お金の参考書 クレジットカード

水商売・夜職の方のクレジットカード審査基準と申込の注意点は?

一般的に水商売と呼ばれている職業に就いていると、クレジットカードの審査は通りにくいと言われています。

中には職業を転々として低収入で生活が不安定な人もいるかもしれません。でも、真面目に同じ仕事を長くやっているのに、そういった方々と一緒の扱いをされるされてしまうのは不本意ですよね。

クレジットカード審査では水商売の申込者をどのように判断しているの?
審査に通りやすい方法は?
水商売でも通りやすいクレジットカードはどれ?

といった疑問に答えていきますので、参考にしてみてくださいね。

水商売のクレジットカード審査はなぜ不利になるの?

まずは水商売がクレジットカード審査で不利になる理由を解説しましょう。

サラリーマンと比べると水商売の方はクレジットカードの審査が通りにくいことは事実ですが、まったく通らないということはありません。

審査を通過しにくい最大の理由は、カード会社に収入・居住が不安定だと判断されてしまうからです。

収入が不安定と判断される理由

  • 景気に左右されやすい業種であること
  • 固定給ではなく歩合制が多い
  • 同じ店に勤めていても収入の差が大きい

居住が不安定と判断される理由

  • アパート、賃貸マンション居住が多い
  • 店を変えることが多くそのたびに住居も変わる
  • 固定電話がなく携帯電話だけの場合が多い

水商売の人がすべて当てはまるわけではありませんが、クレジットカード会社は過去のデータからこうしたケースが多いと判断しているのです。

収入の不安定さは確定申告をしていないことも理由のひとつです。
経営者であれば確定申告は当然のことですが、従業員であっても給与制度でない場合は確定申告が必要です。
しかし水商売の従業員で確定申告をきちんと行なっている人はまれでしょう。

そうした意味でクレジットカードはもちろん融資やカードローンといった利用も難しくなります。

水商売の方にもおすすめなクレジットカード

水商売の方でも比較的入会しやすいクレジットカードをご紹介しましょう。

ACマスターカード

■アコムACマスターカードの特長

年会費永年無料。

国際ブランドはマスターカード

最高利用限度額300万円(初期利用枠は審査によって決定)

消費者金融系カードのアコムが発行するACマスターカードは最も水商売でも通りやすいクレジットカードです。

アコムに限らず大手の消費者金融会社は在籍確認の電話では、キャバ嬢を源氏名で呼び出してから本名を確認するということもやってくれます。
むしろクレジットカード会社の電話応対よりも顧客に気を使った対応をしてくれるので安心です。

デメリットとしてはポイントサービスや付帯保険など一般的なクレジットカードのサービスがないことですが、カードショッピングに関しては一般的なカードと同じように利用することができます。

できれば20代、遅くても30代にはクレカを作っておいた方が良い理由

水商売の人にとって作るのが難しいクレジットカードですが、クレジットカードを持っていると便利に使えるだけでなく信用力も大きく違ってきます。

そのためなるべく早く20代にうちにクレジットカードを作ることが望ましいです。

楽天カードは幅広い業種や職種で入会しやすいクレジットカードです。
しかし、入会後の途上与信(中間審査)をひんぱんに行なっているので、利用状況が悪いとすぐに強制解約となってしまいます。

楽天カード

■楽天カードの特長

年会費永年無料。

国際ブランド:JCB、VISA、MasterCard

100円で1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる(ポイント還元率1%))

楽天市場の利用はポイントが4倍~7倍のネットショッピング向けカード

海外旅行傷害保険利用付帯

まずは入会させて支払遅延が多いようだと、事故になる前に強制解約をするという方針なので、入会しやすいクレジットカードであることは間違いありません。

カードが発行されたら強制解約になることのないよう、しっかりと利用しましょう。

クレジットヒストリーを作るためのクレジットカードはステータスの高いカードでなくてOK

クレジットヒストリーは高額な利用が評価されるのではなく、長期間カードを利用して一度も遅れがないということが重要です。

クレジットカードの種類も関係ないので、入会が難しい銀行系カードでなくても比較的入会しやすい消費者金融系や流通系クレジットカードへの入会を目指しましょう。

クレジットカードを作ることよりも、延滞することなくきちんと支払い続けるほうが大事なので、カード利用は計画的に行ないましょう。
そうすることで自然に良好なクレジットヒストリーを作ることができます。

クレジットヒストリーは20代のうちに作っておく

30代になってからクレジットカードを作ろうと思っても、それまでまったくクレジットの利用実績がなければ普通のサラリーマンでも作ることが難しくなります。

20代よりも30代のほうが高額な買い物をする機会が増えるでしょう。
そのときに備えて20代のうちからクレジットカードを作って実績を積み重ねておきましょう。

クレジットヒストリーは個人信用情報機関に登録される情報のことですが、この情報は5年経過すると消えてしまいます。そのため毎年利用実績を継続しましょう。

水商売をする前のクレジットヒストリーは効果があるか?

すでにクレジットカードを持っている場合は、そのクレジットヒストリーがしっかりしていれば審査に通るための良い材料となります。
しかし、そのクレジットカードを作ったときの職業が水商売でなければ、審査に対する効果は低くなります。

クレジットカード審査ではその職業に就いていたから支払いがきちんとできたという判断をします。

その場合は既存のクレジットカード会社に勤務先の変更をして、変更後のクレジットヒストリーも作りましょう。
ただ変更しただけでは現在の職業での実績にはならないので、カード利用をして遅れずに支払うことで審査通過の可能性を高めましょう。

審査通過のコツ!申込時に注意すること

それでは、実際に水商売の方がクレジットカードを申し込みするときの注意点を解説します。

勤務先は正式の社名で記入する

水商売をしている人は自分の職業を知られないようにアリバイ会社(偽装会社)を利用する人がいますが、クレジットカードの申込では絶対にアリバイ会社は使ってはいけません。

クレジットカード会社は勤務先の調査も行なうので審査が通らなくなります。

たとえうまくいったとしても、クレジットカードを作った後で発覚するとクレジットカードは強制解約となり、それまで使用した金額の残りを一括で支払わなくてはいけなくなります。
勤務先は正式な会社名を記入しましょう。

在籍確認の事前準備

クレジットカードの申込をすると勤務先に直接電話をして在籍を確認することがあります。

この電話に備えてあらかじめ上司や店長に話を通しておきましょう。

虚偽の記載はしない

最もしてはいけないのはクレジットカード申込に嘘を書くことです。

クレジットカード審査を通りやすくしようとして、勤務先や勤務年数、年収欄に虚偽の記載をすると、かえって審査が通らなくなります。
カード申込書には事実だけを記載しましょう。

キャッシング枠をゼロにする

キャッシング枠をゼロにすることでショッピング利用だけの健全な使いみちになるので、審査上は有利になります。

水商売は不安定な業種として認識されているので、さらにキャッシング枠も申請すれば審査通過を難しくするだけです。

クレジットカードを作ってから実績を積んでいけば、より審査が難しいカードローンも作れる可能性があります。

キャッシングやカードローン利用は実績を作ってから考えるとして、まずはクレジットカードを作ることを優先しましょう。

水商売の方こそクレジットカードは活用しよう!

キャバクラ嬢やスカウトマンといった水商売の方はあまりクレジットカードを利用していないようです。
審査が通りにくいこともありますが、現金払いに慣れていることが大きな原因です。

しかし、収入に波がある水商売こそクレジットカードが必要と言えるでしょう。
一時的な収入の落ち込みがあってもクレジットカードがあれば、コンビニやスーパーでもキャッシュレスで買い物ができ、支払いは1ヶ月以上2ヶ月近くまでの後払いにできます。
さらにリボ払いや分割払いでも支払が可能です。

しかしクレジットカード利用で最も大切なのは、支払を遅延せずに長く利用することで信用力を得ることです。
この信用力がつけばよりサービスが充実したクレジットカードを作ることや、高額な買い物もできる利用枠に増枠することもできます。
まずはクレジットカードを作ることにチャレンジしてみましょう。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

未分類

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション