お金の参考書 クレジットカード

マルイの割引に海外旅行自動付帯!エポスカードの魅力とは?

エポスカード

  • 最短で即日発行!すぐにクレカがほしい人にぴったり!
  • 年会費無料なのに海外旅行保険が自動付帯
  • マルイセール10%オフをはじめ、割引やポイントアップが充実
  • ApplePayや楽天Edyなど電子マネーのチャージでポイントも貯まる!
  • 発行手数料500円で70種類以上のデザインから選べる
  • 即日発行
  • マイルがたまる
  • 盗難補償
  • キャッシング
  • 年会費無料
  • 海外旅行保険
  • 学生可能
  • ショッピング保険
  • ETCカード
年会費 初年度:無料
2年以降:無料
国際ブランド VISA
ポイント還元率 0.5%~
電子マネー İc チップ:なし
チャージ:ApplePay、モバイルsuica、楽天Edy
発行期間 即日~1 週間
申込資格 18歳以上の方(高校生を除く)
※未成年者は親権者の同意が必要
家族カード なし
ETCカード あり/無料
入会キャンペーン~2017年12月31日 まで

● 入会すると 3,000 円分のポイント

● 入会 3 か月以内に 1 回以上の利用で 2,000 ポイントをプレゼント

マルイが発行するエポスカードの魅力は、マルイで割引がきくだけのカードではないんです!
年会費無料なのに、海外旅行保険が自動付帯で、普段の買い物や公共料金の支払い、電子マネーのチャージでもポイントがたまり、しかも即日発行が可能。
マルイを頻繁に利用する人はもちろん、海外旅行に行く予定のある人にもおすすめの一枚です。

 最短で即日発行!すぐにクレカがほしい人にぴったり!

エポスカードは即日発行ができる貴重なクレジットカードです。

即日発行するにはWEBやアプリ、またはエポスカードセンターで申し込む必要があり、早ければ数分後に審査結果がメールで通知されます。
エポスカードセンターで申し込んだ場合は審査通過後、約30分でカードが発行されます。

エポスカードを自宅に配送する場合は1週間ほどかかりますが、エポスカードセンターに営業時間内に訪れると当日に受け取ることが可能です。

エポスカードセンターはマルイ店舗内や一部の提携施設に設置されていますが、店頭受取可能カードの種類が異なる場合があるため、事前に確認しておきましょう。

当日受け取りの際、キャッシュカードや印鑑を持参していくと引き落とし口座の即時手続きも行うことができます。

【エポスカード即日発行の流れ】

即日発行を希望しない場合、遅くても1週間ほどで受け取ることが可能です。

主婦や学生でも手に入れやすい流通系カード

エポスカードは高校生を除く18歳以上であれば誰でも申し込み可能です。収入についての規定が存在しないため、フリーター、専業主婦、学生、年金受給者でも手に入れやすいクレジットカードと言えます。

流通系カードとあって収入面の審査基準が低く設けられていますが、過去5年以内に滞納があった人や過去に自己破産などの金融事故を起こした人などは審査に通らない可能性があります。

また、エポスカードの審査では1人暮らしより実家住まいの方が信用は高いと評価される傾向にあります。

申し込み用紙の記述内容と個人情報信用機関で把握している情報に相違がある場合、カード会社から在籍確認の電話連絡が勤務先や自宅にかかってくる場合があります。ここで、申込者の在籍確認が取れないと審査通過も難しくなるので、注意が必要です。 

海外旅行保険が自動付帯

エポスカードは年会費無料にもかかわらず、海外旅行での疾病や携帯品損害がしっかりと補償されています。

海外でのケガの治療費や入院費、薬剤費などに対して最高270万円が補償され(疾病の場合は200万円まで)、携帯品損害ではデジカメを落として壊してしまうといった場合も補償されます。

カード発行日の翌日以降に日本を出発した旅行が対象となり、1旅行につき最長90日間が補償期間となっています。

自動付帯となっているので、カードを携帯しているだけで、保険が適用されます。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)
※免責3,000円

万全の不正防止対策


エポスカードVisaは複雑な暗号処理を行うICチップを搭載しており、磁気カードと比較すると偽造しにくく、セキュリティ性に優れたカードと言えます。
また、エポスカード会員はネットショッピング専用にエポスバーチャルカードを無料で発行することができます。

エポスバーチャルカードはネットショッピングでエポスカードと同様に利用可能ですが、エポスカードとは異なる番号が記載されているため、たとえカード番号が流出してもエポスカードが不正使用される心配がありません。

さらに、エポスカードでは事前に手続きしておくことで、利用ごとに通知メールの受信やオンラインショッピングにVISA認証サービスが利用可能なため、万が一不正利用された場合も早期発見することができます。
エポスカードの紛失や盗難に遭った場合でも、届日から61日前までの不正使用による損害は全額補償されるため、不正防止対策は万全であると言えるでしょう。

マルイセール10%オフをはじめ、割引やポイントアップが充実

「マルコとマルオの7日間」で10%オフ

マルイでは定期的に、店舗やweb通販にて7日間だけ一部を除いて商品が10%オフとなる「マルコとマルオの7日間」が開催されます。割引を利用するにはエポスカードで支払う必要があり、開催時期は3月、5月、9月、11月と年4回で、日程についてはマルイ公式サイト(で告知されます。

7,000店以上の提携店舗で優待割引

7,000店舗の提携店舗でエポスカードを利用すると割引や優待特典を受けることができます。

たとえば、シダックスではエポスカードの提示でルーム料金が30%OFFとなる特典を受けることができ、利用金額に応じて獲得できるエポスポイントは通常の5倍となっています。

ジャンル 店舗名 割引&優待内容
  サーティーワン アイスクリーム(一部店舗) サンデー30円OFF orバラエティパック100円OFF or 10%OFF orトリプルポップ30円OFF
小川珈琲 10%OFF
ビストロ家
夢や京恋しずく/夢や京町しずく
映画館 ユナイテッド・シネマ / シネプレックス 大人1,800円→1,300円
子供1,000円→800円
イオンシネマ 一般窓口料金1,800円→1,300円
カラオケ シダックス ルーム料金30%OFF
BIGECHO ルーム料金30%OFFor飲み放題付コース10%OFF
アミューズメント ハウステンボス 7%OFF
富士急ハイランド フリーパス割引
西武園ゆうえんち
横浜・八景島シーパラダイス ワンデーパス優待
レンタカー・カーシェア タイムズカープラス 30%OFF
タイムズカーレンタル

通常ポイント還元率は0.5%を倍増させる方法

エポスカードは、通常の買い物でのポイント還元率は0.5%と低めですが、ポイントアップサイトや特定の提携店舗の利用、支払い方法の変更などを行うとポイント還元率を最大15%までアップさせることが可能となります。

その① 「たまるマーケット」経由のネットショッピングでポイント2~30倍


「たまるマーケット」を経由して提携サイトを利用することで、ポイント還元率は通常2倍から最大で30倍まで高めることが可能です。「たまるマーケット」の割引を受けるためには、事前に「エポスNet」へ登録が必要です。

「たまるマーケット」にログインした状態で、希望するネットショップの「ショップサイトへ」というボタンをクリックして、各ネットショップにとび、買い物します。決済する際は必ずエポスカードを選んでくださいね。他のクレカで決済すると、ボーナスポイントの恩恵が受けられません。

ジャンル 店舗名 倍率 ポイント還元率
総合通販 Amazon 2 1.0%
楽天市場 2倍 1.0%
Yahoo!ショッピング 2倍 1.0%
LOHACO 3倍 1.5%
セブンネットショッピング 4 2.0%
スーパー・ドラッグストア マツモトキヨシ 5倍 2.5%
爽快ドラッグ 5倍 2.5%
旅行 Booking.com 5倍 2.5%
じゃらんトラベル 3倍 1.5%
Expedia 6 3.0%
音楽・書籍 iTunes Store 3倍 1.5%
楽天ブックス 3倍 1.5%
電子書籍ストア BookLive! 13倍 6.5%
家電 ビックカメラ.com 3倍 1.5%
Apple Store 2倍 1.0%

その② 提携店舗での利用でポイント倍増

エポスカードを利用するだけでエポスポイントが最大で2.5%までポイント還元率がアップする提携店舗があります。シダックスやノジマなど、有名店舗があるので、ぜひチェックしてみてください。

ジャンル 店舗名 倍率 ポイント還元率
カラオケ シダックス 5倍 2.5%
BIG ECHO
ショッピング させぼ五番街 5倍(毎月15日) 2.5%
ノジマ 5倍 2.5%
グリーンパークス
ケユカ
ラクサス 3倍 1.5%
大塚家具 2倍 1.0%
旅行 日本旅行 5倍 2.5%
HIS 3倍 1.5%
レストラン・カフェ モンテローザ 5倍 2.5%
アミューズメント ワイプ 5倍 2.5%
ホテル アパホテル 5倍 2.5%
カーライフサポート タイムズ 2倍 1.0%

 

その③ 分割・リボ払いならポイント2倍


エポスカードでは、通常のクレジット1回払いやボーナス一括払いでは還元率が0.5%ですが、リボ払いや3回以上の分割払いではポイント還元率は1.0%となります。
ただし、リボ払いや3回以上の分割払いは実質年率15.0%の手数料がかかるので、利用する際はよく注意しましょう。

公共料金やETC、家賃の支払いでもポイントが貯まる

エポスカードで公共料金やETC、家賃の支払いなどを行う場合、通常のショッピングと同様に支払金額の0.5%のエポスポイントを獲得することができます。

税金の支払い以外では手数料がかからないため、獲得するポイント分がそのまま得となり非常に使い勝手が良いと言えます。

エポスカードで公共料金を支払うには、各自治体が用意した支払いサイトもしくはYahoo!公金支払いを利用することになります。

 対象となる種目及び機関利用手数料
税金自動車税,軽自動車税,固定資産税,住民税,国民健康保険,介護保険料,後期高齢者医療保険,使用料・利用料,個人事業税,不動産取得税Yahoo!公金支払い,国税クレジットカードお支払いサイトから支払い。
納付金額や地域によって0~540円
水道東京都水道局,東京都武蔵野市水道部,さいたま市水道局,志木市上下水道部,横浜市水道局,川崎市上下水道局,水戸市水道部,福岡市水道局
これ以外の水道局は「Yahoo!公金支払い」から支払い可能
無料
ガス代東京ガス,京葉ガス,千葉ガス,中部ガス,東邦ガス,大阪ガス,西部ガス無料
電気代北海道電力,東北電力,ENEOS電気,東京電力、北陸電力,中部電力,関西電力,中国電力,四国電力,九州電力,沖縄電力無料
固定電話料北海道電力,東北電力,ENEOS電気,東京電力、北陸電力,中部電力,関西電力,中国電力,四国電力,九州電力,沖縄電力
NTT東日本、NTT西日本、KDDI、SoftBankテレコム、ヒュージョン
無料
携帯電話代Docomo,au,SoftBank,Y!mobile無料
プロバイダー料金YAHOO!BB, nifty, so-net,BIGLOBE,NTTぷらら,AOL,ASAHIネット,OCN,ODN,au one net
無料
放送料金NHK,スカパー,WOWOW,J:COM,イッツコム無料
新聞購読料金朝日新聞,読売新聞,日本経済新聞,毎日新聞、産経新聞無料
電子マネー料金Edy,モバイルSuica無料
国民年金日本年金機構公式サイトで申し込み無料
ETCETCカード作成可能無料
家賃ROOMiD,大東建託,HUBees 無料
ふるさと納税「Yahoo!公金支払い」から支払い可能無料

 貯まったポイントは、現金のように使える

エポスカードは流通系カードとあって、貯まったポイントを商品の割引や購入に利用することが可能です。

たとえば、商品券との交換、カード利用残高への補填、プリペイドカードにチャージすると、手数料もかからず1ポイント=1円で利用することができます。

ただし、エポスカードで獲得したポイント加算日から2年間という有効期限があるので注意してくださいね。

プリペイドカードに現金化!しかも利用で0.5%のキャッシャバック特典も

エポスポイントは通常、マルイの店舗や通販で利用できますが「エポスVisaプリペイドカード」(年会費無料)に移行することで、国内外合わせて3,800万か所のVisa加盟店でのショッピングに利用することができます。

さらに、プリペイドカード利用ごとに0.5%のポイントがキャッシュバックされるため、ちょっぴりお得です。エポスカードの買い物利用で貯まった1万円分のポイントを、Visa加盟店で使用した場合、50円がキャッシュバックされます。

エポスVisaプリペイドカードには、アニメとのコラボを含む70種類以上のデザインが用意されており、お好みの一枚を選べるのも魅力。一部のデザインでは発行手数料が500円かかります。

交換手数料なしで各社商品券やポイントと交換

エポスポイントは、手数料ゼロで、さまざまなショップの商品券やクーポン券とWEB上て簡単に交換可能です。
商品券の多くは、ポイント還元率が0.5%となりますが、モンテローザお食事券は0.625%と、少しだけお得に交換できます。

さらに、エポスポイントはdポイントやau walletポイントなど他社のポイントと交換することができます。交換レートはいずれも1:1となっています。

エポスポイントはANAやJALのマイルとも交換可能ですが、1,000ポイント=500マイルで交換することになります。マイル付与率は0.25%と低くなるため、あまりおすすめしません。

ジャンル 商品 金額 交換ポイント ポイント還元率
商品券 KEYUCAお買い物券 500円 500ポイント 0.5%
マルイ商品券 1,000円 1,000ポイント
VJAギフトカード
クオカード
iTunesギフトコード
iTunesギフトコード 3,000円 3,000ポイント
スターバックスカード
モンテローザお食事券 1,000円 800ポイント 0.625%
ポイント Dポイント 1,000ポイント 1,000ポイント 0.5%
au wallet 1,000ポイント 1,000ポイント
マイル ANAマイル 1,000ポイント 500マイル 0.25%
JALマイル 1,000ポイント 500マイル

 

ApplePayや楽天Edyなど電子マネーのチャージでポイントも貯まる!

カード会社各社が電子マネーチャージをポイント対象外とする中、エポスカードはいまだに電子マネーチャージでもポイントが得られる希少なカードです。

それぞれの電子マネーに1,000円チャージするごとに5ポイント(ポイント還元率0.5%)獲得することができます。

ApplePayのチャージでポイント還元率0.5%!Suicaチャージにも利用できる

エポスカードは2017年3月1日からApplePayに対応可能となりました。IphoneやAppleウォッチのアプリにエポスカードを使ってチャージするごとに、0,5%のポイントもつきます。
ApplePayから東日本旅客鉄道株式会社の電子マネー「モバイルSuica」にチャージ可能。チャージすることで、Suica定期券の新規購入、更新もできます。

楽天Edyのチャージ&利用でポイントの二重取りも!

エポスカードから楽天Edyにチャージを行うと0.5%のポイント還元を受けることができますが、楽天Edyは利用時にも0.5% のポイント還元を受けることができるため、ポイントの二重取りという形で還元率1%を実現することが可能です。

楽天Edyに貯まった0.5%分のポイントは加盟するコンビニやスーパーなど全国45万ヶ所以上の加盟店で1ポイント=1円で利用可能です。

200種類以上のデザインから選べる

エポスカードを発行する際、500円の発行料を支払うことで200種類以上から選べる「エポスデザインカード」に変更することが可能です。中には、期間限定で「銀魂」「薄桜鬼SSL ~sweet school life~」などの人気アニメと期間限定でコラボしたカードもあり、ファンたちに人気です。

他のデザインに変更する場合は、発行手数料として500円~1,000円(税込)の負担が必要です。

 支払い方法は5つ リボ払いには嬉しい特典も

エポスカードには5通りの支払い方法があり、手数料や特徴を考慮して自身に合ったものを選ぶ必要があります。

1回・2回払いでは27日締めと4日締めのどちらかを選ぶことになります。ボーナス一回払いは店舗によって取扱期間や支払日が異なる点に注意しましょう。

エポスカードではリボ払いを選択すると、月々の支払い金額が抑えられる代わりに年利率15.00%の手数料がかかるため、慎重に利用する必要があります。

また、エポスカードでは「いつでもリボ」に事前に登録しておくと、国内外のショッピング利用分が自動的にリボ払いに設定されるサービスを行っています。

リボ払いの支払額を一時的に増やす「増額払い」「全額払い」を希望する場合はエポスATMやエポスカードセンター、銀行、コンビニATMで、月々の支払額を増やしたい場合はエポスNetで手続きすることができます。

支払い方法 手数料(年) 特徴
1回・2回払い なし 支払日が27日であれば、先月27日〆、または4日であれば前月の4日〆
ボーナス1回払い 夏(7月か8月)または冬(12月か1月)に一括で支払い
分割払い 実質年率15.00%として計算 3~36回払いの中から任意で選択
リボ払い 毎月の返済金額は1,000円から1円単位で設定可能。ポイント還元率が1.0%となる。

国内ATM手数料無料&初回30日間金利0円キャンペーンでお得にキャッシング

キャッシングサービスとは、コンビニやATMなどで「キャッシング利用可能枠」の範囲内で現金を借入できるサービスです。返済方法はリボ払いと1回払いのどちらかを選ぶことになります。
キャッシングサービス利用時は実質年率18.0%として日割計算され、借入から返済までの日数分の金利が返済額に上乗せされます。

たとえば、3万円をリボ払いでキャッシングし、3日後の給料日に完済した場合の利息は3万円×18.0%÷365日×3日=44円となります。
エポスカードでは国内キャッシング利用時のATM手数料が無料で、初回利用時は最大30日間金利が無料となるキャンペーンが行われているため、キャッシングサービス利用のハードルが低いと言えるでしょう。

実は現地両替よりもお得?!安心・安全の海外キャッシング


海外キャッシングを利用すると現地で両替するより手数料は安く抑えられる場合があります。
例えば、台湾旅行に行き、1万台湾ドル両替するとします。
以下の3つの方法で両替した場合の手数料がいくらくらいかかるかシミュレーションしてみました。

①台湾の両替所で両替する
②台湾のATMでエポスカードを使って引き下ろす。

①台湾の両替所の場合は、基本レートに3~8%の為替手数料に、場所によっては30~100台湾ドルの両替手数料が加算されます。これを計算すると、為替手数料が加算された為替レートは1台湾ドルあたり3.71~3.89円となり、1万台湾ドル両替するのに必要な円は、37,100~38,900円。これに、108~361円程度の為替手数料がかかるので、最終的にかかった手数料は、1,108円~3,161円となります。

②エポスカードは海外キャッシングで基本レートはそのままに、年利率18%の手数料が加算されます。18%の手数料というと、高く感じますが、これは年利率なので、日にちで割ると、1日0.049%の手数料となります。例えば、1万円を10日間借りたとすれば、10,000×0.00049×10日=49円の手数料がつきます。
9月15日に台湾のATMから1万台湾ドルを引き落とし、10月4日に締め切りが確定。その2日に繰り上げ返済をしたとします。借入期間は、25日となり、金利の合計は36,100円×0.049%×25日=442円で、ATM手数料216円を加えて手数料の合計は658円ということになります。

海外キャッシングにかかった手数料658円は、①の台湾国内で両替した時の手数料より450~2,503円とかなり格安になることがわかります。両替すれば金額が多くなればなるほど、かかってくる手数料も増えますので、この差はかなり大きいですよね。

②の手数料は借入期間を25日で計算していますが、さらに繰上げ返済を前倒しにするほど、手数料も少なくてすみます。1万台湾ドルのキャッシング手数料は1日17,68日ほどになりますので、借りてから10日で返せば176円となり、これにATM手数料216円を加え、手数料は392円程度ですみます。

キャッシング初回に限り、借入期間30日間以内であれば手数料が無料になるキャンペーンもありますので、海外旅行に行った際は一度、海外キャッシングを利用して両替してみてはいかがでしょうか。

【1万元を両替する場合】※1元=3.66円で計算
基本レート1台湾ドル=3.61円、1万台湾ドル=36,100円

ケース 手数料 交換した金額 手数料
①現地の空港の両替所で両替した場合 ・両替手数料30~100台湾ドル
・基本レートに3%の為替手数料が上乗せされる
37,100~38,900円 1,108円~3,161円
②エポスカードで台湾のATMで引き出し、帰国後繰上げ返済(借入期間:26日) ・年利率18%のキャッシング手数料
・ATM手数料216円
36,758円 658円

 

エポスカードを使い続けるとゴールドカードの年会費がタダになる!?


エポスカードには、ワンランク上のカードとしてゴールドカードがあります。エポスゴールドカードは、提携ショップでの利用でポイント還元率が1.5%となり、海外旅行保険の補償金額がアップするなど、より質の高いサービスを受けることができます。

エポスゴールドカードに通常入会すると、年会費5,000円が必要となりますが、この年会費をタダにする方法があるんです!
それは、エポスカードを使い続けて、ゴールドカードのインビテーションカードをもらうことです。

エポスゴールドカードのインビテーションカードは、エポスカードを年間50万円以上2年程度使い続けることで届くといわれています。
年間50万円以上というと、月々で4万2000円程度。公共料金や携帯電話や家賃などの支払いをエポスカードで行えば、すぐにクリアできる金額ですよね。

エポスカードの基本のポイント還元率は0.5%とあまり魅力的ではありませんが、ゴールドカードにグレードアップするだけで、年間利用額に合わせたボーナスポイントが支給されます。

このボーナスポイントが恐ろしく還元率が高く、以下の表の通り年間100万円以上のカード利用で、1万円分のボーナスポイントが加算され、ポイント還元率は1.5%までアップします。しかも、エポスゴールドカードで獲得したポイントは、2年の有効期限が無期限となるので、じっくりと貯めることができます。

年間利用金額 基本ポイント ボーナスポイント 合計ポイント ポイント還元率
50万円 2,500 2,500 5000
(5,000円分)
1%
100万円 5,000 10,000 15,000
(15,000円分)
1.5%

まとめ

エポスカードは、ポイント還元率が低いのでメインカードとしては持ちにくいですが、マルイをよく利用する人には、割引もあり、使い勝手の良いクレジットカードといえます。
年会費無料にもかかわらず海外旅行保険が自動付帯するなどの特典も充実しているので、サブカードとして所持するのにおすすめです。

【基本情報】

発行会社 会社名
住所
電話
株式会社エポスカード
〒164-8701 東京都中野区中野4丁目3番2号
03-4574-0101
申し込み資格 18歳以上の方(高校生を除く)
※未成年者は親権者の同意が必要
発行期間 即日~1週間
年会費(税別) 初年度 無料
2年目以降 無料
国際ブランド Visa
支払方法 1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス1回払い
引き落とし日 4日もしくは27日(土・日・祝日の場合は翌営業日)
口座振替の登録方法 Webで登録もしくは口座振替依頼書を取り寄せて郵送
ショッピング【国内】 限度額 10万円~400万円(増額サービス利用時最大)
支払方法 1回、2回、ボーナス1回払い、分割払い、リボ払い
分割手数料(年) 15.00%
3回~36回
リボ払い手数料(年) 15.00%
1,000円~(上限無し)
ショッピング【海外】 限度額 10万円~400万円(増額サービス利用時最大)
支払方法 1回払いのみ(帰国後にリボ払いへ変更可能)
※為替レートに海外事務手数料(1.63)%が加算される
分割手数料(年) なし
リボ払い手数料(年) 15.00%
1,000円~(上限無し)
※為替レートに海外事務手数料(1.63)%が加算される。
キャッシング【国内】 限度額 1~50万円
金利 18.00%
支払方法 1回払い、リボ払い、
ATM手数料 無料
キャッシング【海外】 限度額 1~50万円
金利 18.00%
支払方法 1回払い、リボ払い、
ATM手数料等の手数料 ※ATM手数料
1万円以内の取引1回ごとに108円
1万円を超える取引1回につき216円
※海外事務手数料なし
家族カードの有無と年会費(税別) 有/無 なし
ETCカードの有無と年会費(税別) 有/無 年会費(税別):無料
発行手数料:無料
発行限度枚数:1枚
電子マネー 付帯可能 なし
チャージのみ可能 ApplePay、モバイルsuica、楽天Edy

【ポイント情報】

ポイントプログラム エポスポイント
ポイント還元率 200円利用につき1ポイント   0.5%
有効期限 ポイント加算日から2年
ポイントの交換先 モンテローザお食事券 800ポイント→1,000円      還元レート4:5
マルイ商品券 1,000ポイント→1,000円      還元レート1:1
Docomo 1,000ポイント→1,000dPoint 還元レート1:1
マイレージとの交換 JAL 1,000ポイント→500マイル 交換手数料無料
ANA 1,000ポイント→500マイル 交換手数料無料
ポイントアップモール https://tamaru.eposcard.co.jp/

【不正防止対策】

不正防止対策 ICチップ搭載、エポスバーチャルカードの発行、VISA認証サービスが利用可能、ログイン通知機能、不正使用検知システム
紛失盗難補償 エポスカードの紛失や盗難に遭った場合、届日から61日前までの不正使用による損害を全額補償
ショッピング保険 補償額:年間通算50万円
自己免責額:0円
補償期間:商品の購入日から90日間
条件:年間保険料1,000円で加入可能、購入金額・損害額が3,000円を超えた場合に補償
その他の補償 なし

【付帯保険】

【海外】 本人 家族特約
死亡・後遺障害 最高500万円 なし
疾病治療 270万円(1疾病の限度額)
ケガの治療 200万円(1事故の限度額)
携行品損害 20万円(1旅行・保険期間中の限度額、免責3,000円)
救護者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
賠償金 2,000万円(1事故の限度額)
利用条件と補償期間 自動付帯(そのカードで旅行代金を支払わなくとも損害を補償)
※補償期間 1旅行につき最長90日間まで
【国内】 なし

【旅行&空港サービス】

空港ラウンジ利用 プライオリティパス ×
空港荷物宅配サービス 〇(割引券) 空港手荷物預かりサービス
海外日本語対応電話サービス 〇 無料 海外におけるカード紛失時の即時仮カードの発行 ×

関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

未分類

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション