポイントは有効期限が切れるまでの期間が短い場合があります

    というのも、入会キャンペーンで貰えるポイントは通常ポイントではなく期間限定ポイントである場合があるからです。

    例えば、ヤフーカードはお買い物で貯まるポイントは通常ポイントで、有効期限は最終利用日から1年後となっています。

    一方で、入会キャンペーンで貰えるポイントは期間固定ポイントで、こちらは有効期限が申込月を含む5カ月目の15日となっています。

    このようにクレジットカードの入会キャンペーンでは、貰えるポイントの有効期限が通常よりも短くなっているケースがあるので注意しましょう。

    特典を受けっとてすぐ解約すると社内ブラックに載る

    クレジットカードの入会キャンペーンを受けってすぐにカードを解約するのはやめておきましょう

    入会後すぐに解約すると、社内ブラックと呼ばれる、企業が自社内(系列企業を含む)で利用するために作成しているブラックリストに載ってしまうためです。

    クレジットカードの入会キャンペーンはカード会社が多大な費用と投じて行っています。

    そのため、カード会社はカードを利用してもらえる見込みのない申込者には可能な限りカードを発行したくないと考えるのです。

    カード入会後にすぐ解約する申込者は利用する気がないお客ということになります。

    そのため、カード会社はそのような利用者を社内ブラックリストという形で記録に残し、二度とカード審査に通過しないようにするのです。

    カード入会後は次年度の年会費がかかるまでは保有し、また、定期的に少額で良いので利用することをオススメします。

    払った年会費は戻ってはこない

    クレジットカードの年会費を払った場合、その金額はどのようなことがあっても払い戻しがされないので注意しましょう。

    年会費を支払った場合、たとえその翌日にカードを解約しても年会費は戻ってきません。

    入会キャンペーンを受け取ったカードで年会費を払いたくないのであれば、年会費がかかるタイミングをしっかりと把握しておきましょう。

    ※もちろん、気に入ったカードであれば、年会費を払って引き続き利用して問題ありません。

    解約のタイミングによっては特典を貰えなくなる

    クレジットカードは解約のタイミングによっては入会特典を貰えなくなるので注意しましょう

    例えば、オリコカード・ザ・ポイントの入会キャンペーンの特典は、ポイントプレゼント時点でカードが解約されている場合はプレゼントが行われません。

    このように解約のタイミングによっては折角の入会キャンペーンの特典を受けられなくなるので注意しましょう。

    特典の付与は数ヶ月後になることも

    クレジットカードの入会キャンペーンの特典付与は数ヶ月後になるケースがあります

    例えば、VIASOカードの場合はクレジットカード入会から半年後にポイントのプレゼントが行われます。

    入会キャンペーンの特典を早々に利用したい人も多いでしょうから、申し込むカードの特典付与タイミングは事前に把握しておくようにしましょう。

    入会キャンペーンの特典内容は申込み方法によって異なる

    クレジットカードの入会キャンペーンの特典内容は申込み方法によって異なります

    クレジットカードの申し込み方法によってカード会社の金銭的な負担が異なるためです。

    クレジットカードには以下の3つの申し込み方法があります。

    • ネット申込み:ネットで完結する申込み方法
    • 郵送申込み:提出書類の郵送が必要な申込み方法
    • 店頭申込み:お店で申込みを行う方法(カード会社の系列店舗等)

    ネット申込みの場合、カードの申し込みから審査完了までの間にカード会社はまったく人手を必要としません。

    それに対し、その他の申込み方法の場合、カード会社は人的コストを割かなければ審査を完了させることができないのです。

    郵送申込みの場合は書類の受け取りや審査にかける行為に人の手が必要になりますし、店頭申込みの場合は店舗にスタッフを置く必要があります。

    そのため、ネット申込みを利用してくれる申込者対しては、カード会社は郵送申込みや店頭申込みでかからなかったコスト分を入会キャンペーンで還元してくれる傾向がるのです。

    したがって、入会キャンペーン目当てでカードを申し込む人はネットからの申込みを心がけるようにしましょう。

    入会キャンペーンを確実に手にするための6つの申込みのコツ

    ここではクレジットカードの申し込みで、カードをより確実に入手するためのコツを紹介していきます。

    紹介する申込みのコツは以下の通りです。

    ✅申込みフォームをミスがないように記入する
    ✅虚偽の申告を行わない
    ✅一度に複数枚のカードには申し込まない
    ✅リボ残高は可能な限り減らす
    ✅キャッシングやローンなどの無担保借入の件数と金額を減らす
    ✅不要なカードを解約する

    それぞれ詳しく解説していきます。

    ミスがないように申込みフォームを記入する

    カード申込みの際は申込みフォームを記入ミスのないように入力しましょう

    審査の際に記入ミスが虚偽申告として扱われる可能性があるためです。

    申込者が記入ミスをした場合、カード会社はその情報が記入ミスなのか或いは虚偽申告なのか判断することができません。

    そのため、カード会社は申込内容にミスと思しき情報があった場合、その内容を虚偽申告として処理する可能性があるのです。

    クレジットカードはカード会社と消費者の互いの信用によって成り立つものです。

    そのため、申込み内容が虚偽申告として処理された場合は、カード審査に通過することができません。

    虚偽の申告を行わない

    カードを申し込む際は、年収や住所、職業等で虚偽の申告を行わないようにしましょう

    虚偽申告はばれやすく、また発覚した場合には必ず審査落ちとなってしまうためです。

    クレジットカードはカード会社と消費者の信頼関係に基づいて発行されます。

    そのため、カード会社は虚偽申告をした申込者を必ず審査落ちにします。

    さらに、カード会社は虚偽申告者を社内ブラックという社内(系列会社含む)で利用するブラックリストに載せるため、虚偽申告者はその会社のカードに二度と通過できなくなります。

    クレジットカードを申し込む際には虚偽申告は絶対に行わないことをオススメします。

    短期間に複数枚のカードには申し込まない

    「短期間で大量の入会キャンペーンの特典を受けたい!」と考えていても、短期間に複数のカードに申し込まないようにすることをオススメします

    短期間にカードを大量に申し込む行為は「多重申し込み」と呼ばれ、カード会社の審査における評価を下げる原因となるからです。

    具体的には、1ヶ月以内に3枚以上のカードに申し込む行為が多重申し込みにあたると言われています。

    カード会社はクレジットカードの申込み履歴を個人信用情報機関に記録し、その記録は全カード会社に共有されます。

    そのため、カード会社は申込者がいつどのカードを申し込んだのかを知ることができるのです。

    カード会社は多重申し込みを行っている申込者を、「金策に困っている人の可能性が高い」と判断するため、多重申し込みは審査に落ちる原因となってしまうのです。

    リボ残高は可能な限り減らす

    現在クレジットカードのリボ払いを利用しているあなたはリボ残高を可能な限り減らすことをオススメします

    リボ払いを利用している事実はクレジットカードの審査における低評価を招くためです。

    カード会社は個人信用情報機関を通じて申込者のリボ残高の有無と金額を把握することができます。

    カード会社はリボ払いを利用している申込者を「リボ払いの高い利息を払っている金融知識に疎い人」、「リボ払いを利用せざるを得なかった計画性の無い人」と判断します。

    そのため、現在の資金に余力のある人はリボ払いの残高を繰り上げ返済で無くしておきましょう。

    無くすことができなくても、残高が少なければ低評価の割合が下がると思いますので、可能な限りリボ払いの残高を減らしておくことをオススメします。

    キャッシングやローンなどの無担保借入の件数と金額を減らす

    キャッシングやフリーローンといった無担保借入の件数と金額を減らすことで、審査の通過率が上がります

    無担保借入はその件数と金額が多いほど、カード審査において低評価となってしまうためです。

    無担保借入とは担保のない借入のことで、カード会社は個人信用情報機関を通じて、申込者の無担保借入の件数と金額を把握しています。

    カード会社は無担保借入の件数や金額の多い申込者を「計画性のない人」「経済的信頼性に疑問符の付く人」と判断し、審査において低評価を下します。

    そのため、キャッシングやフリーローンといった件数や金額を減らすことは、カード審査における低評価の原因を取り除くことになるのです。

    具体的には以下のような無担保借入の合計件数を5件以下、合計金額を税込年収の20%以下に抑えるようにしましょう。

    無担保借入の例

    • カードローン
    • キャッシング
    • フリーローン
    • ブライダルローン
    • カーローン
    • 教育ローン

    不要なカードを解約する

    手持ちのカードが3枚以上ある場合は不要なカードを解約するようにしましょう

    不要なクレジットカードを解約すると審査に通過する可能性が上がるためです。

    カード会社は個人信用情報機関を通じて申込者の手持ちのカード枚数を知ることができます。

    カード会社としては、申込者には自社のカードを本命として利用して貰いたいと考えています。

    また、カード会社は申込者のカードの所有枚数が多いほど、その申込者が自社のカードを本命として利用してくれる可能性が低いと考えています。

    そのため、不要なカードがある場合は、そのカードを解約してから新規にカードを申し込むようにするのがオススメです。

    具体的にはカードの所有枚数は新規申込み分も含めて3枚以下になるようにするのが良いでしょう。

    JCBの「クレジットカードに関する総合調査」(2017年度)によると、クレジットカードの平均の保有枚数は3.2枚となっているためです。

    (前略)クレジットカード保有率は85.1%、保有者一人あたりの平均保有枚数は3.2枚となりました。(後略)

    JCBの「クレジットカードに関する総合調査」(2017年度)

    このデータから、申込者のカード保有枚数が新規申込み分を含めて平均保有枚数以下であれば、カード審査への影響は大きくないと思われます。

    一方で、平均保有枚数を超えると審査は厳しくなると考えられるので、3枚以上のカードを保有している人は、不要なカードを解約してから申込みするようにしましょう。


    関連記事

    記事一覧

    クレジットカードの審査

    学生のためのクレジットカード

    おすすめのクレジットカード

    マイルの貯まるクレジットカード

    クレジットカードの基礎知識

    クレジットカードの作り方