銀行カードローンは即日融資不可!消費者金融だと不安な人へ

消費者金融のカードローンを利用するのが不安だという人は多いと思います。

消費者金融を利用したくない人の中には、

・銀行の方が安心感がある
・消費者金融だと借金が膨らみそう
・電話など変な勧誘をされそう

というイメージを抱いている人が多いです。

結論から言うと、銀行では即日融資を受ける事ができません。
どうしても銀行から融資を受けたいと思っている人は、楽天銀行のようなネットバンクであれば、最短翌日の審査でカードローンを利用する事ができます。

この記事ではなるべく早く銀行のカードローンを利用する方法と銀行と消費者金融の金利について解説していきます。

銀行カードローンでは即日融資ができない

多重債務者の増加が問題となり、銀行カードローンでは即日融資を受けることができなくなりました。
どうしても即日融資を受けたい人は、消費者金融のカードローンに申し込みをする必要があります。

なぜなら、銀行カードローンは2018年に法改正をし、利用者が安心して借り入れできるよう審査方法を変更したからです。

銀行カードローンの審査では、ほとんどを保証会社が引き受けていたため、銀行側の審査チェックがごく表面的なものになり、充分な返済能力を持たない人への融資が拡大してしまいました。

保証会社とは?
ローン利用者の「保証人」となってくれる会社(消費者金融や信販会社)で、ローンの利用者が返済不能に陥った際には、保証会社が利用者に代わって銀行にお金を立て替え払いしてくれます。
銀行カードローンの利用条件には必ず「保証会社の保証を受けられる人」と明記がされています。

国から指摘を受けた銀行カードローン業界は、2017年に貸し付けに対する自主規制を導入し、自社でも審査を行うようにしたため最低でも1日の時間を費やします。

反社会勢力との取引を徹底排除

銀行カードローンの審査では反社会勢力との取引を徹底排除するため、申込者情報を警察庁のデータベースに照会することが義務になり即日融資ができなくなりました。

警察庁への照会結果は最短でも翌営業日、長ければ1週間から2週間かかるので、銀行カードローンは実質即日審査・即日融資に対応できなくなったのです。

大手消費者金融なら即日融資が可能

どうしても即日融資をしたいのであれば、銀行カードローンではなく消費者金融のカードローンを選んでください。

なぜなら、消費者金融であれば、コンピューターによる自動審査を採用しているので最短30分程度で審査を完了させることができます。

また、警視庁への照会が義務付けられていないので、即日融資に対応ができるからです。

消費者金融で借り入れをするのは何となく不安という人もいますが、大手消費者金融の多くは銀行グループに属している優良企業です。

消費者金融名 銀行グループ
プロミス 三井住友フィナンシャルグループ
アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ
SMBCモビット SMBCグループ
レイクALSA 新生銀行グループ

消費者金融がサラ金と呼ばれていたころのよくないイメージを持つ人もいますが、現在の消費者金融は法改正や業界再編成を経て健全な企業に生まれ変わっていますので、安心して利用できます。

個人がお金を借りるためのサービスや返済についてのサービスが充実して、利便性も高い点が消費者金融の大きな魅力です。

プロミス

プロミスで「フル入力」から申し込みであれば、申し込み後にカードローン審査に移り、Web上でカードローン契約が可能です。
カンタン入力の場合は、申し込み後に電話で申し込み情報の確認をする必要がある分、審査に移る前に手間がかかります。

  • 三井住友フィナンシャルグループの消費者金融
  • 24時間即日融資に対応・融資まで最短1時間
  • 30日間利息0円・最短30分審査
金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分
アコム
  • 三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融
  • 30日間無利息で融資が可能
  • 返済翌日から35日後が次の支払期日で返済調整しやすい
金利 借入限度額 審査時間
3.0%~18% 最大800万円 最短30分

最短翌営業日に融資が可能な銀行カードローン

即日で融資は受けられませんが、ネット銀行やメガバンクと呼ばれる銀行では、最短で翌営業日の融資が可能です。

カードローン名 利用限度額 金利 利用できる人
楽天銀行カードローン 最高800万円 1.9%~14.5% 満20歳以上満62歳以下の人

安定した収入がある人、または専業主婦

住信SBIネット銀行カードローン 最高1200万円 1.59%~14.79% 満20歳以上満65歳以下の人

安定した収入がある人

三井住友銀行カードローン 最高800万円 4.0%~14.5% 満20歳以上満69歳以下の人

原則として安定した収入がある人

三菱UFJ銀行カードローン 最高500万円 1.8%~14.6% 満20歳以上満64歳以下の人

原則として安定した収入がある人

銀行カードローンは、消費者金融と比べて金利が低いのが特徴です。
即日でなくてもいいけどできるだけ早く借り入れをしたい、できれば金利の負担も抑えたいという人には、最短翌日融資に対応している銀行カードローンが向いているといえるでしょう。

特に、楽天銀行カードローンは楽天会員ランクに応じて審査が優遇されています。

楽天カードや楽天市場をはじめとするさまざまな楽天のサービスを便利に利用できるということで、楽天会員になっている人も多いと思います。

楽天銀行カードローン
  • 楽天会員のランクに応じて審査が優遇
  • 最短で翌営業日の融資が可能
  • コンビニATMの手数料無料で借入/返済しやすい
金利 借入限度額 審査時間
1.9%~14.5% 最大800万円 最短翌営業日

翌月一括返済できるなら消費者金融カードローン

翌月に一括で返済できる程度の金額を借り入れる場合、プロミスやアコムなどの大手消費者金融なら無利息で即日融資を受けられます。

大手消費者金融では、30日間程度の無利息サービスを提供しているからです。
無利息期間中に借り入れを全額返済してしまえば、利息は1円も支払う必要がないので、元金のみの返済で融資を受けられるのです。

カードローン名 無利息期間と利用条件
プロミス 初回借入の翌日から30日間

プロミスを初めて利用する人

メールアドレスの登録とWeb明細の利用

アコム 契約日の翌日から30日間

アコムを初めて利用する人

アイフル 契約の翌日から30日間

アイフルを初めて利用する人

レイクALSA レイクALSAを初めて利用する人 契約日の翌日から60日間

借入金額全額利息0円

契約日の翌日から180日間

借入金額のうち5万円まで利息0円

ただし、消費者金融によって無利息サービスを利用できる条件は異なります。
特に気をつけたいのは、無利息サービスがいつから適用されるかという点です。

「プロミスは初回借入日の翌日」から、それ以外の消費者金融では「契約日の翌日」から無利息サービスが適用されますので、借り入れのタイミングには注意してください。

プロミス

プロミスで「フル入力」から申し込みであれば、申し込み後にカードローン審査に移り、Web上でカードローン契約が可能です。
カンタン入力の場合は、申し込み後に電話で申し込み情報の確認をする必要がある分、審査に移る前に手間がかかります。

  • 三井住友フィナンシャルグループの消費者金融
  • 24時間即日融資に対応・融資まで最短1時間
  • 30日間利息0円・最短30分審査
金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分

大手消費者金融と銀行カードローンの金利

銀行カードローンは消費者金融と比較すると金利は低いですが、無利息サービスを上手に活用すれば銀行カードローンよりお得に利用できるケースもあります。

カードローンで10万円借り入れした場合の金利を比較してみましょう。

カードローン名 10万円借入時の金利
プロミス 17.8%
アコム 18.0%
楽天銀行カードローン 14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 14.6%

・消費者金融の金利は18%程度
・銀行カードローンの金利は14.5%前後
ですから、金利だけ見れば銀行カードローンの方がお得だと感じます。

それぞれのカードローンで10万円を借りて上記の金利を適用した場合、1ヶ月で返済するときの支払利息と1年間で返済する時の支払利息を計算すると、当然、金利の高い消費者金融の方が支払利息は多くなります。

カードローン名 1ヶ月で返済する場合の支払利息 1年間で返済する場合の支払利息
プロミス 1,463円 9,894円
アコム 1,500円 10,011円
楽天銀行カードローン 1,191円 8,020円
三菱UFJ銀行カードローン 1,216円 8,077円

大手消費者金融の無利息サービスを活用し、30日以内に完済してしまえば、返済するのは元本のみなので、銀行カードローンよりも少ない金利で借入できます。

無利息サービスを利用すれば1ヶ月分の利息が0円で済むため、2ヶ月~3ヶ月以内に完済できるのであれば、銀行カードローンを利用するより消費者金融で借入をする方が金利を抑えられる可能性が高いです。
ただ、返済期間が半年以上に及ぶような場合は金利の低い銀行カードローンを利用する方がいいでしょう。


関連記事

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資

お金を借りる方法