お金の参考書 クレジットカード

クレジットカードの現金化の方法と違法性を徹底解説!

「明日、急に現金が必要になった…」というピンチな状況に陥っている人の中には「クレジットカードの現金化」を考えている人もいるのではないでしょうか。

クレジットカードのショッピング枠を現金にかえるクレジットカードの現金化はお金が急に必要になり、かつ現金の持ち合わせがない人には魅力的に見えるでしょう。

しかし、結論から申し上げると、クレジットカードの現金化はおすすめできません。というのもクレジットカードの現金化はリスクのかたまりのような行為だからです。

今回はそんな「知らなかった!」で済まされないクレジットカードの現金化のリスクや問題点にについて解説していきます。

またクレジットカード現金化を検討しているクレジットカード現金化初心者にも分かりやすいように、クレジットカード現金化の仕組みや方法についても併せて解説をしていきたいと思います。

クレジットカードの現金化とは

クレジットカードの現金化とは「クレジットカードのショッピング枠を現金にかえる行為」のことを指します。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、この2つはそれぞれ

【ショッピング枠】
ショッピングで使用することで、クレジットカード会社に代金を立て替えて貰うことができる金額の範囲

【キャッシング枠】
クレジットカード会社から借りることができる金額の範囲

のことを指します。クレジットカードの現金化とはこのショッピング枠を上手く利用して現金を得る行為なのです。

クレジットカードの現金化の方法

では「クレジットカードの現金化」という行為についてより具体的に理解ができるよう解説していきましょう。まずクレジットカードの現金化には主に2つの方法があります。

1つは自分で換金性の高い商品を購入してそれを買い取り業者等に売るという方法です。

要するにクレジットカード決済で購入したものを転売することで現金を入手する方法です。

もう1つはクレジットカード現金化業者を利用する方法です。

このクレジットカード現金化業者を利用する方法には買い取り方式キャッシュバック方式の2つの方式があります。

この2つの方式は何れもクレジットカードのショッピング枠を現金化するものですが、微妙に違いがあります。その違いについて見ていきましょう。

買い取り方式とは

まず買い取り方式ですが、これは

専門業者が消費者のクレジットカードのショッピング枠で指定の商品を買い取らせ、業者がその商品を買い取ることで、消費者は現金を得られる

という仕組みのものです。より具体的には下記のような流れで行います。

手持ちのクレジットカードのショッピング枠の利用限度を確認⇒現金化の業者に申し込み(※身分証の提示が求められる場合もあり)⇒指定された商品を購入する⇒業者が口座に現金を振り込んでくれる⇒到着した商品を業者に発送する

ちなみに業者に申し込みを行う際は、身分証の提示が必要です。これは、カードの不正利用を防ぐために行われています。また、振込のタイミングは業者によって違いがあります。

商品を発送する前に振り込んでくれる業者もありますが、「こちらが発送した商品を業者が受け取った時点で振込をする」というパターンもあります。

キャッシュバック方式とは

一方、キャッシュバック方式とは下記のような流れで行うクレジットカード現金化の方式です。

業者からほぼ価値の無い商品を高値で購入し(例えば10万円)、そのキャッシュバックとして業者からお金を受け取る(例えば9万円)

つまりキャッシュバック方式とは「ある商品を購入すると、一部を現金として還元してくれる」という現金化の方法です。そのためこの「キャッシュバック方式」の現金化を利用した場合は、商品を発送する必要はありません。

このようにクレジットカードの現金化の方法は様々ですが、何れもクレジットカードのキャッシング機能と同じように、「今すぐ現金が必要…」という場合に必要とされるものと言えるでしょう。

クレジットカードの現金化はリスクだらけ!

さて、ここまででクレジットカードを現金化する方法はわかりましたね。しかし、結論から申し上げると、クレジットカードの現金化はおすすめできません。

というのもクレジットカードの現金化は次のような可能性を含んでいるからです。

カードの利用停止処分

カード会社では、「現金を手に入れる目的」でカードのショッピング枠を利用することを禁止しています。当然、現金化はこれに抵触するので、契約違反です。もし、現金化がカード会社に知られてしまえば、カードの利用停止処分を受けることもあるんですよ。

また、中には、悪質な現金化業者がいるのも事実。過去には、摘発されている業者も少なくありません。そういう業者に当たってしまうと、実際よりも少ない金額が振り込まれるなどの詐欺被害にあう可能性もあります。

そんなことにならないためにも、クレジットカードの現金化はやめておくのが得策です。

罪に問われる可能性がある

実は、クレジットカードの現金化をすると罪に問われてしまうこともあるのです。クレジットカードの現金化を利用することで問われる可能性がある罪は以下の2つです。

・横領罪
・詐欺罪

まずは、横領罪についてです。法的に見れば、カードで購入したものは代金を完済するまでカード会社に所有権があります。カード会社にお金を返し終わるまでは、自分のものにはならないんですね。

もちろん、その状態で、買った商品を転売することは違法。この行為が、横領罪に当たってしまう可能性があるわけです。

続いて、詐欺罪について。先程も触れましたが、カード会社は「現金を手に入れる目的」でショッピング枠を利用することを禁止しています。

それに反して現金化を行うと、「カード会社からお金を詐取する行為」とみなされてしまう可能性があるのです。法的にみれば、これは詐欺罪に該当してしまいます。

クレジットカードの現金化による損失は消費者金融以上!

クレジットカードの現金化によって受けるデメリットはカードが使えなくなる、罪に問われる可能性があるだけに留まりません。実はクレジットカードの現金化は消費者サイドがかなりの損をしてしまう取引でもあるのです。

クレジットカードの現金化はキャッシングのように利息がないので、一見すると、お得にも見えてしまいますがそうではないのです。

では実際、クレジットカードの現金化は消費者にどのくらいのダメージがあるのでしょう。

以下の2つのサービスで実際に10万円の現金を入手すると仮定して、どちらがどれくらいの損をするのかを比較してみましょう。

①アコムカードローン(消費者金融)
②換金館(クレカ現金化サービス)

条件は、「10万円を毎月1回払い(30日毎)かつ6回の支払いで完済する」とします。(半年で完済)

アコムカードローンで借りた場合

まずは、①のアコムカードローンでお金を借りた場合。アコムカードローンの年利は、利用金額によって異なりますが、10万円の場合は「18%」。利息は、

「借入残高×利息÷365日×利用日数」

の公式で求められます。上記を計算すると

月ごとの返済金額:17,552円
完済までに支払う返済金額:105,312円
完済までに支払う利息:5,312円

となります。

※上記はアコムの公式サイトでのシュミレーションの結果であり、1つの目安ですのでご注意ください。

つまり、10万円借りて半年で完済した場合は、5,321円余計に払う必要があるということです。

換金館でクレジットカード現金化した場合

では換金館の場合はどうでしょうか?換金館の場合、5万円〜10万円の換金率は88%となっています。つまり、10万円を現金化した場合、88,000円の現金を得られるということです。つまり12,000円分を業者に支払っていることになります。

アコムの利息分よりも7000円近く余計に払っていることになるのです。この他にもスピードクレジットというクレカ現金化サービスもありますがこちらの換金率も87%と換金館と似たり寄ったりでした。(通常プラン1〜10万円の場合)

クレジットカードの現金化は圧倒的に損!

ここまででお分かりの通り、クレジットカードの現金化は圧倒的に損です。消費者金融よりも圧倒的にお金がかかってしまうサービスなのです。経済的な面からもクレジットカードの現金化の利用はオススメしません!

お金を工面するならクレジットカードの現金化以外の方法で!

確かに、急な用入で現金が必要になることはあります。しかし、クレジットカードの現金化だけは、おすすめできません。手数料が高く付くうえ、犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあるからです。

もし、急いで現金が必要な場合は、クレジットカードの現金化以外の方法で対処することをおすすめします

即日払いのアルバイトを探す

急に現金が必要なら、「即日払いのアルバイトを探す」という方法もあります。

即日払いのアルバイトなら働いたその日の内にお給料がもらえますよ。急に金銭的なピンチを迎えた時はぜひとも利用して欲しい手段です。

ちなみに「即日払い」と似た用語に「日払い」がありますが、こちらはその日の内に貰えることを意味するわけではありませんのでご注意下さい。

※※アルバイトをする場合はお金を貰えるタイミングや支払い方法等はシッカリと確認しておきましょう!※※

親にお金を借りる

「親にお金を借りる」というのも、一つの手段でしょう。

確かに、親に「金を貸してくれ」というのが言いづらのはわかります。しかし、現金化を行って、最終的に苦しむのは自分。長々と借金に苦しめられるよりは、一時の恥を我慢して親に頼む方が得策です。

もちろん、「お金が必要な理由」はしっかりと伝えるようにしましょう。また、その際の誠実な態度も忘れないでくださいね。また返済計画を練ってからお願いに行くのも良いでしょう

まとめ

クレジットカードの現金化の方法や問題点、リスクなどをまとめました。

クレジットカードの現金化は、一見魅力的なサービスかもしれません。しかし、クレジットカードの現金化には、

・犯罪になる可能性もある
・手数料がかかりすぎる

というデメリットがあります。

なのでもし、急に現金が必要になったら、「即日払いのバイトをする」「親にお金を貸してもらう」など、他の方法を考えましょう。絶対に、現金化に手を出してはいけません。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション