即日お金が必要な人が安全に即金するための方法

この記事を読んでいる人は以下のような悩みを抱えていませんか?

  • 売る「モノ」がない
  • 日払いのバイトはしたくない
  • 今すぐお金を借りられる所を探している
  • 友達や家族にはお金を借りることを知られたくない

結論から言うと、収入がある人であれば、カードローンを利用する事ができます。
大手消費者金融のカードローンは即日融資も対応しているので、今日中に借入が可能です。

この記事を読むことで、「今」現金が必要という人の悩みを解消する事ができます。

即日即金する方法について解説していきますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

大手消費者金融カードローンは即日融資も対応している

大手消費者金融のカードローンは即日融資も対応しているので、今日中に融資を受けることが可能です。

大手消費者金融は独自のスコアリングシステムを導入しており、これにより審査にかかるスピードが大幅に短くなりました。

スコアリングシステムとは、審査申込み時に申告した内容が点数化され、その点数によって審査の可否を即座に判断出来るようになり、即日融資を可能にしています。

審査についての詳しい解説は以下で行っています。

大手消費者金融カードローン一覧

即日とは言え、融資を受けるためには少なくとも21時までに申込を済ますようにしなければなりません。

なぜなら21時を過ぎてしまうと、審査回答時間が過ぎてしまい結果が翌営業日になってしまうためです。

ほとんどの消費者金融の審査回答期限が21時であるにも関わらず、大手消費者金融のプロミスは審査回答を22時まで対応しており、即日融資するにはとても利用しやすい消費者金融です。

しかし、いくら回答時間が長いプロミスでも即日融資するためにはいくつか条件がありますので、確認しておきましょう。

ポイント
  • 21時までに申込を完了しておく
  • 本人確認書類や収入確認書類はあらかじめ用意しておく
  • WEBで審査申込みをする
  • WEBの審査結果待ちの間、お近くの無人契約機へ移動する
  • 在籍確認が取れる平日での申込みをする(※)

※休日や夜間の場合、在籍確認が後日になる可能性があります。その場合利用限度額は10万円程度の少額融資での対応になります。

特に、仮審査が通過してもその後の「本人確認」「収入確認」「在籍確認」が遅くなってしまった場合は契約そのものも遅れてしまい、即日融資が出来なくなる可能性がありますので注意が必要です。

プロミス

Webからの申し込みであれば、10分程度で手続き完了することができます。
必要書類も写真を撮って申し込み時に添付するだけで済みます。

  • 21時までに申し込み完了で即日融資も対応できる可能性が高い
  • 申し込みから融資まで最短1時間
  • 30日間利息0円・最短30分審査
プロミスで申し込み

先月、197が当サイト経由で、プロミスの審査に通りました!

金利借入限度額審査時間
4.5%~17.8%最大500万円最短30分

※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要です。

大手消費者金融の営業時間

ここでは大手消費者金融の営業時間を一覧でまとめました。

即日融資を受ける方法について詳しく知りたい人は以下で行っています。

プロミスの営業時間

項目営業時間
お客様サービスプラザ(店頭受付窓口)10:00~18:00(月~金)※土日祝日休業
インターネット24時間対応
プロミスコール(電話受付窓口)9:00~21:00(土日祝日を含む)
自動契約機9:00~21:00(※契約機により営業時間が異なります。)

アコムの営業時間

項目営業時間
店頭受付窓口9:30~18:00(月~金)※土日祝日休業
インターネット24時間対応
総合カードローンデスク9:00~18:00(月~金)※土日祝日休業
自動契約機8:00~22:00(土日祝日を含む)

SMBCモビットの営業時間

項目営業時間
店頭受付窓口店頭無し
インターネット24時間対応
電話受付窓口9:00~21:00(土日祝日を含む)
自動契約機場所ごとに営業時間は異なります

アイフルの営業時間

項目営業時間
店頭受付窓口10:00~18:00(月~金)※土日祝日休業
インターネット24時間対応
電話受付窓口9:00~21:00(土日祝日を含む)
自動契約機8:00~22:00(土日祝日を含む)

カードローン利用は他人にバレない

カードローンの申込みや利用で身内や友人にバレるという事はありませんので安心して下さい。

今では無人契約機や消費者金融の店頭に行かなくてもWEB完結型ローンを利用すればお金を借りられますし、アプリローンを利用すればローンカードが無くてもお金を借りることが出来ます。

ローンカードが無い以上、万が一家族や友人に財布を見られるようなことがあっても消費者金融からの借入がバレる可能性はありません。

他人にバレてしまうケース

消費者金融からの借入がバレる可能性があるとしたら、ほとんどが「郵送物」によるものでしょう。
郵送でのカードローン申込みや、カードローン利用代金の滞納、発行したローンカードを見られるなどしてしまうと他人にバレてしまう可能性があります。

特に郵送申込みの場合は、郵送で数回書類での手続きをする必要があるため、家に届く書類によって同居している家族に借入がバレる可能性が高いです。

また、延滞などによる督促が送られてきたり、ローンの利用明細を書類で受け取るようにしている場合もバレる可能性がありますので注意が必要です。

大手消費者金融のWEB完結申込のカードローンでは、郵送物は一切届きませんので、借入がバレる心配はありません。

もし家族や友人に内緒で借入をしたい場合はWEB完結申込のローンを申込むようにしましょう。

また利用明細もメールに代えることが出来ますので、借入している消費者金融に問い合わせしてみて下さい。

個人融資は絶対に利用してはいけない

最近では、TwitterやSNSなどで審査なしで借入可能などの煽り文句を発信している人がいますが、絶対に関わらないようにしましょう。
お金を借りる際に審査がない所で借りてしまうと金銭トラブルを引き起こしてしまうので、絶対に借りてはいけません。

個人間融資では「審査無し」などの甘い文句につられ、連絡を取ってしまうケースが多発しています。

やり取りする中で氏名や住所、銀行口座などの個人情報を教えてしまい、最終的には法外な金額の返済を求められる可能性があります。

まず、個人間融資は「ヤミ金」と変わらないということを覚えておきましょう。
万が一法外な金利を請求されなかったとしても、貸金業の登録をしていない個人が、融資によって利息収入を得ること自体が貸金業法に抵触する可能性が高いです。

貸し手のみならず、悪質の場合は借り手も刑事罰に問われる可能性があります。

金銭トラブルの具体例

TwitterやSNSサイトを通じて、見知らぬ個人同士が金銭の借り貸しをしてトラブルになったという報告が多数、消費者センターに寄せられています。いくつか具体例を挙げてみましょう。

金銭トラブルのケース1

    生活費が不足していたのと、信用情報に傷がついているため金融業者からの借入が出来なかったことから、個人間融資の掲示板サイトにお金を貸してほしいと書き込みしました。

    その後、返事をしてきた人と直接会って15万円借りることになりました。現在まで50万円以上返済していますが、更に400万円追加で支払いするように連絡が来ました。相手は自分の住所を知っています。

このケースは、誰からも借入が出来ない状況で、生活するお金も無くなるという困窮状態にあって個人融資に流れてしまったパターンです。

直接会っているから安心して借りられるのではなく、直接会っているからこそ法外な利息を請求されても拒否できなくなるパターンの典型と言えるでしょう。

金銭トラブルのケース2

    SNS上で個人融資の書き込みを見て相手に連絡を取りました。当初60万円の融資を申込みしたところ、相手から「まず2万円を銀行口座に振り込むので、そのままこちらへ振り込んでほしい。そこで審査する」と言われ、銀行口座などの個人情報を伝えてしまいました。

    その後、不安に思い、個人間融資をやめたいと申し出たところ、「既に1万円振り込んでしまっているので、1週間後に3万円にして返すように」と言われました。どう対応すべきでしょうか

このケースは直接会ってはいませんが、審査する建前の下、銀行の口座番号や氏名などの個人情報を相手に教えてしまったパターンです。

相手が求めていないのにも関わらず勝手に振込をして、法外な利息を上乗せして返済を求めてくるこのようなケースは、返済が出来ないと言うと、個人情報から勤務先などを割り出し、家族や同僚に連絡すると脅してきます。


関連記事

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資

お金を借りる方法