カードローンの利用限度額の判断基準

カードローンは必要なときに必要なだけ借りることができるとても便利なものです。
しかし、いくらでも借りることができるというわけではありません。カードローンには、あらかじめ借りることができる限度額というものが決められています。

この記事を読んでいるあなたは、以下のような疑問を持っている人ではありませんか?

  • 自分がいくら借りれるのか知りたい
  • どのようにして限度額が決まるのか知りたい
  • 後から限度額の増額ができるのかが知りたい

カードローン各社は、限度額の設定方法などの詳細を明らかにしていません。
それだけに、自分がいくら借りることができるのか不安ですよね。

この記事では、カードローンの限度額の決まり方、限度額を増額するためのポイントなどを詳しくお伝えします。
最後まで読んでいただければ、カードローンの限度額についてのあなたの疑問はすべて解決するはずです。

自分の年収によって借入限度額の目安が決まる

カードローンの借入限度額が決まる目安として、借入金額は「自分の年収の3分の1未満」でなければいけません。

消費者金融には貸付額が、年収の3分の1を超えてはいけないというルールを守る義務があるからです。

このルールを「総量規制」と言い、すべての貸金業者が守ることを義務付けられています。

総量規制は貸金業法上で決められたもので、違反した業社に対して営業停止などの厳しい処分が下されます。
そのため、まともな業者であれば必ず総量規制の範囲内で借入限度額が決められるのです。

「年収の3分の1を超える融資も可能」などと言う業社は、100%ヤミ金などの違法業社ですので、絶対に近づかないようにしましょう。

消費者金融は総量規制を守る必要がある一方、銀行カードローンは貸金業法の管轄外ですので、総量規制を守る義務はありません。

しかし、昨今の銀行は業界全体の自主規制により、年収の3分の1を超える融資をしない傾向を強めています。
銀行カードローンも年収の3分の1以上の借り入れをすることはできくなってきています。

    なお、総量規制は他社借入金額も含めたものです。

    たとえば、年収300万円の人の総量規制上の借入限度額は100万円までですが、他社借入金額がすでに60万円あるという場合、

    銀行から融資を受けられる金額は 300万円×3分の1-60万円で、借入限度額は40万円までとなります。

以下、他社借入金額がない場合の年収ごとの総量規制上の借入限度額の目安となります。

必ずしも、総量規制上の借入限度額を借りることができるというわけではありませんが、自分がいくら借りることができるかの参考にしてください。

年収 総量規制上の借入限度額
200万円 約66万6,000円
300万円 100万円
400万円 約133万3,000円
500万円 約166万6,000円
600万円 200万円
700万円 約233万3,000円
800万円 約266万6,000円
900万円 300万円
1,000万円 約333万3,000円

担保も保証人も必要としないカードローンは、会社を問わず初回の限度額を抑える傾向にあります。
年収が400万円程度あっても、初回の借入限度額は数十万円までというケースも珍しくありません。

返済の滞納をすると限度額が下がる

カードローンの毎月の返済を2ヶ月連続、あるいは1年で3回以上滞納してしまうと借入限度額を強制的に下げられてしまいます。

滞納を繰り返す人は、カードローン会社からの信用がなくなるからです。

カードローン会社が最も恐れることが、貸したお金が返されない、いわゆる貸し倒れです。
安易な貸し付けで貸し倒れが相次いでしまってはケードローン会社の経営が立ち行かなくなってしまます。

滞納を繰り返す人は、カードローン会社から貸し倒れのリスクが高い人と判断されます。
カードローン会社としては万が一、貸し倒れが起こった場合のリスクヘッジとしてあらかじめ限度額を引き下げるのです。

借入限度額は後から増額できる

借入限度額は申し込みをしたカードローン会社へ限度額の増額申請を行うことで増額する事ができます。
ただし、限度額を上げる際には、再度審査があるので、必ず増額できるわけではありません。

個人情報の照会や本人確認書類の提出などカードローンの審査の際に必要な事項は初回の申し込みの際に済んでいますので、増額審査の際に見られるところはこれまでの利用実績と年収の増減です。

延滞の繰り返しや、年収が増えていないのに借入限度額を上げたいという人は、高確率で増額審査に落ちてしまうでしょう。

限度額を増額するということは、返済されなかった場合にカードローン会社が被る被害額も高まることになります。

そのため、初回申込時よりも限度額増額の方がより厳しく審査されることが一般的です。安易に限度額の増額も申し込みをしたばかりに増額どころか減額されてしまうというケースもあります。

限度額の増額を申し込むのは、これまでの利用実績に問題がなく、さらに年収も上がった場合のみにすることをおすすめします。

返済でお金に困っている人は、増額ではなく借り換えも検討する事で毎月の返済額を調節していく事もできます。

借入額が膨らむ人はおまとめローンを検討

カードローンの返済で悩んでいる人は、おまとめローンにすることで返済の悩みを解消できる可能性があります。

限度額の増額で一時的にその月の返済をしのいだとしても、翌月にはまた新たな返済に追われることになります。

借金を返済するどころか、さらに新たな借金が膨れ上がってしまうわけです。
限度額の増額では、今ある借金の悩みの根本的な原因を取り除くことができないのです。

おまとめローンであれば、現在複数ある借入先をひとつにまとめることができ、審査によっては大きく金利を下げられる可能性もあります。
金利を下げることができれば、支払総額を抑えることができます。

また、おまとめローンは基本的に返済専用のローンで、カードローンのように使途が自由というものではありません。
おまとめローンはカードローン会社から直接今ある借入先にお金が振り込まれます。利用者が現金を手にすることがないため、使い込んでしまうという心配がありません。

そのため、新たな借金を背負うことなく、今ある借金の返済に集中することができるのです。

プロミス

おまとめローンに申し込みをする際は、カードローン申し込み後にプロミスへおまとめローンの相談をしたい旨を伝える必要があります。

  • おまとめローンも対応で借入金を1つにまとめられる
  • カードローンでの契約も可能
  • 30日間利息0円・最短30分審査
  • ※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要です。

金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分

返済に悩んでいて、カードローンが手元にあるとすでに借金があるのについつい使ってしまうという人は、おまとめローンを検討してください。
ただし、おまとめローンにも審査はありますので、誰でもおまとめローンを受けられるわけではないという点は注意してください。

借入限度額を上げるためのコツ

借入限度額を上げるためには、定期的にカードローンを利用し、返済を滞納しないことです。

担保も保証人も必要のないカードローンの場合、カードローン会社が最も重視することは利用者の信用です。

利用者の信用に対して、カードローン会社はお金を貸し付けるのです。返済を延滞するとこの信用が一気に失われることになりますので、増額審査に通ることは難しいでしょう。

カードローンを利用してもらって確実に返済してもらえれば、カードローン会社の利益になります。
優良な顧客であれば、カードローン会社の方から増額の勧誘の電話がかかってくるほど、本来であればカードローン会社はより多い金額を利用者に使って欲しいのです。

また、滞納がないからと言って、これまでほとんどカードローンを利用したことがない人は増額審査に通ることは難しいでしょう。

カードローン会社としては利用実績がないため、利用者にどれくらいの返済能力があるのかの判断がつかないからです。

カードローンの増額を希望するのであれば、定期的にカードローンを利用して返済に遅れないという良好な利用実績を、最低でも1年は積み上げてから申し込みをしてください。

加えて、収入が上がったときは限度額の増額申し込みの絶好のタイミングです。
カードローン会社としては、年収が多ければ多いほど返済能力が高いと判断します。

良好な利用実績を積み上げていて年収もアップしたという人は、限度額増額の審査に通る可能性がより一層高くなりますので、申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。


関連記事