自分に最適なクレジットカードを入手できるカードの作り方

クレジットカードはカード選び、申し込み方法の選択(ネット、郵送、店頭)、申し込みフォーム(申込書)の記入、カード会社の審査、カードの受け取り(郵送、店舗)、というプロセスを経ることで入手することができますが、各工程で間違った作り方を実践するとカードが入手できなかったり、結果的に自分に合わないクレジットカードを入手してしまうことがあります。

そこで今回は初心者の方が失敗せず、自分に最も合ったクレジットカードを入手できるクレジットカードの作り方を解説していきます。

ステップ1.クレジットカードの選び方

クレジットカードを作る際には数百種類以上のクレジットカードから自分に合ったものを選ぶ必要がありますが、1つ1つのカードの機能やサービスを吟味していると膨大な時間がかかります。

そのため、クレジットカードを選ぶ際には効率的なカード選びを行う必要があります

以下の記事ではクレジットカードの効率的な選び方について解説をしていますので、カードの選び方が分からない方は是非一読してみてください。

合わせて読みたい

自分でクレジットカードを選ぶ時間が無い方やカード選びに自信が無い方は初心者におすすめのクレジットカードを以下の記事で紹介していますので、参考にしてください。

合わせて読みたい

また、学生の方は学生限定のクレジットカードである学生専用カードを発行することも可能です。

学生専用カードは企業が将来的に出費が大きくなっていく学生を顧客として獲得するために発行しているカードなので、サービスが通常の一般カードに比べて厚くなっているのが特徴です。

学生の方は学生専用カードも視野に入れてカード選びを行いましょう。

学生専用カードの詳しい説明と各カードの紹介は以下の記事にまとめていますので、学生の方は一読することをおすすめします。

合わせて読みたい

ステップ2.必要なものの準備

作るクレジットカードを決めたら、次にクレジットカードの申し込みに必要なものを準備します。

クレジットカードの申し込みに必要なものは以下の4点です。

①本人確認書類(必須)
②引き落とし口座(必須)
③銀行印
④収入証明書類

それぞれ解説していきます。

本人確認書類(必須)

本人確認書類は運転免許証やパスポート、健康保険証、住民票のコピーなどの身分証明書のことです。

有効な本人確認書類はカード会社のホームページに記載がありますので、申し込むカードのホームページを確認しましょう。

引き落とし口座(必須)

クレジットカードの申し込みにはクレジットカードの利用代金の引き落とし口座が必要になります。

引き落とし口座がない場合は銀行やゆうちょ銀行の口座を開設するようにしましょう。

ネット専業銀行でも構いませんが、ネット専業銀行を引き落とし口座に設定できないクレジットカードもありますので、ネット専業銀行を開設する場合は事前に申し込むカード会社が対応しているかどうかを確認しましょう。

銀行印

申し込むクレジットカードによっては引き落とし口座の銀行印が必要になります。

銀行印とは口座を開設する際に届け出た印鑑のことです。

収入証明書類

クレジットカードに申し込む際、キャッシング枠(お金を借りられる枠)を希望する場合には収入証明書類が必要になるケースがあります。

収入証明書類とは収入を証明する書類で「源泉徴収票」、「給与明細書」「納税通知書(証明書)」「課税証明書(所得証明書)」「納税通知書(証明書)」「確定申告書」 「支払調書」「課税証明書(所得証明書)」「年金証書」「年金通知書」など が当てはまります。

用意する暇が無い場合などは申し込み段階でのキャッシング枠の希望は行わず、後日キャッシング枠の申請を行うようにしましょう。

ステップ3.申し込み方法の選択【ネット・郵送・店頭】

クレジットカードの申し込みはインターネット、郵送、店頭申し込みの3種類がありますが、おすすめはインターネットでの申し込みです。

インターネットでのカードの申し込みはカード会社の公式ページからカードを選択して申し込みボタンを押すと、申し込みフォームが表示されるので、必要事項を記入して申し込みをすれば申し込み完了となります。

郵送や店頭申し込みに比べて所要時間が少なく、かつ審査が最も早く終了するのが特徴です。

郵送は申込書をネットや電話で取り寄せて記入するのでネットよりも時間がかかります。また、手書きなので手間がかかるデメリットもあります。

店頭申し込みはカードを発行している銀行の窓口やカード会社と提携している店舗で申し込みを行う方法で一部のカードでのみ可能となっています。

店舗へ足を運ぶため労力と時間がかかる方法でネットでの申し込みと比較するとデメリットのある申し込み方法です。

ステップ4.申し込みフォーム(申込書)の記入

クレジットカードの申し込み方法を決めたら次に申し込みフォーム或いは申込書に必要情報を記入していきます。

申し込みフォームに記入する情報は氏名・生年月日、住所、家族構成、年収、勤務先の会社名や企業規模などのごく簡単な情報です。

勤務先の企業規模や電話番号などが分からない場合はインターネットで勤務先のホームページで確認しましょう。

VISAやMasterCardといった国際ブランドの選択もこの段階で行います

国際ブランドは複数から選択可能な場合があるので、国際ブランドの選び方に迷った場合は以下で国際ブランドの選び方について解説をしていますので、参考にしてください。

合わせて読みたい

ステップ5.クレジットカード会社の審査を受ける

クレジットカードの申し込みが完了すると、クレジットカード会社がカードを発行するか否かを審査するフェーズに移ります。

クレジットカード会社は利用者がしっかりと毎月の利用額の支払いを行ってくれるかどうかを審査し、カードの発行有無を決めるのです。

クレジットカードの審査中は特に申込者側でやるべきことはありません。

ただし、クレジットカードの審査はその仕組みを知ることである程度有利に運ぶための対策が可能です。

クレジットカードの審査を有利にする方法については以下の記事にまとめてありますので、気になる方はぜひ一読してみてください。

合わせて読みたい

ステップ6.クレジットカードを受け取る

クレジットカードの審査に通ると、カード会社からの郵送でカードを受け取るか指定の店舗へ取りに行くかの何れかの方法でカードを受け取ります。

郵送での受け取り方

基本的には郵送でカードが送られてきます。

郵送の形式には本人限定受取郵便(特定事項伝達型)受取人確認サポート(佐川急便)、簡易書留の3種類があり、カード会社指定の方法で送られてきます。

本人限定受取郵便(特定事項伝達型)と受取人確認サポート(佐川急便)の場合は本人確認書類が必要で、かつ本人しか受け取ることができないので注意が必要です。

有効な本人確認書類等は上記リンクから公式ホームページに飛んで確認してください。

簡易書留は家が留守になっている場合は受け取りができませんが、家族の方でも受け取ることができて本人確認書類も必要ありません

店舗での受け取り方

店舗での受け取りは一部のカードに限られていますが、郵送のように間に郵便局を挟まないので、その日の内にカードを受け取ることができるのがメリットです。

急ぎでクレジットカードを入手したい方は店舗受け取りが可能なクレジットカードをオススメします

以下の記事では土日も審査と受け取りが可能で、最短即日で入手可能なクレジットカードの情報をまとめていますので、急ぎでクレジットカードを作りたい方は一読することをおすすめします。

合わせて読みたい

ステップ7.カードの利用を開始する

カードを受け取るとその日からカードの利用を開始することができます。

ただし、クレジットカードの裏面にサイン欄があるので必ずサインをしてから利用を開始するようにしましょう。

サインが無いと不正利用時の補償が受けられなくなります。


関連記事

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの作り方