ANA vs JAL マイルが貯まるクレジットカードの選び方・最新版

 

旅好きに嬉しいマイル特典付きのマイレージカード。国内外各航空会社で魅力的なマイレージプログラムがありますが、今回は日本の二大航空会社、JALとANAにしぼって、どちらのマイレージプログラムがお得か、そしてマイルを貯めやすいおすすめのカードをご紹介いたします。

ANA vs JALマイレージプログラムはどっちがお得?

ANAとJAL、それぞれのマイレージプログラムを比べてみました。マイルの貯め方、使い方など色んな切り口で、どっちがお得かを見ていきたいと思います。

特典航空券の交換マイル数はどっちがお得?

マイレージプログラムの一番の魅力は特典航空券です。まずは、特典航空券の必要なマイルの違いを見てみましょう。
例えば、旅行に行くと考えて、東京~石垣、東京~札幌、東京~ハワイの3区間の通常マイル数(往復)で見てみましょう。

 ANA  JAL
東京~石垣 20000 20000
東京~札幌 15000 15000
東京~ハワイ 40000 40000

どちらも横並びといった感じで、違いはありません。ただし、ANAの場合、ロウシーズン、レギュラーシーズン、ハイシーズンの3つの時期に分かれており。ハイシーズン時期になると、1,500マイルアップするので、お盆やGW、お正月時期によってANAの方が高くなることもあります。しかも、JALの場合は、2,000~3,000マイル格安となるディスカウントマイル、2,500~3,500マイル安くなるJALカード割引が不定期であり、総合的にみた場合、JALの方が特典航空券の引き換えの点でお得といえます。

航空券だけじゃない、特典マイルの使い方バラエティ度

マイルのインセンティブは、何も航空券だけではないんです!
貯まったマイルは、ホテルやレンタカー代、品物などにも交換できます。
次の表では2社の特典内容を比較しました。

ツアーに交換した場合

【ANA】
・ANAスカイホリデーや国内外のホテルなどでANAコインと交換できる。
・ゴールド・シルバーなどによって還元率がかわる。
・10,000マイル未満では還元率が同じだが10,000マイル以上になれば、10,000=12,000マイル、20,000マイル=24,000など額が増えていくと、1.2~1.7倍にまで増額される。
・高級ホテルの宿泊券、ホテルのレストランの食事券と交換可能。

【JAL】
JALバックのツアーや海外の特典航空券に含まれる税金やサーチャージに充てられる。10,000マイル=15,000ポイント
・ホテル・旅館、空港宅配サービス、JAL-DFS免税品などで使えるJALクーポンと引き換えできる。10,000マイル=12,000円相当

⇒どの会社のツアーを選ぶかでもかわりますが、還元率でみると、10,000マイルでも15,000円相当のポイントと交換できるJALの方が多少有利という感じがします。

商品と交換した場合

【ANA】
・高島屋と提携した約200点の厳選商品「ANAセレクション」の商品と交換可能。
・ネットショッピングANAショッピング A-style  の商品と交換

【JAL】
・食べ物、電化製品、雑貨、お酒まで三越と提携した「JALとっておきの逸品」と10,000マイルから交換できる。
・スタジオアリス、ファミマ、ユニバーサルスタジオなど、JALと期間限定で提携する企業のクーポンと引き換えられる。

⇒両社に大した違いはないようです。

他社ポイントと交換した場合

【ANA】
Ituneや楽天edyなどの電子マネー
・suicaやSUGOCA、PASMOにチャージできるメトロポイントなど交通機関のポイント
・TSUTAYAやファミマなどで使えるTポイント
・セブンイレブン、イトーヨーカドーなどで使えるnanacoポイント
・ヤマダカード、エムアイポイント、京成カード他
提携全社共通10,000マイル=10,000円相当

【JAL】
WAONのポイントと交換できる。
10,000マイル=10,000waon(10,000円相当)~交換可能。
アマゾンやイオンシネマ、マツモトキヨシ、三越伊勢丹などのポイントと引き換えできる。
10,000マイル=10,000円相当

⇒ANAの方が交換できる提携会社がダントツで多く、バラエティ度からするとANAが有利。

以上、貯めたマイルの特典航空券以外における使い道を見てきました。ポイントや電子マネーの種類の多さではANAの方が有利ですが、「ファミマよりイオンを使う」という人にはwaonのあるJALがお得という場合もあるので、自分がよく利用する店舗やサービスに合わせて、選択した方が賢明といえます。

他社の海外特典航空券に変更しやすいのはどっち?


ANA、JALともそれぞれにアライアンス(航空会社グループ)に加盟しており、同じグループ内であれば、マイルの交換もできます。以下、提携航空会社のリストです。

ANA JAL
スター アライアンス系 ワンワールドアライアンス系
アドリア航空
エーゲ航空
エアカナダ
中国国際航空
エア インディア
ニュージーランド航空
アシアナ航空
オーストリア航空
アビアンカ航空
アビアンカ ブラジル航空
ブリュッセル航空
コパ航空
クロアチア航空
エジプト航空
エチオピア航空
エバー航空
LOTポーランド航空
ルフトハンザ ドイツ航空
スカンジナビア航空
シンセン航空
シンガポール航空
南アフリカ航空
スイス インターナショナル エアラインズ
TAPポルトガル航空
タイ国際航空
トルコ航空
ユナイテッド航空
エアベルリン
アメリカン航空
ブリティッシュ エアウェイズ
キャセイパシフィック航空
フィンエアー
イベリア航空
日本航空(JAL)
ラン航空
マレーシア航空
カンタス航空
カタール航空
ロイヤルヨルダン航空
S7航空
スリランカ航空
TAM航空
(提携会社)
エア ドロミティ
マカオ航空
エティハド航空
ユーロウィングス
ガルーダ インドネシア航空
ジャーマンウィングス
ハワイアン航空
ジェットエアウェイズ
フィリピン航空
ヴァージン アトランティック航空
ベトナム航空

(提携会社)

ジェットスター
エールフランス航空
エミレーツ航空
中国東方航空
バンコクエアウェイズ
アラスカ航空

合計         38社 合計         21社

⇒こちらでも、数だけでみるとANAの方が断然多いですが、よく自分が使っている航空会社によっても見方が変わってきます。

貯めやすいのはどっち?

それでは、次に貯めやすいのはどちらなのか、以下、使い方別にみてみましょう。

飛行機に乗って貯める

【ANA】
・他社の国際線をよく利用している場合、提携航空会社がJALより断然多いANAの方が有利。
【JAL】
・国内線をよく利用している人は、JALカード会員になるとボーナスマイルが貯まるので、JALが有利。
・LLCジェットスターも利用できるので、LCC利用者はJALがお得。

⇒他社の国際便をよく使っているなら、提携航空会社を見て、決めた方が賢明。ジェットスターをよく使うのなら、JALがお得。JALはカード会員になるとボーナスマイルもたまるので、総合的にJALが有利。

クレジットカードで買い物して貯める


【ANA】
・ANAカードを使用してイトーヨーカドーやセブンイレブンなどの提携店舗で買い物した場合、200円ごとに1マイル貯められる。ファミマやビックエコーなどの特約店で買い物すると二倍に。
クレジットカード会社のポイントをマイルへ移行する必要があり、その場合年度ごとに移行手数料が必要となり、コストがかかる。
【JAL】
・公共料金、保険、携帯電話代などの引き落としやショッピングなどをJALカードで行えば、200円ごとに1マイル貯められる。さらに、年会費3240円のJALカードショッピングマイルプレミアムに申し込むと、獲得マイルが2倍に。
・イオンや松坂屋などの特約店でショッピングすると4倍になる。
・クレジットカードに直接マイルがたまるので、移行手数料などがかからない。

⇒クレジットカードの利用でマイルを貯めるなら、ポイントとしてではなく、直接マイルとして加算され、移行手数料もかからないJALの方がお得。

他社とのポイント交換で貯める

【ANA】
・楽天スーパーポイント 2ポイント=1マイル
・Tポイント 500ポイント=250マイル
・nanacoポイント 500ポイント=250マイル
・メトロポイント1,000ポイント=600マイル
・ソーネットポイント 250ポイント)=100マイル 他、還元率の高いポイントが多数。
通常1マイル=3円必要なところ、メトロポイントのソラチカカードを使って、ポイント交換すれば、1マイル=1.2円という高還元率でマイルと交換可能など、お得なレートで交換できるシステムがある。

【JAL】
・Ponta 2ポイント=1マイル
・ポイント交換の選択肢が少ない。

⇒還元率の高さとポイント交換の選択肢の多さにおいて、圧倒的にANAが有利。

電子マネーを利用で貯める

【ANA】
・楽天Edy」の利用 で200円=1マイル貯まる。
・楽天Edyは主に全国のコンビニ、イトーヨーカドーなどのスーパーなどで利用できる。

【JAL】
・「waon」ので200円=1マイル貯まる。
・waonはコンビニを始め、主に全国のイオングループで利用可能。

⇒よく使う店によって、使い分けた方がよい。両者引き分け。

使い方によって、どれを選べばよいかわかってきました。例えば、クレジットカードで貯めたい人はJAL、他社のポイントで貯めたい人はANAがおすすめです。マイルを使う時、貯める時の利点を見ながら、自分の生活スタイルに合う方を選んでください。

マイル付きクレジットカード選びのポイント

以下にマイル付きのクレジットカード選びのポイントを2つ紹介します。このポイントを押さえて、とっておきの一枚を選んでください。

ANAかJALかを決める

これまで、ANAとJAL、どっちのマイレージがお得か見てきました。しかし、一番重要なのは、どちらの航空会社をよく利用しているかということです。普段よく使うところがANAであればANAのマイルを貯めようと思うでしょうし、JALの場合でも同じです。

どちらでもいいと思うのなら、自分が貯めやすい方法で選んでみてはどうでしょう? 貯めやすい方法で選ぶ場合は、普段の生活スタイルや何に重点におくかでも選び方が変わってきます。例えば、以下のチェックシートをご覧ください。

□費用をかけずにマイルを貯めたい→
ポイントからマイルへの移行費用がいらないJALカード

□ポイント交換でざくざくマイルを貯めたい→
提携会社も多く、還元率も高いANAカード

□よくイオン系のスーパー利用している→
イオンと提携し、waonチャージでもマイルがたまるJALカード

□よくイトーヨーカドーを利用している→
イトーヨーカドーと提携し、200円の買い物こどに1マイル貯まるANAカード

□よく海外出張があり、スターアライアンス系の飛行機を利用している→
スターエアラインスに加盟していて、同グループ内であればマイルの交換が可能なANAカード

□ワンワールドアライアンス系の飛行機やJetstarをよく利用している→
ワンワールドアライアンス系に加盟し、Jetstarとも提携。互いにマイル交換可能なJALカード

など、様々な選び方があります。上記のチェックシートや前の章を参照にして、どの会社のマイレージプログラムに参加するかを決めてください。

どのカードにするか決める

JAL、ANA両社とも、カードは以下の5種類に分かれます。

①クレジット機能なしのスタンダートカード
➁クレジット機能付きの普通(一般)カード
③シルバーカード(ANAはワイド・ANAはCLUB-Aカード)
④ゴールドカード
➄プラチナカード(ANAはプレミアム)

ここでは➁~➄のクレジット機能付きカードについてお話します。

普通→シルバー→ゴールド→プラチナの順で、年会費が上がり、マイルへの還元率や旅行傷害保険、空港サービスなどの付帯サービスが充実してきます。

各カードの特徴について以下のような表を作りました。

【普通(一般)カード】 (JAL アメリカン・エキスプレス・カード 普通カードは除く)

年会費 無料~2,160円
マイルへの還元率  0.5%
搭乗ごとのボーナスマイル加算率     10%
旅行傷害保険の最高補償額 1,000万円
ラウンジサービス ×
ビジネスクラスチェックインカウンターの利用 ×
ANAのみポイントをマイルで交換する際、必要な年間移行手数料 ※JALは不要 5,400円~6,480円

【シルバー(ANAはワイド・JALはCLUB-Aカード) 】

年会費 7,560円~10,800円
マイルへの還元率  0.5%
搭乗ごとのボーナスマイル加算率     25%
旅行傷害保険の最高補償額 5,000万円
ラウンジサービス ×
ビジネスクラスチェックインカウンターの利用
ANAのみポイントをマイルで交換する際、必要な年間移行手数料 ※JALは不要 5,400円~6,480円

【ゴールドカード】

年会費 15,120~30,240円
マイルへの還元率  1%
搭乗ごとのボーナスマイル加算率     25%
旅行傷害保険の最高補償額 5,000万円~1億円
ラウンジサービス
ビジネスクラスチェックインカウンターの利用
ANAのみポイントをマイルで交換する際、必要な年間移行手数料 ※JALは不要 無料

【プラチナ(ANAはプレミアム)】

年会費 33,480円~167,400円
マイルへの還元率  1%
搭乗ごとのボーナスマイル加算率     25%(ANAの場合×50%も加算)
旅行傷害保険の最高補償額  1億円
ラウンジサービス
ビジネスクラスチェックインカウンターの利用
ANAのみポイントをマイルで交換する際、必要な年間移行手数料 ※JALは不要 無料

上の表をみた通り、還元率よりも年会費を抑えて貯めたい人には、普通カードで十分です。JALの場合ですと、別途・年間3,240円のショッピングマイルプレミアムに入会することで、還元率を0.5%から1%(100円=1マイル)に引き上げることができます。

旅行や出張に頻繁に行くという人には、旅行障害保険の補償額が高く、ビジネスクラスチェックインカウンターの利用やラウンジサービスなど空港サービスも充実している、シルバー以降のカードをおすすめします。

ANAカードの場合は、ポイントからマイルへ移行する場合に移行手数料がかかってきますが、ゴールド・プレミアムはこれが無料となります。
例えば、ANAのワイドカード(年会費:7,830円)に申し込んだ場合、ポイントからマイルへ移行する際に移行手数料年間 6,480円を支払わねばなりません。その場合、合計で年間14,310円が必要となります。
しかし、これでは、移行手数料が無料となるゴールドの年会費15,120円~とさして変わらなくなります。しかもワイドですと還元率0.5%ですが、ゴールドですと1%となり、ラウンジサービスなどの空港サービスも充実してくるので、断然ゴールドがおすすめとなります。
マイル精算時の年会費+移行費用を考えて、他のカードの年会費と比較しながら、選ぶとよいでしょう。

各社それぞれのおすすめのマイレージカード

マイルを高いレートで貯めやすく、特典にも変更しやすいカード選びました。お好みの一枚、探してみてください。

【ANA系】

ANA VISA Suicaカード

年会費 初年度無料、2年後以降2160円
マイル還元率 0.5%~

《プラスポイント》
①マイルも貯められるsuikaと一体型のクレジットカードでオートチャージも楽々。
移行手数料6,480円の10マイルコースを選択することでマイル還元率が1%にアップ
③旅行傷害保険、ショッピング補償付き。
④カード利用代金WEB明細書サービスの利用で翌年度以降年会費1620円に、さらに、マイ・ペイすリボへ登録し、年に1回以上カード利用で年会費811年になり、大変お得。

《マイナスポイント》
①家族会員カードがない。
➁国内航空を除く国内旅行の保険がついていない。
③移行手数料が割高。

ANA アメリカン・エキスプレス・カード

年会費 7,560円
マイル還元率 1%~

《プラスポイント》
①1ポイント=1マイルと高還元率!
➁ANAグループ使用でポイントが1.5倍に。
ポイント移行コースへの登録(6,480円)で有効期限が無期限に。
④空港ラウンジの利用サービス、3千万円までの旅行傷害保険、手荷物無料宅配サービスなど旅行サービス充実。

《マイナスポイント》
①移行手数料が割高。ポイントは年間有効なので、ギリギリまで待って、まとめて移行した方がお得。

ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

年会費 33,480円
マイル還元率 1%~

《プラスポイント》
1ポイント=1マイルと高還元率
➁ANAグループ使用でポイントが2倍となり、100円ごとにアメックス 2ポイント+ANA・1マイルと最高で100円ごとに3マイル獲得できる。
③ポイント移行コースが無料かつ無期限。
④通常のフライトマイルに加えて、搭乗ごとにボーナスマイル(区間基本マイレージxクラス・運賃倍率x25%)を獲得できる。
➄空港ラウンジの利用サービス、最高1億円までの旅行傷害保険、手荷物無料宅配サービスなど旅行サービス充実。
⑥年16,740円で家族会員も追加できる。

《マイナスポイント》
①年会費が高い。

【JAL系】

JAL アメリカン・エキスプレス・カード 普通カード

年会費 6,480円
マイル還元率 0.5%~

《プラスポイント》
①通常、2ポイント=1マイルですが、年会費3,240円のショッピングマイル・プレミアムに申し込めば、獲得マイルが二倍となり、還元率1%も可能に。
➁手ごろな年会費で、最高3,000万円までの海外・国内障害保険付き。
③ホノルルや国内主要空港のラウンジが利用可能。
④マイルの有効期間は3年間。

《マイナスポイント》
①他のJALカードの通常カードは初回年会費が無料となるが、こちらは有料。
➁1%の還元率にするために、別途料金が必要。

JALカード CLUB-Aゴールドカード

年会費 10,800円
マイル還元率 1%~

《プラスポイント》
①1ポイント=1マイルと高還元率!
➁JALカード TOP&ClubQと「JMB WAON」カードを2枚セットで登録すると、「JMB WAON クレジットチャージ」が利用可能となり、クレジットチャージ+waonの支払いで200円ごとに3マイル貯められる。
③入会時初回登場ボーナス5,000マイル、翌年度以降初回搭乗ボーナス2,000マイル、搭乗ごとの区間マイルの25%プラス
④最高5,000万円の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険(自動付帯)など旅行保険が充実。
➄JAL国際線搭乗時にエグゼクティブクラスの専用カウンターでチェックインが可能。
⑥空港ラウンジが利用可能。

《マイナスポイント》
①年会費が高い。
➁手荷物無料宅配サービスなどがなく、移動中の旅行サービスが物足りない。

セゾンゴールド・アメリカンエクスプレスカード

年会費 10,800円
マイル還元率 1%~

《プラスポイント》
①1ポイント=1マイルと高還元率!さらに年間4380円のSAISON MILE CLUBに加入すれば、JALのマイルへ自動的に移行され、1000円ごとに10マイル、2000円ごとに1ポイント獲得できる。
➁生活の支払いで1.5倍、海外両行の利用で2倍、ネットの買い物で最大30倍のポイントを獲得。
③獲得したポイントは全て無期限
④最高5,000万円の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が自動付帯。
➄空港ラウンジサービス、手荷物無料宅配サービス、海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービス等、旅行サービスが充実
⑥年会費1,080円で家族会員を四人まで追加でき、たまったポイントは合算できる。

《マイナスポイント》
①JALへマイレージ移行するのに別途移行費用が必要。

まとめ

今回は、ANAとJALにしぼってみてきましたが、還元率の高さでいえば、デルタ航空やユナイテッド航空などのマイレージプログラムも有名です。自分がよく使用する航空会社、また貯める、交換する際の利便性、費用などを比較して、お好みの一枚を見つけてください。