お金の参考書 クレジットカード

クレジットカードの審査に落ちた場合にとるべき対策とは?

クレジットカードの審査に落ちてしまった場合、すぐに焦って次のクレジットカードに申し込んでしまおうとするかもしれません。

しかし、それは大きな間違いです。

審査落ち直後に、別のクレジットカードへの再申し込みすると、また審査落ちしていまいます。カード審査不合格のメールが来た場合、まずは落ち着いてください。

冷静になってから、審査落ちの原因を考える必要があります。次のカード申し込みで、審査落ちしないための方法をここでは解説していきます。

 審査落ちてからすぐにやったらいけない再申し込み

クレジットカードの審査落ちした直後に一番やっていけないのは、クレジットカードの再申し込みです

というのも、クレジットカードの審査落ちした結果は全てのカード会社が閲覧できるようになっているからです。

クレジットカードの申し込み履歴は、申し込んでから6カ月間個人信用情報機関に記録されます。個人信用情報機関にある個人信用情報は、他のカード会社にも共有され、過去6カ月に申込者が、どのクレジットカードを申し込み、どのカードが発行されたか、その信用情報機関に加盟している全てのカード会社が閲覧できるようになっています(下記図A)。

申し込んでカード審査に通過した場合は、個人信用情報に成約情報が記載されます。この制約情報が無い場合、そのカードは発行されなかったということを意味し、審査落ちしたことが他のカード会社にもばれてしまいます。

審査落ちの履歴がある申込者に対し、カード会社は「審査落ちした=返済能力のない人」と判断し、新規に申し込んだクレジットカードもまた審査落ちが確定してしまいます。

カード審査の際、審査落ちの実態が信用情報で明らかになった時点で、機械審査で落とされるケースも少なくありません。三井住友VISAなどの銀行系カードは、半年以内に同じクレジットカードに連続で申し込むと、機械審査で自動的に落とされてしまいます。

さらに、異なるクレジットカードでも、短期間で複数のカードを申し込みすると、カード会社に「金策に困っている」という印象を与え、審査通過が困難になります。

最後にクレジットカードを申し込んだのがいつだったか思い出せない場合、直接個人信用情報機関に自分の信用情報を開示してもらえるよう請求できます。手数料1000円(税別)程度で、ネットや郵送、店頭で簡単に行うことができます。

【図A 個人信用情報機関で開示請求した時に表示されるカードやローン申込情報】

再申し込みまで最低6カ月は待とう

上の図Aのクレジット申込情報は、過去6カ月までの記録となります。逆を返せば、クレジットカードを申し込んでから6カ月過ぎればその申込情報は消去されるということになります。次のカード申し込みに挑戦するには、6カ月待った方がよいということです。

審査落ちした場合、すぐに次のカードを申し込みたい気持ちも理解できますが、まずは半年待つことが重要です。

しかし、ただ何もせずに6カ月間待ち続けるのも何となく歯がゆいですよね。そこで、次の章では、再申し込みまでの間に、審査落ちしないためにできる対策について解説していきます。

 

審査落ちした場合の対策3ステップ

ここでは、審査落ちした場合、再申し込みまでにやらなければいけないことを3ステップに分けて解説します。

最初に、審査落ちの原因を探る必要がありますが、カード会社に審査落ちの原因を問い合わせたところで、教えてくれるはずもありません。

しかし、カード審査の判断材料となった個人信用情報は、前述した通り、本人のものであれば開示が可能ですので、そこから審査落ちの原因を探れます。

最初のステップとして、審査落ちの原因について考えてみましょう。

ステップ1  審査落ちの原因を考える

クレジットカードの審査落ちの原因には以下のようなことが考えられます。該当するものがなかったか、チェックしてみましょう。

☑過去に金融事故情報がなかったか?

過去に金融事故を起こしていると審査に通る可能性は非常に低くなります。まずはCICに信用情報開示請求をし、金融事故を起こしていないか確認することが重要です。

図BはCICの信用情報開示報告書の見本です。金融事故情報、いわゆるブラック情報がないかどうか、こちらで確認できます。

ブラック情報の有無は、カコミ2の「26.返済状況」を見ればすぐにわかります。ここに「異動」の文字があれば、支払い遅延など何らかの金融事故を起こしたことになります。支払い遅延は、未払い日から61日以上で「異動」扱いとなり、カード審査においてマイナス要因となります。

さらに61日以上の延滞情報だけでなく、カコミ1の「入金状況」を見れば、過去2年間の支払い履歴も閲覧できます。支払い済の場合「$」、未払いの場合「A」と表示され、この「A」があった場合も、小規模とはいえカード審査のマイナス要因となります。

最近は、自分でも忘れているような携帯端末の分割払いの滞納で「異動扱い」となり、知らず知らずにブラック情報が記録されている場合もありますので、自分の信用情報をぜひチェックしてみてください。

【図B CICの信用情報開示報告書の見本】

☑属性が不足していなかったか?

クレジットカード審査では、申し込み者の属性が機械でスコアリングされます。収入が低すぎたり、勤続年数が1年以下と短かったりした場合、総合したスコアが低くて審査に落とされている可能性があります。

ゴールドカードなどグレードが高いカードを狙っていた場合は、スコアリングの基準値が高いので、特に注意が必要です。

☑多重申し込みしてなかったか?

一カ月で2つの申し込みをしたり、半年間で3つ以上のカードに申し込んだりすると、カード会社に多重申込と見なされてしまいます。

多重申込はブラックリストほど大きな影響ではありませんが、カード会社にお金に困っているという印象を与え、カード審査に通りづらくなります。

理想的には、希望するクレジットカードを絞り込み、半年の間に申し込むカードは1枚に抑えたいものです。

☑他社の借り入れが多くなかったか?

クレジットカードのキャッシング枠は年収の1/3の限度額でしか借りられないと、貸金業法の総量規制によって決められています。他社からの借入金が限度額ギリギリだと、新たなクレジットカードを発行してもらえない可能性が出てきます。

他社からの借入金が年収の1/3の限度額ギリギリにあったにも関わらず、キャッシング枠を設定してカードを申し込んだ場合、それがカード審査に影響したとも考えられます。

☑クレジットヒストリーに問題がなかったか?

これまでクレジットカードやローンなどを一切利用したことがない人は、個人信用情報のクレジットヒストリーが全く無いため「スーパーホワイト」と呼ばれます。

延滞などのネガティブ情報はありませんが、安定して返済してきたという事実もない以上、カード会社としては申込者の返済能力を判断しづらい状況ですよね。

特に、審査の厳しい銀行系カードやゴールドカード以上のステータスカード申し込んだ場合、スーパーホワイトという事実がカード審査で不利に働いた可能性もあります。

ステップ2    審査落ちの対策をとる

金融事故情報があれば情報が消えるまでまつ

金融事故情報の取扱期間については、個人信用情報機関によって異なります。個人信用情報機関は、以下の3つがあります。

信用機関名称 加盟団体 特長
CIC クレジットカード会社、クレジット会社、消費者金融会社、カードローン会社他 最も保有データ数が多いクレジット系の個人信用情報機関。保有データはクレジットカードやクレジット、融資の会員情報が中心
JICC ネット銀行、消費者金融会社、信販会社他 カードローンなど融資契約に関するものが中心
全国銀行協会 銀行とその関連会社 銀行融資に関する情報をメインに保有

カード会社によって加盟している個人信用機関は異なりますが、必ず1つというわけではありません。カード会社によっては同時に2つ以上の個人信用情報機関に加盟しています。

消費者金融やクレジットカード会社の多くはCICに加盟しています。

JICCはネット銀行や消費者金融の加盟率が最も高い個人信用情報機関です。

全国銀行協会は多くの銀行が加盟していますが、銀行カードローンに申し込む以外、クレジットカード審査には関係性の薄い機関ですので、開示請求を行うのは、CICJICCで十分です。

この2つの機関から自分の信用情報を手に入れ、どの種類の金融事故があるか確認する必要があります。各機関の金融事故情報の保存期間は、下記の表の通りとなり、その期間が過ぎれば、金融事故情報は信用情報から抹消されます

CIC JICC 全国銀行個人信用情報センター
3カ月以上の延滞 完済から5年 完済から1年 完済から5年
債務整理 完済から5年 5年 登録なし
自己破産 5年 5年 10年
代位弁済 5年 5年 5年

ブラックリストと呼ばれる代表的な金融事故として、3カ月または61日以上の延滞があります。この延滞情報は、「異動」という文字で登録され、CICなら完済してから5年JICCは完済してから1年で抹消されます。JICCに延滞による異動情報があれば完済後1年で情報は抹消されますが、CICですと5年間となりますので要注意です。

債務整理や自己破産によって借金の減額または免除となった場合、この金融事故情報は、最も長い5年もしくは10年の間、登録されることになります。

代位弁済とは、債務者が払えない借金を保証会社が立て替えてカード会社に支払うことです。それ以降、債務者はカード会社ではなく保証会社へ返済することになります。代位弁済についても個人信用情報機関に5年間登録されることになります。

これらの金融事故情報がある限り、カード審査にパスすることは不可能ですので、ひたすら金融事故情報が消去されるまで待つしか仕方ありません。

無駄なクレカは解約しローンを整理する

使っていないクレジットカードをたくさん持っていると新規カードが発行されづらくなる可能性があります。

というのも、キャッシング機能がついたクレジットカードをたくさん持っていると、借りすぎて返済遅延となるリスクが高いとカード会社に判断されてしまうからです。

新規カードを申し込む時は、なるべく使っていないクレジットカードを解約し、ローンなども返済しておきましょう。

良好なクレジットヒストリーづくりに励む

カード会社に手っ取り早く返済能力を証明するのに、良好なクレジットヒストリー(=クレヒス)を積むという方法があります。良好なクレヒスとは、クレジットカードやローンを利用し、期日内にしっかりと支払ったことを示すクレジット利用実績のことで、カード審査に大きなプラス要因となります。

ただし、一度審査落ちしているということは、クレジットカードがない状態も考えられますので、まずは審査難易度の低い消費者金融系カードを作ったり、消費者金融系のローンを組んだりするなどする必要があります。可能であれば、携帯電話の分割払いも、信用情報に記録されるので、良好なクレヒス作りの手段として効果的です。

ローンやクレジットカードを利用することができれば、後は毎月着実に支払いを重ねていくことです。1年以上の支払い実績があれば、それは「良好なクレヒス」といえます。

属性をあげるよう頑張ってみる

属性をあげることが出来れば、もちろん機械審査でもより良いスコアが出て審査に通りやすくなります。

すぐさま実践できる対策というわけではありませんが、アルバイトから正社員になる収入や勤続年数の増加などはとても効果があります。特に、勤続年数は、再申し込みまでの間に確実に増えていくので、最低でも1年以上にはしておきたいところです。

ステップ3  再申し込みのタイミングをはかる

実は、時期によって、カード審査に受かりやすい時期というものもあります。そのタイミングも見計らって申し込めば、審査通過率もぐんとアップします。

その時期とは、カード会社が特に春や夏に大々的に行っている入会キャンペーン時です。

この時期は、カード会社がクレジットカード会員を増やしたいという意図があるため、通常より審査基準も緩めに設定される場合もあります。特に、4月頃は新入社員やライフステージが変わる人が多く、カード会社にとって入会者を増やす絶好の時期です。

7月に審査落ちして翌年の1月に再び挑戦しようとしている方などは、少しだけ時間をおいて、春の入会キャンペーンが始まるのを待ってみるのも1つの手です。キャンペーン中は審査に通りやすくなる可能性があるだけでなく、ポイントプレゼントなどのサービスがよくあるため、お得感を味わうこともできます。

再申し込み時の注意点

審査落ちの原因と対策以外に、クレジットカードの審査に通りやすくなるようなポイントを確認していきましょう。

まず、どうしても短期間でクレジットカードが欲しい場合は、同じカードではなく、別のクレジットカードに再申し込みしましょう。再申し込みの場合、審査難易度の低い流通系か消費者金融系カードから始めるのがおすすめです。

また、申込用紙には細部にわたってしっかりと記入することも重要です。任意項目であっても、スコアリングにプラスになる場合もあります。

勤務年数や年収などの重要項目には、実質の数値よりプラス1~2割ほど水増しして書いてもOKです。例えば、勤務年数が10カ月しかなければ、1年としてもいいですし、90万円程度の年収ならば100万円としても構いません。少しだけ審査が有利になります。

キャッシング枠も審査の障害となりえます。一度カード発行に失敗したからこそ、リスクとなりえるキャッシング枠をつけずに申し込むことをおすすめします。ショッピング枠だけならば審査に通る可能性は高くなり、カード発行後、キャッシング枠を申請することも十分可能です。

まとめ

クレジットカードの審査に落ちた場合、再申し込みまで6カ月待つのが理想的です。

その間に信用情報の照会や不要なカードの解約、ローンの整理などを行いましょう。特に問題が見つからないのに審査落ちした場合は、属性やクレジットヒストリーが審査基準より不足している可能性があります。

そのときは審査難易度の低い消費者金融系カードを申し込んで、健全な支払い実績を踏み、時間をかけて審査に通りやすい状況を作っていきましょう。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

クレジットカードランキング

クレジットカードの審査

学生のためのクレジットカード

おすすめのクレジットカード

マイルの貯まるクレジットカード

クレジットカードの基礎知識

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

未分類

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション