プロミスの利用限度額を増額して追加融資を受ける方法

プロミスの利用限度額が少なくなり、増額を考えているかと思います。

ただ、すぐに増額の申請をしても審査に通らないことが多いです。

ここでは、プロミスで増額をするためにはどうすれば良いのか、増額審査と条件について解説していきます。

増額の審査に通りやすくする方法

「プロミスのカードローンを利用しているけど利用限度額が小さくて不便」
「他の消費者金融で申し込みんで、利用できる金額を上げたい」

と考えている人は、増額の審査を申し込んでみて下さい。

プロミスのカードローンをよく利用している人は利用実績が積み重なっていますので、増額の審査に通る可能性が高いです。

他にも、増額審査に通りやすくするためには以下の条件のいずれかを満たすことで優遇される可能性が高いです。

それでは一つひとつ確認していきましょう。

カードローンを何度も利用している

プロミスの増額審査を通過するには、どの程度プロミスのカードローンを利用しているのかが重要になります。

プロミスのカードローン利用実績が多い人は今後も利用する可能性が高く、プロミスとしても増額して利用可能額を増やしておきたいと考えるため、審査通過率が高くなります。

「急な大きな出費があるけれど利用限度額が足りない!」

という方は増額審査の申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

利用実績が1年以上ある

プロミスとしても利用実績が浅いと

「増額して本当に返済が出来るのか?」

と疑問に思い、増額の審査に通らない可能性があります。

増額する際には少なくとも1年以上の利用実績があると安心して増額審査の申し込みをすることが出来ます。

返済期日に遅れず返済している

プロミスの増額審査では、プロミスのカードローンの返済が遅れていないことが条件になります。

返済が遅れがちな人は

・借入に対する意識が低い
・計画的な借入ができていない
・返済能力を超えている

に当てはまる可能性が高いです。

これらに該当する場合はプロミスのカードローンは増額出来ませんので注意が必要です。

申し込み当初よりも年収が上がった

申し込み当初から年収が上がった場合は、返済能力が増えたことになりますので増額審査に通りやすくなります。

プロミスなどの消費者金融では貸金業法の総量規制の範囲内で貸付を行うことが義務付けられています。

つまり年収が上がれば、”借入総額が増える=増額審査に通過しやすい”ということになります。

返済でお金に困っている人は、増額ではなく借り換えも検討する事で毎月の返済額を調節していく事もできます。

なお、年収が増えても、他社で借入が増えた場合などはその分借入総額も増えますので、増額審査に通らない可能性があるため注意が必要です。

プロミスの増額方法は3つ

増額の申請には3つの方法があります。

どの方法を使っても審査が不利になることはありません。ご自身に一番合った方法で増額審査に申し込みをするようにしましょう。

インターネット上の会員ページから申し込み

プロミスの公式ホームページから会員ページに入り、そこで増額の審査を申し込むことが可能です。

インターネット申し込みとなりますので、24時間どこでも審査の申し込みをすることが可能です。

インターネットで申し込みすると最短即日で利用限度額の増額をすることが可能です。また、新規申し込みのように多くの項目を申請する必要がないため、気軽に増額申し込みをすることが可能です。

プロミスコールセンターに電話で申し込み

プロミスではプロミスコールセンターと呼ばれる電話対応窓口を設けています。

プロミスコールの営業時間は21時までとなっています。

「インターネットでの増額申し込みがよくわからない」

という方は、プロミスコールに連絡することでオペレータを通じて増額審査を申し込むことが可能です。

【プロミスの営業時間】

項目営業時間
インターネット24時間対応
プロミスコール(電話受付窓口)9:00~21:00
自動契約機9:00~21:00(土日祝日を含む)

自動契約機から申し込み

プロミスの増額審査は、自動契約機から行うことも出来ます。

自動契約機での増額申し込みが一番手間がかかりそうな気がしますが、土日は自動契約機だけでしか増額審査の申し込みが出来ません。

急な出費があるけど土日で増額が出来ないとあきらめている人は、プロミスの自動契約機で増額審査の申し込みをすることを検討してみて下さい。

増額の審査時間は最短即日

増額申請をしてから最短即日(長くても2、3日)で審査結果がでます。

プロミスの増額審査では以下のような流れですすんでいきます。

増額の流れ

  • インターネット、プロミスコール、自動契約機から増額申し込み
  • 増額審査
  • 審査結果回答
  • 利用限度額が増額される
  • 増額部分の借入が出来るようになる

増額申し込みで再審査の場合は、審査回答までに2日~3日必要になりますので、増額審査は余裕を持って行うようにしておきましょう。

年収確認書類をあらかじめ用意しておく

審査には年収確認書類が必要になるケースが多いのであらかじめ用意しておくようにしましょう。

【年収確認書類が必要になるケース】
・利用限度額が50万円を超える人
・利用限度額と他社での利用残高の合計が100万円を超える人

年収確認書類は源泉徴収票をはじめとした以下のいずれかの書類を用意しておくようにしましょう。

【年収確認書類】
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・税額通知書(最新のもの)
・所得(課税)証明書(最新のもの/「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
・給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)
・賞与明細書がない場合は、直近2ヶ月分の給与明細書

必要書類についての詳しい解説は以下で行っています。

返済計画が崩れてしまう可能性がある

お金が必要だからと言って安易に増額をしてしまうと、当初の返済計画が崩れます。

返済計画が崩れると借金が膨らみ、返済が苦しくなるので、冷静に考えてから増額申請をしてください。

プロミスの最低返済金額は以下のようになっています。

【プロミスの最低返済金額】

借入後残高返済金額
1万円1,000円
5万円2,000円
10万円4,000円
20万円8,000円
30万円11,000円
50万円13,000円
100万円26,000円
200万円40,000円
300万円60,000円
400万円80,000円
500万円100,000円

借入が増えれば増える程、毎月の返済額が大きくなってしまいますので注意が必要です。

また、返済金額を減らすために借入期間を長くしたり、返済後利用限度額ギリギリまで借入を繰り返し行ったりしますと借金が減りにくくなります。

最終的に借入金の返済のために他社借入を増やすことにもなりかねませんので、計画的な利用を心掛けましょう。

【借入後残高と返済回数】

借入後残高返済金額返済回数支払い総額
10万円13,000円9回(9ヵ月)106,978円
50万円13,000円58回(4年10ヵ月)746,160円

例えば、普段は10万円の借入を毎月13,000円の返済で利用している人であれば9ヵ月で完済することが出来ます。

しかし、増額して50万円借入し、返済金額を13,000円で変えなかった場合は、完済するまでに4年10ヵ月もかかってしまいます。

借入には利息が付きますので、返済期間を長くすれば長くするほど逆に支払い総額が増えるため注意が必要です。

急な出費で増額などをする場合は、増額利用分は返済した後利用をしないなど自分の収入や返済能力に合った借入を行う必要があります。

プロミスの返済について詳しい解説は以下で行っています。


関連記事