即日融資ができるカードローン会社と少額を借りる方法

「遊びに行くのに現金が必要になった」「給料日まで生活費が足らない」などで困る人は多いです。

1万円~10万円程度であればすぐに返済できるという人は、少額融資を検討してみてください。

アコムやプロミスといった大手消費者金融は、Web上で申し込みをする事ができ、審査時間が短く、即日融資に対応しています。

この記事では、少額でいいから即日融資をしたい人のために、少額の即日融資ができる業者や即日融資を受けるポイントを解説していきます。

今すぐ融資が可能な大手消費者金融

今すぐ融資をしたい場合、Web完結ができる消費者金融会社をおススメします。

Web完結申し込みであれば、来店不要でローンカード不要、振り込みによって即日融資が可能です。

審査時間が最短30分で終える事ができ、自宅に郵送物が送られてくることがないので返送の手間が省ける他、身内の人にもバレる心配がありません。

大手消費者金融のアコムとプロミスではWeb完結申し込みに対応しています。

アコムなら初めての人は30日間金利0円で借り入れできます。
少額融資ですぐに返済ができる人は期間内で返済してしまえば無利息で借入ができるということになります。

また、審査が最短30分で即日融資も可能で、土日・祝日でも即日融資を受け付けています。
土日の場合は、事前にWeb申し込みをして自動契約機を利用することで、審査時間を短縮することも可能です。

アコム

おすすめポイント

  • 即日融資可能で、審査は最短30分
  • 会員数150万人超で国内最大手
  • 30日間無利息で借入可能
金利 借入限度額 審査時間
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分

プロミスはスマホがあれば、24時間取引する事ができ、セブン銀行ATMからカード無しで借入・返済が可能です。

全国各地に無人契約機があり、銀行にある契約機も含めると設置数が最も多い消費者金融なので、全国どこでも無人契約機が見つけることができます。

更に、初めての人は30日間金利0円、土日も即日融資に対応、Web完結の申し込みであれば、最短1時間で融資を受けることができます。

プロミス

ポイント

  • カードレス&郵送物なしの「WEB完結」
  • 30日間利息0円
  • 最短30分で審査
金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

少額の融資を受けたい場合には、クレジットカードのキャッシング枠を利用するのも一つの方法です。

クレジットカードにキャッシング枠が付帯されている人は、コンビニのATMなどから現金を借入れする事ができます。

ただし、クレジットカードによっては、キャッシング機能が付いていないものや手持ちのカードにキャッシング枠が付帯していない可能性があります。

今から手持ちのクレジットカードにキャッシング枠を付けようとすると即日融資に対応できないことも考えられます。

融資を急いでいて、こうした面倒を避けたい場合には、即日融資が可能な大手消費者金融に申し込みするのがおすすめです。

50万円以下の借入で申し込む

50万円以下の融資であれば、収入証明書の提出なしで借入することができるので、審査時間を短縮でき即日融資が受けやすくなります。

法律上50万円を超える融資の場合、収入証明書の提出が必要になります。
カードローン会社は、申込者の収入証明書を確認して審査を行わなければなりません。

収入証明書なしの審査では、一般的に収入などの確認項目が減り、収入証明書ありの審査と比べると審査は簡易なものになるため、審査に通りやすくなるのです。

また、少額融資の場合は借入額が小さいので、収入が低くても延滞や貸し倒れが起こりにくいと見込まれ、審査に通りやすくなります。

収入証明書なしでの少額融資のメリット
  • 収入に関わる審査の確認項目が減るので、審査時間短縮
  • 収入が低くても、借入額に対する返済能力は十分にあるとみなされる

もし、他社からの借入を含め50万円を超える借入れがある人は収入証明書の提出が必須になります。

その場合は、以下のいずれかの書類を準備しておいてください。

収入証明書
  • 給与明細書(直近2カ月分)
  • 源泉徴収票(最新年度のもの)
  • 確定申告書(最新年度のもの)
  • 所得証明書(最新年度のもの)

少額融資の金利は重視する必要なし

少額融資の場合、カードローン会社も金利はさほど変わらず、15%~18%の金利が適用になるので重視する必要はありません。

少額の借入の人に2%~3%の金利で融資を行ってしまうと、カードローン会社は利益が出せません。
利益が出ないうえ、貸し付けによる貸し倒れのリスクがあり、カードローン会社にとってメリットがない事から低金利を適用しないのです。

金利が2%~3%というのは、消費者金融が貸し付けする限度額に近い金額を借り入れた人が適用されるものです。

高額融資になるほど、返済能力の高い「高額所得者」や「属性が有料は人(収入が安定している人)」にしか融資が行われなくなるので、貸し倒れのリスクが低くなります。
そのため高額の融資ほど金利が低くなるわけです。

たとえば、アコムから5万円を借り入れたケースを考えてみましょう。
金利が18%だとすると1年間の利息は9000円です。

仮に他社で15%の金利で借り入れ可能であったとしても、利息は7,500円となり、18%の場合と500円の差です。

そもそも5万円の少額の場合、翌月の給料日に返済ができる人はずなので18%金利だとしても月800円程度の利息だと考えられます。

したがって、少額融資の場合は金利を重要視する必要はないでしょう。

少額融資だからといって審査は甘くならない

カードローンの審査は融資額によって甘くなる(審査基準が変わる)ことはありません。

カードローン会社の審査は、申込内容を基に信用情報機関へ照会をして行われます。

個人信用情報機関とは?
クレジットやローン契約の利用履歴、借入や返済などの、個人情報(信用情報)を保管している団体を個人信用情報機関と呼びます。

申込者の情報を信用情報機関から照会することで、返済能力や過去に金融事故を起こしていないかを調べているのです。

仮に返済能力に問題がある場合はカードローン審査に落ちてしまいます。

融資額によって信用情報機関の照会を行わないということはないので、審査の基準は変わりません。

少額融資でも在籍確認はある

少額融資の場合でも在籍確認はあるので、在籍確認ができない場合には審査に落ちてしまい融資ができなくなってしまいます。

在籍確認がないと、無収入であるにも関わらず過去の職場の情報を申告したり、虚偽の職場を申告したりなどして審査に通過しようとするケースも考えられます。

職場に在籍していることが確認できれば、申し込み時に申告した収入が嘘ではないことが、収入証明書類と合わせて確認できます。

また、他人の情報で不正利用をしていないかチェックすることも在籍確認をする理由です。

たまたま拾った社会保険証を利用して他人の情報でカードローンの申し込みを行い、他人の借金で自らが金銭を得る行為を防ぐためにも在籍確認が行われます。

在籍確認が取れないとカードローン会社は、

「虚偽の職場で申し込みをしているのではないか」
「不正利用をしようとしているのではないか」

といった疑念を拭い去ることができないので、貸付不可という判断が下り、審査に落ちてしまうことになります。

無職だと借入れできない

少額融資だとしても、無職の人は収入がないので金融会社に返済能力がないと判断されてしまい、審査に通ることができません。

カードローン会社は、返済能力のある人にしか貸し付けを行いません。
無職の人に融資をしてしまうと、貸し倒れしてしまうリスクが高いので審査に通過させないようにしています。

そのため、無職で今すぐお金が必要な人はカードローンではなく、身内にお金を借りる、日払いのバイトをする、質屋を利用する方法を検討してください。

無職でも利用可能な質屋

無職の人は、誰でも利用する事ができる質屋で即日融資を受ける事ができます。有名な店としては、大黒屋などが挙げられます。

質屋はブランド品や電化製品などのアイテムを預けて査定をしてもらい、査定額を融資します。
審査することがなく、預けたアイテムが担保となるため、ノーリスクで貸付が行えるのです。

なお、預けたアイテムは3ヶ月以内に返済をする事で返してもらうことができます。


関連記事

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資