お金の参考書 クレジットカード

クレジットカード審査落ちの連絡は来るのか

結論から言うと、クレジットカードの審査結果の連絡は必ずきます。

しかしそれでもクレジットカードに申し込みをしてから審査結果が分かるまでは、内心とてもドキドキしますよね。

  • 本当に審査に通過するのかな?
  • こんなに時間がかかるなんて審査落ちしているのかも?
  • 審査結果が分かるまでってどのくらいかかるもの?
  • 審査結果の通知ってどうやってくるのかな?
  • いつ頃結果が出るか知る方法はあるの?

こんな心配事をこれから解決していきます。
一般的に審査にかかる期間はもちろん、なかなか審査結果がこないときにどうすれば良いかまで解説します。

申し込みからカードが届くまでのお悩みを一気に解決していきましょう。

クレジットカード審査の通知方法と通知結果

クレジットカードの審査結果は、発行されてもされなくても必ず届きます。

カードが発行されればカードと共に発行可決された内容を知らせる通知が届きます。

発行されないということになると発行否決の内容を知らせる通知が届きます。

書面またはメールで結果通知

クレジットカードの審査結果の通知は基本的に書面です。

申込書に記載した住所に、簡易書留や本人限定郵便などで届けられます。

申込書には電話番号を記入するところもありますが、そちらはあくまでも審査中の連絡用です。

審査結果の通知が電話でくるということはありません。

また、最近では楽天カードなどインターネット経由で申し込みができるクレジットカードも増えています。

こうしたカードの場合には、メールに審査結果の通知が届くことが多いです。

メールは郵送料などのコストが抑えられますので、カード会社にもメリットが多いのです。

なかなか書面での通知が来ないと心配な場合には、登録したメールアドレスも確認してみましょう。

楽天カード

発行否決の理由は非公開

審査に無事通過していれば良いですが、発行否決になった場合に気になるのがその理由ですよね。

しかし理由は非公開なので知ることはできません。

非公開なので審査結果の通知には一切記載されていません。

また、電話で問い合わせても教えてもらえません。

カード会社が言えるのは「総合的な判断から発行否決になりました」ということのみです。

審査結果の通知が電話でされることはないと上に書きました。

その理由の1つが、否決理由の非公開です。

電話で発行否決の通知をするとごく自然な流れで申込者に理由を聞かれることになります。

中には具体的な理由を聞かなければ納得しないという人もおり、トラブルに発展することが考えられるため、通知は書面かメールで行われているのです。

発行否決の理由を知りたい場合には、後述する個人信用情報機関への情報照会を利用しましょう。

理由が具体的に書いてあるわけではありませんが、記録されている情報を見ることでヒントがみつかるかもしれません。

クレジットカード審査の期間

クレジットカードの審査期間は一般的に申込みから10~14日間程度です。

ただし、全てのカード会社でそれだけかかるというわけではありません。

カード会社によっては即日発行が可能というところもあるからです。

カード会社やカード会社の属する業種によって、どの程度の審査期間を考えておけば良いのか、目安をまとめます。

銀行系カードは審査期間が長い

銀行系などステータス重視のクレジットカードは審査機関が長いのが普通です。

10~14日間は最低でも見ておかなければいけませんし、中には1ヶ月ほど必要というカードもあります。

審査期間が長いのは、それだけ審査が厳しいからです。

申込書の内容を精査していくと、どうしてもある程度の日数はかかってしまいます。

即日発行なら消費者金融系カード

消費者金融系カードは審査が比較的やさしめで即日発行が可能です。

スピード発行を求めている人に人気で、最近はサラリーマンやOLにも利用者が増えています。

例えばアコムACマスターカードであれば、必要書類が揃っていれば申し込み後審査結果が通知されればすぐに無人のカード発行機でカードを受け取れます。

これなら、「審査期間にどのくらいかかるのか?審査否決だったのではないか?」というような心配をしなくてもすみます。

おすすめはACマスターカード

流通系は仮カードに注意が必要

セゾンカードなど流通系のカードも即日発行が可能です。

ただし注意したいのは、申し込みしたその場で仮カードが渡されることもあるということです

流通系カードは店頭で申し込みができます。

そしてその場でカードを受け取ることができます。

ショッピングにすぐに利用してもらうのが目的のカードなのですぐに受け取れるのです。

ただし仮カードはあくまでも仮のものです。

仮カードを受け取ってから本カードが届くまでの間、在籍確認などで会社に電話がかかってくるという可能性もあります。

仮カードを受け取っていてもその後必要になった手続きに対応ができないと、最終的に発行否決ということもあり得ますので要注意です。

セゾンカード

異動情報によるカード発行否決

クレジットカードの審査に通る人と落ちる人は二極化しています。

落ちる人は何度も繰り返し落ちてしまうのです。その原因が異動情報です。

カード会社は申し込みがあると、申込者の情報を個人信用情報機関に照会します。

CICやJICCといった個人信用情報機関には、ローンの支払い状況やクレジットカードの利用履歴などの個人情報が記録されています。

ここに延滞などの金融事故の記録(=異動情報)があると、カードの発行がされることはありません。

申し込みをしてもすぐに審査落ちしてしまうという人の場合、異動情報が記録されていることが原因の可能性があります。

審査結果の連絡が来ない場合の問い合わせ方法

審査結果の連絡がなかなか来ない場合、まずはカード会社に直接問い合わせをしてみましょう。

申込書の控えを見ると問い合わせ先の電話番号が記載されていますので、そこへ審査結果が届いていない旨を伝えどのくらいで届くか問い合わせをしてもらうのです。

審査が今どの段階なのかインターネット上で問い合わせができるカード会社もあります。

三井住友VISAカードにインターネット経由で申し込みした場合にも、インターネット上での確認が可能です。

常に今どの段階かを知って安心したい場合には、インターネットで問い合わせができるカードを選ぶというのも良いでしょう。

申込書や信用情報に問題があると審査期間は長引く

目安の審査期間が過ぎたのに結果の通知が来ない場合、申し込み情報や個人信用情報機関の信用情報に何らかの問題があるのかもしれません。

例えば申込書の勤続年数が1年未満だと、勤務先に在籍確認をします。

すると在籍確認をする時間だけ審査期間も長引きます。

また、収入が低い・賃貸に住んでいて居住年数が短い、という具合に申込者属性が弱い場合、カード発行をするかどうかの判断がぎりぎりラインになってしまうことがあります。

カード発行の判断はスコアリングシステムといって、申込書に書かれている属性と個人信用情報機関の記録を数値化して行われています。

数値がぎりぎりライン上の場合、審査が厳しくなるのでより審査期間が長くなるのです。

単純な書き間違いも審査期間が長引く原因です。例えば勤務先情報を間違えていた場合、正しい情報を確認するためのやり取りに時間がかかってしまいます。

そしてその分審査期間が長くなってしまうのです。

個人信用情報機関で異動情報を確認

異動情報とは金融事故情報のことです。

もしも過去にローンの延滞をした・カードの支払いをしなかったなどの金融事故を起こしている心当たりがあるのなら、まずは個人信用機関に情報照会してみましょう。

なぜなら、異動情報が原因で審査落ちが続いているかもしれないからです。

情報照会してみて特に問題が無いのであれば、通知が遅い理由は他のところにあると分かります。

異動情報がある場合には、それが原因で審査落ちしているということが分かります。

異動情報が確認された場合、まずすべきことはその記録が表示されないようにすることです。

異動情報の記録は5年間保存されますので、まずは支払っていないものをきちんと支払います。

その後5年間待てば異動情報は表示されなくなります。

個人信用情報機関での照会方法

個人信用情報機関にはCIC・JICC・全国銀行個人信用情報センターがあります。

この中でCICへの情報開示請求の仕方を解説します。

CICへの情報照会はインターネット・郵送・窓口で可能です。

インターネットでの照会は365日いつでもすぐに情報の確認ができるので早くて便利です。

手数料は1000円でクレジットカードで支払います。

郵送での照会は、まず信用情報開示申込書・本人確認書類・1000円分の定額小為替証書を郵送します。

その後10日ほどで情報が送られてきます。

窓口は平日のみの受付です。タッチパネル端末を操作して、その場で情報を受け取ります。

手数料は500円です。

 インターネット郵送窓口
受付日時365日24時間申し込みから10日程度で届く平日10:00~12:00、13:00~16:00
必要なものインターネット環境・クレジットカード契約に使った電話開示申込書・本人確認書類・定額小為替証書本人確認書類など
手数料1000円(クレジット払い)1000円(定額小為替証書) 500円(現金)

カード審査の通知は必ず届く。問い合わせも可能

繰り返しになりますが、審査の通知は必ず届きます。発行NGでもそれは変わりません。

それでも遅いなと思うと不安になってしまいますよね。

そんな場合にはまずはカード会社に問い合わせをしてみましょう。審査結果の通知が届く目安の時期をカード会社の人から教えてもらうだけでも安心できます。

また、過去の異動情報が心配な場合には、個人信用情報機関に情報照会をしてみると参考になります。照会した内容に異動情報の記録がある場合には、まずはその記録が表示されないようにすることに専念してください。そのためには、過去の未払いを清算しなければいけません。

審査の通知がなかなかこないと心配になってしまうものですが、このように問い合わせをすれば解決できますよ。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

未分類

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション