お金の参考書 クレジットカード

初めてのクレジットカード審査に通過するための極意

初めてのクレジットカード作成では、年齢がネックになって審査落ちするということもあります。

クレジットカードを初めて作るとき、たとえ初めてであってもカード会社が審査を易しくするというようなことはありません。

カード会社としては、できるだけ支払い能力の高い利用者を得て、手数料で収益をあげたいからです。

ですから、クレジットカードを初めて作る場合には、確実に自分の返済能力をアピールしなくてはいけません。

そのために意識しておくべきコツを紹介したいと思います。

初めてのクレジットカード作成では、年齢がネックになって審査落ちするということもあります。

その場合の対処法もまとめました。

ぜひ、こちらの記事を参考にして、最初の1枚を手に入れてください。

初めての審査で重要なのは、申込者の返済能力

カード会社が審査をする際、以下の2つの情報から審査を行います。

この2つの情報をもとに、お金を貸してもちゃんと返済できるかどうか、申込者の返済能力を図ります。

カード審査の判断材料となる情報

  • 1.申込書
  • 2.個人信用情報(個人信用情報機関に登録)

個人信用情報機関というのは、個人が利用したクレジットカードやローンの利用・支払い履歴(=クレジットヒストリー)を記録している機関です。

個人信用情報機関は、CIC、JICCなど全部で3社あり、カード会社、銀行、信販会社、消費者金融がそれぞれ加盟しています。

クレジットカード会社のほとんどはCICに加盟し、ここで個人の信用情報を共有しています。

カード会社は、クレジットカードの申込があると、まず、CICに申込者の信用情報を照会します。

申込内容をもとに数値化をして、申込者の返済能力の有無を判定し、クレジットカードの発行の可否を判断します。

そこで、カード会社に返済能力があると判断されれば、問題なくクレジットカードが発行されます。

しかし、返済能力が無いと判断されると、審査落ちが確定され、クレジットカードも発行されません。

1.申込書の内容が基準に達していないケース

第一にあげられるのが、申込書に書いた年収や勤続年数、持ち家などの内容(=属性)が、カード会社の設定する基準を満たしていないケースです。

例えば、アパート一人暮らしで無職・無収入というように、明らかに属性が審査基準を満たしていない場合、返済能力がないとみなされ、クレジットカードが発行される可能性は絶望的といえます。

一般的に、クレジットカード審査に通るための年収基準は200万円以上といわれていますが、最近では、年収200万円以下の層をターゲットにしたクレジットカードも出てきました。

マルイなどが発行する流通系カード(エポスカードなど)やアコムマスターカードなどの消費者金融系カードは、この年収200万円以下の層も対象にしているカードであり、無職の専業主婦や学生、年金受給者、パート・アルバイトでも手軽にクレカを手にすることができます。

年収が低くて審査落ちをしたと考えられる場合、年収基準の低い流通系や消費者金融系カードを選んでいれば、発行してもらえたという可能性も十分にあります。

2.個人信用情報に問題があるケース

過去に、3か月以上の滞納や自己破産など金融事故を起こしている場合にも、カード会社に返済能力がないと判断されてしまいます。

初めてのクレジットカード申し込みで、さすがに自己破産などの重度な金融事故情報はないと思いますが、最近は、分割払いで購入した携帯端末など、小額の延滞情報が個人情報記録に残っていて、審査落ちしてしまうケースも増えてきています。

金融事故の情報は、たとえ完済したとしても、完済後5年間は個人信用情報機関の記録に残ります。

そのため、最低5年間は、クレジットカードを発行してもらえないと考えなければなりません。

自分の個人信用情報に金融事故情報があるかどうか、自分でCICに確認することができます。

延滞に心当たりがある場合は、CICに個人信用情報の開示手続きをしてみることをおすすめします。

3.クレジットカードを全く持ったことのないケース

これまでクレジットカードやカードローンを利用したことがなく、個人情報信用機関にこれらの利用履歴が全くない状態のことを「スーパーホワイト」といいます。

20代前半など若い世代にとって、この「スーパーホワイト」であっても、クレジットカード審査にそれほど問題になりません。

しかし、30代以降になると話は違ってきます。

30代を過ぎて「スーパーホワイト」のままだと、申込した本人に返済能力があるにも関わらず、カード会社で返済能力を判断する材料がないため、審査落ちになるという場合もあります。

カード会社側からすれば、過去にクレジットカードで買い物をしてその支払いを確実にできる人に、クレジットカードを発行したいと考えています。

クレジットカード審査の際、過去に買い物をし、個人信用情報に堅実な支払い実績があれば、カード会社も申込者の支払い能力を判定しやすくなります。

それでは、クレジットカードの利用実績が真っ白な申込者だったらどうでしょう?

カード会社は、真っ白なクレジットカード利用履歴の記録からは、何が原因で利用履歴が真っ白になったのか特定できません。

現金主義でクレジットカードを使ったことがない人がいれば、山のようにある過去の金融事故情報を消すために、数年間クレジットカードを使っていない人もいます。

前者の場合、問題はありませんが、後者の場合、またクレジットカードの支払いを滞納するというリスクも考えられます。

また支払いを滞納するというリスクを避けるために、カード会社は、クレジットカードの利用履歴がない=申込者は返済能力がないと、みなしてしまいます。

4.各種ローンを利用したことのないケース

クレジットカード審査の判断材料となる個人信用情報記録には、クレジットカードだけでなく、自動車ローンや住宅ローンなどを組んでいる場合にも、ローンの利用履歴が残ります。

そのため、ローンを確実に返済していれば、カード会社に返済能力があると判断されます。

逆に、ローンを組んだことがないという場合には、クレジットカードを一度も持ったことのないスーパーホワイトと同様、クレジットの利用履歴が空白のため、カード会社が申込者の返済能力を判定できません。

この場合も、やはり、カード会社はリスクを避け、クレジットの利用履歴のない申込者を審査から除外してしまいます。

5.他社からの借り入れが多い場合

クレジットカード審査には他社からの借り入れ金額と件数も影響してきます。一般的に、他社からの合計の借入金が年収の1/3以上である場合や、3件以上の金融業者から借り入れしている場合、審査落ちする可能性が高くなります。

なぜ個人の年収の1/3かというと、貸金業法という法律で、貸金業者が個人の年収の1/3を超えるお金を貸してはならないと決められてあるからです。

この規制は、「総量規制」といい、クレジットカードのキャッシング枠やカードローンなどが規制の対象となります。

例えば、年収200万円で、30万円程度の自動車ローンがあったとします。

そこで、50万円のキャッシング枠をつけて新規にクレジットカードを申し込んだとしたらどうでしょう?

その場合、総量規制での限度枠は年収の1/3にあたる66万円程度。

すでに30万円の借金があるので、新たに借り入れられる金額は66万-30万=36万円程度となります。

しかし、ここで法定限度額を超える50万円のキャッシング枠を申し込んだために、当然のごとくカード審査ではねられてしまいます。

とはいえ、総量規制の対象になっているのは、あくまでキャッシング枠だけです。

ショッピング枠は総量規制の対象外となっているので、他社からの借入金があっても直接的には影響しません。

そのため、総量規制にかかってしまったキャッシング枠をつけなければ、カード審査を通過できていた可能性もあります。

初めてのカード審査で落ちないためにすべきこと

ここでは、前述の審査落ちの原因から、審査落ちしないための対策を探ってきます。

これからカードを初めて申し込む人、そして初めてのカード申し込みで審査落ちした人も参考になる方法をまとめてありますので、ぜひ参考にしてください。

①初めてクレカを申し込むなら流通系か消費者金融系カードで決まり!

カード審査には以下のよう難易度があります。

銀行系<交通系<信販系<流通系<消費者金融系

初めてでいきなり審査難易度の高い銀行系を選ぶのは無謀です。

まずは、審査難易度の低いアコムACマスターカードなどの消費者金融系やエポスカードなどの流通系カードを選ぶ方が確実といえます。

審査が不安な方でも大丈夫【ACマスターカード】

おすすめポイント
  • 年会費無料
  • 独自の審査基準でカードを発行する
  • WEBで発行可能か3秒診断ができる
  • 利用金額の0.25%を自動キャッシュバック
  • 支払い方法を柔軟に調整できる
最短即日発行&受取が可能なクレジットカード【エポスカード】

おすすめポイント
  • 年会費無料!
  • 審査に通りやすいと噂のカード!
  • ETCカードの年会費も無料!
  • 海外旅行傷害保険つきで不正利用も全額補償!
  • ネットショッピングや公共料金の支払いでポイントも貯まる!

無職の学生や定収入の若者なら、学生専用カードか若者を対象としたヤングカードを選ぶのもおすすめです。

三井住友VISAデビュープラスカードは18歳~25歳の方限定で申し込みが可能なカードで、学生の方でも申し込みが可能なカードです。

若者限定で発行ができるカード【三井住友VISAデビュープラスカード】

おすすめポイント
  • 初年度年会費無料!翌年度も前年1回以上利用していれば無料!
  • 最短3営業日で発行!
  • 最高100万円のショッピング補償!
  • プライムゴールドカードへの自動ランクアップ!
  • ポイントは通常カードの2倍!

②申し込み用紙には細部にわたりしっかりと記入

任意記入であったとしても、スコアリングに加算される可能性もありますので、申込用紙の記入事項は細部にわたって記入するようにしましょう。

年収や勤続年数は、カード審査のスコアリングで高得点を狙える項目なので、実際より1~2割程度多めに書いても問題ありません。

勤続年数が9~11か月程度であれば1年と記入してもよいですし、80~90万円程度の年収なら100万円と書いた方がより審査に有利になります。

ただし、収入や勤続年数の水増しはあくまで2割までの範囲内にしましょう。

③次々とクレジットカード申し込みをしない

初めてクレジットカードを申し込んで、審査落ちした場合、あせって次のカードを申し込みたくなりますよね?

しかし、短期間で次々とクレジットカードを申し込むと、金策に焦っているとカード会社に不信感を持たせてしまいます。

カードの申し込み情報は、個人信用情報機関に6か月記録されます。

そのため、次のクレジットカードに再挑戦するのは、前のカード申し込みから6か月たってから行うようにしましょう。

④キャッシング枠はゼロにする

クレジットカードのキャッシング枠は、総量規制の対象となるため、他社からの借り入れや収入などを厳しく審査されます。

ショッピング枠の審査には問題がなかったのに、キャッシング枠の審査でひっかかり、クレジットカードを発行してもらえなかった事例も聞きます。

最初のカード申し込みでは、キャッシング枠を0円とした方が賢明です。

クレジットカード利用歴ゼロ、スーパーホワイトの問題点

お金の管理能力が高い人ほど、若いうちは「お金を使いすぎたくない」との理由でクレジットカードを作りたがりません。

そして30代を超えた頃に、仕事で使う場合や海外旅行に行くタイミングなどでクレジットカードを作ろうした時、クレジットカード利用の実績が無いことを理由に、審査落ちするケースもみられます。

このようなスーパーホワイトの1番の問題点は、返済能力が無い人との見分けがつかないという点です。

カード会社は申込者の返済能力の有無を測れないため、リスク回避を名目に、カード利用の実績のない人、つまりスーパーホワイトにカードを発行しません。

クレジットカードを持つなら若いうちに

クレジットカードは、インターネットの普及した現代社会では必須アイテムといえます。

ネットショッピングや海外旅行などで、必ずどこかのタイミングでクレジットカードが必要になるときがやってきます。

ならば、クレジットカードを作るのは早いうちでもいいわけです。

クレジットカードの利用実績がなくても、カード会社から問題視されない20代の若いうちに作っておきましょう。

カード会社によっては、学生限定や新社会人向けのクレジットカードを発行しているところもあります。

こうしたクレジットカードを上手に利用すれば、特典で様々なサービスを受けることもできてお得です。

既に30代以降のスーパーホワイトならまずはクレジット利用実績を作ろう

既に30代を超えていて、クレジットカードの利用実績がないスーパーホワイトだけどクレジットカードを作りたい。

そんなときには、本命のクレジットカードに申し込む前に、まずは利用実績作り用のクレジットカードに申し込みましょう。

おすすめは審査難易度の低い消費者金融系カードです。アコムマスターカードは、ネットで申し込め、即日発行可能です。

審査が不安な方でも大丈夫【ACマスターカード】

おすすめポイント
  • 年会費無料
  • 独自の審査基準でカードを発行する
  • WEBで発行可能か3秒診断ができる
  • 利用金額の0.25%を自動キャッシュバック
  • 支払い方法を柔軟に調整できる

利用実績作りのためのクレジットカードが手に入ったら、まずは買い物をして返済するということを繰り返してください。

これがそのままクレジットカードの利用実績(クレジットヒストリー)になります。

また、クレジットの利用実績作りとして、携帯端末などの分割払いなど小口のローンを組むことも有効な手段です。

個人信用情報機関のクレジットヒストリーに良好な支払い実績が記録されれば、カード会社も申込者の支払い能力を判定しやすくなるので、本命のクレジットカードも確実に発行してもらえることでしょう。

まとめ

初めてクレジットカード申し込みで、いきなり審査落ちはさけたいところです。

初めてのカード申し込みで、審査落ちしないためのポイントとして、

①流通系や消費者金融系カードを選ぶ
②申込用紙にはすべてを埋めるようにして記入する
③短期間の複数申し込みは避ける
④キャッシング枠はゼロにする

などがあげられます。

さらに30代を過ぎて初めてカードを申し込みなら、事前に審査がそれほど厳しくない消費者金融系カードや携帯端末などの小口のローンを申し込み、クレジットの利用実績を積むという手もあります。

初めてだからこそ、十分に備えをしてカード審査に臨みたいですね。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション