お金の参考書 クレジットカード

プラチナカードの審査基準とは?ステイタスカードを手に入れる方法

どうせなら、何事もてっぺんを目指したいですよね!
クレジットカードも同じで、一般カードで終わらずにその上にある上位カードを目指したいものです。

一般カードの上には数多くの上級カードが控えていますが、今回はその中でもプラチナカードにフォーカスを当てていきます。
プラチナカードの概要やプラチナカードの入手方法、そしておすすめプラチナカードも紹介します。

プラチナカードはゴールドカードよりもさらに特典が充実しており、最近では招待制が増えていますが、インビテーションなしで発行可能なクレジットカードもまだあります。

これを読んで、プラチナカードに関する疑問をすっきり解決させてください。

一般カードの上にはゴールド<プラチナ<ブラックとある

クレジットカードにはステータスがあります。

多くの人が入手可能なのが「一般カード」で、その上にあるのはカードフェイスが金色に光り輝く「ゴールドカード」、さらにその上が「プラチナカード」、そして最上位に君臨するクレジットカードが「ブラックカード」です。

ブラックカードは謎だらけ

やはり、最上級カードであるブラックカードがまず気になるところですよね。

日本で発行されているブラックカードは非常に数が少なく、
・「センチュリオンカード」(アメックス)
・「プレミアムカード」(ダイナースクラブ)
・「VISA Infiniteカード」(スルガ銀行)
・「SBIワールドマスターカード」(SBIカード)
くらいしかありません。

その入会条件や審査基準に関しては謎に包まれており、アメリカンエキスプレスのセンチュリオンカードは「誰かが退会しないと入手できない」「年間で1,500万円以上使わないと招待状が届かない」など謎だらけですが、招待状が届かないと申し込めないのは間違いありません。

センチュリオンカードの年会費は30万円以上かかりますが、カードの利用限度額はありません。
その他にも、航空会社の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティパスを無料発行、最高500万円のショッピング保険、有名ホテルの上級会員資格ゲットなど、圧倒的な優待や特典、サービスや信用力が自慢です。

プラチナカードもなかなかのステータス

ブラックカードと比べるとステータスの面では落ちますが、プラチナカードも一般カードホルダーには相当なステータスです。

ここでは、代表的なプラチナカードとして「三井住友VISAプラチナカード」を紹介します。

公式ホームページには、「原則として満30歳以上で本人に安定継続収入のある方」となっています。
カードの利用限度額は300万円からとなっており、そこから逆算すると審査を通りやすくするには年収は700万円以上あるのが望ましいでしょう。
年会費は税別5万円ですが、家族カード発行は何枚でも年会費無料です。

三井住友VISAプラチナカードにも充実したサービスが目白押しです。
国内の主要空港ラウンジを利用可能なほか、ショッピング保険500万円や海外旅行傷害保険最高1億円、国内旅行保険最高1億円など、付帯保険もかなり充実しています。
しかも、補償額は多少減額されるものの、家族特約も付帯しております。

半年間のカード利用額に応じて、三井住友カードVJAギフトカードがプレゼントされる、「カード利用プレゼント」もあります。

プラチナカードを手に入れるには?

インビテーションゲットにはゴールドカードを使うこと

では、プラチナカードを入手するにはどうすればいいのでしょうか?

前述の三井住友VISAプラチナカードは、インビテーションなしで申込をすることもできますが、より確実にゲットしたいならやはりインビテーションを待った方がいいでしょう。

インビテーション経由で申し込むと、初年度の年会費が半額になるというメリットもあります。

インビテーションをゲットするためには、該当するカード発行会社の下位カードを利用しなければなりません。

三井住友VISAプラチナカードのインビテーションがほしいのであれば、三井住友VISAカードでワンランク下の三井住友VISAゴールドカードを使いましょう。

ゴールドカードを増枠して信用を得る

しかし、ゴールドカードを使い倒せばいいというわけでもありません。
ゴールドカードを半年ほど使って、ショッピング枠の増枠申請を行ないます。

あまり頻繁に増枠をすると貸し倒れリスクがあると判断されますので、半年~1年ごとに増枠を繰り返します。
三井住友ゴールドカードの場合は300万円が与信枠の上限ですので、そこまで引き上げましょう。
上限まで利用限度額が引き上げられれば、カード会社からの信頼も相当に得られていますので、プラチナカードへのインビテーションも近いでしょうし、インビテーションなしで申し込んでも審査通過する可能性が高いでしょう。

インビテーションなしでも発行できる!おすすめプラチナカード

「来るかどうかわからないインビテーションを待っていられない」という方におすすめのプラチナカードを、ここでは紹介します。

コスパの高い「MUFGプラチナアメリカンエキスプレスカード」

年会費 税別2万円
ポイント還元率 0.5%
旅行傷害保険 国内・海外とも最高5000万円
ショッピング保険 最高300万円
渡航便遅延保険 最高2万円
犯罪被害傷害保険 最高1000万円
入会条件 原則として20才以上で、ご本人に安定した収入のある方。(学生を除く)

MUFGカードのプラチナカードには、付帯カードとして「ETCカード」「家族カード」「銀聯カード」があります。

海外旅行に行く方には特に心強いプラチナカードで、航空会社の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスを、本人会員と家族会員の2枚分無料発行してくれます。
通常は年会費だけで4万円程度かかるパスですので、この利用価値は大きいです。

また、手荷物を往復で無料宅配してくれるサービスもあり、防寒具などを空港で無料預かりしてくれます。

海外旅行関係の保険も充実しており、旅行傷害保険は最高1億円、MUFGプラチナアメリカンエキスプレスカードならではの犯罪被害傷害保険も、死亡・後遺障害の場合は最高1000万円、入院の際も日額7,500円が支払われます。

プラチナカード入手の際には、あらかじめ格安ゴールドカードとして有名なMUFGゴールドカード会員となって利用実績を積み上げておくといいでしょう。

海外旅行保険が充実している「SBIプラチナカード」

年会費 税別2万円
ポイント還元率 0.6%~0.8%
旅行傷害保険 国内・海外とも最高1億円
ショッピング保険 最高50万円
入会条件 20歳以上で、収入のある方(学生を除く)

SBIプラチナカードは、海外旅行保険が充実しています。

死亡・後遺障害で最高1億円、海外旅行で利用頻度が高い傷害治療・疾病治療もそれぞれ1,000万円、700万円と、高額な海外の医療費も十分にカバーできます。

カードホルダーでない家族も、多少減額にはなりますがSBIプラチナカードの充実した海外旅行傷害保険のメリットを受けられます。

また、空港ラウンジサービス「ラウンジキー」を標準装備しており、世界500か所以上の空港ラウンジを、カード提示だけで年6回まで無料で利用できます。

さらに、カード引き落とし日以外でも支払い可能、手数料なしでドル決済、最大5つの銀行口座を登録可能など、SBIならではの銀行サービスもおすすめポイントです。

確実に取得するならゴールドカードから!

プラチナカードは保険や優待、各種特典などの付帯サービス、レストラン優待サービスも充実しており、ステータスのみならず使い勝手もよいカードです。
インビテーションなしでも申し込み可能なプラチナカードもありますが、同じカード会社のゴールドカードで確実に利用実績を積み上げるのが、プラチナカードへの近道です。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

未分類

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション