お金の参考書 クレジットカード

絶対クレジットカード審査をクリアしたい!ブラックの時の対処方法

「過去にブラック情報があったけれど今もあるのか分からない」
「自分にブラック情報があるのかどうか確認する方法が分からない」
「ブラック情報があるけれどカードが欲しい」

このような場合、カードの審査に申し込むのはとても不安です。

そこで不安を解消するために、まずはどうすればブラック情報の有無を確認できるのかを解説していきます。

そしてブラック情報があった場合、どのように対処すれば良いのかもまとめます。
また、ブラックの状態でもカード発行される可能性があるカードも紹介しています。

ブラックでも絶対クレカの審査に通過したい!その願いを叶える手助けになるはずです。

ブラック情報があるのか確認しよう!

ブラック情報があるのかどうか心配でクレジットカードに申し込めない。
そんな場合には、まずブラック情報の有無を確認しましょう。

よくブラックリストという言葉を聞きますが、実際にはブラックリストという名前のリストはありません。
個人信用情報機関という個人のクレジットカードの履歴などを記録している場所に、延滞など金融事故情報が記録されていることをブラックリスト入りと俗に呼んでいるだけです。

つまり、自分にブラック情報があるのかどうかを確認するためには、個人信用情報機関に問い合わせれば良いということです。

個人信用情報機関とは?

個人信用情報機関は個人のクレジットヒストリーを記録している組織です。
CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターの3つがあります。
信用情報機関同士は、ネットワークで情報共有をしています。

クレジットヒストリーというのは個人のカード利用情報やローンなどの債務情報に関する個人情報の記録です。
クレジットカードの履歴やローンの支払い状況などが分かります。

個人信用情報機関に保管されている記録を見れば、その人がきちんと期日までに返済してくれる人かどうかの判断基準になる過去の実績が分かります。

これまでずっと毎月の支払いが行われているなら、今後もそれが維持される可能性が高いです。
逆に延滞があったり支払いの遅延が頻繁に起こっているのであれば、今後もそうである可能性が高いと判断されます。

カード会社も民間企業ですから利益をあげなければいけません。
そのためには延滞など金融事故の可能性が高い申込者を事前に審査落ちにしておきたいのです。

そのため、カード発行会社は申し込みが入ると、申込者の情報を知るために個人信用情報機関に情報開示請求をしているのです。

情報開示請求でブラックリスト入りかどうか確認できる

情報開示請求は実は個人でも行うことができます。
そしてこれをすれば自分がブラックリスト入りしているかどうかがすぐに分かるのです。

ですから、ブラック情報があるかどうか不安というのであれば、まずは個人信用情報機関に情報開示請求をしてみましょう。

情報開示請求の仕方は3種類です。
1.インターネット
2.郵送
3.窓口

窓口や郵送の場合には曜日や時間帯が限られてしまいますが、インターネットであれば365日24時間受付できます。
平日は仕事などで忙しいという場合、インターネットの利用が便利です。

信用情報の記録ってどんなものなの?

情報開示請求をしても見慣れない記号が並んでいてよく分からなかった・・・。
そんなふうに感じる人は大勢います。

そこで、信用情報の記録はどこを見るべきなのか、そこに書いてある記号にはどんな意味があるのかを解説していきます。

入金状況の読み方

個人信用情報機関に情報開示請求をして信用情報を手に入れたら、まずは入金状況を確認しましょう。入金状況は下図のような表で記載されています。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 ・・・
状況 $ $ $ A $ P ・・・

「$」は入金済みを表しています。
入金情報に書かれている記号が「$」だけの場合には問題ありません。

問題は上の表のように「A(=未入金)」や「P(=一部入金)」の記載がある場合です。
この記載だけではブラック情報にはなりませんが、カードの審査の上では不利になる可能性が高いです。

ブラック情報の有無は「返済状況」を見れば明らか

ではブラック情報の有無はどこで知るかというと、返済状況という項目です。
ここに「異動」という記載がある場合、ブラック情報があるということになります。

ブラック情報の記録が残る期間

ブラック情報と一言で言っても、その種類は複数あります。
そして種類によって信用情報に記録が残る期間が違います。

そのため異動情報の記載があった場合には、どういった種類の金融事故を起こしているのかを正しく把握してください。
自分の状態を正しく把握することで正しい対策を立てることができます。

ブラック情報の種類

ブラック情報にもいくつか種類があります。
代表的なブラック情報の種類を簡単に説明します。

延滞

支払いが61日以上もしくは3ヶ月以上遅れていることを言います。
延滞情報は遅延と似ていますが、遅延よりも長期間に渡って遅れている状態のことです。

代位弁済

自分で支払いができず、保証会社などが立て替えて返済している状態です。

民事再生

民事再生は債務整理の方法の1つです。
借金が返しきれない状態だけど自己破産したくないという場合に行われます。
大幅に減額された借金を原則3年で完済すれば、住宅ローン以外の借金は返済義務がなくなります。

自己破産

借金返済の義務を免除してもらう債務整理の方法です。
裁判で返済が不可能と認められることで可能になります。
自己破産者は家など一定以上の財産を手放す必要があります。

ブラック情報が残る期間

ブラック情報の登録期間は下記の通りです。

異動情報 CIC JICC 全国銀行個人信用情報センター
延滞 5年 1年 5年
代位弁済 5年 5年 5年
民事再生 5年 5年 10年
自己破産 5年 5年 10年

異動情報の種類によっても違いますし、3つある個人信用情報機関によっても記録の保管期間は違います。

ブラック情報あり!対処方法を解説

信用情報を確認したらブラック情報があった!

この場合、どのように対処していけば良いのでしょうか。
正しく対処することでクレジットヒストリーがより悪くなるということを防ぎ、できるだけ早くクレジットカードの審査に通過することを目指しましょう。

ブラック情報がある間はカードに申し込んではいけない!

ブラック情報がある間は基本的にカード申し込みはしないでください。
なぜなら、ほぼ確実に審査落ちするからです。

「もしかしたら審査に通過するかもしれない」
「今まで申し込んだことがないカード会社なら大丈夫かもしれない」

そんなふうに思うかもしれませんが、それはまずあり得ません。

ブラック情報は各カード会社の社内情報ではなく個人信用情報機関に記録されているので、どのカード会社からでも照会することができます。

ですから、これまで申し込んだことがないカード会社であっても同じです。

ブラック情報が記載されている金融事故者と分かると、ほとんどのカード会社は即審査落ちの判断を下します。

しかも審査落ちの記録は信用履歴に残ります。
他社で審査落ちした申込者にカードを発行するカード会社はありませんので、更にカード審査に落ちやすくなってしまうのです。

だからこそ、まずはカードの申し込みをしないようにします。

クレジットヒストリーを充実させる

ではブラック情報が消えるまでは何もできることが無いのかというと、そんなことはありません。
この期間はクレジットヒストリーを充実させるために使うのです。

クレジットヒストリーの充実というのは、返済能力があることを示すことです。
具体的には、カード利用で買い物をしてその返済を滞りなく行っていきます。

注意しておきたいのは、カードの使い過ぎです。
いくら返済の実績を作りたいからといっても、返済するのが苦しくなるくらい使い込んではいけません。
自分で無理なく返済できる範囲の使用に留めて、毎回確実に返済するということが大切です。

もしも現時点でカードを1枚も持っていないなら、携帯電話を分割払いで購入するというのもクレヒスを充実させる1つの方法です。
カード会社にもよりますが、携帯電話の分割払いを実績として捉えてくれるところもあるからです。

このようにクレジットヒストリーを充実させておけば、ブラック情報が信用情報に記載されなくなったときにカード審査に通過しやすくなります。

“ブラック”でも通るかもしれない!ACマスターカード

アコムACマスターカード

「それでも今すぐにクレジットカードが欲しい!」

ブラック情報があってもどうしてもカード取得したいのであれば、ACマスターカードに申し込むことをおすすめします。

理想はブラック情報が消えるまで待つことですが、そうはできない事情があるケースもあるでしょう。
そうした場合には、ブラックでも審査に通過する可能性が僅かにですが残されていると言われているカードを選びます。

“ブラック”でも持てるカードは数少ない

ただし、ブラックでも作れるカードはほとんどありません。
限りなく審査通過が困難な状況でも申込価値が残されているのがACマスターカードです。

他のカード会社では軒並みブラック情報があるというだけで審査落ちします。
それでもACマスターカードなら審査通過する可能性がわずかにあります。とても審査が易しいカードだからです。

消費者金融系のクレジットカードなので、他ではカードがどうしても作れないという人の最後の砦とも言えます。

消費者金融自体もカードローンなどお金の工面という点で最後の砦ですよね。
そんな会社が発行しているカードなので、同じような位置づけになるわけです。

即日発行にも対応しているので急いでいるときにもぴったり

ACマスターカードは即日発行にも対応しています。

ブラックでもカードが欲しいと考えているときには、スピード発行を希望していることも多いでしょう。
ACマスターカードなら最短で申し込みした当日中に受け取ることができますので、この点も大きな利点です。

ブラック情報は基本消えるまで待つ、けれどACマスターカードなら今すぐ申し込みも可

ブラック情報は基本的に消えるまで待ちます。
なぜなら、ブラック情報があるとほとんどのカード会社は審査落ちにされてしまうからです。

しかも審査落ちの記録も個人信用情報機関に記録されてしまいます。

ですから、まずは事故情報が消えて信用情報がきれいな状態になるまで待ちます。
待っている間は返済の実績作りをしながら申し込み可能な状態になるまで備えましょう。

それでも今すぐにカードが欲しいという場合には、ACマスターカードに申し込みます。
ブラックでも審査に通過する可能性がわずかにあるカードです。

ブラック情報があるとカード審査は不安なものです。
しかし正しく対処すればいずれは審査に通過できるようになりますし、適切なカードを選べば現状でも審査に通過する可能性があります。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

未分類

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション