お金の参考書 クレジットカード

クレジットカードのリボ払いの仕組みと特徴を分かりやすく解説!

クレジットカードのリボ払いは毎月の支払額が一定になる支払い方法で、急な出費などで財布がピンチの時に役立ちます。ただ、その一方で使い方を間違えると大きな損を被る怖いものでもあります。

なので、リボ払いを利用する際にはリボ払いの仕組みをよく理解し、そのメリットデメリットをしっかりと把握しておく必要があります。

今回はリボ払いの利用を検討している方に向けて、リボ払いの仕組みやリボ払いのメリット・デメリット、使用上の注意点などを解説していきたいと思います。

ぜひこの記事でリボ払いの知識をマスターしてリボ払い地獄に落ちないようにしましょう。

リボ払いとは?

リボ払いとはクレジットカードの支払方法の1つで、毎月の利用金額に関わらず翌月の支払額が一定になるものです。

例えば1月に5万円利用したとしたとしましょう。この場合、一括払いなら翌月に5万円の支払いとなりますよね。しかし、リボ払いなら自分で設定した金額分だけの支払いで良いのです。

毎月1万円に設定していたとしたら、2月の支払額は1万円になるということです。では残りの4万円はどうなるのでしょうか?これは利用残高と呼ばれ、翌月以降に支払っていくことになります。

もし仮に2月以降はずっと買い物をしなかった場合は約4ヶ月かけて返済することになります。もちろんその間もカード利用はできます。、しかしリボ払いを利用した場合は先ほどの利用残高に金額が上乗せされる形となり、返済期間が延びます。

リボ払いは利息がかかる

ここまで読むと「なんだリボ払いって便利じゃん!」と思う方もいるかもしれませんね。確かにリボ払いは便利です。しかし、一括払いのように無料ではなく、その利用にはお金がかかってきます。

リボ払いは毎月利用残高に応じた利息を払う必要があるのです。利用残高の金額が高ければ高いほどその利息は大きくなり、逆に少なくなればなるほど小さくなっていきます。

なので、少ない金額をリボ払いしている間はそこまで苦しむようなことはありませんが、毎月の支払額よりも多い金額の利用をし続けていると、段々と利用残高の金額が大きくなり、それに合わせて利息も苦しいものになっていきます。

リボ払いには種類がある

また、リボ払いにはいくつか種類があり、大きく分けると定額方式、定率方式、残高スライド方式の3つになります。それぞれ簡単に紹介しておきます。

・定額方式…利用金額に関わらず一定の金額を支払う方式
・定率方式…毎月特定の日における借入残高に対して、一定の割合(%)を支払う方式
・残高スライド方式…後述

残高スライド方式は少し他の2つと経路が違うので、以下で詳しく解説します。

残高スライド方式とは?

残高スライド方式とは先ほどの定額方式や定率方式にスライド制というルールを導入したものになります。

なので、残高スライド制には残高スライド定額方式と残高スライド定率方式の2つがあります。スライド制とは、利用残高の金額に応じて支払い金額が増えていくルールのことです。

例えば定額方式なら、利用残高が5万円の時は毎月5,000円の支払いになりますが、利用残高が10万円になると毎月の支払額が1万円になったりします。定率方式の場合も同様で、利用残高に応じてその支払う割合(%)が上昇していきます。

このようにリボ払いには様々な種類があるので、リボ払いを利用する際はまず自分のカードの方式がどのようなものなのかを確認すると良いでしょう。

ちなみにリボ払いは細かく見ると10方式あるので、以下に各々の簡単な説明を載せておきます。別に読む必要はないですが、自分のカードの方式がよく分からない場合はここに戻って来て以下の表を確認すると良いでしょう。

元利定額リボルビング方式 毎月、指定した一定額を支払う方式。ただし、一定額から利息が引かれる。
元金定額リボルビング方式 毎月【指定した一定額+利息】の額を支払う方式。
元利定率リボルビング方式 毎月【借入残高+利息】の額に対して指定した割合(%)の支払いを行う方式。
元金定率リボルビング方式 毎月、借入残高に対して指定した割合(%)の額を支払う方式。ただし先に加えて利息を支払う必要性がある。
残高スライド元利定額リボルビング方式 毎月、利用残高に応じた一定額を支払う方式。ただし、一定額から利息が引かれる
残高スライド元金定額リボルビング方式 毎月、利用残高に応じた一定額+利息を支払う方式。
残高スライド元利定率リボルビング方式 毎月【利用残高+利息】の額に応じた一定の割合を支払う方式。ただし、支払額から利息が引かれる
残高スライド元金定率リボルビング方式 毎月、利用残高の額に応じた一定の割合を支払う方式。また、左記に加えて利息を支払う。

リボ払いは分割払いとどう違うの?

ここまでリボ払いは毎月の支払額が一定であることをお伝えしてきました。ではこのリボ払いは分割払いと何が違うのでしょうか?次はこの点について解説をしていきます。

まずはリボ払いと分割払いの違いを箇条書きで見てみましょう。

リボ払い:毎月自分が指定した額を支払う
分割払い:支払う額ではなく、支払い回数を指定する。

リボ払いは自分で指定した金額を毎月支払う方法で、追加で買い物(リボ払い)をするとせっかく減らした利用残高が増えるので、返済期間はあってないようなものとなっています。

対して、分割払いは支払い期間を自分で指定して毎月の支払いを行います。なので、毎月の支払額は指定した支払い期間に応じたものとなります。

もう少し具体的に言えば、分割払いは【代金÷指定した月数】が毎月の支払額になり、その支払いは月数でキッチリと終わります

リボ払いと分割払いの違いはざっとこのような感じです。さて、皆さんの中には「分割払いよりもリボ払いは怖いものである」というイメージを持っている方もいるのではないでしょうか?

それは実際のところ間違っていません。リボ払いは実際分割払いよりも怖いものなのです。では、一体リボ払いはどのようなところが怖いのでしょうか?次はその点について解説をしていきたいと思います。

リボ払いは一体何が怖いのか?

先ほど、分割払いは自分が指定した月数で代金を支払う方法だということをお話しました。また、それ故に支払いは指定した月数でキッチリと終わります。

リボ払いの怖さは、この支払い期間がキッチリと決まらないところにあります。というのも、リボ払いは利用残高を毎月一定額の支払いで減らしていく方法ですが、同時にその利用残高はカード利用(リボ払い)によって増えていきます。

なので、利用残高はなかなか減りませんし、その間はずっと利息を支払う必要があります。しかし、こうして言葉にすると難しいので少しシュミレーションをしてみましょう。

例えば、毎月5000円の返済額と決めていた場合、以下の通り買い物をしたとしましょう。

2018年10月
50000円の靴を購入
利用残高:50000円
2018年11月
20000円の服を購入
元金:4375円
利息:625円
支払額:5000円
利用残高:65625円
2018年12月
10000円のサングラスを購入
元金:4180円
利息:820円
支払額:5000円
利用残高:71445円

どうでしょう?毎月返済しているはずなのに、買い物をする度に利用残高が増えていますね。このように利用と支払いと利息とが密接に結び付いた仕組みがリボ払いの恐ろしいところなのです。

「でも使わなければいいじゃん?」

ここまで読んでこのように思った方もいるでしょう。そうです。カードでリボ払いを利用しなければ良いだけの話なのです。

しかし、それが難しいのです。そもそもお金に困ってリボ払いを利用したということは本人に金銭的な余裕がないわけです。

そのような金銭的に余裕が無い状態で翌月以降【利用残高+利息】を支払っていくわけですよね。これは非常に難しいことだと言えるでしょう。毎月の支出にプラスしてそれらを支払わなければならいのですから。

では次にそうした重い枷を背負ってしまうと人はどのような行動を取るでしょうか?収入を増やそうとする人もいますし、食費を減らす人もいるでしょう。

しかし、それは辛いものです。もし、そこにリボ払いという手段で支払いを先に延ばせる方法があったらどうでしょうか?多く人はリボ払いを繰返してしまうのではないでしょうか?

リボ払いが恐ろしいのはこのようなところです。分割払いは期間がキッチリ決まっているので、そうした甘えは許されません。しかしリボ払いは甘えることができてしまうのです。

要するに自分を追い込むことができないのですね。なので、リボ払いには可能な限り触れないのが得策なのです。

【後からリボ】は利用するな

また、リボ払いには「後からリボ」というサービスがあります。これは読んで字のごとく後からリボ払いに変更できるサービスです。

一括払いで支払ったもののやっぱりリボ払いにしたい時に、一括払いの支払いをリボ払いに変更できるのです。

エポスカードでは支払日の10日前頃までは後からリボが利用でき、しかも手続きはスマートフォンで簡単にできてしまうので、ついつい甘えがでると利用してしまいがちです。

このように「便利に支払い方法を変更できる」といった利便性が更にリボ払いの怖さを加速させています。

急な出費などでどうしてもお金が足りない時などは便利ですし、利用しても良いと思いますが、それ以外では絶対に使わない方が良いです。一回使うと癖になってしまいますよ。

リボ払いは精神の強い人にしかおすすめできない支払い方法

リボ払いは自分で返済計画を立てることができ、その立てた返済計画を忠実に実行できる!と言う強い精神の持ち主にしかおすすめできない支払い方法です。

しかし、事情があってリボ払いを利用せざるを得ない人もいるでしょうし、そういった方の中には自分にシッカリとブレーキをかけられる自信の無い人もいるでしょう。

そこで、もしやむを得ずリボ払いを利用する場合は次の2点に注意して下さい。

①まずしっかりと支払い計画をたてる

リボ払いを利用するならまずしっかりと返済計画を立てましょう。利用残高とかかる利息を予め計算し、月幾ら返せばいつまでに返済が終わるかを事前にシッカリと把握しておくことが大切です。

さらに上記に加え、支払いに必要なお金をどう調達するのか等の収入面での計画も必要です。

また、急な出費などもあるでしょうから、そうしたハプニングに対応できるよう余裕のある支払い計画を立てることも肝要ですね。

②一度決めた支払い計画を安易に変更しない

前述の通り、リボ払いは甘い罠が多く、気が緩むとすぐに支払い計画が崩れてしまいます。

「今月はリボでいっか」「今月くらいは支払いを減らしても大丈夫だろう」といった甘い考えは予め捨て、強い気持ちで支払い計画を守っていくようにしましょう。

さて、ここまでリボ払いの怖さを中心に解説を行ってきました。しかし、一方でリボ払いにはメリットもあります。次はその点について解説をしていきたいと思います。

リボ払いのメリット2つ

ここまで、リボ払いの怖さについてお伝えしてきました。でも、リボ払いにもメリットはちゃんとあります。止む無くリボ払いを利用する場合は次の2つのメリットをシッカリと活用するようにしましょう。

・ポイントやサービスにおける優遇がある
・本当に急な出費で家計が大変な時には頼りになる

それぞれ解説をしていきます。

ポイントやサービスにおける優遇がある

リボ払いの利息はカード会社の大切な収益源なので、各社リボ払いには力を入れています。なので、リボ払いの利用者はサービスによっては優遇を受けることができるのです。

実際にリボ払いで受けられるメリットの具体例を、三井住友VISAクラシックカードを例に紹介しておきましょう。

リボ払いでショッピング保険の適用範囲が広がる

三井住友カードが発行する三井住友VISAクラシックカードにはショッピング保険が付帯されています。

ショッピング保険とはカードで購入した商品が壊れたり、盗まれたりした場合に補償をしてくれる保険で、三井住友VISAクラシックカードには最高100万円の補償が用意されています。

このショッピング保険は別に一括払いでも適用になるのですが、一括払いの場合は海外で購入した商品限定となります。

しかし、これがリボ払いになると適用範囲が国内にまで広がるので、利便性がグッと高くなるのです。リボ払いを利用する際にはぜひ活用したいサービスと言えるでしょう。

「マイ・ペイすリボ」を利用するだけで様々な特典付帯

また三井住友VISAクラシックカードが提供するサービスに「マイ・ペイすリボ」と呼ばれる支払い方法があります。

「マイ・ペイすリボ」はショッピング1回払い利用分が自動的にリボ払いになる支払い方法で、この支払い方法を利用すると、以下の特典が付帯します。

・利用金額に応じて年会費が無料、もしくは半額
・ポイント2倍※リボ払い利息の請求がある月のみ対象

せっかくリボ払いを利用するのであればこのような優遇を見逃さず、積極的に利用していくことをおすすめします。

※ちなみに「マイ・ペイすリボ」は自動的にリボ払いにはなりますが、初回請求月までは利息がかかりません。つまり、設定金額に対して利用金額が低い場合は利息はかからないので、やり方次第によっては利息はかかりません。

またリボ払いはこのような優遇だけでなく、支払い方法自体にもちゃんとメリットがあります。次はその点を紹介していきましょう。

本当に急な出費で家計が大変な時には頼りになる

急に車が壊れて修理代が15万円かかる!でも手元にお金がない・・・。こういうピンチなときに頼りになるのがリボ払いです。

毎月の支払いに上乗せして請求が来るのではなく、一定額の請求となりますので、たとえ15万円利用しても支払額を3万円に設定しているのであれば、月々の支払いは3万円で済みます。

繰り上げ返済も可能なので、余裕が出てきたときは全額返してしまって利息を節約することも可能です。既に5万円分の明細(1回払い)があるというときも、後からリボを使えばすべてをリボ払いに変更して月々の請求額を調整することもできます。

リスクを考えると普段使用はあまりおすすめできませんが、いざというときにとても頼りになるのがリボ払いです。

さて、ここまでリボ払いのメリットについて解説をしてきました。リボ払いが必ずしも悪いことばかりではないことを理解して頂けたかと思います。しかし、やはりリボ払いは使わないに越したことはない手段には変わりません。

クレジットカードにはリボ払い以外にも支払額を調整する方法があるので、可能ならそちらを利用した方が良いでしょう。そこで、次からはリボ払い以外で支払いを先延ばしにできる支払い方法を紹介していきたいと思います。

何れもリボ払いよりはずっと安全なので、財布がピンチの時は積極的にかつ戦略的に利用していきましょう。

リボ払いよりはボーナス一括払いか2回払いを利用しよう

リボ払いを検討する前にまず考えて欲しい支払い方法が2つあります。それはボーナス一括払いと2回払いです。

この2つの支払い方法は利息をかけずに支払いを先延ばしにできるので、財布がピンチの人にはおすすめですよ。それぞれ用語を解説していきましょう。

ボーナス一括払い

ボーナス一括払いは、支払い月を夏や冬のボーナス時期にずらすことができます。例えば、8月にボーナス一括払いで購入した場合、支払い月を12月に指定することができます。

2回払い

2回払いは2ヶ月に分けて支払いをする方法です。例えば、15万円の支払いを75000円ずつ2ヶ月間で支払う、といった具合です。

このように利息無料で先延ばしにする方法はリボ払い以外にもありますので、こうした選択肢をまずは検討してみると良いでしょう。そして、それでもダメな場合にリボ払いを使うようにしましょう。

【コラム】リボ払い専用カードは怖いのか?

リボ払い専用カードというものをご存じでしょうか。ここまで読んでいただいた方はリボ払いは怖いものと分かっているため、リボ払い専用カードに恐ろしいイメージを抱いているかもしれません。

ですが、リボ払い専用カードは恐らく皆さんが思っているほど恐ろしいものではないですし、意外と便利でお得なカードだったりもします。

そこで、次からはリボ払い専用カードやそのメリットについて解説していきたいと思います。リボ払い専用カードを検討している方などは是非読んでみて下さい。

リボ払い専用カードとは何か?

まず、リボ払い専用カードは支払いが自動的にリボ払いになるクレジットカードです。店頭で1回払いと指定しても、すべてがリボ払いになります。なので、店頭で支払い方法を指定する際に、「リボで」という必要がありません

毎月の支払額は自由に設定することができ、最小金額での支払いから全額払いまで可能となっています。※全額払いは支払い額の設定を利用金額が上回らない額に設定しておけば可能です。

しかも全額払いなら利息もかからないので、リボ払い専用カードでありながら実質一括払いも可能なのです。

なので、リボ払い専用カードだからといって無下にするのではなく、カードのスペックやサービスを確認して良いと思ったものは検討した方が良いです。カードの選択肢を無理矢理狭める必要はありません。

さて、ここまでリボ払い専用カードとは何か?ということを説明してきましたが、実際リボ払い専用カードにはどのようなものがあるのか気になっている方もいるのではないでしょうか?

そこで、次は当編集部が最もおすすめする「セディナカードJiyu!da!」を紹介したいと思います。スペックやサービスが気に入ったらぜひ申込みを検討してみて下さい。

お買い物がお得になる場面多数!【セディナカードJiyu!da!】

おすすめポイント
  • 全国のセブンイレブン・イトーヨーカドー・ダイエー・イオンで毎日ポイント3倍!
  • 毎週日曜日はマルエツの売場のほぼ全品が5%オフになる優待あり!
  • ショッピング利用金額1万円(税込)を1口として、毎月抽選で150名に海外旅行or国内宿泊をプレゼント!
  • 年間の請求金額によって翌年のポイントが最大1.3倍!!
  • 貯まったポイントはアイテムとの交換やキャッシュバックにも利用できる!

セディナカードJiyu!da!は年会費無料のリボ払い専用カードです。(利息無料の一括での支払いにも対応しています)

セディナカードJiyu!da!には3つの特徴があります。

①買い物がお得になる
②付帯サービスが充実している
③エンタメ性に優れている

セディナカードJiyu!da!はとにかく買い物がお得になるカードで、全国のセブンイレブン・ダイエー・イオン等で毎日ポイント3倍となります。セディナカードJiyu!da!のポイント還元率は0.5%なので3倍になると1.5%。超高還元の部類に入ってきます。

またネットショッピングでも特定の手順を踏むだけでポイントが最大21倍になりますし、毎週日曜日にはマルエツで売場のほぼ全品が5%オフになる優待もあります。

他にも様々な形でポイントアップと割引を受けることができますし、その上年間の利用額によって翌年のポイント還元率が最大1.3倍になるとくとくステージと呼ばれるサービスもあります。

貯まったポイントは商品券やアイテムと交換したり、他社のポイントやマイルに交換できたりします。またキャッシュバックにも利用することができるので、使い道に困ることはまずありません。

また付帯サービスも充実しており、補償期間が180日もあるショッピング保険やカード紛失・盗難保険、国内旅行傷害保険など各種保険も整っています。

※海外旅行傷害保険があればパーフェクトでしたが、そこまでの贅沢は言えません

さらにこのセディナカードJiyu!da!はお得で便利なだけじゃなく楽しい抽選が用意されているのも魅力。

毎月のカードショッピング利用額1万円(税込)を一口として、毎月抽選で150名に海外旅行や国内宿泊が当たるウキウキトラベル賞も開催されています。

リボ払い専用カードと聞くと危ないイメージもあるかもしれませんが、リボ払い専用カードには魅力的な特典や便利な支払い方法を選べる、といったメリットがありますし、実は利息のかからない一括払いが可能だったりします。

なので、リボ払い専用カードというだけで避けるのはあまりおすすめできません。是非自分の目でシッカリとスペックやサービスを確認してみることをおすすめします。

まとめ

ここまでリボ払いの仕組みを中心に、リボ払いに関する様々なことを解説してきました。リボ払いについてある程度のご理解を頂けたのであれば幸いです。

基本的にリボ払いは利息が高かったり、完済日が不明瞭になる、毎月の支払額が一定だから利用している内にいつの間にか残高が想像以上に膨れあがっている、といった事態になりやすいのでおすすめできません。

しかし、いざという時には頼りになる支払い方法なので最終手段としては利用しても良いでしょう。その際はこの記事で紹介した知識を最大限活用し、可能な限り損をしないようにカードを利用していって下さいね。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション