スーパーホワイトだとクレジットカード審査通過は厳しいの?

ホワイト

クレジットカードの審査に通りにくい人がいます。

それは、
・金融事故を起こして事故情報登録中の「ブラック」
・ブラック情報が消えた「ホワイト」
・これまで全く借金や分割払いの経験がない「スーパーホワイト」
の人です。

個人信用情報機関が管理しているクレジットヒストリーが審査に大きく関係しており、上記の3つに該当する人は審査で不利になります。

カード作りには不利なスーパーホワイトの人でも、審査に通過しやすいカードはいくつかありますので、今回はスーパーホワイトと審査との関係、そしてスーパーホワイトでも作れるカードも合わせて紹介します。

ブラック・ホワイト・スーパーホワイトの違いとは?

「ブラック」は金融事故により異動情報が登録中の人

「ブラックリスト入りしているからカードも作れないしローンも組めない」という話を聞いたことはありませんか?

厳密にいうと、「ブラックリスト」というリストは存在しません。

信用機関が管理している信用情報の中で、「異動情報」(事故情報)として登録されることを、俗に「ブラックリスト入りする」といいます。

ブラックリスト入りする主な理由がこちらです。
・長期の延滞
・債務整理
・代位弁済
・強制解約

さらに債務整理は
・任意整理
・特定調停
・個人再生
・自己破産
と細分化されます。

これらの金融事故を起こして信用情報に登録されると、クレジットカードはもちろん、カードローンや携帯電話の割賦契約、保証会社を使った賃貸契約もできません。

「ホワイト」はブラック情報が消滅した人

しかし、ブラック情報は未来永劫残り続けるわけではありません。

金融事故の種類や登録している指定信用情報機関会社によって、以下のように登録期間が決まっており、期間を満了すれば信用情報からブラック情報は消滅します。

信用情報機関 CIC JICC KSC
2か月以上の延滞 5年 1年 5年
3か月以上の延滞 5年 5年 5年
強制解約 記載なし 5年 5年
債務整理(自己破産以外) 5年 5年 5年
自己破産 7年 5年 10年
代位弁済 記載なし 5年 5年

ブラック情報が消滅した人を俗に「喪明け」とも呼び、喪明けした人の信用情報は過去の情報が消滅して真っ白になっていることから、「ホワイト」と呼ぶのです。

「スーパーホワイト」は借入経験が全くない人

ホワイトと似たような言葉に「スーパーホワイト」があります。

言葉は似ていますがその状況は全く異なっており、「スーパーホワイト」はこれまで借入の類を一切行ったことがない人です。

ここで言う「借入の類」には、以下すべてが含まれます。

・クレジットカード発行
・カードローン
・住宅ローン利用
・ショッピングでの分割払い
・携帯分割払い
・保証会社を利用した賃貸契約など

これらを利用したことがなく、これまで現金で一括払いしかしたことのない人、それを「スーパーホワイト」と呼ぶのです。

登録情報が真っ白な点は「ホワイト」と同じ

開示情報には、カード情報や契約情報などの取引記録が記載されていますので、スーパーホワイトの人は当然ながら真っ白です。

実は、それは「ホワイト」も同じことで、ホワイトの人の利用履歴も真っ白ですので、申込者の信用情報を見ただけではホワイトとスーパーホワイトの区別はできません。

審査とクレジットヒストリーの関係性

「ブラック」「ホワイト」「スーパーホワイト」の中で、
カード発行会社が最も審査を通したくないのは、もちろんブラックです。

次いで、かつて金融事故を起こした経験のあるホワイト、そしてカード会社が最も審査を通してもいいかと考えるのが、「スーパーホワイト」です。

スーパーホワイトは「スコアリング」「信用情報」で落とされる可能性がある

しかし、一般の人と比べてスーパーホワイトの人が審査に通りやすいかというと、そうとも限りません。

クレカ審査は3本立て

クレジットカードの審査は、大きく分けて「スコアリング」「信用情報」「在籍確認」の3つに分けられ、以下のような審査を行ないます。

・スコアリング:申込書の属性情報をもとにした、機械による点数付け
・信用情報:個人情報機関から個人情報を取り寄せ、人の目で利用状況などをチェック
・在籍確認:勤務状況を確認するため、クレジット会社スタッフが勤務先に電話

「信用情報」でスコアリングの加点がもらえない

スコアリングの中には「信用情報」による採点も行なわれており、遅延なく利用していると高得点、1か月未満の延滞があっても少しの加点がもらえます。

しかし、金融事故情報が登録されている人は減点されます。

ここまでは納得ですが、クレヒスが真っ白の人は加点も減点もされないのです。

「信用情報」での加点は全体の点数の中でも大きな割合を占めますので、ここで加点がもらえないのは厳しいですね。

カード会社が信用情報を見たときに、ホワイトとの区別がつかない

スコアリングシステムから独立した所で、人の目による信用情報の評価も行なわれています。

前述したように、信用情報データが真っ白なのはホワイトもスーパーホワイトも同じですので、これではその人のお金に対する傾向を把握することができません。

区別がつかなければ、本来は現金主義でちゃんと返済するスーパーホワイトの人も、過去に金融事故を起こしたホワイトの人と同一視され、信用力が得られずに審査で不利となるのです。

30代以上のスーパーホワイトは特に不利

スーパーホワイトの中でも、特に30代以上の人は審査に不利となります。

10代や20代で全く借入をしたことがないのは珍しくはありませんが、歳を重ねて全く借入をしたことがないと、

「この人は借入できないほどお金に困っているのでは」と審査担当者に勘繰られ、審査落ちする可能性が高まるのです。

良好なクレヒスを作るためにすべきこと

クレジットヒストリー(クレヒス)が充実していると、クレジットカードの審査でも非常に有利に働きます。

ブラックの方でさえ、クレヒス作りが重要となってきますので、ブラックよりもクレヒスが作りやすいスーパーホワイトは、まして重要です。

分割払いでクレヒスを作ろう

利用実績の作り方ですが、最も確実に作れる方法は「分割払い」をすることです。

購入商品が「担保」の役割を果たしていることから、無担保の現金カードローンなどよりも通りやすいです。

家電量販店で1万円~3万円程度の商品を購入し、ショッピングローンやショッピングクレジットという制度を使って、分割払いしましょう。

おススメなのは、携帯電話やスマートフォンの分割払いです。

数は少なくなりましたが「実質0円」という商品もあり、携帯電話端末の毎月の支払い額と同額の割引をしてくれることにより、実質の端末支払いをゼロ円にできます。

端末の金銭負担がないうえにクレヒスまで作れるのですから、一石二鳥ですね。

クレジットカード申し込みでも工夫が必要

分割払いでクレヒスを磨いたら、いよいよクレジットカードの申し込みです。

しかし、闇雲に本命カード申込をしても、玉砕する可能性が高いです。

立て続けに「申し込み→審査落ち」を繰り返すと、今度は「申し込みブラック」という多重申し込みになってしまい、通るべきカード審査も通らなくなってしまいます。

万が一カード審査に落ちたら、少し期間を空けるといいでしょう(最低1か月)。

より確実にクレジットカードの審査に通るには、利用限度額のうちキャッシング枠をゼロにすることが有効です。

キャッシング枠はショッピング枠とは別の審査が行われており、審査通過のハードルも高くなります。

キャッシング与信枠をゼロにすればその分の審査を省くことができるだけでなく、審査通過のハードルも下げることができるのです。

クレヒスが真っ白でも審査に通過しやすいカードの紹介!

ここからは、スーパーホワイト状態でも審査に通過する可能性の高いカードを紹介します。

ここで紹介するカードは、「カード履歴磨きのためのカード」と思った方がいいでしょう。

紹介するカードでクレヒスを磨いてから本命カードに申込した方が、より可能性が上がります。

審査難易度は最も低い「アコムACマスターカード」

アコムACマスターカード

アコムACマスターカードは、消費者金融会社のアコムが発行するカードで、消費者金融系が発行する唯一のクレカです。

ローンカードと同様に、自動契約機「むじんくん」で申し込み~審査~カード発行まで完了できます。

ポイントは付きませんが、消費者金融系は最も審査難易度が低いカード発行会社ですので、クレヒス作りにはおススメのカードです。

キャンペーン中が狙い目な「楽天カード」

楽天カード

楽天カードは、インターネット販売サイトの「楽天」グループが発行しているカードです。
消費者金融系の次に審査難易度が低い、流通系のクレジットカードです。
頻繁に入会キャンペーンを行なっており、その期間中は審査のハードルが下がることも予想されます。

審査時間もあっという間です。
年会費無料ながら、海外旅行保険が付帯、ポイント還元率も1%と、本命カードにしても遜色ありません。

一般カードの上位カードである「楽天プレミアムカード」の地ならしとしてももってこいですね。

若者なら「三井住友VISAデビュープラスカード」

銀行系カードの「三井住友VISAカード」は、審査の難易度としてはかなり高い部類に入りますが、「三井住友VISAデビュープラス」は金融機関系でも例外です。

18歳~25歳限定のカードで、将来の優良顧客を取り込むため審査のハードルもかなり下がっていますので、スーパーホワイトの若者にはおススメです。

上位カードの「三井住友VISAゴールドカード」「三井住友VISAプラチナカード」への地ならしとしてもおすすめですよ。

まとめ

クレジットカードの審査において、クレヒスは非常に重要な位置を占めています。

クレヒスが真っ白なスーパーホワイトの人は、「分割払いで商品購入」→「クレヒス作り用のカード作成」→「本命カードに申し込み」という手順でカード作成をするといいでしょう。

最初は信用性でホワイトと混同されてしまうスーパーホワイトも、ひとたびクレヒスを磨けばホワイトの人との違いは明白になりますので、本命カード、ステータスカードへの挑戦も成功する可能性が高まりますよ。