ゴールドカードの審査に通るためにすべきこととは?

ゴールドカード  

「いつかはゴールドカードを持ってみたい」と考える人、結構いるのではないでしょうか。

でも、ゴールドカードは一般のクレジットカードよりもサービスが充実している分、審査が厳しいと言われています。
そこでここでは、ゴールドカードの審査基準と審査に通るためのコツを紹介します。

実は、以前よりもゴールドカードの審査基準は下がってきており、リボ払いを多用しない、系列のクレジットカードを使うなど、ちょっとしたコツさえ守れば、ゴールドカードへの道は一気に開けてくるのです。

憧れのゴールドカードに近づくためには、準備を早くするに越したことはありませんよ。

プラチナカードやブラックカードの登場で、ゴールドカードの審査基準は下がっている

かつては憧れの最上級ステータスカードだったゴールドカードですが、実は今では「ちょっとランクが上のクレジットカード」程度です。

ステータス低下の理由として大きいのが、プラチナカードやブラックカードの登場です。
三井住友VISAプラチナカードや、アメリカンエキスプレスの「センチュリオンカード」(ブラックカード)の登場により、ゴールドカードのステータスは低下し、「比較的持ちやすいカード」となりました。

ステータスの低下に伴って、ゴールドカードの審査基準も下がっているのです。

ゴールドカードの審査基準

では、ゴールドカードの審査基準はどんなものなのでしょうか。

審査にかかる時間ですが、ゴールドカードだからと言って特別遅いわけではありません。

インターネットから申し込めば1日~1週間程度、郵送で申し込んだ場合には数週間はかかります。

年収、勤続年数、利用履歴、年齢、職業、居住年数、家族構成、クレジットヒストリー(個人信用情報機関の情報)などが、ゴールドカードの審査基準として挙げられます。

後ほどカードごとの詳細をまとめていますが、まず以下でざっくりとしたゴールドカード審査基準の概要を示します。

・年収…20代で300万円以上、30代で450万円以上が目安
・勤続年数…最低でも半年、できれば1年以上
・利用履歴…直近3ヶ月の利用実績がある
・年齢…できれば20代後半から
・職業…公務員や正社員がベスト、アルバイトでも可能なゴールドも
・家族構成…20代の独身男性は有利(自由にお金を使えるため)
・クレジットヒストリー…延滞や債務整理がないこと

以上が、ゴールドカードに求められる点です。

入会基準など代表的なゴールドカードのスペックを以下の表にまとめましたので、ご覧ください。

  ダイナース

クラブカード

三井住友VISAゴールドカード 三井住友プライムゴールドカード MUFGカードゴールド
年齢 27歳以上 30歳以上 20~30歳 18歳以上
年会費(税別) 22,000円 1万円 5,000円 1,905円
利用可能枠 一律の設定なし 50~200万円 50~200万円 10~200万円
海外旅行傷害保険 最高1億円 最高5,000万円 最高5,000万円 最高2,000万円
ETCカード 無料 無料 無料 無料
家族カード 5,000円 2人目から1,000円 2人目から1,000円 2人目から400円

ダイナースクラブカードの審査基準

クレジットカードの国際ブランドを提供するカード会社が発行している「プロパーカード」、その中で最も高いステータスを誇るのが「ダイナースクラブカード」です。
シルバー色ですが、ゴールドカードへ分類されうるステータスの高さです。

当然ながら、全ゴールドカードの中でも最難関の審査基準と言えるでしょう。

平均年収は500万円以上あるのが望ましく、直近3か月の実績もあるに越したことはありません。

過去1年間延滞もしていないのがベストですが、仮に延滞をしていても年収500万円を超えていれば比較的審査に通る結果となっているようです。

三井住友VISAゴールドカードの審査基準

三井住友VISAゴールドカードという銀行系ゴールドカードも、ダイナースと同様に年収は500万円程度あった方がいいでしょう。

現在持っているクレジットカードの限度額を見てみて、三井住友VISAゴールドカードの利用可能枠の下限である50万円を超えているようでしたら、十分にチャンスはあるといえます。

三井住友VISAプライムゴールドカードの審査基準

同じ三井住友カードのゴールドカードでも、ヤングゴールドカードの位置づけである「三井住友VISAプライムゴールドカード」の審査基準は三井住友VISAゴールドカードよりもかなり低いといえます。

まず年齢が20代であれば申し込める(20代しか申し込めない)ので、20代の方はこちらを選ぶべきです。

気になる年収の目安も200万円程度と、新社会人や頑張ってアルバイトや派遣社員をしている方でも、十分に通過できるハードルです。

MUFGカードゴールドの審査基準

最後に、格安ゴールドカードの「MUFGゴールドカード」ですが、三井住友VISAプライムゴールドカードよりもさらにハードルは低いといえます。

18歳以上から申し込めるゴールドカードは極めて珍しく、気になる目安年収も、200万円以下の方が申し込みをしても審査に通ったという話もありますので、試してみる価値はあるでしょう。

18歳の方はクレジットヒストリーもまずないので、審査基準としてのクレジットヒストリーはさほど重視されていないでしょう。

ゴールドカードの審査に通るコツ

では、ゴールドカードの審査に通るには、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

リボ払いや分割払いを使いすぎない

リボ払いや分割払いは手数料収入が入るため、カード発行会社にとってはありがたいカード利用方法ですが、ステータスカードを持つにあたっては有利に働きません。

リボ払いや分割払いは、一括払いするだけの余裕がない人が利用する支払い方法とのイメージがあり、信用力を得られないからです。

今持っているカードがリボ払い専用カードならば仕方ありませんが、支払方法を選べるのであれば、リボ払いや分割払いを多用しないのが賢明です。

クレジットカードの利用実績をとにかく作る

カード会社がゴールドカードなどのステータスカードを持たせるかどうか悩んだとき、カード利用者がカード会社に利益をもたらす存在かどうかを重視します。

いくら年収が多くても、自社のカードを全く使わずにもっぱら現金払いであれば、利益をもたらす存在ではありません。

少額決済でもいいので、とにかくクレジットカード決済をすれば、この人はカード払いしてくれて利益をもたらす存在と判断されます。

若いうちに申し込む

ゴールドカードの申込は、20歳以上としているカード会社が多いです。

ただし、できるだけ若いうちに上位カードを申し込んでおいた方が、難易度は低くなります。

若いうちはさほど利用実績がなくても審査に通ることができますが、ある程度の年齢になって利用実績がほとんどないような人は、「事故情報などカードを作れない事情があるのか」と勘繰られてしまい、審査に落とされる可能性があるからです。

また、審査基準の概要でも示したように、20代では300万円以上なのに対して、30代では450万円以上が目安と、年齢が高くなるにつれ年収のハードルも高くなります。

利用限度額の増額申請をする

一般カードの利用枠は、あまり多く設定されていないことも多く、特にカード作り立てのうちは、限度額が10万円程度と少ないです。

そんなとき、与信枠を増やしてくれるようカード会社にお願いをすることができます。
増額には審査がありますが、利用実績が豊富であれば増額してくれるでしょう。

そして利用実績が多ければ、ゴールドカードへの道も開けてくるのです。

同系列のカードからランクアップする

一般カードやヤングカードから、同系列のゴールドカードやヤングゴールドカードへのステータスアップを利用すれば、いきなりゴールドカードに申し込むよりもはるかに審査に通りやすいです。

以下に、代表的なステータスアップの例を紹介しましょう。

ランクアップ前 ランクアップ後
楽天カード 楽天プレミアムカード
三井住友VISAデビュープラスカード 三井住友VISAプライムゴールドカード
三井住友VISAプライムゴールドカード 三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAクラシックカード 三井住友VISAゴールドカード
JCB一般カード JCBゴールドカード

特に三井住友VISAカードは、年齢とともに自動的に上級カードにランクアップするシステムのため、審査もスムーズでおすすめカードです。

キャンペーンを利用してカード申込する

ゴールドカードの中にも、入会キャンペーンや切り替えキャンペーンを行なっているカードがあります。

例えばアメリカンエキスプレスゴールドカードの入会キャンペーンでは、2017年4月30日までに申し込んだ方限定で、最高2万ポイントがゲットできる特典があります。

もちろん、審査基準もキャンペーン中は緩和されていますので、キャンペーンを狙って申し込むのもいいでしょう。

紹介プログラムを利用する

すでにゴールドカードを持っている人から紹介をしてもらうと、自力で申し込むよりも幾分審査基準が引き下げられることがあります。

アメリカンエキスプレスでは紹介プログラムを実施しており、「アメリカンエキスプレスゴールドカード」を紹介してもらうこともできます。

しかも、申込者は初年度年会費無料、入会後3か月以内に20万円以上カードを利用すると2万ポイントがもらえるのです。

使い方やキャンペーンなどを上手に利用して、憧れのゴールドカードを!

憧れのゴールドカードも、今では十分に手の届くカードになりました。
カードの使い方やあらかじめ持っておくべきカード、キャンペーンなどを上手に利用すれば、比較的スムーズにゴールドカードをゲットできますよ。