お金の参考書 クレジットカード

クレジットカード審査落ちの連絡は来るのか

クレジットカードを発行する時のイチバン嫌な時間が審査を待っている時ですよね。

受験の合否判定を待つ時のようなそわそわ感がどうしても審査期間には付きまとってしまうものです。

或いはなかなか審査結果が来ずに「あれ?もしかして審査に落ちてそれで連絡ないのかな…」と思っている方も多いかもしれません。

そんな精神を削る審査期間を少しでも楽に過ごすために、この記事ではあなたの審査に関する様々な悩みや疑問を解決していきます。

「そもそも審査落ちの連絡って来るの?」
「審査の結果ってどんな方法で届くの?」
「ぶっちゃけ審査期間の長いのは嫌だから即日発行のクレカってないの?」
「会社に関する問い合わせちゃってOKなの?」

などなど、あなたの頭を悩ませる疑問や悩みを1つ1つ解決していきたいと思います。

ぜひ本記事を読んで、クレジッカードの審査期間を少しでも楽に過ごせるようにして下さいね!

連絡は必ず来るの?クレジットカード審査の通知方法と通知結果を解説

「そもそもクレジットカードの審査結果の連絡って必ず来るものなの?」
「コスト削減のために審査落ちした人には連絡しないんじゃないの?」

クレジットカードの発行をこれからしようとしている方やクレジットカードの審査結果を待っている人の中にはこのような不安を抱えている人は多いと思います。

ですがその点は安心して下さい!

クレジットカードの審査結果の連絡は必ず来ます!

「なので連絡来ないけどどれくらい待っていないとダメなんだろう…」というアルバイトの合否を待つ時のような心配は必要ありません。

カードが発行されればカードと共に発行可決された内容を知らせる通知が届きますし、発行されないということになると発行否決の内容を知らせる通知が届くのです。

クレジットカードの審査結果は書面またはメールで電話はなし

さて、審査結果が必ず届くとなると気になるのが審査結果の通知方法だと思います。

実はこれにはいくつかのパターンがあるのですが、基本的には書面での通知となります。

申込書に記載した住所に、簡易書留本人限定郵便などで届けられます。

また、最近ではインターネット経由で申し込みをし、即日発行ができるクレジットカードも増えています。

Web上で発行手続きが可能なカードの場合には、メールで審査結果の通知が届くことが多いです。

メールは郵送料などのコストが抑えられますので、カード会社にもメリットが多いです。

なのでなかなか書面での通知が来ないと心配な場合には、登録したメールアドレスも確認してみましょう

で、多くの方は意外と思われるかもしれませんが、審査結果の通知が電話でくるということはありません。

「え?じゃあ何で申込書に電話番号を記載させられるの?」

そう思った方もいるでしょうが、申込書に記入する電話番号はあくまでも審査中の連絡用なのです。

クレジットカード発行否決の理由は非公開。トラブルの回避が目的

クレジットカードの審査は無事に通過していれば良いですが、発行否決になった場合にはどうしてもその理由が気になってしまうもの。

しかし、残念ながら理由は非公開なので知ることはできません。

また、電話で問い合わせても教えてもらえません。

カード会社が言えるのは「総合的な判断から発行否決になりました」ということのみです。

審査結果の通知が電話でされることはないと上に書きました。その理由の1つが、否決理由の非公開です。

電話で発行否決の通知をするとごく自然な流れで申込者に理由を聞かれることになります。

中には具体的な理由を聞かなければ納得しないという人もおり、トラブルに発展することが考えられるため、通知は書面かメールで行われているのです。

しかしだからといって発行否決の理由の一端でさえ知ることができないかというと、そうではありません。

というのも実は発行否決のヒントを自力で調べる方法があるからです。

それは個人信用情報機関への情報照会を利用することなのですが、こちらについては後ほど詳しく解説していきますね。

クレジットカード審査の期間は10日~14日間程度

さて、いったん個人信用情報機関への情報照会の話を置いておいて、次は審査期間についてのお話をしていきます。

これまででクレジットカードの審査結果の連絡は必ず来ることが分かりましたよね。

そうすると次に気になるのが審査期間はだいたいどれくらいになるのか?ということでしょう。

そこで次はクレジットカードの審査期間について解説していきたいと思います。

まず一般的にクレジットカードの審査期間は申込から10~14日間程度です。

ただしここで注意しておきたいのは、上記はあくまで一般的な話であるということ。

カード会社によっては即日発行が可能というところもありますし、最短で3日というところもあります。

逆に1ヵ月ほど必要というカードもあります。

なので上記はあくまで目安くらいに考えておいて下さい。

銀行系カードは審査期間が長い

ちなみに銀行系などステータス重視のクレジットカードは審査機関が長いのが普通です。

10~14日間は最低でも見ておかなければいけませんし、中には1ヶ月ほど必要というカードもあります。

審査期間が長いのは、それだけ審査が厳しいからです。

申込書の内容を精査していくと、どうしてもある程度の日数はかかってしまいます。

審査を待てない急いでいる人向け!即日発行可能なクレジットカードを紹介!

しかしそうは言っても「銀行系カードのように長い期間待っていられないよ!」と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかしご安心下さい!

クレジットカードの中には即日発行可能なものもあります。

そこで、ここでは即日発行可能でしかも即日受取が可能なクレジットカードをいくつか紹介していきますね。

即日発行可能なカードはここで紹介するものだけではありませんが、カード選びの基準にぜひ活用して下さい!

即日発行なら消費者金融系カード

銀行系カードやステータスカードの審査は1、2週間かかってきてしまいますが、独自基準の審査を設けている消費者金融系カードの場合、即日で審査結果を知る事ができます。

必要書類が揃っていれば申し込み後審査結果が通知されればすぐに無人のカード発行機でカードを受け取れます

これなら「審査期間にどのくらいかかるのか?審査否決だったのではないか?」というような心配をしなくてもすみますよね。

Webからの申し込みをする前に、3秒でカード発行ができるのか診断もしてくれますので(年齢・年収・カードローン他社お借入状況を入力するだけ)、ぜひ活用してみて下さい。

即日発行なら【ACマスターカード】

おすすめポイント
  • 年会費無料
  • 独自の審査基準でカードを発行する
  • WEBで発行可能か3秒診断ができる
  • 利用金額の0.25%を自動キャッシュバック
  • 支払い方法を柔軟に調整できる

エポスカードも即日発行が可能!ただし流通系は仮カードに注意が必要!

エポスカードvisaなど流通系のカードの中にも即日発行可能なものがあります。

ただし注意したいのは、申し込みしたその場で仮カードが渡されることもあるということです。

流通系カードの中には店頭で申し込みができるものもあります。そしてその場でカードを受け取ることができます。

ショッピングにすぐに利用してもらうのが目的のカードなのですぐに受け取れるのです。

ただし、仮カードはあくまでも仮のもの。

仮カードを受け取ってから本カードが届くまでの間、在籍確認などで会社に電話がかかってくるという可能性もあります。

仮カードを受け取っていてもその後必要になった手続きに対応ができないと、最終的に発行否決ということもあり得ますので要注意です。

ただ、「じゃあ流通系カードよりも消費者金融系カードのACマスターカードの方が良いの?」と言われたらそうではありません。

エポスカードはACマスターカードにはないものを持っているのです。いくつか例を挙げると次の通りです。

❶海外旅行傷害保険が自動付帯
❷全国10,000店舗以上のおトクな優待

まず❶ですが、エポスカードは海外旅行傷害保険が自動付帯しており、カードを持っているだけで海外旅行時のケガや病気などの補償をしてくれます。

またエポスカードでは「ロイヤルホスト」や「魚民」、「イオンシネマ」、「ビッグエコー」、「大江戸温泉」のほか、美容院やフィットネスなどでも優待を受けることができます。

こうした2つの特典はACマスターカードにはないので、カードに申し込む際にはよ様々なカードをよく比較して検討することが大切になります。

最短即日発行&受取が可能なクレジットカード【エポスカード】

おすすめポイント
  • 年会費無料!
  • 審査に通りやすいと噂のカード!
  • ETCカードの年会費も無料!
  • 海外旅行傷害保険つき!
  • レストランやカフェ、美容院などが優待価格でオトクに利用できる!

ここまで、最短で即日発行と受取が可能なカードを2枚紹介してきました。

「クレジットカードの審査期間が長いのは嫌!」という方は、ぜひ上で紹介したクレジットカードに注目してみる事をオススメします。

審査結果の連絡がなかなか来ない場合は問い合わせをしてみよう!

ここまでは審査期間に関する話題を扱ってきましたが、もしも審査結果の連絡がなかなか来ない場合はどうしたら良いのでしょうか?

その場合はまずはカード会社に直接問い合わせをしてみましょう。

申込書の控えを見ると問い合わせ先の電話番号が記載されていますので、そこへ審査結果が届いていない旨を伝え、どのくらいで届くか問い合わせをしてもらうのです。

また審査が今どの段階なのかインターネット上で問い合わせができるカード会社もあります

例えば三井住友VISAカードにインターネット経由で申し込みした場合にも、インターネット上での確認が可能です。

なので常に今どの段階かを知って安心したい場合には、インターネットで問い合わせができるカードを選ぶというのもアリですよ。

審査期間が長引く人は申し込み情報に問題がある可能性も

目安の審査期間が過ぎたのに結果の通知が来ない場合、申し込み情報に何らかの問題があるのかもしれません。

例えば申込書の勤続年数が1年未満だと、勤務先に在籍確認をします。

すると在籍確認をする時間だけ審査期間も長引きます。

また、収入が低い・賃貸に住んでいて居住年数が短い、という具合に申込者属性が弱い場合、カード発行をするかどうかの判断がぎりぎりラインになってしまうことがあります。

カード発行の判断はスコアリングシステムといって、申込書に書かれている属性と個人信用情報機関の記録を数値化して行われています。

数値がぎりぎりライン上の場合、審査が厳しくなるのでより審査期間が長くなるのです。

単純な書き間違いも審査期間が長引く原因です。

例えば勤務先情報を間違えていた場合、正しい情報を確認するためのやり取りに時間がかかってしまいます。

そしてその分審査期間が長くなってしまうのです。

何故発行されない!?発行否決になってしまう理由とは!

クレジットカードの審査に通る人と落ちる人は二極化しています。

落ちる人は何度も繰り返し落ちてしまうのがクレジットカードの審査なのです。

たった今「え?なんで?」と不安に思った方も多いことでしょう。

確かにこう言われてしまうと、自分は実は何度も繰り返し落ちてしまう側の人間なのではないかと不安になってしまいますよね。

そこで、ここではそんな落ちる人が何回も繰り返し落ちてしまう原因について解説していきたいと思います。

異動情報によるカード発行否決がある人

落ちる人は何度も繰り返し落ちてしまう

この原因となるのが異動情報というものです。

カード会社は申し込みがあると、申込者の情報を個人信用情報機関に照会します。

CICやJICCといった個人信用情報機関には、ローンの支払い状況やクレジットカードの利用履歴などの個人情報が記録されています。

ここに延滞などの金融事故の記録(=異動情報)があると、カードの発行がされることはありません。

なので過去にローンの延滞をした・カードの支払いをしなかったなどの金融事故を起こしている心当たりがあるのなら、まずは個人信用情報機関に情報照会してみましょう。

個人信用情報機関に情報照会をすればあなたに異動情報があるのかどうかが分かります。

しかし「でも…そんないきなり異動情報とか言われてもどこにどうやって個人信用情報機関に情報照会すればいいの?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか?

そのような疑問を抱えている方は「自分のブラック情報をチェック!個人信用情報の調べ方」の記事を参照してください。

こちらの記事に詳しく個人信用情報の調べ方を記載していますので、ぜひ読んでみて下さい。

異動情報があるなら消えるまで待とう

さて、もし異動情報が確認された場合どうすれば良いでしょうか?

まずすべきことはその記録が表示されないようにすることです。

そのためにはまずは支払っていないものをきちんと支払いましょう。

そうして後は待っているだけで異動情報はやがて表示されなくなります。

また異動情報の登録期間は下記の通りです。(一部のみ)
※詳しい情報については各個人信用情報機関のHPに記載されています

異動情報 CIC JICC 全国銀行個人信用情報センター
延滞 5年 1年 5年
代位弁済 5年 5年 5年
民事再生 5年 5年 10年
自己破産 5年 5年 10年

異動情報の種類によっても違いますし、3つある個人信用情報機関によっても記録の保管期間は違います。

異動情報を持っていてもカードは作れる!?

さて、ここまで書いてきて異動情報がある方の中にはこう思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「でも、異動情報があるけどどうしてもクレジットカードが欲しい!」と。

確かに異動情報があろうが無かろうが、欲しい人にとってはクレジットカードはどうしても欲しいものですよね。

そこでここではは異動情報がある人でも作ることができる可能性のあるクレジットカードを紹介していきたいと思います。

まず結論ですが、異動情報があってもどうしてもカードを取得したいのであれば、ACマスターカードに申し込むことをおすすめします。

独自の審査基準【ACマスターカード】

おすすめポイント
  • 年会費無料
  • 独自の審査基準でカードを発行する
  • WEBで発行可能か3秒診断ができる
  • 利用金額の0.25%を自動キャッシュバック
  • 支払い方法を柔軟に調整できる

他のカード会社では軒並み異動情報があるというだけで審査落ちします。

それでもACマスターカードなら審査通過する可能性がわずかにあるのです。

というのも、ACマスターカードは独自基準の審査をするカードだからです。

消費者金融系のクレジットカードなので、他ではカードがどうしても作れないという人の最後の砦とも言えますが、どうしてもクレジットカードが欲しい人には検討の余地があるカードです。

カード審査の通知は必ず届く。問い合わせも可能

ここで最後のまとめをしたいと思います。

繰り返しになりますが、審査の通知は必ず届きます。発行NGでもそれは変わりません。

それでも遅いなと思うと不安になってしまいますよね。

そんな場合にはまずはカード会社に問い合わせをしてみましょう。

審査結果の通知が届く目安の時期をカード会社の人から教えてもらうだけでも安心できます。

また、過去の異動情報が心配な場合には、個人信用情報機関に情報照会をしてみると参考になります。

照会した内容に異動情報の記録がある場合には、まずはその記録が表示されないようにすることに専念してください。

そのためには、過去の未払いを清算しなければいけません。

審査の通知がなかなかこないと心配になってしまうものですが、このように問い合わせをすれば解決できますよ。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション