クレジットカードのブラックリスト入り条件と解決方法

残念ながらブラックリスト入りしている状態で、一般的な新規カードに申し込んでも確実に審査落ちしてしまいます。

しかし、「ブラックリスト入りしていると思ったけど本当は違った」という人が多いのも事実です。

ここではブラックリスト入りする条件、ブラックリスト入りしない人、ブラックリスト入りしているかの確認方法を解説します。

ブラックリストに載ってもクレジットカードが欲しい人

ネットの口コミやカード情報サイトのレビューの中には、「ブラックリストだったけどカードを発行できた」という内容のものを見かけます。

しかし、本当にブラックリストに申込者が登録されている場合は、どのカードも発行することはできません。

ブラックでもカード会社の審査に通過できたのは、実際は申込者がブラックリストに載っていなかったからです。

下記にブラックリストに個人情報が登録されるパターンを記載するので、現在の自分の状況と照らし合わせてみてください。

【ブラックリストに載るパターン】

  • カード代金やキャッシングの返済を61日以上滞納
  • カードローンの返済を61日以上滞納
  • 過去10年間に自己破産の経験がある
  • 数日間のカード代金の返済遅れを何度もしたことがある

カードの滞納分をしっかり返済する+安定収入を持つことができれば、消費者金融系カードや審査の甘いクレジットカードなら発行が可能です。

合わせて読みたい

手早くブラックリスト入りを確認する方法

自分がブラックリスト入りしているかを手早く確実に知りたい人は、3秒診断サービスの利用をおすすめします。

A3秒診断サービスの入力事項

  • 1. 年齢
  • 2. 年収(総支給額)
  • 3. カードローン他社お借入状況

上記の3つの情報を入力することで、マスターカードの発行が可能かをチェックできます。

ブラックリスト入りしていない場合は「お借入できる可能性が高いです」などの診断結果が表示されるので、手軽にブラックリストかどうかを確認したい場合に効果的です。

ブラックリスト情報が登録されている場所

一般的にクレジットカードの審査に通らなくなる人を「ブラックリスト入りしている」と表現しますが、厳密にはブラックリストというものは存在しません。

個人信用情報機関に登録されている信用情報に傷がつくことを分かりやすくするためにブラックリストという言葉が使われているのです。

個人信用情報機関
クレジットカードの利用状況・支払い状況・借入などの、お金に関係する個人情報(信用情報)を保管している団体を個人信用情報機関と呼びます。
  • CIC(クレジットカードインフォメーションセンター)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

具体的には上記3つの団体があり、カード会社や銀行などが所属しています。

個人信用情報機関では所属団体経由の信用情報を共有できる仕組みになっており、例えば銀行に借金があるという情報がカード会社に把握できたり、カード利用代金の滞納分を銀行がチェックできたりするのです。

つまりブラックリスト入りとは、お金に関するマイナスの個人情報が、個人信用情報機関に登録され銀行やカード会社がチェックできる状態ということになります。

登録されている個人情報

個人情報信用機関に登録されている情報は主に下記の通りです。

個人信用情報機関 登録情報
CIC カード申込情報・利用記録・支払い状況等
JICC 銀行系のローン契約内容・返済状況・取引事実等
KSC 消費者金融系のローン契約内容・返済状況・取引事実等

基本的にはカード会社や銀行、信販会社や農協などの金融機関から登録された情報がメインになります。

また信用情報の種類ごとに登録機関が設定されており、長いものだと10年間も残り続ける点も重要です。

個人信用情報機関 登録機関
CIC 延滞・債務情報は5年、多重申込は6か月
JICC 延滞・債務情報は5年、多重申込は6か月
KSC 延滞・債務情報は5年、多重申込は6か月(自己破産は10年)

つまりカード代金の支払い遅れや滞納、借金の延滞が続くと信用情報に傷がつき、5年間もブラックリスト入りするということになります。

また自己破産の場合は10年間もマイナスの情報が登録されるので、事前の対策が必須です。

ブラックリスト入りしてしまう条件

ここではどんなときにブラックリスト入りしてしまうかを具体的に解説します。

クレジットカードに慣れている人でも意外と見落としがちなポイントも紹介するので参考にしてください。

携帯端末代金の滞納

iPhoneなどのスマホを購入する際は、一括払いではなく分割払いを利用する人は多いと思います。

携帯会社は個人情報信用機関である「CIC」「JICC」に所属しているので、分割代金を滞納してしまうと信用情報に傷がつきブラックリスト入りしてしまいます。

一般的に3か月間にわたって携帯端末代金の延滞があるとブラックリストに情報が登録され、カードの審査落ちやローンの利用ができなくなるので注意してください。

【支払い延滞からブラックリスト入りになるまで】

  • 携帯代の支払い日は20日
  • 毎月25日に携帯会社がCICに支払い状況を報告
  • 携帯端末代金支払日に料金を支払えなかった

例えば、8月20日(※あくまでも仮定の日付です。)の滞納分を10月20日までに支払えなかったときに、3か月以上滞納していると判断されブラックリスト入りします。

つまり3か月にわたる滞納とは、8月20日・9月20日・10月20日分の延滞ではなく、1か月分を2か月後の支払い日までに用意できないことなので誤解しないでください。

カード利用代金やキャッシング代金の延滞

カードの利用代金やキャッシング代金の延滞もブラックリスト入りする条件ですが、カード会社によって基準が分かれています。

下記にブラックリスト入りする目安となる期間と回数を記載するので参考にしてください。

【延滞期間】

支払いに遅れた期間 危険度
2~3日 低い
1週間~10日 やや危険
2週間~半月 危険
1か月以上 アウト

カード会社によりますが、2~3日程度の延滞は信用情報にダメージを与えない場合が多いです。

2~3日程度の延滞を全て記録していると、カード会社側の事務作業量が膨大になってしまい、あまりメリットがない作業に時間を取られてしまうからです。 しかし、延滞から1週間以上過ぎると催促通知がカード会社から送られてきます。

一般的に再振替と呼ばれるこの期間は信用情報に傷がつく1歩手前の状態で、さらに延滞から1か月以上過ぎると確実にブラックリスト入りするので注意してください。

※再振替の期間に延滞分の支払いを済ますと信用情報に傷がつく事態を防ぐことは可能です。

【延滞回数】

支払いに遅れた回数 危険度
1回 低い
2回 やや危険
3回 危険
4回以上 アウト

延滞回数は延滞期間よりもシビアにチェックされる傾向があります。

カード会社によっては1、2回の延滞なら見逃すこともありますが、銀行系など審査が厳しめの場合はクレジットカードの強制解約をさせられてしまうこともあるので注意が必要です。

また信用情報にダメージはなくても、住宅など高額ローンを組めなくなったり、キャッシングが利用できなくなったりと弊害が発生する可能性も。

特に3、4回以上延滞している場合は、ほとんどのカード会社がマイナスの信用情報を登録します。

最悪の場合クレジットカードを強制的に解約されることもあるので、カード利用分は期日までにしっかりと支払いましょう。

奨学金を3か月以上滞納

奨学金を給付している「日本学生支援機構」も個人信用情報機関に所属しているので、支払い遅れや滞納が続くとブラックリスト入りします。

「3か月以上にわたり返済すべき奨学金を滞納している人」はKSCにマイナスの情報が登記録されるので注意してください。

どうしても奨学金を返済できない場合は、返還期限猶予や減額返還制度など救済措置が用意されているので、ブラックリスト入りする前に日本学生支援機構に相談することをおすすめします。

奨学金を滞納した場合
※奨学金を滞納すると、申し込み時の住所あてに滞納のハガキが届きます。
再引き落としはなく、1か月分の遅れは翌月に繰り越され2か月分の支払いになる点も注意が必要です。

短期間に複数枚のクレジットカードに申し込む

短期間で何枚もクレジットカードに申し込むことは多重申込と呼ばれ、個人信用情報機関にしっかりと登録されます。

なぜ多重申込がブラックリスト入りする条件かというと、カード利用者が「貸し倒れ」になるリスクがあるとカード会社や金融機関が判断するからです。

お金を貸す側にとって一番避けたいトラブルは「貸したお金が返ってこない」こと。

多重申込をしている人は現金がなくて困っている可能性が高く、お金を返す相手も多岐にわたるので「返済能力が低い」と判断されます。

一度多重申込の情報が個人信用情報機関に登録されると6か月間は保管されるので、新規カードを発行する際は1枚までにしておく方が賢明です。

カード代金の支払日や給料日の関係などで複数枚必要という人は、2枚までにしておきましょう。

※2枚までなら絶対安全というわけではありません。100%多重申込を避けるなら1枚にしておくことを強くおすすめします。

自己破産や任意整理の経験がある

過去に自己破産や任意整理を行った経験があると、金融事故として個人信用情報機関にマイナス情報が登録されます。

またクレジットカードの延滞や多重申込よりも登録期間が長く、CIC・JICCでは5年間、KSCでは10年間も保管されるので注意が必要です。

カード会社や金融機関にとって自己破産・任意整理には共通点があり、貸したお金が100%の状態で返ってこないことになります。

延滞や未納の場合はいつか返済されるという可能性が残りますが、自己破産・任意整理はその保証がありません。

そして1度自己破産・任意整理を経験した人の返済能力がすぐ回復する可能性も低いので、長期間のブラックリスト入りに繋がるのです。

ブラックリスト入りしない人

ここではブラックリスト入りしそうだが実はブラックになっていないパターンを紹介します。

「もしかしてブラックリストに登録されているかも」と不安な人は参考にしてください。

公共料金の支払いを延滞

水道代や光熱費など、公共料金の支払いを延滞してもブラックリスト入りはしません。

ブラックリスト入り=信用情報にマイナス評価がつくことなので、水道局や電力会社など個人信用情報機関に所属していない組織は個人の信用情報をチェックできないからです。

しかし公共料金をクレジットカードで支払っている場合は、延滞によってブラックリスト入りする可能性があります。

クレジットカードの支払い状況はCICなどの個人信用情報機関に登録されるので、支払い先に関係なく延滞すると金融事故としてカード会社からマイナス評価を受けるからです。

 現金で支払っている公共料金を延滞→ブラックリスト入りしない
 クレジットカードで支払っている公共料金を延滞→ブラックリスト入りする可能性

親がブラックリスト入りしている

親や兄弟といったカード申込者である本人以外の家族がブラックリスト入りしていても、カード会社による審査には影響がありません。 家族や身内の間でも、信用情報を一人一人に分けて登録されています。

つまり親の信用情報がブラックでも、カード会社は審査時にカード申込者の信用情報だけを参考にするのです。

「親がブラックリスト入りしているからカードが作れない」「兄弟に事故ハンさん経験者がいる」と悩んでいる人は、安心してクレジットカードに申し込んでください。

※未成年者の場合は親権者がブラックリスト入りしているとカード審査に通りません。

申し込みをした本人ではなく親権者が審査対象になるからです。

合わせて読みたい

ブラックリストの確認方法

ここではブラックリスト入りしているかをチェックする方法を解説します。

CIC・JICC・KSCそれぞれの開示手順を紹介するので、「自分の信用情報がブラックリスト化しているか確実に知りたい」人は参考にしてください。

CICでのチェック方法

インターネット 郵送 窓口
利用可能時間 毎日8:00~21:45 申込から10日程度で開示報告所が到着 平日のみ 10:00~12:00 13:00~16:00
必要な物 PC・スマホ カード利用時の電話番号 開示申込書 本人確認書類など 本人確認書類など
手数料 1,000円(カード一括払い) 1,000円(ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書) 500円(現金)
特徴 回答情報を即時に確認できる 10日待てば書面で回答情報が手に入る CIC窓口を訪問すれば書面で回答情報が手に入る

(CIC公式サイトより作成)

近くにCIC開示窓口がある人は、その場で書面による回答情報を手に入れることができるのでおすすめです。

時間がなく郵送による10日も待てない、すぐに確認したい人はインターネットを利用した開示方法を利用しましょう。

JICCでのチェック方法

インターネット 郵送 窓口
利用可能時間 24時間365日 開示結果は7~10日間で到着 平日 10~16時
必要な物 スマホ 本人確認書類 信用情報開示申込書 本人確認書類 信用情報開示申込書 本人確認書類
手数料 1,000円(クレジットカード一括払い) 1,000円(カードまたは定額小為替証書) 500円(現金)
特徴 開示結果は簡易書留で郵送される カード払い以外が可能 その場で開示結果が分かる

(JICC公式サイトより作成)

JICCの窓口を利用すれば、インターネットや郵送より500円安く、しかもその場で信用情報の開示結果を確認できます。

しかし平日限定で社会人が利用するには難しいので、インターネットを利用した手軽な方法をおすすめします。

KSCでのチェック方法

インターネット 郵送 窓口
利用可能時間 7~10日間で開示結果が到着
必要な物 登録情報開示申込書 本人確認書類
手数料 1,000円(ゆうちょ銀行で定額小為替証書を購入)
特徴 唯一の開示方法

(KSC公式サイトより作成)

KSCCに登録されている信用情報は郵送でしか開示することができません。

インターネットや窓口を利用した方法がないので、開示する際は登録情報開示申込書の準備を忘れないようにしましょう。

※登録情報開示申込書はKSC公式サイトでダウンロードできます。

合わせて読みたい

関連記事

記事一覧

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの作り方