お金の参考書 クレジットカード

ディズニーデザインのクレジットカード一覧!自分に合ったカードが早わかり!

クレジットカードにはディズニーのキャラクターが描かれた可愛いデザインのものがあり、ディズニーファンにとって魅力的なものがたくさんあります。

しかし、たくさんある故にいちいち探して比較するのは結構面倒な作業ですよね…。デザインだけならまだしも、クレジットカードには保険やポイント、年会費、優待といった様々なサービスが付帯しているので、それらをイチイチ比較検討するのは骨が折れます。

そこで今回は、当編集部の方で行った調査をもとにして、ディズニーデザインのクレジットカードを一挙紹介し、ぞれぞれがどのような人におすすめなのかを紹介していきます!

ディズニーファン必見!ディズニーデザインのクレジットカード一覧

ここでは当編集部の調査をもとに、ディズニーデザインのクレジットカードを一覧にしています。

それぞれのカードのメリットどのような人におすすめのカードなのかが記載されているので、ディズニーデザインのクレジットカードを検討している方はカード選びの材料として活用して下さい。

楽天カード(ディズニー・デザイン)

【オススメ度】★★★★★
【オススメしたい人】楽天市場をよく利用する学生

ハイスペックなカードでテレビでもCMをしている楽天カード。そんな楽天カードにはディズニーデザインのカードがあります。

通常の楽天カードと同じようにポイント還元率1%で、楽天市場の利用ならポイントは3倍の3%になります。

ちなみにポイント還元率1%は高還元の部類に入りますし、ディズニー・デザインのカードの中では最強の還元率です。

なので、ディズニー・デザインが好きでポイントを重視する人や、よく楽天市場を利用する方は楽天カード(ディズニー・デザイン)に申し込むことをおすすめします。

※海外旅行傷害保険(利用付帯)もバッチリ付いているので、海外旅行を視野に入れている人も安心して入会できます。

JALカード

【オススメ度】★★★★★
【オススメしたい人】旅行好きな方&定期的に飛行機に乗る方

JALカードはその名の通りJALカードのが発行するクレジットカードで、利用によってマイルが貯まるのが特徴です。

フライト毎の10%ボーナスマイルやJALカードでのみ利用できる国内線割引運賃が用意されているので、飛行機をよく利用する人におすすめのカードです。

また公共料金や食費等の日々の利用に使ってもマイルが貯まるので、毎年実家に飛行機で帰省している人などにもおすすめですね。

※JALカードで貯まるマイルはJALマイルです。

JALカードは200円につき1マイル貯まり、特定のお店なら2マイル貯まります。また年会費年会費3,240円の「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に入会するとマイルはさらに2倍貯まります。

つまりJALカードで100円につき1マイル貯まり、特定のお店なら2マイル貯まります

デザインはミッキーを主張し過ぎることなく、かつスタイリッシュな仕上がりになっているのでお大人の方にもおすすめです。

【学生はJALカードnaviがおすすめ】

もし旅行へ行く、帰省に飛行機を使う学生さんがいる場合は圧倒的にJALカードがおすすめです。というのも学生さんはJALカードnaviという学生専用カードを利用できるからです。

JALカードnaviは年会費無料で「JALカードショッピングマイル・プレミアム」の年会費も無料となっています。

また通常よりも少ないマイルでチケットとの交換が可能なマイル減額キャンペーンもあり、月に5万円も利用していれば1年間で東京―沖縄間の旅行がタダでできてしまうくらいです。

さらに、マイルは有効期限がなく、じっくり貯めることができます。

充実した海外&国内旅行傷害保険も自動付帯しており、クレジットカードとしてはまず間違いなく最強クラスとなっています。

ディズニー★JCBカード

【オススメ度】★★★★☆
【オススメしたい人】デザイン重視&ディズニー特典目当ての方

ディズニー★JCBカードはポイント還元率が0.5%で年会費は1,250円かかります。また保険も海外旅行傷害保険はなく、ショッピング保険のみとなっています。

なので、正直カードのスペックはそこまで良くないのですが、デザインは8種類のディズニーデザインから選べるので、ディズニー好きは検討必須のカードです。

さらにディズニー関連のサービスも充実していて、例えば次のようなサービスが用意されています。

【Thanksギフト】
非売品のディズニーオリジナルグッズをプレゼント(商品は毎年プレゼントされ、中身は都度変わります)

【キャラクターグリーティング】
週2回開催されるキャラクターグリーティングに抽選で招待

もちろんこの他にも、貴重なディズニーグッズをカード会員だけが先行予約できたりと様々なディズニ―関連のサービスを受けることができます。

ディズニーランドへよく行く、イベントにもよく参加する、身の回りはディズニーグッズだらけだ、といった本当のディズニー好きの方はこのカードがオススメです。

JCB CARD EXTAGE

【オススメ度】★★★★☆
【オススメしたい人】若い方全般

JCB CARD EXTAGEは10代20代向けのハイスペックカードでポイント還元率は入会後3ヶ月間が1.5%、その後入会後4ヵ月目~入会後1年までは0.75%となります。

その後はポイント還元率は0.5%になりますが、前年度年間利用金額が20万円以上であれば翌年度以降もポイント還元率0.75%となります。

年間20万円なら月1万7,000円の利用でOKなので全然余裕ですね。

また年会費は無料ですが、初回更新時に自動的にJCB一般カードに切り替えとなりますので、それ以降は年会費を支払う必要があります。

JCB一般カードはステータスが高いとされる数少ないプロパーカードの1つなので、ステータス重視の人にはおすすめです。

プロパーカードとは?
国際ブランド自らが発行するクレジットカード。五大国際ブランドの中ではAMERICAN EXPRESS、JCB、DINERS CLUBが発行しているが、VISAやMasterCardは発行していない。

MUFGカード(ディズニーデザイン)

【オススメ度】★★★★☆
【オススメしたい人】中国へ行く予定のある方

MUFGカード(ディズニーデザイン)は年会費1,250円(税別)でポイント還元率は0.5%と平均的です。

ポイント還元率は毎月の利用額によってアップしますが、最高で還元率50%アップなので0.75%と平均よりもやや高いくらいです。 (毎月10万円以上利用の場合)

ただし、保険は充実していて、海外旅行傷害保険が自動付帯になるほか、ショッピング保険も付帯します。

さらに追加カードとして銀聯カードを発行できるので、中国に行く予定のある方にはおすすめできるカードです。

銀聯カードとは?
国際ブランドの1つである銀聯を冠したカード。中国で幅広く使えるので、中国へ行く際には絶対に持っておきたいカード。

JCB一般カード

【オススメ度】★★★★☆
【オススメしたい人】将来「JCBザ・クラス」を入手したい人

JCBのプロパーカードには「JCBザ・クラス」というプラチナカード(実質ブラック)があり、これはJCB一般カードからのランクアップで入手が可能となっています。

年会費は5,0000円で入手難易度も高いですが、もし入手すれば「東京ディズニーリゾートの会員専用ラウンジ利用」などのディズニー関連のサービスを受けることができます。

また抽選ですが、クラブ33(会員制レストラン)での食事ができる食事券などが当たるチャンスもあります。

「将来絶対金持ちになるんだ!」という気概のある方はぜひJCB一般カードからJCBザ・クラスを目指してみてはいかがでしょうか?

JCB一般カード自体のスペックやサービスは可もなく不可もなく、といったところでプロパーカードならではのステータスの高さが大きな魅力となっています。

イオンカード(WAON一体型/ディズニー・デザイン)

【オススメ度】★★★☆☆
【オススメしたい人】イオンをよく利用する人

イオンカード(WAON一体型/ディズニー・デザイン)は年会費無料でWAONの機能が搭載されたクレジットカードです。

イオンカードは200円(税込)毎に1ポイントが貯まり(ときめきポイント)、1ポイントは1円相当で利用できます。

つまりポイント還元率は0.5%と平均的な値になりますが、利用がイオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなどのイオングループの対象店舗であればポイント2倍になります。

また毎月10日はありが10デーとなり、北海道・九州地区を除くイオン・イオンスタイルでのポイントが5倍となります。イオンを利用する人がガッツリお得になるのがお分かり頂けると思います。

また、イオンシネマを割引価格(同伴含め300円引き)で楽しめるサービスもあります。イオン以外であれば、毎月10日がときめきWポイントデーになり、この日はコンビニ等の支払いでもポイントが2倍になります。

※ただしありが10デーとの重複はありません。

上記で紹介した以外にもイオンがお得になるサービスが用意されているのでイオンを普段から利用するような人にはおすすめのカードです。

セブンカード・プラス(ディズニー・デザイン)

【オススメ度】★★★☆☆
【オススメしたい人】セブンイレブンやイトーヨーカドーをよく利用する人

セブンカード・プラスは通常の還元率は0.5%と平均的ですが、セブンイレブンやイトーヨーカドーでのポイント還元率が1.5%(100円につき1.5円相当のポイント付与)になります。

また、貯まるポイントはnanacoポイントで、nanaco一体型のカードを選択すればnanacoとクレジットカードの機能を一体にすることができます

さらにnanacoへのチャージをセブンカード・プラスで行うと200円毎に1ポイントが貯まり、チャージされたnanacoの100円(税抜き)利用ごとに1ポイントが貯まります。

また毎月8のつく日はイトーヨーカドーで5%OFFのお得な割引を受けることもできます。

普段セブンイレブンやイトーヨーカドーを利用する人、これまでnanacoユーザーだった人におすすめのディズニーデザインカードです。

カードを選ぶ3つのポイント

ここまではディズニーデザインのカードを紹介してきましたが、「なかなか決定打にかける…」と思っている方もいるのではないでしょうか?

そこで次はカードを選ぶ上で注目すべき2つのポイントを紹介していきます。ポイントの内容は以下の通りです

①年会費などの維持コストは0円が好ましい
②カード選びの軸はポイント還元率と優遇が受けられるお店にしよう

何れもカードを選ぶ上で万人にとって大切なポイントとなっています。是非、以下で紹介するポイントを参考にしてディズニーデザインのカードを選ぶ際の補助として役立てて下さい。

①年会費などの維持コストは0円が好ましい

クレジットカードの年会費は無料であることに越したことはありません。

年会費が1,000円かかるとすれば、それをポイントで取り返すのは結構大変です。

ポイント還元率が1%の高還元カードであっても10万円使ってやっとトントンになるわけですからね。

やはり年会費は無料であるに越したことはないのです。上記で紹介したカードの中で年会費が有料なのは次の3つです。

・ディズニー★JCBカード
・MUFGカード(ディズニー・デザイン)
・セブンカード・プラス(ディズニー・デザイン)
・JALカード

もし年会費を無料にしたいのであれば、上記3つは候補から外した方が良いでしょう。

※ただし、セブンカード・プラスは年会費初年度無料に加え、前年度5万円の利用で年会費無料というサービスを用意しているので、実質年会費無料のようなものになります。

②カード選びの軸はポイント還元率と優遇が受けられるお店にしよう

クレジットカードを選ぶ際、お得さを最も重視するのであれば、次の2点をカード選びの判断軸にすると良いでしょう。

・ポイント還元率
・優遇が受けられるお店

それぞれ解説していきますね。

ポイント還元率

クレジットカードにはポイント還元率というものがあり、これは100円あたり何円相当のポイントが付与されるかを表したものです。

例えば、三井住友VISAクラシックカードの場合、月の利用総額に対して1,000円(含む消費税等)毎に1ポイント(5円相当)が付与されます。

なので三井住友VISAクラシックカードのポイント還元率は5%となります。

このようにポイント還元率は返ってくるお金を計る目安となるので、お得さを優先する人はポイント還元率に注目してカードを選ぶと良いでしょう。

ちなみにポイント還元率は1%からが高還元で、上記の中では楽天カード(ディズニー・デザイン)とJALカードがポイント還元率で1%となります。(JALカードは「JALカードショッピングマイル・プレミアム」を利用した場合)

※JALカードnaviのマイルはdポイントやAmazonギフト券に1マイル1円で交換可能

また、貯まったポイント(JALカードはマイル)は様々な用途があるので、基本的にはほぼ現金のように利用することができます。

優遇が受けられるお店

また、ポイント還元率以外にも優遇が受けられるお店に注目することも大切です。

例えば上記のカードで言えば楽天カード(ディズニー・デザイン)は楽天市場での買い物によるポイント還元率を優遇しています(1%→3%)、

また上記のカードではありませんが、ルミネカードはルミネのお買物が5%OFFになるなど、カードによっては特定のお店で割引を受けることができるものもあります。

なのでぜひカードを選ぶ際には、優遇が受けられるお店にも注目してみて下さい。

※常連のお店がある場合は「お店の名前 クレジットカード」と検索すると、そのお店がお得に利用できるクレジットカードがヒットするのでおすすめです。

【コラム】ディズニーデザインが利用できるのはJCBカードのみ

ディズニーデザインでVISAのカードが欲しい、或いはAmerican Expressのカードが欲しい、と思っている方もいるかもしれませんが、ディズニーデザインを選ぶのであればJCB以外に選択肢はありません。

なので、JCB以外のカード(VISA/MasterCasr/ American Express/Diners Club)が欲しい人は2枚目を持つことを検討してみましょう。

ちなみにJCB/ American Express/Diners Clubは優待が充実している代わりにVISAやMasterCardほど広く使えないので、JCBからの2枚目を選ぶ場合はVISAかMasterCardを選ぶのがおすすめです

まとめ

以上、ディズニーデザインのクレジットカードにはどのようなものがあるのかを紹介してきました。

今一度ディズニーデザインのクレジットカードとおすすめポイントをまとめておきましょう。

まとめると以下の通りです。

①楽天カード(ディズニー・デザイン)
ポイント還元率1%&楽天市場の利用でポイント3倍。楽天カードのハイスペックぶりはそのままに、ディズニーデザインが楽しめる

②JALカード
高還元率でJALマイルが貯まるカード。大人が持っても恥ずかしくないスタイリッシュデザイン。

③ディズニー★JCBカード
豊富なデザインの種類とディズニー関連のサービスが魅力。

④MUFGカード(ディズニー・デザイン)
銀聯カードが追加カードとして発行できる。※中国へ行く予定のある人にオススメ。

⑤JCB CARD EXTAGE
若者限定のハイスペックカード。将来JCB一般カードへランクアップ。

⑤イオンカード(WAON一体型/ディズニー・デザイン)
イオンでのお買物がお得になる。

⑥セブンカード・プラス(ディズニー・デザイン)
セブンイレブンやイトーヨーカドーでポイント3倍。毎月8のつく日はイトーヨーカドーで5%OFFでお買物可能。nanado一体型のカードがあり、セブンカード・プラスからnanacoへのチャージでもポイントが貯まる。

⑧JCB一般カード(ディズニー・デザイン)
ランクアップすると最終的にプラチナカード(実質ブラックカード)の「JCBザ・クラス」が入手可能。「JCBザ・クラス」はクラブ33(会員制レストラン)での食事ができる食事券などを抽選でゲットできる。

上記の中で気に入ったカードがあればぜひ申し込んでみて下さい。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション