お金の参考書 クレジットカード

クレジットカードは3枚以上持てる?審査難易度が高くなるのは何枚目なのか

クレジットカードは複数枚持つことができますが、何故クレジットカードは複数枚持つ必要があるのでしょうか?それはクレジットカードの複数枚持ちには大きなメリットがあるからです。

しかし、一方で複数枚持ちにはデメリットや注意すべき点もあります。また、ひとりで持つことができる枚数は無制限ではありません。

そこで今回は「クレジットカードの複数枚持ち」というテーマを軸にして、クレジットカードを複数枚持つメリットやデメリット、デメリットを回避するための注意点、複数枚持つためのコツ、複数枚持つ上で知っておきたい基礎知識などを紹介していきます。

これからクレジットカードを複数枚持とうと思っている人はぜひこれを読んで、次のカードを最適で最高な1枚にして下さいね。

クレジットカードを複数枚持つ理由とメリットって何?

この記事を読まれている方の中には「そもそもクレジットカードを複数枚持つ理由(メリット)が分からない」という人も多いかもしれませんね。

そこでまずは、クレジットカードを複数枚持つメリットとは何か?ということについてお話していきたいと思います。

クレジットカードで受けられるサービスの幅が広がる

クレジットカードを複数枚持つメリットはクレジットカードで受けられるサービスの幅が広がるところにあります。

クレジットカードは様々な企業が発行しており、世の中には多種多様なクレジットカードが存在しています。そしてクレジットカードはそれぞれサービスに違いがあり、中にはその会社の強みを活かしたサービスを提供しているクレジットカードもあります

しかしそうなると、クレジットカード1枚ではA社が提供するクレジットカードのサービスを享受することはできるが、一方でB社のクレジットカードが提供しているサービスを享受できない、というような事態が発生することになります。

しかし、クレジットカードは別に1枚しか持てないということはありません。クレジットカードは3枚持つことも可能ですし、3枚持つことで、自分がクレジットカードを通して受けられるサービスの幅を広げることができるのです。

これがクレジットカードを複数持つことのメリットです。

クレジットカードを複数枚持つ時の注目ポイントと選び方

ここまではクレジットカードを複数持つことにはメリットがあることを説明してきました。しかし世の中には膨大な数のクレジットカードがあります。これらを一つ一つ吟味していたらとんでもない時間がかかってしまいます。

そこでここではそんな時間の無駄を避けるために、複数枚持つ時のクレジットカード選びのポイントについて説明していきたいと思います。ぜひ、ここでクレジットカード選びの基準を作って、最短で最適なクレジットカードの発行を目指しましょう

マイルに注目してみる

クレジットカードで得られるメリットの1つにマイルがあります。しかし、多くの人にとってマイルというものは馴染みが薄く、よく分からないものだと思われます。そのため、クレジットカードの選択の際にマイルという存在を無視している人も多いかもしれません。

しかし、これはあまりにもったいないことなのです。旅行は万人にとって価値あるものですし、移動の費用がタダになるなら行きたいという人だってたくさんいるはずです。

そこでここではクレジットカードでマイルを貯めることのメリットを編集部オススメのクレジットカードを具体例にして紹介していきたいと思います。
まず具体例となるカードを紹介しておきましょう。

JALカード

おすすめポイント
  • 公共料金や日常のお買い物の支払いでマイルが貯まる!
  • 年会費3,240円でショッピングでたまるマイルが2倍!100円で1マイル貯まる!
  • 毎年初回搭乗ボーナス最大2000マイルなどのボーナスマイルアリ!
  • 手続き不要でカード利用の有無にかかわらず国内旅行損害保険/海外旅行保険が適用 !
  • 6000マイルで国内旅行の往復航空券と交換できる「どこかにマイル」!

例えば月々の外食費やインターネット、スーパー、コンビニなどの料金が仮に10万円だとして、これらを全てJALカードで支払うとしましょう。その場合、年に2回「どこかにマイル」というサービスで年2回国内旅行の往復航空券を無料にすることができるのです!

「どこかにマイル」とは簡単に言うと、JALが提案する4つの行き先地からランダムに選ばれた場所への往復航空券が6000マイルでゲットできてしまう、というサービスです。

上記のようなクレジットカード払いを行うと年間12000マイル貯まるので、2回分の国内旅行の往復航空券が無料になるのです。

このようにクレジットカードの利用におけるマイルという存在はバカにできない存在です。ぜひマイルにも注目してカードを選んでみて下さい。

保険サービスに注目してみる

クレジットカードのサービスで注目すべきはマイルのみではありません。保険サービスもクレジットカードを選ぶ立派な基準となります。

例えば今これを読んでいる方で楽天カードを使っている方もいることでしょう。楽天カードには海外旅行傷害保険がサービスとして備えられており、傷害死亡・後遺障害や傷害治療費用の補償をしてくれます。

大変便利なサービスですが、このサービスを受けるのには1つ条件があります。それは出国前に自宅から出発空港までの交通費(公共交通乗用具の運賃)または海外旅行代金(募集型企画旅行の料金)を楽天カードで支払う、というものです。

こうしたクレジットカードでツアー代金や公共交通機関の料金を利用することで初めて有効となるものを利用付帯といいます。しかし、一方でこうした条件なしに海外旅行傷害保険を受けられるカードも存在します。

それが自動付帯です。自動付帯ならば楽天カードのような条件なしで海外旅行傷害保険のサービスを受けることができるのです。例えば、エポスカードなどは海外旅行傷害保険が自動付帯で利用できます。(しかもエポスカードは年会費無料です!)

最短即日発行&受取が可能なクレジットカード【エポスカード】

おすすめポイント
  • 年会費無料!
  • 審査に通りやすいと噂のカード!
  • ETCカードの年会費も無料!
  • 海外旅行傷害保険つき!
  • レストランやカフェ、美容院などが優待価格でオトクに利用できる!

もし、楽天カードを持っている人がエポスカードを2枚目に選択し無事ゲットした場合、楽天カードの補償額とエポスカードの補償額を合算した金額分の補償を受けることができます。(ただし傷害死亡・後遺障害保険金は除く)

つまりより海外旅行をより安心なものにできるのです。こうした海外旅行傷害保険の観点からクレジットカードを選ぶのも2枚目の選択の有効な手段と言えるでしょう。

またYahoo!!japanカードにはお買い物や旅行、ネット上の売買トラブルで訴訟を起こした際の弁護士費用から携帯電話の水没故障までサポートしてくれるプラチナ補償という保険サービスがあったりと、クレジットカードの保険は国内旅行損害保険/海外旅行保険だけではありません!

生きていくうえでの様々な不安を解消してくれる保険サービスを基準にクレジットカードを選ぶということもクレジットカード選びの大切な視点だと言えるでしょう。

ヤフーショッピングがもっとオトクになるカード【Yahoo!!japanカード】

おすすめポイント
  • 年会費永久無料!
  • 18種類の補償がつくプラチナ補償!
  • 破損、盗難、火災などの事故での損害に対して所定の金額を補償するショッピングガード保険
  • 利用明細はすぐにオンラインで確認できる!
  • Yahoo! JAPANサービス(Yahoo!ショッピング、LOHACO)内利用時のポイント付与率は通常時の3倍!

移動手段に注目してみる

普段の移動手段に注目してクレジットカードを選んでみるのもクレジットカードを選ぶ上で非常に有効な判断材料となります。

例えばTo Me CARD Primeは東京メトロに乗るだけでポイントが貯まるメトロユーザーには嬉しいカードです(しかも休日はポイントが2倍)。

なので営業職などで仕事中の電車移動が多い人や、通学で普段から定期券を利用する方などはTo Me CARD Primeもぜひ選択肢に入れたいところです。

東京メトロに乗る人なら検討必須!【To Me CARD Prime】

おすすめポイント
  • メトロに乗るだけでポイントが貯まる!
  • 休日に乗るとさらにポイント2倍!
  • 改札機での入場時にPASMOへ自動的にチャージするオートチャージ機能!
  • 初年度年会費無料!さらに年間50万円以上利用で次年度も無料!
  • 貯まったポイントはANAのマイルに移行したりPASMOのチャージに使える!

このように毎日の移動手段に注目してクレジットカードを選ぶことも、2枚目のクレジットカード選びには有効な手段となりますよ。ちなみにTo Me CARD Primeの他には東急線PASMO定期券ご購入、PASMOオートチャージサービスの利用でポイントが貯まる東急カードなどもあります。

ブランドに注目してみる

ブランドを基準にしてみることも複数枚クレジットカードを持つ上で有効な手段と言えるでしょう。

ブランドと言うのは国際ブランドの事で、Visa(ビザ)、MasterCard(マスターカード)、JCB(ジェーシービー)、AMERICAN EXPRESS(アメリカンエキスプレス)、Diners Club(ダイナースクラブ)などがあります。

このブランドもクレジットカードを複数持っておくことで、出したカードのブランドが使えない時でも別の方が使える、というような転ばぬ先の杖を用意しておくことができます。

特に海外旅行に行く時などは現金を少な目にして持ち歩こうと思っている人も多いでしょうから1つの国際ブランドでは心もとなくなることもあるかもしれません。そうした時に複数の国際ブランドを持っていれば安心して旅行に集中することができるでしょう。

こうしたブランドを複数持つことの利点を頭に入れながらクレジットカードを選ぶことも複数枚のカードを持つ上で重要な判断材料になってくるので、ぜひ頭に入れておきましょう。

複数のクレジットカードを持つためのコツ

複数のクレジットカードを持つためには、カードを申し込みするときのコツがあります。

まずは3枚目以降でも初めての申込でも共通して注意しなければいけないのは、複数のカード申込を同時にしないという点です。

CICは申込情報もあり、6ヶ月以内に申込したカードの記録をクレジットカード会社が参照できます。
直近の申込回数が多いほど多重申込みで却下される可能性が高いので、必ず1枚だけ申込をしましょう。

それでは3枚目以降のクレジットカード申込はどんな点に気をつけたらいいでしょうか?

クレヒスがあれば審査が通過しやすい

クレジットヒストリー(クレヒス)はカード審査にとって重要です。
クレヒスはクレジット利用歴のことですが、延滞することなくカード利用していれば良好なクレヒスとなり、審査では大きなプラス材料となります。
複数のクレジットカードを持ちたいのであれば、まずはすでに持っているクレジットカードを最大限に利用しましょう。
良好なクレヒスを残すことで、次のクレジットカードを作りやすくなります。

キャッシング枠はゼロで申込む

キャッシングに対応しているカードへ申し込もうと考えている場合、キャッシング枠は0円にしておきましょう。

貸金業法の規制があるため年収の1/3を超えるキャッシング枠は与えられません。
ただ、キャッシング枠がなくてもクレジットカード発行はできるので、貸金業法の規制が原因でクレジットカード審査が却下されることはありません。

しかし、キャッシングが必要でクレジットカードを申込みしたと判断されると、審査では不利になります。
確実にクレジットカード発行してもらうために、キャッシング枠はゼロで申し込みしましょう。

希望利用枠は割賦販売法の範囲内にする

貸金業法よりも割賦販売法の規制のほうがカード審査には影響が大きくなります。

割賦利用可能枠がいっぱいであれば新規申し込みが却下される可能性が高いからです。
事前に自分の年収から割賦可能利用枠を計算して、すでに持っているカードの利用枠を差し引いてみましょう。

残りの金額の範囲内で申し込みすると審査通過の可能性が高くなります。

ゴールドカードには申し込まない

クレジットカードを複数枚持ちたい理由の中にはステータスカードが欲しい!というものもあることでしょう。

しかし、あなたの年収が500万前後でなければ大きい利用限度額となるゴールドカードに申込むのはやめておきましょう。

ゴールドカードの利用限度枠は一般的に100万円なので、年収300万円ですでにクレジットカードを持っているのであれば、審査落ちの可能性が高くなります。カードを複数持ちたい場合は一般カードに申し込みましょう。

ちなみにゴールドカードはわざわざ新規にカードを申し込まなくても、今使っているカードのクレジットカード会社から、一般カードからゴールドカードへの切り替えのインビテーション(インビテーション)が届く可能性もありますので、そちらのルートからゴールドカードを狙うということもできます。

またイニシャルカードのように特定のタイミングでゴールドカードへの自動切り替えをしてくれる一般カードもあります。何れにせよゴールドカードの入手方法は新規申し込みだけではない、ということは頭に入れておきましょう。

学生は在学中年会費無料で最短翌営業日発行!【イニシャルカード】

おすすめポイント
  • 在学中は年会費無料!
  • 最短翌営業日発行!
  • 10万円以上利用でその月のポイント1.5倍!
  • 初回のカード更新時に「MUFGカード ゴールド」に自動切替え!
  • 年間20万円以上の利用なら翌年最高2000万円の海外旅行傷害保険!

クレジットカードを複数枚持つ場合の審査のしくみ

3枚目以降のクレジットカード審査では、審査担当者はどんな点を注意して審査するのでしょうか?
審査担当者の立場で考えてみましょう。

所有枚数も重要だが、それ以上にカード利用枠が重要

基本的には既存のクレジットカード枚数が関係するというよりも、その利用枠が大きく影響します。

例えば、すでにカードを3枚持っていたとしても、10万円の利用枠のカード3枚と50万円の利用枠3枚では総利用枠の金額は大きく違います。

・利用枠10万円のカード×3枚:総利用枠30万円
・利用枠50万円のカード×3枚:総利用枠150万円

返済能力の範囲内でカード発行するので、枚数よりもカード利用枠が重要となります。

枚数が多いことで審査に影響があるのは、返済能力ではなくカードに対する考え方や計画性です。
使われていないカードが多ければ特典目的ではないか、無計画に勧められるままに作っているのではないかという疑念を持たれてしまいます。

すでに持っているクレジットカードをどのように利用しているのかということも審査では重要です。

法規制と枚数の関係

貸金業法と割賦販売法ではそれぞれキャッシングとカードショッピングに対して規制をしています。

貸金業法ではキャッシング枠を年収の1/3までに規制する総量規制をしています。
割賦販売法では分割利用できるカード枠の限度を設定しています。

これらの規制の対象となるのは枚数ではなくキャッシング枠やショッピング枠です。

つまり複数カードを持っていても、カード利用枠に余裕があれば、新しくカードを作るのに法規制は影響しません。法規制で制限しているのはあくまでカードで利用できる金額なのです。

具体的な法規制の内容

それでは具体的に法規制はクレジットカード審査でどのように実行されているのか解説しましょう。

貸金業法の総量規制

年収の1/3を超える貸付を禁止しているので、カード会社が加盟している個人信用情報機関(CIC)の情報からキャッシングやカードローンの利用枠や融資残高を確認します。
その残高を含めて年収の1/3を超えない範囲でキャッシング枠を設定します

すでに年収の1/3を超えている場合でもカード審査が却下されるわけでなく、キャッシング枠がゼロとなるだけです。

割賦販売法の規制

1回払を除く全ての支払方法で利用できる枠(割賦利用可能枠)の上限を定めています。
カード審査ではCIC情報から対象となる既存の利用枠や年間支払金額を含めて計算します。
利用枠の算出は法律で定めた次の計算式で行ないます。

年収-年間請求予定額-生活維持費=支払可能見込額

上記の計算式で算出した支払可能見込額の90%が割賦利用可能枠となります。

年収300万円(申込者の自己申告)、年間請求予定額 50万円(CIC登録情報で確認)、生活維持費209万円の計算は次のとおりです。
なお生活維持費は持ち家で住宅ローン有または賃貸、生計を共にする家族3名の場合です。
年間請求予定額は毎月の返済金額の1年分をイメージするといいでしょう。
(300万円-50万円-209万円)✕90%=36.9万円
上記の場合、割賦利用できるカード利用枠は36万円を超えない範囲で設定します。
この利用枠がゼロの場合は、カード審査ではほとんど却下となります。

カードを複数枚持つ条件

法規制と利用枠を考慮して複数のクレジットカードを持つ条件を考えてみましょう。

安定した収入があり返済能力があるというのは、1枚の場合でもカード審査を通過する絶対的な条件となります。

割賦販売法の規制では、家族構成も考慮した「生活維持費」も計算して割賦利用可能枠を設定します。
つまり割賦販売法の計算式を利用すると、自分の年収でどれくらいのカード利用枠を作れるかの目安がわかります。

独身でアパート住まい、年収200万円のケースで計算してみましょう。

(年収200万円-生活維持費116万円)✕90%=75.6万円

200万円の年収があれば、30万円の利用枠のカードが2枚作ることができる計算です。
10万円や20万円の利用枠であれば3枚以上のカードを持つことも可能です。

使っていないカードの利用枠も計算に含むので、新規に申し込みする前には不要なカードを解約しておくことも必要です。

クレジットカードを複数枚持ったときの注意事項

クレジットカードを複数枚持つ場合、1枚のときよりも注意して利用する必要があります。
最後に複数カード所有時の注意点をまとめてみましょう。

使い方の注意点

複数のカードを利用する場合はリボ払いの使い方が重要になります。
リボ払いは繰り返し利用しても返済金額が増えないので、1枚のカードでは返済金額は増えることはありませんが、複数のカードをすべてリボ払いにすると返済金額は枚数分増えることになります。
毎月5,000円のリボ払いで支払うとすると、5枚あると25,000円の支払いになってしまうからです。
そのためリボ払いの利用は最も利用頻度の高いメインカード1枚だけで利用しましょう。
カードショッピングだけでなく、キャッシングのリボ払いも同じです。

管理上の注意点

クレジットカードを複数枚持っていると返済日が違う場合があります。
それぞれのカードの返済日をしっかり覚えて、毎月請求内容をチェックしましょう。
支払の延滞はクレヒスに大きな影響があるので、支払管理はしっかりすることが必要です。

またクレジットカードの本体の管理も重要です。
盗難や紛失のリスク管理をするためにも、普段使わないカードも常に携帯しましょう。

クレジットカードの管理が悪ければ万一紛失して不正利用された場合、カード盗難保険が適用されないこともあります。
例えばカード盗難保険では車両に放置しておいたカードは、保険適用外になる場合もあります。

クレジットカード本体だけではなく、カード番号などの情報や暗証番号の管理も大切です。
カードが増えるほどリスクが高くなるので、意識してしっかりした管理を心がけましょう。

万一の場合の連絡先も保管しておこう

クレジットカードを盗難・紛失した場合は、すぐにクレジットカード会社に連絡をしてカードを無効にする必要があります。

いざという時にあわてないよう盗難紛失届けの連絡先はカード会社別に控えておきましょう。
常にすぐに連絡できるようにスマホや携帯に保存しておくといいでしょう。

また、家計簿アプリではクレジットカードの管理ができるので、支払管理も兼ねて利用するのもおすすめです。

複数のクレジットカードは枚数ではなく利用枠が重要

クレジットカードは枚数が多くなるほど管理が面倒で、盗難や紛失のリスクも高く、年会費無料でなければ年会費もかさみます。

また、カード会社側の立場では、審査でカード枚数よりもカード利用枠を重要視しているので、枚数が少なくても審査を通過しないこともあります。

2015年度のJCBの調査によればクレジットカードの平均保有枚数は3.2枚です。

このことから個人で管理できる枚数、審査を通過する枚数、利用できる枚数の基準は3枚前後であることがわかります。
個人に与えられるカード利用枠は限られているので、その利用枠を上手に活用するほうが枚数を増やすことよりも意味があります。

メインカードを利用していれば利用実績も良好になり、信用力も高まるので増枠が可能になります。

また最もよく利用するカードの利用枠を増やすことで、ポイントも貯まりやすくなります。
メインカードはポイント専用カードとして使うと効率的です。
無理にカードの枚数を増やすのではなく、カードに応じた適切な使い方をして賢いカード利用をしましょう。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション