お金の参考書 クレジットカード

パート・アルバイトでも審査に通るクレジットカードとその審査基準を解説!

これまでクレジットカードは年収200万円以上あって、安定した収入が保証されている正社員や公務員だけに発行してもらえるというイメージがありました。

しかし、最近では、年収200万円以下のアルバイトやパートを対象とした流通系カードも登場し、だれもが気軽にクレジットカードを持てるようになりました。

今回はアルバイト・パートも歓迎しているクレジットカードと審査対策について解説します!

目次

閉じる開く

パート・アルバイトでも作れるカードはある!

クレジットカード審査通過できる年収の目安として、200万円と言われています。

クレジットカードの審査では、スコアリングシステムによって申込者の情報が自動でランク付けされますが、年収が200万円以下だとポイントが低くて通過しにくくなっています。

しかし、年収200万円以下の方がクレジットカードを絶対に作れないというわけではありません。

年収のポイントが低くても、年齢、性別、職業、勤続年数、借入状況、延滞履歴、居住状況などの属性によってさまざまなポイントが加算され、カード審査に通る可能性があります。

また、最近では、流通会社や消費者金融会社が年収200万円以下の層を狙ったクレジットカードをこぞって発行しています。パートやアルバイトでも年収が100~150万円ほどであれば、流通系や消費者金融系カードであればカード発行の可能性は十分にあります。

アルバイトでもカード審査に通過できるポイント

流通系や消費者金融系カードなら、だれでも審査に通るというわけではありません。審査に通過するための最低基準はあります。ここではアルバイトがカード審査に通過できるポイントを見ていきます。

主婦や学生なら年収100万円以下でもOK、アパートで一人暮らしなら127万円以上は必要

アルバイトの場合、学生や主婦、アルバイトだけで生計を立てている人の場合と少々、審査通過できる年収の基準が異なります。
学生や主婦でアルバイトしている場合、保護者や配偶者などの代わりに支払ってもらえる強い後ろ盾がありますので、年収100万円以下でも問題はありません。

しかし、アルバイトで一人暮らしをしている場合、年収100万円程度だと審査通過は難しくなります。というのも、クレジットカードの総利用額を決めた割賦販売法で、一人暮らしでアパート住まいの場合に一年に必要な生活維持費は、116万円と決まっているからです。年収100万円だとこの生活維持費も維持できない状態とカード会社に判断され、審査落ちは免れないでしょう。

割賦販売法では、申込者の支払可能見込額を算出し、申込者のカード利用限度額を決めるように定めています。支払可能見込額の算出法は以下の通りです。

支払可能見込額=年収-生活維持費-借入金の年間請求予定額

カード会社はこの支払可能見込額に0.9をかけて、クレジットカードの利用限度額を決めます。

カード会社も会員にカードを利用してもらうことで利益を上げたいわけですから、カードの利用限度額を最低10万円はつけたいと考えます。そこから逆算すると、カード会社が発行してもよいと考える最低の年収が出ます。

(利用限度額)10万円÷0.9+(生活維持費)116万円=約127万円

つまり、一人でアパート暮らしの場合、年収は最低でも127万円は必要ということになります。ただし、これは他社からの借入金がない場合の計算となりますので、他社からの借り入れがあった場合、この年収にその借入金を足した金額が、審査通過に必要な最低の年収基準となります。

勤続年数が最低でも1年以上である

年収の次に重要な項目が、勤続年数です。年収が少なくとも、勤続年数が長ければそれだけ審査のポイントも高くなります。審査通過するために、最低1年以上の勤続年数であれば、安定収入であると評価されてアルバイトでも審査に通りやすくなります。

他社からの借入金がない

クレジットカード申込時に他社からの借入金がある場合、審査結果にマイナスの影響を与えます。というのも、前述した割賦販売法でカードの利用限度額を決める際にも他社からの借入金が関係しているからです。

例えば、アルバイトの年収が130万円でアパートの一人暮らしで、年間10万円支払わなければいけないオートローンがあったとします。その場合の利用限度額は、

(130万-116万-10万)×0.9=3.6万円

となり、カード会社が希望する最低のカード利用限度額10万円に全く届いていない状態で審査落ちは確定です。
他社からの借り入れがある場合、できるだけ清算した形でクレジットカードに申し込むようにしましょう。

また、借入金額のごまかしは絶対にやめましょう。借入情報はクレジットヒストリーとして個人信用情報機関に登録され、全てのカード会社が情報を共有できるようになっています。そのため、申込時に金額や件数をごまかしても、カード会社にすぐにばれてしまい、カード審査に落ちるばかりでなく、自分の信用度を低下させる要因となります。

支払い延滞や金融事故情報がない

支払い遅延や金融事故の履歴は、カード会社が審査する際に照会する個人信用情報機関に登録されており、審査にとって大きなマイナスとなります。

クレジットの支払い記録は、個人信用情報機関に24カ月登録され、61日又は3か月以上の遅延を起こした場合、金融事故情報として処理されますさらに、支払いの延滞が続き、強制解約や代位弁済、自己破産になった場合、個人信用情報機関に5年~10年登録されることになります。これらの金融事故情報がある限り、審査通過する見込みはゼロに等しくなります。
信用情報は個人で閲覧することが可能なので、不安な方は、個人信用情報機関に信用情報の開示請求を行ってみてください。

在籍確認がとれる

スコアリングシステムだけで判断することができない場合、申込者の在籍確認が行われることがあります。セゾンカードなど在籍確認を必須としており、自分の携帯か勤務先に電話がくる場合があります。
連絡がくるということは在籍確認さえできれば、審査通過の可能性は高くなります。
未成年者の場合は、親権者に「お子さんにカード発行をしてもよいか」と同意を問う電話があるので、事前に親御さんに話しておいた方が確実です。

審査通過にはカード選びにコツがあり!

審査難易度の低い流通系か消費者金融系カードを選ぶ

クレジットカードは発行母体によって系列が分かれており、以下のような順番で審査難易度が低くなります。

銀行系➡交通系➡信販系➡流通系➡消費者金融系

アルバイトの方は審査難易度が低い流通系や消費者金融系カードを選ぶと審査に通りやすくなります。
10~20代の若者なら若者限定カードを狙うのも効果的ですね。若者限定カードなら、年収の基準も低く設定されているので、アルバイトでも信販系や銀行系カードを手に入れることも十分可能です。

また、同じ系列のカードでもランクは異なるため、審査の通りやすさを考えると低いランクのものから申し込むのがおすすめです。たとえば、楽天カードであれば、楽天ゴールドカードではなく楽天カードから申し込むようにするとよいでしょう。

申し込み資格に「18歳以上」と記入のある年会費無料カードがねらい目

申し込み資格からクレジットカードの審査の厳しさを大まかに読み取ることができます。
18歳以上で電話確認がとれる方」という申込資格がある場合、収入についての文言がなく、18歳という若手もターゲットにしていることがわかるので、低収入でも審査に通過する可能性は高くなります。

また、年会費有料カードやゴールドカードなどのステータスカードは、ある程度の収入がある層をターゲットとしているため、審査は厳しめです。年会費無料カードは、幅広い層をターゲットにしているため、アルバイトでも審査に通りやすくなります。

銀行系や信販系カードはファーストカードを持ってから

銀行系や信販系カードは一般的に審査が厳しめで、アルバイトが最初に作るカードとして申し込むには審査落ちのリスクが高いです。
アルバイトや収入が低い方は、まずはファーストカードとして流通系や消費者金融系カードを作ることをおすすめします。
そして、支払い実績を積んでから、銀行系や信販系カードにチャレンジすると審査に通る可能性もアップします。

家族カードなら審査なしで手に入りやすいが、クレヒスがつかないので注意

年収が100万円以下で審査落ちの不安がある方は、家族カードに申し込むという手があります。
家族カードは両親や配偶者が持つクレジットカードの追加カードなので、18歳以上であれば審査なしでもつことができます。

ただし、家族カードのクレジットヒストリーは支払者である両親や配偶者につくので、自分のクレジットヒストリーを積み重ねることができません。徐々にクレジットカードのランクを上げていきたい方は、審査落ちのリスクがあっても家族カードではなく自分のクレジットカードを申し込んだ方がよいでしょう。

申し込むカードは1社に絞り込む

申し込むクレジットカードは1社に絞り込むと審査に通る可能性が高まります。
実は、個人信用情報機関には支払い遅延や金融事故だけではなく、クレジットカードに申し込んだ記録や審査に落ちた記録なども登録されます。

一度に複数のカードに申し込んだり、短期間に何枚も申し込む「多重申し込み」をしたりするとお金に困っているとみなされ、審査落ちの原因となる可能性があります。個人信用情報機関の申し込み記録は半年間で削除されるため、前にカードを申し込んだことがあれば、半年ほど期間を空けてから新規カードの申込むようにしましょう。

 パート・アルバイトでも発行できる年会費無料カード

クレジットカードには、収入が低くても審査に通りやすいカードがあります。学生や若者でなくても選択肢はあるので安心してくださいね。ここでは、アルバイトやパートの方大歓迎の年会費無料カードを5つ紹介します。

ライフカード

ライフカードは通常のポイント還元率が0.5%ですが、入会後1年間はポイント1.5倍、誕生月はポイントが3倍となります。海外旅行の際は日本語対応サポート「LIFE DESK」を利用することができます。年間を通りして様々な入会キャンペーンをしているので、お得にポイントが獲得できます。

年会費 初年度:無料
2年以降:無料
国際ブランド VISA、Master、JCB
ポイント還元率 0.5%
1,000円の利用につき1ポイント
1ポイント=5円相当
申込資格 日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
※未成年者は親の同意が必要。
発行期間 3営業日~1週間
家族カード 有 年会費・発行手数料:無料
ETCカード 有 年会費・発行手数料:無料

エポスカード

マルイが発行するエポスカードは、通常のポイント還元率は0.5%ですが、マルイでの利用でポイントが2倍になります。
さらに、年会費無料にもかかわらず海外旅行保険が自動付帯しているのはとてもうれしいですね。即日発行も可能で、公共料金の支払いや電子マネーのチャージでもポイントがたまるため、利用シーンが非常に多いクレジットカードです。

年会費 初年度:無料
2年以降:無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 0.5%
200円の利用につき1ポイント
1ポイント=1円相当
申し込み資格 18歳以上の方(高校生を除く)
※未成年者は親の同意が必要。
発行期間 即日~1週間
家族カード
ETCカード あり/無料

楽天カード

楽天カードは通常のポイント還元率が1%で、年会費無料カードのなかでは高水準となっています。ポイント加盟店での利用でポイント3倍、楽天市場での利用で常にポイントが4倍となります。
加えて、海外旅行保険が利用付帯しており、公共料金の支払いでもポイントが1%つくため、メインカードとしてもおすすめです。

年会費 初年度:無料
2年以降:無料
国際ブランド VISA、Master、JCB
ポイント還元率 1.0%
100円の利用につき1ポイント
1ポイント=1円相当
申し込み資格 楽天会員に登録済みで高校生を除く満18歳以上の安定した収入がある方。
※未成年者は親の同意が必要。
発行期間 3営業日~1週間
家族カード 有 年会費:無料 発行手数料:無料
ETCカード 有 年会費:540円 発行手数料:無料

イオンカード

通常のポイント還元率が0.5%ですが、イオングループで利用するといつでもポイント2倍毎月20日・30日は買い物代金が5%OFFとなります。WAON一体型カードを選ぶこともでき、イオングループの店舗を頻繁に利用する方に特におすすめのカードです。

年会費 初年度:無料
2年以降:無料
国際ブランド VISA、Master、JCB
ポイント還元率 0.5%
200円の利用につき1ポイント
1ポイント=1円相当
申し込み資格 高校生を除く18歳以上で、電話連絡が可能な方。
※未成年者は親の同意が必要。
発行期間 約1~2週間
家族カード 有 年会費・発行手数料:無料
ETCカード 有 年会費・発行手数料:無料

アコムマスターカード

アコムACマスターカード

消費者金融アコムが発行するカードローン付きクレジットカードです。即日発行が可能で、店頭や無人契約機「むじんくん」での申込なら最短30分でカードを発行してもらえます。リボ払い専用のため、ショッピング利用でも10.0%~14.6%の手数料がかかります。
国際ブランドがマスターなので、海外でも利用可能。0.25%のキャッシュバックもあります。

年会費 初年度:無料
2年以降:無料
国際ブランド Master
ポイント還元率 なし
(ただし、毎月利用金額の0.25%のキャッシュバック還元あり)
申し込み資格 20歳~69歳までで安定した収入と返済能力を有する人
発行期間 最短即日発行
家族カード
ETCカード

カード発行を有利にするためのあの手この手

無駄なクレカは解約しローンを整理する

クレジットカードは枚数をたくさん持っているだけで審査に不利になる可能性があります。
というのも、クレジットカードによってはキャッシング機能がついており、たとえ利用していなくても、新たにクレジットカードを発行すると返済遅延のリスクなどが高いと判断されてしまうからです。

さらに、年収の1/3近く借金がある場合は、総量規制によって新たにキャッシング枠があるクレジットカードを発行してもらうことはできません。新規カードを申し込む時は、使っていないクレジットカードは解約し、債務を整理しておくとよいでしょう。

キャッシング枠はつけない

キャッシング枠は総量規制の対象となり、審査も厳しくなるため、キャッシング枠はつけない方がよいでしょう。どうしてもキャッシング枠をつけたい場合は、クレジットカードを入手した後で追加を申し込みもできます。

一人暮らしより実家暮らしが審査に有利

たとえ家族名義であっても、実家暮らしであればスコアリングで高く評価され、カードが発行できる可能性は高まります。
両親と同居していると貸し倒れのリスクが少ないと判断されるからです。一人暮らしの場合、一時的に実家に住所を変更するという手もあります。

アルバイト生なら職業は「学生」を選択

アルバイトの方がお金を稼いでいてカードが作りやすいと思うかもしれませんが、実際は学生の方が審査に有利です。
学生の場合はアルバイトの収入なども審査にほとんど影響がなく、無収入でも問題ありません。

パート主婦なら年収に配偶者の年収もプラス

専業主婦がカードを作る場合は、配偶者の年収がプラスで評価されます。
楽天カードの申し込み画面などでは、年収の項目に「世帯収入」と書いてあることから、配偶者の年収も入れることが可能です。

申し込み用紙に記入する年収や勤務年数をちょっぴり上乗せする

申し込みの際に年収や勤務年数を少し上乗せすることで、ちょっびり審査に有利にすることができます。
上乗せ率を1~2割程度であくまで許容できる範囲内にしましょう。例えば、勤続年数が9~11か月であれば1年、年収が80~90万円程度なら100万円と書いてもOKです。

アルバイトかけもちなら勤続年数の長い方を勤務先に書く

アルバイトは、給与額より勤続年数が高い方がスコアリングで高得点となりやすいです。
アルバイトでは、たとえ収入があってもいつでもやめることができるため、勤続年数がより重視されます。アルバイトを掛け持ちしていて片方を記載する場合、勤続年数が長い方を記載しましょう。
なお、申込用紙の収入欄には、掛け持ちしているアルバイトの合算した金額を書くことが可能です。

パート・アルバイトのカード審査Q&A

アルバイトのクレジットカード審査について、よく質問のでる内容について、Q&A形式で応えます。

Q アルバイト先にカード会社から在籍確認の電話がくる?

A カードによってはアルバイト先であっても在籍確認の電話が来る場合があります。クレジットカードの在籍確認は融通が利くため、時間帯を決めておいたり個人名で連絡してもらったりすることも可能です。念のためアルバイト先に電話連絡が来る可能性があることを伝えておくことをおすすめします。

Q 派遣の場合、派遣会社それとも現在派遣先、どっちを勤務先に書くべき?

A 派遣会社の名前を書く必要があります。間違って派遣先の会社を記入してしまうと、在籍確認が取れずに審査落ちの原因となる可能性があります。申込書によっては派遣元と派遣先両方の会社を記載する項目があります。

Q アルバイトで審査の落ちた場合、もてるクレジットカードはあるの?

A 審査落ちしても、消費者金融系クレジットカードならばまだ発行してもらえる可能性があります。消費者金融系カードでは、審査基準を信用情報の傷より、現在の支払い能力に重きを置いているからです。

すぐにカードが欲しい場合は、審査のないデビットカードやプリペイドカードを選択肢にいれてはいかがでしょう。

Q 専業主婦とパートではどっちが審査に通りやすい?

A 年収100万円以上ならパート、100万円以下なら専業主婦とした方が無難です。専業主婦であれば配偶者の収入がプラスで審査されるため、信用情報に問題がなければカードが発行されやすくなります。

Q 未成年のアルバイトの場合、親の年収やブラック情報は審査に影響する?

A 未成年の場合は親の同意書が必要ですが、カード会社が親の信用情報をチェックすることはできないため、親の年収やブラック情報は影響しにくいと考えられます。
ただし、親が過去に申込をしたカード会社で過去に金融事故を起こした場合、社内ブラックとして事故情報がグループ会社全体で共有されているため、審査落ちする可能性があります。

Q 消費者金融のカードローンで借金があるけどクレジットカードは発行できる?

A . キャッシング枠をつけると総量規制の対象となるため、すでに他社から年収の1/3程度の借入金があると審査通過は難しいです。
たとえキャッシング枠をつけなくとも、年収の1/3以上の借入金がある場合は返済能力が低いと見なされてカード審査に通りづらくなってしまいます。
また、金額だけでなく借入件数にも注意しましょう。複数の会社でお金を借りていると、返済に困っているという印象を与えてしまいますよね。借入件数が3件以上ある場合は審査に不利となるため、クレジットカードを発行する際は借入件数を1~2件に抑えておきましょう。

 まとめ

アルバイトやパートで収入が少なくても、ポイントを押さえておけばクレジットカードを作ることが可能です。
一人暮らしや実家暮らしでも基準は異なりますが、アルバイトでは勤続年数1年以上、年収100万円以上を目安とすれば審査に通りやすくなります。しっかりと審査対策をし、流通系カードや消費者金融系カードなど、審査難易度の低いカードから申し込むようにしましょう。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

未分類

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション