お金の参考書 クレジットカード

スーパーホワイトだとクレジットカード審査通過は厳しいの?

クレジットカードの世界には「スーパーホワイト」という言葉があります。

簡単に言えば「スーパーホワイト」とは審査に通りにくい人のことを指します。

彼らにはいくつかの特徴があり、それは下記のようになります。

1⃣「スーパーホワイト」はクレジットカードの審査に通りにくい
2⃣「スーパーホワイト」は特に悪いことをしていない。

何故悪いことをしていないのに彼ら「スーパーホワイト」は審査に通りにくいのでしょうか?

今回はこの理由を説明することを目標として、さらに下記のことを解説していきます。

1⃣「スーパーホワイト」とは何か?
2⃣「スーパーホワイト」と「ホワイト」「ブラック」の違いは?
3⃣「スーパーホワイト」や「ホワイト」がクレカ入手のために取るべき対策は?
4⃣「スーパーホワイト」や「ホワイト」にオススメのクレカはどれ?

ブラック・ホワイト・スーパーホワイトの違いとは?

まずここでは「スーパーホワイト」という用語を説明し、何故「スーパーホワイト」がクレジットカードの審査に不利になるのかを解説します。

また上記のためには「ホワイト」「ブラック」という用語を併せて理解する必要があるので、そちらについても解説をしていきたいと思います。

「ブラック」は金融機関が警戒する経済的信用度の低い人

初っ端から「スーパーホワイト」ではありませんが、分かりやすい説明のためにまず「ブラック」という用語から説明していきます。

少し専門用語が続くのですが、「ブラック」とは個人信用情報機関という組織が管理している情報の中に金融事故の記録が登録されている人のことです。

個人信用情報機関?
金融事故?

今の説明で上記のような疑問が脳裏に浮かんだ人は多いのではないでしょうか?

といのも、これらの用語は皆さんにとって馴染みの薄いものです。だからそういった疑問が浮かぶのは当然のことなのです。なので、これらの用語を一つずつ簡単に説明しましょう。

個人信用情報機関とは?
加盟する金融機関各社の個人との取引記録を保存することで、金融機関各社の情報共有を可能にする機関。CIC/JICC/KSCが個人信用情報機関にあたる。
金融事故とは?
金融機関各社の経済的な信用度を著しく損ねてしまう行為(自己破産や長期の支払遅延)を指す。

つまり、「ブラック」というのは経済的な信用度を著しく損ねる行為をし、それが原因で金融機関各社に警戒されている人のことなのです。

ちなみに「ブラック」になるような行為は以下の通り。どれかに当てはまる人は「ブラック」になります。

・長期の支払遅延
・債務整理(任意整理/特定調停/個人再生/自己破産)
・代位弁済
・強制解約

これらの金融事故を起こして個人信用情報機関に登録されると、クレジットカードはもちろん、カードローンや携帯電話の割賦契約、保証会社を使った賃貸契約もできません。

「ホワイト」はブラック情報が消滅した人

しかし、「ブラック」の原因である金融事故の記録は未来永劫残り続けるわけではありません。解決すべき問題を解決すれば一定期間の後に消えるのです。

金融事故の種類やその情報が登録されている個人信用情報機関によって(現在個人信用情報機関にはCIC/JICC/KSCがあります)登録期間が決まっており、問題の解決後、一定の期間が過ぎれば金融事故の記録は消滅します。

例えば延滞(長期の支払遅延)が金融事故として記録された場合は概ね5年間個人信用情報機関に記録が残りますが、その期間を過ぎればその記録は抹消されます。

このようにして金融事故の記録が消えた人は「ブラック」から「ホワイト」へとその呼称が変わります

何故上記のような人を「ホワイト」と呼ぶのでしょうか?

まず結論をお話すると、このようにして金融事故の記録が消えた人の多くは信用情報が真っ白になるので「ホワイト」と呼ばれるのです。

信用情報とは?
個人信用情報機関に記録されている個人の経済的な信用度を測るための情報。金融機関と個人の信用取引に関する客観的な取引事実のみが記録されている。

というのも金融機関各社はそうした金融事故の記録を持っている人とは基本的に取引を行わないからです。

するとその金融事故の記録の保持が終了するまでの間、その人は新たな信用情報の履歴を作ることができません。(過去のその他の信用情報も一定期間の経過を理由に消えます)

そうなると彼らは信用情報が全くない真っ白な人になるので、「ホワイト」と呼ばれるのです。

ここまで「ブラック」と「ホワイト」について解説をしてきました。では次からはこれらの知識を前提として本題の「スーパーホワイト」について解説していきます。

「スーパーホワイト」は借入経験が全くない人

「スーパーホワイト」とはこれまで借入の類を一切行ったことがない人です。

ここで言う「借入の類」には、以下すべてが含まれます。

・クレジットカード発行
・カードローン
・住宅ローン利用
・ショッピングでの分割払い
・携帯分割払い
・保証会社を利用した賃貸契約など

これらを利用したことがなく、これまで現金で一括払いしかしたことのない人、それを「スーパーホワイト」と呼ぶのです。

一見「スーパーホワイト」には全く問題が無さそうに見えますが、どうして彼らは審査で厳しい眼を向けられることになるのでしょうか?

次は「スーパーホワイト」の一体何が問題なのか?ということを解説していきたいと思います。

「スーパーホワイト」の一体何が問題なのか?

ここでは「スーパーホワイト」の人が何故クレジットカードの審査に通りにくいのかを解説していきます。

まず「ブラック」「ホワイト」「スーパーホワイト」の中でカード発行会社が最も審査を通したくないのは誰でしょうか?

もちろん「ブラック」ですね。次いで、かつて金融事故を起こした経験のある「ホワイト」もカード会社は避けたいところでしょう。

そしてカード会社が最も審査を通してもいいかと考えるのが、「スーパーホワイト」です。ここまでは納得できるかと思います。

カードの審査で「スーパーホワイト」と「ホワイト」の区別は不可能

では何故「スーパーホワイト」がクレジットカードが作りにくいのかというと、これはカード審査にある大きな欠陥があることが原因です。

先ほど「ホワイト」は信用情報が真っ白だと言いました。

信用情報とは?
信用情報は金融機関が共有する、個人の経済的な信用度を測るための情報で、信用取引に関する過去の取引事実によって構成されている。

また、一定期間が経過して「ブラック」から「ホワイト」になった人はカード会社としては避けたいところだということも先ほど説明しました。

つまり、信用情報が真っ白な人はカード会社としては「ホワイト」の可能性を疑わざるを得ないのです。

そして「スーパーホワイト」もまた当然のこととして信用情報が真っ白です。何故なら過去に信用取引を行っていないからです。

こうなると信用情報の視点からでは「ホワイト」と「スーパーホワイト」の区別は不可能ということになります。

つまり「スーパーホワイト」とかつて「ブラック」だった経済面で信用のならない「ホワイト」は信用情報という視点では同じになるのです。

これがカード会社が「スーパーホワイト」に厳しい眼を向けると言われる理由です。

そもそも「スーパーホワイト」にお金を貸したいか?

またもっと単純に考えてもいいかもしれません。

もしAさんとCさんからお金を貸して欲しいと言われたとします。Aさんは今までそんなことを頼んできたことはありませんが、Cさんには過去に何回かそういうことがあり、その都度きちんと返済してくれた実績があります。

この場合、もしどちらかにしかお金を貸せないとしたらあなたはどちらに貸すでしょう?「スーパーホワイト」はこの場合Aさんになりますが、Cさん比べたらAさんには貸したくないですよね?

「スーパーホワイト」が審査で不利な理由にはそうした単純な理由もあるでしょう。

では、「スーパーホワイト」や「ホワイト」の人が自身の信用情報の不利を解決するにはどうしたら良いのでしょうか?次からはそうした不利な状況を解決する方法について解説していきます。

「スーパーホワイト」や「ホワイト」の状態を脱却するための2つの方法

「スーパーホワイト」や「ホワイト」の状態を脱却するには2つの方法があります。

1⃣「スーパーホワイト」「ホワイト」でも審査通過しやすいカードを入手する
2⃣クレジットカード以外の方法で信用情報を充実させる

ここからはそれぞれの方法について詳しく解説していきます。

「スーパーホワイト」「ホワイト」でも審査通過しやすいカードを入手する!

まず1⃣はその言葉通りです。「スーパーホワイト」「ホワイト」でも通りやすいカードを選びをそれを入手するのです。

クレジットカードは最初に1回使ってしまえば、後はキチンと支払さえしていればどんどん信用情報に記録が書き込まれていきます。

つまり、信用情報が充実していくのです。信用情報が充実すればもっと審査難易度の高いカードに挑戦すれば良いでしょう。

なのでまずは信用情報充実用に下記のカードを入手することをオススメします。

下記で紹介するカードは「スーパーホワイト」でも審査に通過する可能性の高いカードです。

また金融事故記録が残っている人でも審査通過した実績のあるカードです。

なので「スーパーホワイト」の方や、すでに問題は解決済みだけど金融事故の記録が残っている人はぜひ注目してみて下さい。

審査が不安な方でも大丈夫【ACマスターカード】

おすすめポイント
  • 年会費無料
  • 独自の審査基準でカードを発行する
  • WEBで発行可能か3秒診断ができる
  • 利用金額の0.25%を自動キャッシュバック
  • 支払い方法を柔軟に調整できる

これまでクレジットカードを持っていなかった、クレジットカードを申し込んだけど審査に通らなかった。という方でも独自の審査基準を設けているACマスターカードであれば発行できるかもしれません!

消費者金融系のクレジットカードなので、銀行系など他のクレジットカードと比べると審査が緩いと噂です。ードが発行できるかどうかWEBで3秒診断が行えるので利用してみるのも良さそうです!

楽天市場の買い物をオトクにする便利な1枚!【楽天カード】

おすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • プリペイド型電子マネー楽天edyの機能付き!
  • 利用可能額は最大100万円!
  • 楽天市場の買い物で最大3倍!充実のポイントサービス!
  • ポイント還元率は1%!

楽天カードは、インターネット販売サイトの「楽天」グループが発行しているカードです。消費者金融系の次に審査難易度が低い、流通系のクレジットカードです。

頻繁に入会キャンペーンを行なっており、その期間中は審査のハードルが下がることも予想されます。審査時間もあっという間です。

年会費無料ながら、海外旅行保険が付帯、ポイント還元率も1%と、本命カードにしても遜色ありません。

一般カードの上位カードである「楽天プレミアムカード」の地ならしとしてももってこいですね。

ここまでは1⃣の【「スーパーホワイト」「ホワイト」でも審査通過しやすいカードを入手する】について解説してきました。

次は2⃣の【クレジットカード以外の方法で信用情報を充実させる】について解説していきます。

分割払いで信用情報を充実させよう

2⃣の【クレジットカード以外の方法で信用情報を充実させる】というのは文字通りクレジットカードを使わずに信用情報を充実させる方法になります。

最も確実に信用情報を作ることができる方法は「分割払い」をすることです。

購入商品が「担保」の役割を果たしていることから、無担保の現金カードローンなどよりも通りやすいです。

家電量販店で1万円~3万円程度の商品を購入し、ショッピングローンやショッピングクレジットという制度を使って分割払いしましょう。

まとめ

クレジットカードの審査において、信用情報は非常に重要な位置を占めています。

信用情報が真っ白なスーパーホワイトの人は、「分割払いで商品購入」→「信用情報作り用のカード作成」→「本命カードに申し込み」という手順でカード作成をするといいでしょう。

最初は信用性でホワイトと混同されてしまうスーパーホワイトも、ひとたび信用情報を充実させればホワイトの人との違いは明白になりますので、本命カード、ステータスカードへの挑戦も成功する可能性が高まりますよ。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション