クレジットカードは3枚以上持てる?審査難易度が高くなるのは何枚目なのか

3枚以上

クレジットカードは1枚だけではなく複数枚持つことができます。
しかし、ひとりで持つことができる枚数は無制限ではなく限りがあります。

一般的にはメインカードとサブカード2枚が適切と言われていますが、その枚数には根拠があるのでしょうか?

その理由も含め今回は3枚目以降のクレジットカードの審査や作り方、注意点について解説します。

クレジットカードを複数枚持つ場合の審査のしくみ

3枚目以降のクレジットカード審査では、審査担当者はどんな点を注意して審査するのでしょうか?
審査担当者の立場で考えてみましょう。

所有枚数も重要だが、それ以上にカード利用枠が重要

基本的には既存のクレジットカード枚数が関係するというよりも、その利用枠が大きく影響します。

例えば、すでにカードを3枚持っていたとしても、10万円の利用枠のカード3枚と50万円の利用枠3枚では総利用枠の金額は大きく違います。

・利用枠10万円のカード×3枚:総利用枠30万円
・利用枠50万円のカード×3枚:総利用枠150万円

返済能力の範囲内でカード発行するので、枚数よりもカード利用枠が重要となります。

枚数が多いことで審査に影響があるのは、返済能力ではなくカードに対する考え方や計画性です。
使われていないカードが多ければ特典目的ではないか、無計画に勧められるままに作っているのではないかという疑念を持たれてしまいます。

すでに持っているクレジットカードをどのように利用しているのかということも審査では重要です。

法規制と枚数の関係

貸金業法と割賦販売法ではそれぞれキャッシングとカードショッピングに対して規制をしています。

貸金業法ではキャッシング枠を年収の1/3までに規制する総量規制をしています。
割賦販売法では分割利用できるカード枠の限度を設定しています。

これらの規制の対象となるのは枚数ではなくキャッシング枠やショッピング枠です。

つまり複数カードを持っていても、カード利用枠に余裕があれば、新しくカードを作るのに法規制は影響しません。法規制で制限しているのはあくまでカードで利用できる金額なのです。

具体的な法規制の内容

それでは具体的に法規制はクレジットカード審査でどのように実行されているのか解説しましょう。

貸金業法の総量規制

年収の1/3を超える貸付を禁止しているので、カード会社が加盟している個人信用情報機関(CIC)の情報からキャッシングやカードローンの利用枠や融資残高を確認します。
その残高を含めて年収の1/3を超えない範囲でキャッシング枠を設定します。

すでに年収の1/3を超えている場合でもカード審査が却下されるわけでなく、キャッシング枠がゼロとなるだけです。

割賦販売法の規制

1回払を除く全ての支払方法で利用できる枠(割賦利用可能枠)の上限を定めています。
カード審査ではCIC情報から対象となる既存の利用枠や年間支払金額を含めて計算します。
利用枠の算出は法律で定めた次の計算式で行ないます。

年収-年間請求予定額-生活維持費=支払可能見込額

上記の計算式で算出した支払可能見込額の90%が割賦利用可能枠となります。

年収300万円(申込者の自己申告)、年間請求予定額 50万円(CIC登録情報で確認)、生活維持費209万円の計算は次のとおりです。
なお生活維持費は持ち家で住宅ローン有または賃貸、生計を共にする家族3名の場合です。
年間請求予定額は毎月の返済金額の1年分をイメージするといいでしょう。
(300万円-50万円-209万円)✕90%=36.9万円
上記の場合、割賦利用できるカード利用枠は36万円を超えない範囲で設定します。
この利用枠がゼロの場合は、カード審査ではほとんど却下となります。

カードを複数枚持つ条件

法規制と利用枠を考慮して複数のクレジットカードを持つ条件を考えてみましょう。

安定した収入があり返済能力があるというのは、1枚の場合でもカード審査を通過する絶対的な条件となります。

割賦販売法の規制では、家族構成も考慮した「生活維持費」も計算して割賦利用可能枠を設定します。
つまり割賦販売法の計算式を利用すると、自分の年収でどれくらいのカード利用枠を作れるかの目安がわかります。

独身でアパート住まい、年収200万円のケースで計算してみましょう。

(年収200万円-生活維持費116万円)✕90%=75.6万円

200万円の年収があれば、30万円の利用枠のカードが2枚作ることができる計算です。
10万円や20万円の利用枠であれば3枚以上のカードを持つことも可能です。

使っていないカードの利用枠も計算に含むので、新規に申し込みする前には不要なカードを解約しておくことも必要です。

複数のクレジットカードを持つためのコツ

複数のクレジットカードを持つためには、カードを申し込みするときのコツがあります。

まずは3枚目以降でも初めての申込でも共通して注意しなければいけないのは、複数のカード申込を同時にしないという点です。

CICは申込情報もあり、6ヶ月以内に申込したカードの記録をクレジットカード会社が参照できます。
直近の申込回数が多いほど多重申込みで却下される可能性が高いので、必ず1枚だけ申込をしましょう。

それでは3枚目以降のクレジットカード申込はどんな点に気をつけたらいいでしょうか?

クレヒスがあれば審査が通過しやすい

クレジットヒストリー(クレヒス)はカード審査にとって重要です。
クレヒスはクレジット利用歴のことですが、延滞することなくカード利用していれば良好なクレヒスとなり、審査では大きなプラス材料となります。

複数のクレジットカードを持ちたいのであれば、まずはすでに持っているクレジットカードを最大限に利用しましょう。

良好なクレヒスを残すことで、次のクレジットカードを作りやすくなります。

キャッシング枠はゼロで申込む

貸金業法の規制があるため年収の1/3を超えるキャッシング枠は与えられません。
ただ、キャッシング枠がなくてもクレジットカード発行はできるので、貸金業法の規制が原因でクレジットカード審査が却下されることはありません。

しかし、キャッシングが必要でクレジットカードを申込みしたと判断されると、審査では不利になります。
確実にクレジットカード発行してもらうために、キャッシング枠はゼロで申し込みしましょう。

希望利用枠は割賦販売法の範囲内にする

貸金業法よりも割賦販売法の規制のほうがカード審査には影響が大きくなります。

割賦利用可能枠がいっぱいであれば新規申し込みが却下される可能性が高いからです。
事前に自分の年収から割賦可能利用枠を計算して、すでに持っているカードの利用枠を差し引いてみましょう。

残りの金額の範囲内で申し込みすると審査通過の可能性が高くなります。

ゴールドカードにはそれなりの年収が必要

年収が500万前後でなければ大きなカード利用枠となるゴールドカードに申込むのはやめておきましょう。

ゴールドカードの利用枠は一般的に100万円なので、年収300万円ですでにクレジットカードを持っているのであれば、却下の可能性が高くなります。

カードを複数持ちたい場合は一般カードに申し込みましょう。

クレジットカードを複数枚持ったときの注意事項

クレジットカードを複数枚持つ場合、1枚のときよりも注意して利用する必要があります。
最後に複数カード所有時の注意点をまとめてみましょう。

使い方の注意点

複数のカードを利用する場合はリボ払いの使い方が重要になります。
リボ払いは繰り返し利用しても返済金額が増えないので、1枚のカードでは返済金額は増えることはありませんが、複数のカードをすべてリボ払いにすると返済金額は枚数分増えることになります。
毎月5,000円のリボ払いで支払うとすると、5枚あると25,000円の支払いになってしまうからです。
そのためリボ払いの利用は最も利用頻度の高いメインカード1枚だけで利用しましょう。
カードショッピングだけでなく、キャッシングのリボ払いも同じです。

管理上の注意点

クレジットカードを複数枚持っていると返済日が違う場合があります。
それぞれのカードの返済日をしっかり覚えて、毎月請求内容をチェックしましょう。
支払の延滞はクレヒスに大きな影響があるので、支払管理はしっかりすることが必要です。

またクレジットカードの本体の管理も重要です。
盗難や紛失のリスク管理をするためにも、普段使わないカードも常に携帯しましょう。

クレジットカードの管理が悪ければ万一紛失して不正利用された場合、カード盗難保険が適用されないこともあります。
例えばカード盗難保険では車両に放置しておいたカードは、保険適用外になる場合もあります。

クレジットカード本体だけではなく、カード番号などの情報や暗証番号の管理も大切です。
カードが増えるほどリスクが高くなるので、意識してしっかりした管理を心がけましょう。

万一の場合の連絡先も保管しておこう

クレジットカードを盗難・紛失した場合は、すぐにクレジットカード会社に連絡をしてカードを無効にする必要があります。

いざという時にあわてないよう盗難紛失届けの連絡先はカード会社別に控えておきましょう。
常にすぐに連絡できるようにスマホや携帯に保存しておくといいでしょう。

また、家計簿アプリではクレジットカードの管理ができるので、支払管理も兼ねて利用するのもおすすめです。

クレジットカードは枚数ではなく利用枠が重要

クレジットカードは枚数が多くなるほど管理が面倒で、盗難や紛失のリスクも高く、年会費無料でなければ年会費もかさみます。

また、カード会社側の立場では、審査でカード枚数よりもカード利用枠を重要視しているので、枚数が少なくても審査を通過しないこともあります。

2015年度のJCBの調査によればクレジットカードの平均保有枚数は3.2枚です。

このことから個人で管理できる枚数、審査を通過する枚数、利用できる枚数の基準は3枚前後であることがわかります。
個人に与えられるカード利用枠は限られているので、その利用枠を上手に活用するほうが枚数を増やすことよりも意味があります。

メインカードを利用していれば利用実績も良好になり、信用力も高まるので増枠が可能になります。

また最もよく利用するカードの利用枠を増やすことで、ポイントも貯まりやすくなります。
メインカードはポイント専用カードとして使うと効率的です。
無理にカードの枚数を増やすのではなく、カードに応じた適切な使い方をして賢いカード利用をしましょう。