お金の参考書 クレジットカード

審査が甘いと噂のクレジットカードって本当にあるの?

一度審査落ちを経験したことがある人や過去に滞納などをしたことがあり審査に不安がある。

といった時に、審査の甘いクレジットカードは気になりますよね。

誰でも発行できるカード!というものはありません。

しかし、審査が甘めで発行が期待できそうなカードはあります!

クレジットカードの審査には難易度があるので、審査に不安を抱えた時には

「消費者金融系」や「ネット系・流通系」のクレジットカード

を狙ってみると発行できる可能性が上がります。

今回は審査落ちしてしまった後におススメのクレジットカードをご紹介と、審査に通りやすくなるようなちょっとしたコツをお伝えしていきます。

審査の甘いクレジットカードの特徴!

クレジットカード会社は発行の申請を受け付けると、スコアリングシステムという仕組みを使って審査をします。

年収や資産、これまでの延滞の記録などを確認することで、利用した額をきちんと返してくれそうな人であるかどうかを判断するわけですね。

ただし、スコアリングシステムの中で、どの項目を重視するかということはクレジットカード会社によって違います。

ある会社では安定した年収がないとダメということもあれば、ある会社では年収がなくても資産が一定あればカードの発行を認めるということもあるわけですね。

ですから、同じ人がカードの発行を申請しても、ある会社では審査に落ちてしまったけれど、ある会社では通ったということがありえます。

一般的に、カードの発行の主体によって、あるいはカードのステータスによって、ある程度の難易度を予想することができます。

発行元の難易度としては、銀行系が最も難易度が高く、消費者金融系が最も低くなっています。

カードのステータスとしては、最も高いのがブラックカード、以下プラチナカード、ゴールドカード、一般カードという順番です。

例えば、三井住友VISAカードなどの銀行系カードはイオンなどの流通系のカードよりも難易度が高くて、その中でもステータスの高いブラックカードやプラチナカードは特に難易度が高いわけですね。

難易度の高いカードは、他社の借り入れなどのマイナスポイントが少なくて過去に利用料金の未払いなどの金融事故がないのは当然として、安定した高収入があったり毎月一定額の利用をしてくれるといった信用度の高い人でないと発行をしてもらえません。

反対に、信用力がそれほど高くない人でも作りやすいのは、消費者金融系や流通・ネット系のカードです。

発行が狙えるおススメのカード!

ここでは比較的審査が甘めのカードを3つに絞ってご紹介していきます。

消費者金融系のカードは発行の期待ができる!

ACマスターカードは独自の審査基準!

アコムACマスターカードは、独自の審査基準を設けているというところに特徴があります。

消費者金融系ということもあり、収入があって返済能力があると見なされれば、他のカード会社で審査落ちしてしまった人にもカードを発行してもらえる可能性があります。

ただ、過去のクレジットヒストリーに甘い反面、現在の支払い能力を重視するということで、職に就いていないために収入がない未成年者や収入が全くない人には厳しいカードということができます。

職にさえ就いていれば、アルバイトやフリーランサーでも発行をしてもらえたという報告があり、ボーダーラインは働いていて収入があるかどうかというところにあると考えられます。

また、審査スピードが速いというのも特徴で、最短では即日でのカード発行が可能です!

申し込む際はキャッシング枠は付けない方がより通過できる期待が高まります。

ネット系はキャンペーンが多く、発行のチャンス!

利用者が多い楽天カード

入会時に何らかの特典を大々的に謳っている楽天カードは利用者数を増やすことを目指していますので、その分審査は緩めになっています。

公式サイトに「主婦/パート/アルバイトの場合でもカードを作れるの?」という項目がよくある質問の中にあって、質問の回答を「高校生を除く18歳以上の方であればどなたでもお申し込みいただけます!」としていることからも、間口を大きくして顧客層を広げようという試みが見えてきます。

申し込みページを進めていくとよく分かるのですが、「お勤め先・学校について」という欄があり、大学生や専門学校生、年金受給者、職に就いていない人も審査の対象としています。

積極的にカード利用者を増やしたい流通系カード!

収入面に不安がある人が狙い目のイオンカード

イオンカードも利用者数を多くしたいと考えているので審査はやや緩めと言えます。

何よりもイオンは自社の店舗でカードを使って買い物をしてほしいと考えていますので、収入のない主婦や学生にも積極的にカードの発行をしています。

もしも、審査に通るかどうか不安が残るということであれば、イオン銀行に口座を作ってみるというのも効果的でしょう。

イオン銀行に口座があって一定の残高があれば、約款によってその情報はクレジットカード部門にも伝えられるようになっているので、あなたの信用力を裏付けられる資料として使えるかもしれません。

審査を通過するためのコツ!

審査の甘いカードでも、必ずしも審査に通過できるわけではありません。

せっかく審査に通りやすいカードを選んだのに、それでも落ちてしまった・・・。
そんなことにならないように、少しでも審査に通りやすくなるコツをいくつかお話いたします。

多少であれば収入を多く書いてみる

年収が少ないと、カードによってはそれだけで審査落ちになってしまうこともあります。

そこで、端数を切り上げる程度で多めに年収を書いてみるというのはある程度の効果があります。

例えば、実際の年収が280万円だったとしたら、300万円と書いてみるなどです。200万円台と300万円台では少なからず影響がでてくる可能性があります。

ただし、200万円を300万円と書くのは虚偽の申告と見なされて審査に落ちてしまったり、あるいはブラックリストに乗ってしまうということがありますので、あくまで多少多めに書く程度に留めておいてください。

キャッシング枠は利用しない

キャッシング枠を0円に設定するというのも効果的です。

キャッシング枠を設定すると、他社の借り入れなどの状況によっては「お金に困っている人かもしれない」という印象をカード会社が抱く可能性があります。

ですから、すでに他社で借り入れがあったり、複数枚のカードをもっていたりという場合は、キャッシング枠を0円に設定すると他のマイナスポイントを打ち消すことができるかもしれません。

入会キャンペーン期間があるカードを申し込む

利用者を多くしたいと考えているカードは、人目を引くような積極的なキャンペーンを打ち出していることがよくあります。

例えば、入会すればマイルがもらえるとか、入会から半年間はポイント還元率を倍にするとか、そういった「今だけ」というキャンペーンです。

キャンペーンを打ち出しているカード会社は、今、入会者を増やしたいと考えているのだろうな、という想像ができます。

キャンペーンのタイミングで申し込みをするといくらか審査が緩くなっていることが期待できますので、キャンペーンの期間こそカード発行のチャンスと見ることができます。

審査落ち後は6か月の期間を空ける

クレジットカードの申し込みをすると、その申し込み情報が信用情報機関に登録されます。

ある会社にカードの発行を申し込んで審査に落ちてしまったら、審査に落ちたという情報が6ヶ月間残るということです。

そして、この期間に別の会社にカードの発行を申請したとしたらどうなるでしょうか。

カードの申請を受けた会社も、もちろん信用情報機関に申込者の信用情報の照会をかけます。すると申込者が別の会社で審査に落ちていたという情報を見つけてしまいます。

他の会社が審査に落とした人に好印象を抱く会社は少ないでしょう。

他のカード会社が審査に落とした人だという情報はマイナスの影響しかありませんので、別の会社でカードを申し込むなら、カードの審査に落ちたという情報が消えてしまう6ヶ月間の期間を空けてから申し込むようにしましょう。

別のクレジットカード会社のカードを申し込む

クレジットカード会社や銀行などが共有している個人信用情報には、詳細な利用額や過去2年以上遡った支払い情報が見られるわけではありません。ただし、カード会社社内のデータは別です。

2年以上前にあった1ヶ月のみの延滞や、ショッピング枠の現金化などの異常な利用状況、あるいは過払い金の返還請求など、ブラックリストに入るほどではない利用状況でも社内にはデータが残ります。

ちょっとした不安要素のデータが積み重なっていって、総合的にリスクが高いとみなされてしまうと、いわゆる社内ブラックという状態になってしまい、その会社でのカード発行ができなくなっている可能性があります。

もちろん、社内ブラックは文字通り、その会社の中だけで保有されている情報です。別の会社にまでその情報が伝わるわけではないので、別の会社のカード発行を狙っていきましょう。

自分の信用情報を把握

もし自分の信用情報に不安があるのなら、実際にクレジットカード会社などが照会して見る情報を自分でも見てみるといいかもしれません。信用情報機関は以下の3つです。

  • 信販会社やクレジットカード会社などが加盟するCIC
  • 信販会社や消費者金融会社、銀行などが加盟するJICC
  • 金融機関が加盟する全国銀行個人信用情報センター

照会のやり方は、一番手軽に早くできるのはインターネットや携帯アプリを利用するやり方です。

あるいは、郵便での取り寄せも可能ですし、窓口まで出向いて直接交付してもらうこともできます。

下の図が個人信用情報開示報告書の例です。

信用情報開示報告書 – CICより引用

一番重要なのは、赤枠で囲った1番の「返済状況」の欄で、ここに「異動」と記されていると、いわゆるブラックリストに入った状態ということになります。

2番の青枠部分は入金状況で、請求通りに支払いがされていれば「$」と記入され、これが続いていると健全な支払い状況とみなすことができます。

「P」は請求額の一部が入金されたことを示しており、「R」は支払者以外からの入金があったという意味です。

「A」は支払者の事情で、約束の日に入金がなかったことを示していて、「A」が3回以上、つまり3か月以上未入金が続くと「返済状況」の欄に「異動」と記され、ブラックリスト入りということになります。

3番の黄色枠は「支払遅延の有無」です。延滞があるとここに記述されるようになり、これもブラック情報です。すべての入金を終えると「遅延解消日」に完済日が記されます。

4番の緑枠は「終了状況」に「本人以外弁済」や「貸倒」あるいは「法廷免責」などの記述があると、ブラックリスト入りを意味します。

ブラックリスト入りの場合はクレジットカード発行が困難

ブラックリストに入ってしまっている人というのは、過去に金融事故を起こしてしまった人ですから、通常、カード会社はブラックリストに入ってしまっている人にはカードの発行をしてくれません。

ブラックリストに入ってしまった情報が消えるまでの期間は、ブラックリストに乗った理由と情報を管理する機関によって違います。

表にしてまとめると下のようになります。

金融事故の内容 CIC JICC KSC
61日以上延滞 5年 1年 5年
3か月以上連続延滞 5年 5年 5年
任意整理 5年 5年 5年
自己破産 5年 5年 10年
代位弁済 5年 5年


ブラックリストに入ってしまっている期間は、残念ながらローンを組んだりクレジットカードを作ったりは難しいというのが実情ですし、ブラックリストに入っていると審査の難易度は上がってしまいます。

また、審査に落ちてしまって6ヶ月間は我慢した方がいいとは言っても、クレジットカードがないと困るという状況もあるでしょう。

異動情報やマイナス情報が個人信用情報から消えるまでの間をもたせたい、そんな時に役に立つのがデビットカードです。

審査なしでカードを作りたいならプリペイドカード!

プリペイドカードはあらかじめ口座に金額をチャージしておいて、支払いの時にはその金額の範囲内で支払いをするというカードです。

カードを発行する会社としても貸し倒れのリスクがありませんので、プリペイドカードなら審査なしで発行してもらえます。

クレジットカードの発行ができなくて困っているという方向けの最後の手段として人気のプリペイドカードをご紹介します。

バンドルカードは審査・年齢制限なし!

バンドルカードは、VISAブランドのクレジットカードですが、事前にチャージした金額の範囲で使用できるプリペイド方式のクレジットカードです。

プリペイド式なので、審査は全くありません。

スマホでバンドルカードアプリをインストールして生年月日・電話番号・性別といった情報を登録することでバーチャルVISAカードが発行されます。

バンドルカードアプリ内で「ポチッとチャージ」という機能を利用する事で月2万円まで支払いを翌月末までに払えば良いという機能が付いています!


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション