お金の参考書 クレジットカード

キャッシング枠0円でクレジットカード審査するメリット・デメリット

クレジットカードの審査に通りやすくするには、様々な方法がありますが、キャッシング枠を0円にするのも効果的です。

キャッシング枠で頻繁に借入をする人は、カード会社側に返済能力への疑いを持たれますし、総量規制という法律上、キャッシング枠を希望しても希望通りにはならないからです。

キャッシング枠を0円に、あるいは減枠すれば、その分ショッピング枠を増枠でき、住宅ローンや自動車ローン、カードローンの審査も通過しやすくなるメリットもあります。
すでに持っているクレジットカードも、キャッシング枠の増額・減額は可能です。

ただし、信用力が認められなければ、キャッシング枠を希望しても枠がもらえない可能性も否定できません。

今回は、そんなクレジットカードとキャッシング枠、枠が審査に及ぼす影響などについて紹介します。

キャッシング枠は設定しない方が審査に通りやすいのか

主なクレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠

まず、主なクレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠を比較してみましょう。

カード名 ショッピング枠 キャッシング枠
楽天カード 10~100万円 ~50万円
ライフカード 10~200万円 ~200万円
イオンカード 10~100万円 ~50万円
三井住友VISAクラシックカード 10~80万円 ~50万円
アメリカン・エキスプレス・カード 一律の限度額なし 設定なし
楽天ゴールドカード ~200万円 ~50万円

一般カードとゴールドカードは、ショッピング枠では違いがあるものの、キャッシング枠ではカード種類で大差がありません。
クレジットカードには「総利用枠」があり、総利用枠をショッピング枠とキャッシング枠で分け合っている形をとっています。
ショッピング枠は総利用枠と同額、キャッシング枠はそれよりも少ない与信枠設定がされています。

主なカードローンの限度額

次に、消費者金融や銀行カードローンの限度額を見てみましょう。

カード名 限度額
楽天銀行カードローン 10~800万円
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」 10~500万円
新生銀行カードローン「レイク」 1~500万円
アコム 1~800万円
プロミス ~500万円
アイフル ~500万円

クレジットカードのキャッシング枠と比べると、カードローン枠はかなり金額が大きいですね。
しかも、融資の際に発生する金利手数料も、現金カードローンの方が全般的に低金利です。

キャッシング枠を希望すると返済能力を疑われる

クレジット会社にとっての優良顧客は、「利用頻度が多く延滞なく返済をしてくれる人」です。

頻繁に利用していても滞納が多いカード利用者は信用性に欠けますし、返済はきちんとするがほとんど利用がない人は、カード会社側の人件費やメンテナンス費用の無駄となってしまいます。

クレジットカード利用でもショッピング利用であれば、支払いまで購入した商品を担保として設定できますので、カード会社側の督促に有利となりますが、キャッシング枠による融資は無担保ですので、貸し倒れのリスクが高いです。

リスクのあるキャッシング枠を乱用する可能性がありそうな人は、返済能力に対する疑いの目を向けられるでしょう。

必要かどうか分からないキャッシング枠を希望して疑いの目を向けられるくらいなら、0円にしておいた方が無難です。

総量規制の関係で付けられない場合も

また、「総量規制」の関係からキャッシング枠を希望しても付けてくれない場合もあります。

総量規制とは貸金業法という法律で定められているルールで、「年収の3分の1以上の借入ができない」というものです。
総量規制の対象商品、対象外商品は以下のようになっています。

総量規制の対象

・消費者金融のキャッシング
・信販会社のキャッシング
・クレジットカードのキャッシング

総量規制の対象外

・銀行カードローン
・金融機関の目的別ローン・フリーローン
・おまとめローン
・法人・自営業者向けローン

※「クレジットカードのショッピング」や「クレジットローン」などは、「割賦販売法」の管轄。

年収がない学生などは、キャッシング枠を希望しても法律上枠を与えてもらえません。

キャッシング枠を設定しない場合のメリットは?

クレジットカードのキャッシング枠を設定しないことによって、以下のようなメリットがあります。

ショッピング枠の増額が期待できる

前述しましたが、クレジットカードの枠には「総利用枠」があり、それをショッピング枠とキャッシング枠で分け合っています。
あるカードの総利用枠が50万円あり、キャッシング枠を20万円に設定すると、ショッピング枠は30万円しか残っていません。
しかし、キャッシング枠を0円にすれば、ショッピング枠を50万円まで増枠できる可能性があります。

もちろん、あくまでも可能性の話で、個人信用情報機関会社から取り寄せた信用取引に関する登録情報がよくなければ、キャッシング枠を0にしてもショッピング枠を増やしてもらえないかもしれません。
これは、カード会社の審査次第です。

他の借入審査を有利に進められる

総量規制の枠を空けられる

クレジットカードのキャッシング枠と密接に関係している金融商品が、
「消費者金融」「信販会社」のキャッシングです。

これらの商品は総量規制の対象となっており、総量規制の枠を共有しています。

クレジットカードのキャッシング枠を0円にすれば、その分消費者金融の利用可能額を増やせる可能性が出てくるのです。

住宅ローンや自動車ローンの審査にも有利

総量規制の対象ではないローンの審査においても、キャッシング枠を0円にすることは有利に働きます。

信用情報を見ればクレジットカードのキャッシング枠は一目瞭然で、キャッシング枠があると返済能力に疑問を持たれてしまいます。

キャッシング枠を希望しなければ、ローン審査を有利に進められるのです。

新規発行時の審査が早くなる

・延滞したことがある
・キャッシング枠付きのクレカをすでに持っている
・年収が低い
・借金の経験がある

以上のような状況でキャッシング付きのクレジットカード新規発行を申込みすると、カード申し込みから審査まで時間がかかってしまいます。

普通なら行わない、勤務先への在籍確認の電話もする可能性があります。
審査を迅速かつスムーズに終わらせるためには、キャッシング枠を0にするのがベターです。

不正利用の被害を未然に防げる

盗まれたクレジットカードで商品を購入される不正利用に対しては、ほとんどのカード会社で盗難補償を設けており、被害金額を補償してくれます。
ただし、キャッシングの不正利用に関しては補償の対象外なケースが多いため、キャッシング枠を設定しない方がセキュリティ上も有効です。

キャッシング枠を設定しない場合のデメリットは?

一見いいことづくめの「キャッシング枠0円」ですが、デメリットもなくはありません。

キャッシングしたいときに利用できない

クレジットカードのキャッシングは便利で、銀行ATMやコンビニATMでもお金を借りられます。

日本国内であれば、カードローンも同様の利便性を誇っており、しかも貸付条件が良いのでカードローンを利用した方がお得でしょう。

しかし、海外では日本のカードローンは使えないため、現地ATMで現地通貨を用立てるのにはクレジットカードのキャッシングが重宝します。

海外旅行に行く人などは、万が一に備えてキャッシング枠をつけるのもありです。

再度キャッシング枠を希望すると再審査となる

最初からキャッシング枠0円、あるいはカード発行後にキャッシング枠0円にしたはいいものの、やはり不便を感じてキャッシング枠を復活させようとしても、それは「復活」ではありません。
カード発行会社からすれば「増額申請」であり、審査を要します。
新規発行時よりも給料が下がっていたら、新規発行時はつけられたキャッシング枠も、審査の結果認められない可能性もあります。

キャッシング枠は増額も減額も可能

一度設定されたショッピング枠やキャッシング枠は、増額申請・減額申請をすることができます。

キャッシング枠の増枠・減枠申請方法

まずは、増枠申請の方法を主なカード会社で比較してみましょう。

カード会社 電話 インターネット
楽天カード
三井住友VISAカード ×
JCBカード ×
イオンカード ×
セゾンカード ×

ほとんどのカード会社では、電話(通話料有料の電話番号もある)による利用限度額変更の申請受付を行なっています。
電話でもインターネットでも、本人確認を行なっています。
減額に関しては特に審査も行なわれず手続きはスムーズですが、増額に関しては再度審査が行われます。

利用目的に合わせて申請を

減枠をするのは簡単ですが、増枠をするのは簡単ではありません。
安易な気持ちでキャッシング枠を0円にして、その後にやっぱり必要になったから「復活」してほしいとお願いしても、カード会社はあくまでも「増額申請」の扱いとなり、審査を行ないます。

どうしてもキャッシング枠が必要そうな方(不意の出費が多い方、海外によく行く方など)は、キャッシング枠は残しておいた方がいいでしょう。

それ以外の方でキャッシングを利用する予定がないのであれば、0円にした方がいいです。

キャッシング枠は申し込みをしても、0円になる場合もある

学生・専業主婦はキャッシング枠0の可能性が高い

カードの新規発行の際、キャッシング枠を申し込んでも必ずしもつけてくれるとは限りません。

特に、収入がない人の新規申込に関しては、キャッシング枠をつけるのが難しく、アルバイトをしていない学生、仕事をしていない専業主婦などは、仮にキャッシング枠を申し込んでも付けてくれる可能性は低いでしょう。

増額申請で逆に減らされる、何もしていないのに減らされる可能性も

増額申請で逆に減らされる

すでに持っているカードのキャッシング枠の増額申請をして、逆に減枠されてしまう可能性もあります。

それは、信頼性に欠ける申込者です。
キャッシング枠の増額申請をすると、審査が行われます。
現在持っているカードの利用状況などを、カード会社が管理する基本情報などからスコアリングし、増枠してもOKかを判断します。

それに加えて、自社以外のローン商品の利用内容も分かる信用情報も閲覧した結果、信頼に欠けると判断されれば、逆に減額されてしまいます。

カード更新のタイミングで減額される

クレジットカードは、3~5年周期で更新のタイミングを迎えます。
何も問題がなければそのまま更新、優良顧客であれば利用可能枠を増枠して更新してくれる場合もあります。

しかし、利用状況が芳しくない人(利用がない、ブラックなど事故情報がある)は、ショッピング枠やキャッシング枠を減額されたうえで更新される可能性もあります。

それはまだよい方で、場合によっては更新拒否されることもあるのです。

まとめ

キャッシング枠はあると便利ですが、他のローン商品に良い影響は与えないため、必要がなければキャッシング枠をつけないのがいいでしょう。
しかし、一度ゼロにしたキャッシング枠を復活させるためには、再度審査が必要となり面倒ですので、キャッシングを使いそうな人はそのまま残しておくといいでしょう。
カードの利用目的に応じて、キャッシング枠をつけるかつけないか、キャッシング枠を増やすか減らすかがポイントです。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

未分類

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション