学生の間に作っておきたいETCカード付きクレジットカード

  • ・「友達との旅行で高速道路を利用するので、ETCカードを作りたい」
  • ・「ETCカードってどうやって作るの? 学生でも作れるの?」
  • ・「すぐにETCカードを発行したい!」
  • ・「そもそもETCが何かよく分からない…」

上記のように考えている人も多いのではないでしょうか。

学生でも、ETCカードは作成できます。

ETCカードにはいくつか種類がありますが、ETCカード付きクレジットカード(クレジットカードにETCカードが付帯されたもの)を利用する事が、最も便利な方法です。

ETCカード付きクレジットカードと言っても、クレジットカードの種類の多さから、選べる内容は多岐にわたります。

それぞれの特徴を理解し、ライフスタイルに合ったクレジットカードを選ぶ事で、様々なメリットを得られるのです。

本記事では主に、学生向けに厳選したETCカード付きクレジットカードや選び方のポイントを中心に、ETCカード付きクレジットカードについて徹底的に解説していきます。

記事を読み終わる頃には、自分にぴったりのETCカード付きクレジットカード選びができる内容となっていますので、是非参考にして下さい。

学生向けETCカード付きクレカ ベスト3

学生でも作れるETCカード付きのクレジットカードはあるの?と考えている人も多いと思います。

まねーぶが厳選した、3枚のETCカード付きクレジットカードを紹介していきます。

ETCカード付きクレジットカードを作りたいけど、種類が多すぎてどれを選べばいいかわからない!という人はぜひ参考にしてください。

三井住友デビュープラス

対応電子マネー

IDWAONPiTaPa
年会費ETC年会費ポイント還元率
無料無料1%~3%
クレジットカード発行日数海外旅行傷害保険マイル還元率
最短2営業日0.6%~1.8%

銀行系の学生専用カードである三井住友デビュープラスは、ブランド力やセキュリティ性が非常に高い1枚です。

業界最高水準の不正検知システムの他、三井住友デビュープラスでは、実店舗でもネットの買い物でも安心できるセキュリティ対策が充実しています。

年会費は、ETCカード・クレジットカード共に2年目以降も実質無料。前年に1回でも利用したカードは、翌年も年会費無料で利用できます。

さらにポイント還元率も1%と高水準で、この還元率は一般カードである三井住友カードの2倍にあたります。

そして、三井住友デビュープラスの最大の特徴が、ゴールドカードへの自動ランクアップ

満26歳以降の最初のクレジットカード更新時に、三井住友カード プライムゴールドに自動でランクアップされるのです。

学生の頃から、将来の銀行系カード×ゴールドカードのステータスが約束されている、絶対に持っておきたい1枚です。

  • クレカもETCカードも、前年度1回の利用で翌年も年会費無料
  • ポイント高還元率の1%は、三井住友カード(一般カード)の2倍!
  • 満26歳以降は、三井住友カード プライムゴールドに自動ランクアップ

JCB CARD W

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費ETC年会費ポイント還元率
無料無料1%~
クレジットカード発行日数海外旅行傷害保険マイル還元率
1週間程度最高2,000万円0.6%

国際ブランドの一つであるJCBが発行するJCB CARD Wは、39歳以下限定のクレジットカードで、年収などの審査条件がなく学生にもオススメです。

年会費はクレジットカード・ETCカード共に永年無料。利用回数や利用金額の制限なく、常に年会費無料でカードを所有できます。

通常でも1%のポイント高還元率ですが、優待店であるスターバックスではポイント還元率が5.5%、セブンイレブンやAmazonでも2%とさらにポイントが貯まります。

また、JCB CARD Wで貯めたポイントは、Oki Dokiポイントと呼ばれ、クレジットカードのポイントの中でも多くの交換用途がある事が特徴です。

マイルはもちろん、東京ディズニーリゾートや、ユニバーサルスタジオの入場券に交換する事もできます。

JCB CARD Wは、学生でも作れる国際ブランドのクレジットカードでありながらポイントも貯まりやすく、ポイント交換先も豊富なお得な1枚です。

  • ポイント付与は常に2倍、JCB自社単独発行のクレカで最も高い付与率
  • スターバックスでポイント還元率5.5%、セブンイレブンで2%
  • 貯めたポイントは、ディズニーリゾートの入場券等にも交換可能

オリコカード・ザ・ポイント

対応電子マネー

IDQUICPay(クイックペイ)
年会費ETC年会費ポイント還元率
無料無料1%~3%
クレジットカード発行日数海外旅行傷害保険マイル還元率
最短8営業日0.5%~0.6%

オリコカード・ザ・ポイントは、ポイント還元率に優れたクレジットカードで、ネットショッピングをよくする人にオススメです。

オリコモールを通しての買い物で、ポイント還元率は通常の1%から最大2%~17.5%までアップします。

オリコモールとは、オリコカードを持っている会員限定のネット通販サイトです。

Amazonや楽天を始め、旅行系、デパート系など600店舗がオリコモールと提携しています。

また、オリコカード・ザ・ポイントでは、スーパーや公共料金、携帯電話の支払い時でもポイント還元率が1%と、生活のあらゆる場所でポイントが貯まります。

これだけハイスペックでありながら、年会費はクレジットカード・ETCカード共に永年無料。

さらに、入会後6ヶ月間はポイント還元率が1%→2%にもなる、お得なクレジットカードです。

  • 入会後6ヶ月間は常にポイント還元率が2%
  • オリコモール経由のショッピングで最大2%~17.5%のポイント高還元率
  • スーパーや公共料金、携帯電話の支払いでもポイント還元率が1%

まねーぶがオススメするETCカード付きクレカ選びのポイント

せっかくクレジットカードを選ぶなら、ETCカード付きという以外にもメリットが多いものを選びたいですよね。

ここでは、ETCカード付きクレジットカード選びの際に抑えておきたいポイントを紹介していきます。

上記のポイントを抑えて、自分にぴったりのカードを選びましょう。

クレジットカード・ETCカードの年会費が共に無料である事

ETCカード付きクレジットカードを作る際は、クレジットカードとETCカード、どちらの年会費も無料のものを選びましょう。

多くのクレジットカードは、ETCカードと別途申し込む事ができますが、クレジットカードの年会費が無料でもETCカードは発行手数料がかかる、またはその逆のケースもあるからです。

学生が申し込みできるETCカードの有料年会費は500円~1,500円程度、クレジットカードでは1,000円~1,500円程度が一般的です。

1年で考えると少額な年会費も、数年間払い続けると大きな金額となります。

年会費を抑えたい人だけでなく、とりあえずETCカードを作っておきたい人や、有料道路の利用頻度が多くない人にも、年会費が無料のETCカード・クレジットカードの選択がオススメです。

なお、クレジットカードについては、年会費が無料であっても注意すべき点があります。

クレジットカードによっては、初年度のみ年会費が無料、2年目以降も無料で利用するためには「年間〇万円以上の利用が必要」といった条件があります。

上記のような利用条件をクリアできるか不安、という人は、エポスカードのような年会費が永年無料のカードを選びましょう。

ポイント高還元率(1%以上)である事

クレジットカードは、ポイント還元率1%以上のカードを選びましょう。

クレジットカードの平均的なポイント還元率は0.5%で、1%を超えると高還元率と言われているからです。

例えば、還元率0.5%と1%のクレジットカードでは、1万円分の利用時に以下のような差が出ます。

  • 還元率0.5%→10,000×0.5%= 50円
  • 還元率 1%→10,000× 1%=100円

利用額がさらに大きくなれば、一度に貯まるポイントの差も大きくなりますので、還元率の高いクレジットカードを選んだ方がお得ですね。

実際にまねーぶが行った調査でも、1000人中362人の学生が、ポイント高還元率である事を理由にクレジットカードを選んでいました。

保有するクレジットカードを選んだ理由

出典:まねーぶ「【クレジットカード利用調査】学生のクレジットカード保有率63.2%、1番人気のカードは?」

「ポイント高還元率のカードを選ぶべきなのは分かったけど、実際どこのカードを選べばいいの?」という人も多いかと思います。

そんな人にはJCB CARD Wがオススメです。

JCB CARD Wでは、入会後6ヶ月間はポイント還元率が2%となります。(通常はポイント還元率1%)

ポイント高還元率のクレジットカードは複数ありますが、こういった入会特典を利用すると、さらにお得に利用できます。

よく利用するお店やサービスの割引や優待が受けられる事

よく利用するお店やサービスがある人は、割引や特典が受けられるクレジットカードを選ぶ事も大きなメリットとなります。

特定のお店やサービスでクレジットカードを利用し、割引や優待を受ける事で、年間数万円単位で得をする事も可能だからです。

各クレジットカード会社は、自社のカードを利用してもらうため、提携会社と協力して特定の店舗やサービスで受けられるさまざまな割引や特典を自社カードに付帯しています。

クレジットカードの利用で受けられる割引や優待には、以下のようなものがあります。

カード名割引や特典
楽天カード楽天市場での支払いでポイント還元率3%
JCB CARD Wスターバックスでポイント還元率5.5%
dカードローソンで3%オフ
ルミネカードルミネでのショッピングで5%オフ
エポスカードビックエコー・シダックスで室料30%オフ

上記の特典だけでも非常にお得ですよね。

同じお店でも、利用するクレジットカードによってポイント還元率は異なります。

自分の利用スタイルに合わせて、最もお得なクレジットカードを選びましょう。

クレカを作らずにETCカードを手に入れる方法

ETCカードは欲しいけど、クレジットカードまで作りたくない・作れないという人もいると思います。

クレジットカードを作らずにETCカードを手に入れたい人は、ETCパーソナルカードに申し込みましょう。

ETCパーソナルカード(パソカ)があれば、クレジットカードを作る事なくETCが利用できます。

ETCパーソナルカードを使うと、利用した分の高速道路の通行料が銀行口座から自動で引き落としされるため、クレジットカードを使わずに支払いができるからです。

ETCパーソナルカードとは、以下の高速道路会社6社が共同発行する、有料道路の支払いのみに使えるカードで、クレジットカードとは異なります。

・NEXCO東日本・NEXCO中日本・NEXCO西日本
・首都高速道路株式会社・阪神高速道路会社
・本州四国連絡高速道路株式会社

ETCパーソナルカードは、クレジットカードのような審査はなく、誰でも申し込みができます。

ただし、ETCパーソナルカードには注意すべき点が2つあります。

ETCパーソナルカードの利用には、事前にデポジット(最低20,000円~)と年会費(1,143円 税抜き)の支払いが必要

ETCパーソナルカードの利用には、以下の費用が発生します。

年会費1,143円(税抜き)
デポジット(保証金)最低20,000円~
有料道路の利用料金利用分は翌月27日に銀行口座から引き落とし

ETCパーソナルカードは、クレジットカードのような審査がなく、カード会社は申込者が利用した分の料金を返済できるのか、事前に信用力を判断する事ができません。

そのため、デポジット(保証金)を預託しておく必要があるのです。

デポジット(保証金)の金額は、有料道路の利用月額によって異なる

ETCパーソナルカードのデポジット額は、カード利用者の有料道路の利用月額によって異なります。

ETCパーソナルカード利用者の有料道路の平均利用月額×4倍がデポジット額となるからです。

ETCパーソナルカードの利用者は、事前にデポジットを支払う事で、預託したデポジット額の80%まで(デポジット額20,000円の場合は70%まで)有料道路を利用する事ができます。

有料道路の利用額が増えた場合は、利用限度額を超える前に追加でデポジット額を預託する必要があります。

なお、デポジットは保証金であるため、実際の利用料金がここから差し引かれる訳ではありません。

利用料金は翌月27日に、指定の銀行口座から引き落としがされますので、こちらも注意しましょう。

また、デポジットはETCパーソナルカードの解約時に返金されます。

すぐにETCカードを使いたい人はセゾンのETCカード付きクレカを選ぼう

最短即日発行が可能なセゾンのETCカード付きクレジットカードは、すぐにETCカードを使いたいという人にオススメです。

通常、ETCカードの発行には2~3週間がかかります。

しかし、セゾンカードの場合、申し込み後に特定のセゾンカウンターでカードを受け取る事で、ETCカード付きクレジットカードが最短で即日発行できるからです。

セゾンの公式サイトには、ETCカード付きクレジットカードの即日発行が可能なセゾンカウンターは、全国25都道府県にあると記載されています。

たとえば東京都内には6箇所、大阪府内には2箇所、ETCカード付きクレジットカードの即日発行対応の可能なセゾンカウンターがあります。

最寄りのセゾンカウンターの情報は、セゾン公式サイトより確認をしてください。

セゾンカウンターでETCカード付きクレジットカードの即日発行を受けるには、事前に以下を確認しておく必要があります。

  • 近くに即日発行対応の可能なセゾンカウンターがあるかを確認する
  • 事前にインターネットで申し込みをしてから、対象のセゾンカウンターに行く
  • 19;30以降の申し込みは、翌日の手続き扱いとなるので注意

上記を1つでも忘れてしまうと、ETCカード付きクレジットカードの即日発行を受けられない可能性がありますので、注意しましょう。

なお、即日発行で作成したETCカード上には、カード保有者の名前が刻印されません。

名前の刻印がなくても、ETCの利用上は問題ありませんが、高速道路会社の一部サービス等を受けられない可能性があります。

一度ETCカードが発行されると次の更新までは名前を刻印してもらえません。

名前の刻印が必要な人は、後日郵送でカードを受け取る等、即日発行以外の選択をしましょう。

学生はクレカ作成前に3つのポイントをチェックすべき

18歳以上であれば学生でもクレジットカードを作成できますが、事前に確認すべき3つの注意点があります。

20歳以下の場合は、親権者の同意が必要

未成年者は、親権者の同意がないとクレジットカードを申し込むことができません。

クレジットカードの作成は契約行為の一つにあたり、未成年者の場合、親権者の同意のない契約は取り消しができると法律(民法5条)で定められているからです。

なお、親権者の同意を得る方法は以下の2通りあり、カード会社によって確認方法が異なります。

同意書の送付三井住友カード・オリコカード等
親権者への電話確認楽天カード・ヤフーカード等

未成年の学生は、クレジットカード申し込み前に、親権者からクレジットカード作成への同意をもらっておきましょう。

事前に親権者から同意をもらっておく事で、カード会社から連絡を受けた後の対応がスムーズになります。

本人もしくは親権者に安定した収入があるかが学生のクレカ審査基準

学生は社会人に比べ安定した収入がないため、親権者の収入を基準として審査が行われます。

親権者の収入を基準にするとはいえ「年収いくら以上」といった制限はなく、収入を細かく確認される事もありません。

学生本人が大学や専門学校に通っている事実が、親権者に安定した収入がある事の裏付けとなるからです。

なお、クレジットカードの申込書を記載する際、申し込み書に自分の年収を記載する欄がありますが、学生で年収がない場合、0円と正直に記載しても審査には影響を与えません。

クレカ作成には、本人確認書類と銀行口座が必要

クレジットカードの申し込み時には以下の書類等が必要になるので事前に用意しておきましょう。

本人確認書類(2点)

クレジットカードを作成する際の本人確認書類は、以下のいずれか2点を用意する必要があります。

  • ・運転免許証または、運転経歴証明書のコピー
  • ・パスポートのコピー
  • ・健康保険証のコピー
  • ・住民票のコピー
  • ・マイナンバー(個人番号)カードのコピー

上記の中で1点しか用意ができない人は、以下からも1点提出する必要があります。

  • ・公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NHK受信料のいずれか)
  • ・社会保険料の領収書等
  • ・国税、地方税の領収書または納税証明書

従来は、免許証等1点で良かった本人確認書類の提出ですが、2020年4月の法改正(犯罪収益移転防止法の改正)により2点が必要となりました。

クレジットカード会社は、犯罪収益移転防止法の適用範囲とされ、クレジットカード作成前の申込者に対する本人確認の強化を求められるようになったからです。

犯罪収益移転防止法についての詳細は、こちらを参照してください。

本人名義の銀行口座

クレジットカードの作成には、必ず本人名義の銀行口座が必要となります。

クレジットカードの利用料金の支払いは、銀行口座からの引き落としのみ対応しているからです。

クレジットカード利用分の料金は後日、指定した銀行口座から、自動で引き落としがされます。

銀行口座を持っていない人は、クレジットカードを申し込む前に口座を開設しておきましょう。

親権者の同意書(未成年者の場合)

20歳以下の場合は、親権者の同意が必要で解説したように、未成年者がクレジットカードを作成する場合は、親権者の同意書が必要となります。

電話番号

クレジットカード申し込み時には、携帯電話の番号もしくは、自宅の固定電話の番号が必要です。

メールアドレス

クレジットカードの申し込みには、メールアドレスも必要となります。

メールアドレスは、フリーアドレスではなく、Eメールアドレスを用意しておくとよいでしょう。

フリーアドレスでは、クレジットカードの申し込みを受け付けていないクレジットカード会社が多いからです。

ただし、楽天カード等、一部フリーアドレスでも申し込みができるクレジットカードもあります。

メリットや種類などETCカードについて知っておきたい事

これまでETCカード付きクレジットカードについて解説してきましたが、利用する事で多くのメリットがあるETCについて、最後に詳しく説明していきます。

ETCとは、普及率90%を越える有料道路の自動料金支払いシステム

ETCとは、有料道路を通過する際、キャッシュレスかつノンストップで通行料金を支払う事のできるシステムで、普及率は現在90%以上となっています。

ETCでは、有料道路の料金所ゲートに設置してあるアンテナと車両に搭載したETC車載器の間で無線通信を行い、自動的に通行料金の支払いを行います。

料金所で一時停止して支払いを行う必要のない事が、高い普及率を誇る理由の一つです。

ETCのサービスを利用するには、ETCカードと車に搭載する車載器が必要です。

ETC利用時には、ETC車載器を付けた状態で有料道路のETCレーンまたは、ETC/一般レーンを通過します。

ETC車載器と料金所ゲートのアンテナ間で、どこからどこまでの区間を利用したかという料金状況のやり取りがあり、問題がなければ、ETCレーンの先のバーが開き、通行が可能となります。

自分の車にETCの車載器を取り付けたい場合は、オートバックス等のドライバーズスタンドで車載器を購入し、取り付けてもらう事をオススメします。

通販や家電量販店でも車載器は購入できますが、配線やセットアップの作業を自分で行う必要があります。

そのため、車にあまり詳しくない、取り付け作業が面倒という人は、ドライバーズスタンドでETC車載器を取り付けてもらうとよいでしょう。

ドライバーズスタンドでの取り付け作業にかかる費用は、1万円程度です。

なお、ETCをレンタカーで利用する際は、「ETC車載器付き」と明記のある車を選んでください。

ETCカードで高速料金の割引が受けられる

ETC最大のメリットは、高速料金の割引が受けられる事にあります。

ETCを利用すれば、以下のような割引が受けられます。

平日朝夕割引(地方部の高速道路が対象)平日6時~9時、17時~20時の利用で最大30%~50%還元
休日割引(地方部の高速道路が対象)土日祝日の利用で30%割引
深夜割引毎日0時~4時の利用で30%割引

ETCカードには3種類ある

ETCカードには、以下の3種類があります。

ETC専用カード

ETC専用カードとは、クレジットカードとETCカードが1枚ずつ分離しているカードです。

ETC専用カードのメリットとデメリットは、以下の通りです。

メリットクレジットカードとETCカードが分離しているため、ETCカードを車内に置き忘れた際や盗難時のリスクが低い
デメリットクレジットカードとETCカードの2枚を管理する必要がある

一体型ETCカード

一体型ETCカードとは、クレジットカードとETCカードが1枚に統合されているカードです。

一体型ETCカードのメリットとデメリットは、以下の通りです。

メリットクレジットカードとETCカードが1枚となっているため、カードの管理がしやすい
デメリット車内に置き忘れた際や盗難時は、クレジットカードを不正利用されるリスクがある

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードとは、有料道路会社6社が共同発行するETCカードです。

メリットやデメリットを含めた詳細は、クレカを作らずにETCカードを手に入れる方法にて解説していますので、参考にしてください。

まとめ

  • 学生でも、ETCカード付きクレジットカードは作成できる
    ・18歳以上(高校生を除く)の学生が対象
    ・未成年の学生の場合は、申し込みに親権者の同意が必要
  • クレジットカードは、年会費無料・ポイント高還元率・よく利用するお店の割引やサービスが受けられるものを選ぶ
  • ETCカードを即日発行したい場合は、セゾンのETCカード付きクレジットカードを申し込む
    ・即日発行は、対象のセゾンカウンターでの発行に限られているので注意
  • ETCパーソナルカードは、クレジットカードがなくても発行できるETCカード
    ・但し、デポジット(保証金)と年会費の支払いが必要

学生向けのETCカード付きクレジットカードには、一般カードよりも高いポイント還元率や、将来のゴールドカードの保証等、大きなメリットを得られるものがあります。

ETCカードを選ぶ時は、付帯するクレジットカードの内容も考慮して選ぶようにしましょう。

また、即日発行ができたり、クレジットカードがなくても発行ができるETCカードは、一見するとメリットばかりのようですが、デメリットも理解しておく必要があります。

ぜひ自分にあったETCカード付きクレジットカードを見つけて、上手に活用してくださいね。


関連記事

記事一覧

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードの作り方