お金の参考書 クレジットカード

奨学金の借入はクレジットカード審査に影響するの?

クレジットカードの申込をしたいと考えている方の中には、学生時代に奨学金を利用した方もいらっしゃることでしょう。

奨学金制度は学生にとって、お金の心配をせずに勉学に集中でき、自分の夢をかなえるために必要な制度です。

しかし、日本の奨学金はほとんどが貸付制度で、卒業後に返済する必要があります。

そこで気になるのが、クレジットカードと奨学金の関係です。

奨学金の利用者でクレカに申し込もうと思ってる方は次のような疑問や不安を持っているのではないでしょうか?

「奨学金を借りていること自体がクレジットカード審査に及ぼす影響はあるの?」
「奨学金の返済を延滞するとクレジットカードの審査にはどのような影響があるの?」

そこで今回は奨学金の返済とクレジットカード審査の関係について解説し、上記の疑問や不安を解消していきたいと思います。

これを読んで、ぜひ心の中のもやもやを取り払ってしまって下さい!

奨学金を借りていること自体はクレジットカード審査に影響しない

奨学金といっても、場合によっては数百万円になることもあり低金利や無金利であっても返済金額はかなり負担になるものですよね。

クレジットカード審査では他社の借入額などもチェックして返済能力があるかどうかを判断しますが、奨学金を返済していることで、クレジットカード審査には影響があるでしょうか?

結論から言えば奨学金を借りて返済しているというだけではクレジットカード審査にまったく影響はありません。

奨学金借入の事実はクレジットカード会社では調べられない

クレジットカード審査では、個人信用情報機関という機関を利用してカード申込者の他社の借入状況を調査します。

クレジットカード会社が加盟している個人信用情報機関はクレジット系のCIC(シー・アイ・シー)と消費者金融系のJICC(日本信用情報機構)です。

CICとJICCに加盟している会社はクレジットカード会社以外にも消費者金融会社や銀行などがありますが、奨学金を取り扱っている団体は加盟していません。

そのため奨学金借入の事実はクレジットカード会社では調べることもできないのです。

奨学金の借入についてははクレカの申込書に記載する必要なし

クレジットカード申込書には他社の借入を記入する欄があり、クレジットや融資の残高などを記入します。

しかし、この欄に記載するのは個人信用情報機関に記録されるようなクレジット関連の残高です。

奨学金の借入については記入する必要はありません。

他社利用の記入欄は、割賦販売法や貸金業法に基づいて他社利用の残高や年間返済金額を計算するために参考にするものです。

奨学金はその対象外なので記入する必要もなく、クレジットカード会社では残高をチェックすることもできないので、後で未記入だと指摘されることもありません。

むしろ高額な残高を記入することは、クレジットカード審査で不利になる可能性があるので、記入しないようにしましょう。

ケースによっては奨学金の延滞がクレジットカード審査に不利に働く

奨学金の返済についてはクレジットカード審査に影響はありませんが、返済を延滞した場合は大きく影響することがあります。

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)はKSCに加盟している

奨学金に関しては個人信用情報機関に登録されないと言いましたが、延滞期間によっては個人信用情報機関に登録されます。

正常に支払っている限りはクレジットカード審査には影響はありませんが、長期延滞をすると大きな影響があります。

個人信用情報機関にはCICとJICC以外に銀行系のKSC(全国銀行個人信用情報センター)があります。

KSCは銀行などの金融機関とその関連会社を中心に加盟していますが、クレジットカード会社ではアメリカン・エキスプレスと銀行子会社のクレジットカード会社が加盟しているだけです。

このKSCに日本の奨学金の大半を取り扱っている「日本学生支援機構(JASSO)」も加盟しています。

3ヶ月滞納すると事故情報(ブラック情報)として登録される

一般的にクレジットカード会社では、個人信用情報機関に定期的に会員情報を提供して、審査のときに他社利用をチェックするという使い方をします。

しかし、JASSOの場合は、KSCに提供するのは3ヶ月以上の延滞情報だけで、奨学金審査にKSCは利用しないという限定的な使い方をしています。

登録の条件や登録内容は次のとおりです。

・返還開始6ヶ月経過後、3ヶ月滞納すると事故情報(ブラック情報)として登録
・氏名、住所、生年月日、電話番号、勤務先、貸与額、最終返還期日、延滞、代位弁済、完済等の返還状況などを登録
・返還完了後5年間登録

奨学金によるブラック情報登録を避ける2つの方法

JASSOには割賦金を減額するとともに返還期間を延長する「減額返還制度」と支払期限を先延ばしにする「返還期限猶予制度」があります。

減額返還制度では経済的な理由などで返済が困難な場合、一定の条件を満たせば、返済金額を1/2にして最長10年間延長して支払いができます。

返還期限猶予制度は失業などで返済が困難になったときに、返済しなくてもよい期間が認められます。

この場合、返済総額は変わらないため完済までの期間が延長されます。

3ヶ月延滞する前にこれらの制度を利用すれば、KSCへのブラック情報の登録を避けることができます。

平成20年11月以前の返還者はブラック情報が記録されない!?

これから新規に奨学金を申請する場合はKSCへの登録を承諾する「個人信用情報の取扱いに関する同意書」を提出しなければ奨学金の借入はできません。

JASSOがKSCに登録を開始したのは平成20年11月からなので、平成21年度から「個人信用情報の取扱いに関する同意書」の提出が必須となっています。

それ以前の学生に対しては任意で「個人信用情報の取扱いに関する同意書」を提出する形となっているので、この書類を提出していなければKSCに登録されることはありません。

平成20年11月以前の返還者は、同意書の提出がない限り、たとえ3か月以上延滞していてもブラック情報が記録されなかったのです。

JASSO以外の奨学金制度は延滞しても個人信用情報に影響ないのか?

JASSO以外にも地方自治体や民間企業の奨学金制度があります。

JASSO以外はKSCに加盟していないので、延滞したとしても信用情報に直接影響を与えることはありません。

ですが、延滞が続くと「支払督促」といった法手続きが行なわれます。

支払督促は裁判所が発送する督促状で、無視していると差し押さえなどの強制執行を受ける可能性があるので注意しましょう。

また、JASSOと同じような組織に「日本国際教育支援機構(JEES)」があります。

JEESには「期間保証制度」によってJASSOの保証機関としての役割もあります。

連帯保証人がいない場合にはJEESに保証料を支払って奨学金の貸与を受けることができます。

3ヶ月以上延滞するとJEESがJASSOに一括で返済しますが、この時点でKSCへの延滞登録が行なわれます。

JASSOには返済義務はなくなりますが、JEESに債権譲渡が行なわれているので、JEESに一括返済する義務が生じます。

利用している奨学金制度がJEESの期間保証制度を使っている場合には、このように信用情報への影響が出ることがあるので注意しましょう。

いずれにしても、どの奨学金でも延滞が続けば法律的な措置があるので、奨学金だからといって軽い気持ちで返済を引き延ばすのはやめましょう。

延滞解消後もクレジットカード審査に通らない場合は?

奨学金の延滞を解消しても一度でも3ヶ月以上延滞していれば、その記録は完済後5年間は残ります。

そのためクレジットカードだけではなく、カードローン、銀行ローン、住宅ローンといった申し込みにも影響があります。

クレジットカード審査で却下された場合は、まずその原因をはっきりさせることが重要です。

個人信用情報機関に情報開示請求を行なう

クレジットカード会社が加盟しているCIC・JICCと奨学金延滞の影響を調べるために、KSCにも個人情報の開示請求をしましょう。

KSCの開示情報にJASSOの延滞記録が残っていれば、クレジットカード審査の却下理由となっているので、奨学金の返済が完了しても5年間は審査は通過しません。

もし、すでに奨学金の返済が完了して5年経過し、記録が残っていない場合は他の理由で却下になったことがわかります。

CICやJICCの開示情報をチェックして、他に却下理由となるような情報がないか確認してみましょう。

ちなみにCICではクレジット情報の中に「お支払の状況」があります。

その中にさらに「返済状況」欄があるので、「異動」と記載がある場合は「異動情報」、いわゆるブラック情報となります。

CICとJICCの情報にも問題がなければ、却下理由は返済能力や他社の利用状況にあると考えられます。

ブラックでも通るかもしれないカードがある!?

先ほど「KSCの開示情報にJASSOの延滞記録が残っていれば、クレジットカード審査の却下理由となっているので、奨学金の返済が完了しても5年間は審査は通過しません。」と申し上げました。

しかし、既にブラックの人にはこれはなかなか耐え難い期間と言えるでしょう。

そこでここではブラックでも通る可能性のあるカードを紹介していきたいと思います。

ブラックでも持てるカードは数少ない

ブラックでも作れるカードはほとんどありません。

限りなく審査通過が困難な状況でも申込価値が残されているのがACマスターカードです。

他のカード会社では軒並みブラック情報があるというだけで審査落ちします。

それでもACマスターカードなら審査通過する可能性がわずかにあります。

とても審査が易しいカードだからです。

審査が不安な方でも大丈夫【ACマスターカード】

おすすめポイント
  • 年会費無料
  • 独自の審査基準でカードを発行する
  • WEBで発行可能か3秒診断ができる
  • 利用金額の0.25%を自動キャッシュバック
  • 支払い方法を柔軟に調整できる

消費者金融系のクレジットカードなので、他ではカードがどうしても作れないという人の最後の砦とも言えます。

消費者金融自体もカードローンなどお金の工面という点で最後の砦ですよね。

そんな会社が発行しているカードなので、同じような位置づけになるわけです。

ただ、理想はブラック情報が消えるまで待つことです。

ブラック情報以外の却下理由

クレジットカード審査では一つの理由で却下になることもありますが、総合的な判断で却下になることも多くあります。

スコアリングという審査項目に点数をつけてカード発行の可否を決めているので、合格点に達しなければ却下になります。

マイナス要素になる項目を考えてみましょう。

・年収が低い(一般カードで200万円未満)
・勤務年数が短い(1年未満)
・居住形態が弱い(公営住宅、賃貸物件など)
・勤務形態が弱い(パート・アルバイトなど非正規雇用)
・クレジットヒストリー(クレジット利用歴)がない
・他社利用に問題がある(残高・カード保有枚数・直近の申込情報が多いなど)

これらの要素が積み重なって点数が低くなりクレジットカード審査に落ちる、というケースが多いのでそれぞれチェックしてみましょう。

まとめ

クレジットカード審査は簡単に言うと経済的な信用力を判断します。

あらゆる返済に延滞がなければ、信用力が高いことになります。

奨学金の延滞をKSCに登録するようになったのは、それほど昔のことではありません。

それだけ奨学金の支払遅延が増えているということでしょう。

奨学金に限らず返済をきちんとするということは社会人としての常識です。

返済を遅延した契約だけではなく、他の申し込みにも長期間影響するということを忘れず、信用力を身につけましょう。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション