現金を即日で作るための方法

今日中にお金が必要なのに現金がなくて困っている人は多いかと思います。

現金を即日で作るためには、3つの方法が存在します。

この中で一番手っ取り早い方法は、親や友人にお金を借りる事ができれば早いです。
しかし、親や友人には現金を借りたくないという事情を持っている人は、カードローンを利用する事で即日現金を借りる事ができます。

この記事では、現金を即日で作る方法について解説していきます。

即日融資対応のカードローンでお金を借りる

親や友人などからお金を借りられることができれば一番早いですが、借りるのが嫌だという人やどうしても借りられない人がいると思います。

即日融資に対応しているプロミスなどの消費者金融カードローンを利用する事で、今日中に現金を作ることが可能です。

なぜなら、大手消費者金融ではカードローン審査に要する時間が最短30分ほどと短く、即日融資をすることが可能だからです。

消費者金融の融資では、手軽に借入ができることをウリにしており、担保も保証人もいりません。

プロミスでは初めて借り入れる人に限り、30日間利息0円というサービスを行っているので、30日以内に返済ができれば利息を支払わなくて済みます。

プロミス

ポイント

  • 30日間利息0円
  • 融資まで最短1時間
  • カードレス&郵送物なしの「WEB完結」
金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分

カードローンでお金を借りるために必要なもの

カードローン申し込みの際は、身分証明書と収入証明書が必要になります。

なぜなら、消費者金融は、本人確認と申込者の返済能力のチェックを行わなければならないからです。

仮に、消費者金融業者が本人確認を行わずにお金を貸し付けていると、容易に別の誰かがなりすまして申し込むことができます。
そうなると、身の覚えのない借入があると顧客からクレームがきてしまい、会社の信用を失墜させかねません。

また、申込者は年収の3分の1以上のお金を借り入れることは原則できません。
総量規制法律という法律に規定されており、消費者金融側も無責任に多額の貸付を行うことは、その法律により禁じられています。

そのため、カードローンの手続きでは、本人確認と返済能力のチェックを必ず行われます。

50万円以下の借入では収入証明書は不要

カードローンの申請には「本人確認書類」「収入証明書」が必須ですが、50万円以下の借入では、収入証明書は不要です。

収入証明書が必要がどうかは「貸金業法」と呼ばれる法律に定められています。

1度に50万円を超える額を借入を行う場合は収入証明書を提示するよう義務付けており、消費者金融はこの法律に則って手続きを行っています。

一方、50万円以下の借入に関しては収入証明書の提出を義務付けておらず、収入証明書を提出せずともカードローンの手続きが可能です。

また、現住所と書類に記載されている住所が異なる場合も別途現住所を証明する書類が必要です。現住所を証明する書類には、公共料金の領収証、住民票などが利用できます。

身分証明書、収入証明書として利用できる書類は以下の通りです。

【身分証明書として利用できる書類】

  • ・運転免許証(顔写真付き)
  • ・パスポート(顔写真付き)
  • ・在留カード(顔写真付き)
  • ・健康保険証(顔写真なし)
  • ・住民票(顔写真なし)
  • ・マイナンバーカード(顔写真なし)

運転免許証やパスポート等の顔写真つきの本人確認書類であれば、単体でも本人確認書類として有効です。

一方、健康保険証、住民票などの顔写真が添付されていない書類の場合は、2種類の本人確認書類の提示を求められます。
例えば、「健康保険証+住民票」「健康保険証+年金手帳」といった組み合わせで提出します。

また、現住所と本人確認書類に記載された住所が異なる場合も、別途現住所を証明する資料を用意する必要があります。
現住所を証明する書類には、公共料金の領収書、住民票などが利用できます。

【収入証明書として利用できる書類】

  • ・源泉徴収票の写し
  • ・税額通知書の写し
  • ・所得証明書の写し
  • ・確定申告書の写し
  • ・給与明細書の写し(直近2ヶ月分)

プロミスのフル入力申し込み+瞬フリサービスで最短1時間で融資

プロミスのフル入力で申し込みは10分~15分程度で完了します。
審査通過後、「瞬フリ」サービスを利用する事で最短1時間で融資が可能です。

更に、初めて借入をする人は30日以内に返済することができれば利息0円で融資を受けられます。

プロミスの「瞬フリ」とは、最短10秒で振込手続きを行う振込キャッシングサービスです。
インターネットからキャッシングの申込を行う際に「瞬フリ(振込キャッシング)のお手続き」という項目から手続きを行えば利用できます。

最短10秒での振込が可能な提携銀行は、「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」「三菱UFJ銀行」「ゆうちょ銀行」「みずほ銀行」の5つ。
その他の金融機関では、曜日や時間帯によって振込にかかる時間が異なりますので、ご注意下さい。

プロミス

ポイント

  • 融資まで最短1時間
  • カードレス&郵送物なしの「WEB完結」
  • 30日間利息0円
金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分

アイテムを売って現金化する

ブランド品や電化製品など売れるものがある人は、買取をしている店舗に行き、売りに出すことで現金を作ることができます。

店舗に行くのが面倒だという人はCASHアプリを使うことで、その場で現金を作れます。

CASHアプリの使い方

CASHアプリは、お家にあるブランド品の写真を送るだけで査定と買取を行う今話題の便利なアプリです。アプリ内で配送手続き、指定口座への振込手続きが行えるため、家から一歩も出ることなく、自宅のアイテムを現金に変えることが可能です。

CASHアプリでアイテムを現金化する手続きは、「登録」「アイテムの査定」「商品の配送手続き」「キャッシュの引き出し」の4つからなります。各項目については、以下で詳しくみていきます。

1.登録

まずは、CASHアプリをインストールして登録を行います。
アプリを起動して、表示内容に従って進むだけなので、ここで躓くことはないでしょう。

なお、登録ではSMS認証が行われます。

2.アイテムの査定

登録が完了したら、次にアイテムに査定手続きへと進みます。

カテゴリとブランドという項目があるので、表示された選択肢の中から自分が売りたいアイテムに合致するものを探し出して下さい。

なお、合致する項目がない場合は、そのアイテムを査定することはできません。

対象外商品はCASHアプリで現金化することはできないので、お近くの買取専門店へと足を運ぶ必要があります。

カテゴリとブランドを選択したら、次に商品のコンディションを設定します。新品・未使用の場合は星3つ、使用済みで傷・汚れがない場合は星2つ、傷・汚れがある場合は星1つを選択しましょう。

コンディションの設定が完了したら、カメラを起動して商品を撮影し、写真を送付します。写真を送付してしばらくすると、査定結果の通知が来ます。査定金額に納得したら、「キャッシュにする」というボタンをタップすることで、アプリ内のウォレットにキャッシュ(アプリ内のポイントのようなもの)が振り込まれます。

3.商品の配送手続き

アプリのウォレットにあるキャッシュを銀行口座に移して現金化するためには、集荷・配送手続きを行う必要があります。
送料は300円です。ただし、5個以上のアイテムをまとめて送付する、もしくは査定額が8000円以上となった場合は送料無料です。

初回の手続きでは、名前や住所の記入が求められます。

アイテムの梱包は自分で行う必要があります。縦・横・高さの合計が160㎝以内位、重さが25㎏以下の段ボールに緩衝材を敷き詰めて傷がつかないようにしておけば大丈夫です。

なお、配送を行わないでいると、ユーザー評価が下がったり、今後の査定額に響いたりするだけではなく、「CASHアプリ運営元が今後展開するサービスの利用制限」「返金請求の通知書を送付」」「第三者機関による処罰」「法的手段による処罰」といった重いペナルティも課せられるので、配送手続きは迅速に行いましょう。

4.キャッシュの引き出し

配送手続きが完了したら、キャッシュを現金化することが出来るようになります。
なお、引き出しには250円の手数料がかかり、300円未満だと引き出し手続きは行えません。

初めてキャッシュを現金化する際は、本人確認書類の写真の送付を求められるので、運転免許証、健康保険証、パスポートなどを手元に用意しておきましょう。

また、所在確認のための自動音声による通話認証も行われます。

これらの手続きが完了すると、「キャッシュを引き出す」という項目が表示されるので、そちらをタップします。
振込先の銀行口座の情報を入力する項目があるので、そちらも記入し、引き出し申請を実行します。振込手続きは即時に実行されますが、平日14時以降、銀行の定休日の場合は、翌営業日の受け取りとなります。

日払いのアルバイトをして現金を作る

売るものがない人や1日の中で多少時間に余裕がある人は、日払いのアルバイトをすることで現金を作ることができます。

なぜなら、日払いのアルバイトでは、即日勤務可能なところも多く、給与がアルバイト終了後にすぐに振り込まれる、もしくは手渡しで受け取れるからです。

通常のアルバイトでは、応募をして面接を行い、選考後に就労するという流れが一般的です。
しかし、これでは応募から実際に働くまでに時間を要し、思い立ったその日に働くというのは不可能です。また、給与も通常月ごとに支払われるケースが多く、即日支払いには応じてくれません。

一方、日払いのアルバイトでは、すぐにでも人手が欲しいケースが多く、応募したその日に業務を行うといったことが可能です。

また、給料も働いた後にその場で渡されることも多く、すぐに手元に現金が欲しい方に最適です。

即日発行ができるクレジットカードで切り抜ける

現金が作れそうにない場合は、即日発行ができるクレジットカードを作って利用することでその場を切り抜けることができます。

なぜなら、クレジットカードは後払いのため、今月クレジットカードで決済した分の支払いを翌月、もしくは翌々月の返済日まで先延ばしにすることができるからです。

例えば、締め日は15日、返済日が25日のクレジットカードを10日に発行したとします。

この場合、10日~15日の間にクレジットカードで支払った料金の請求は翌月25日となります。また、16日~翌15日までの利用額は翌々月の25日に返済することになります。

つまり、今月10日~翌月24日までの間は支払いが猶予されるので、当面の間は生活の心配はなくなります。ただし、クレジットカードには利用限度額があるため、その額の範囲内での出費に抑える必要があります。

即日発行ができるクレジットカードとしてエポスカードがあります。
エポスカードはWebから申し込み時に、「店舗・施設でお受け取り」とすることで即日発行、利用が可能です。

エポスカード

  • 最短即日でのカード受取りが可能
  • 入会金・年会費無料
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険自動付帯
  • 全国10,000店舗で優待が受けられる
  • 年会費無料のゴールドカードへのランクアップあり

エポスカード発行の申込はWeb、もしくは専用のアプリから行えます。申込では、名前や住所、勤め先などの情報を入力します。
申込時に運転免許証などの本人確認書類の写真の送付が求められるので、手元に用意しておきましょう。

即日発行の際は、受け取り方法の選択で「マルイ店頭受取」を必ず選ぶようにして下さい。

エポスカードを即日入手する流れ
エポスカードセンター一覧で受け取り可能店舗と受け取り可能日時を確認

審査結果メールの到着

カード会社指定の必要なものを持参してマルイなどのエポスカードセンターで受け取り

クレジットカードの現金化はしてはいけない

クレジットカードを使用して現金化は絶対にしてはいけません。

なぜなら、クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為自体が違法であり、利用した側も横領罪や詐欺罪に問われる可能性があるからです。

基本的に、クレジットカードで購入した商品は、カードの決済日まではカード業者の所有物として扱われます。

しかし、現金化業者は、利用者がクレジットカードで購入した商品を買い取り、その代金を現金で支払います。つまり、利用者はカード業者の所有物を勝手に転売した形となり、横領罪に問われます。

加えて、このように横領を目的としてカード会社のお金を悪用する行為は、詐欺罪に抵触します。以上より、クレジットカードの現金化業者を利用することは違法性の高い行為といえます。

また、現金化業者自体もきちんと法に則って営業しているとは言い難いのが現状です。

実際に、警視庁がクレジットカードの現金化を行う行為は貸金業の一種であるとしているのにも関わらず、貸金業の許可を取得せず営業する業者が蔓延っており、2011年にはある現金化業者が検挙されています。

また、クレショッピング枠の現金化をキャッシングとして捉えると、多くの業者は、出資法の定める法定金利を大幅に超える額を手数料として徴収しています。つまり、法外金利でお金を消費者に貸し付けていることになり、これも違法行為です。

このように、現金化業者は法律を遵守しておらず、業界全体が怪しいと言わざるを得ないです。知らず知らずの内に犯罪に手を染めてしまうことになるので、現金化業者の利用は控えて下さい。


関連記事

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資