今すぐお金を借りたい!今日中に即日融資を受けるための方法

「すぐにお金を借りたい!」という人は、Webから大手消費者金融に申し込みをすると審査を最短30分で終えることができ、最短1時間程度で融資が受けられます。

しかし、いざ大手消費者金融で即日融資を受けるとなると

「具体的に、いつまでに、どこで、何をすればいいのか分からない」

という人も多いと思います。

本記事では、すぐにお金を借りるための方法について紹介していきます。

大手消費者金融での融資を含め、今日中に今すぐお金を借りる方法を見ていきましょう。

今日中にお金を借りるなら消費者金融カードローン

今日中にお金を借りるなら、消費者金融のカードローンであれば即日融資を受ける事ができます。

消費者金融のカードローンなら、小口融資で貸し倒れのリスクが少なく、かつ個人の返済能力や信用情報をもとに貸し倒れのリスク回避を行っています。

更に、担保なし保証人なしで借入が可能であり、審査も30分~1時間ほどで完了するため、即日でも融資が可能です。

カードローンの中でも、銀行系カードローンについては、2018年1月から金融庁の指示により、警察庁の個人データベース照会が必須になったため、当日中の融資は不可となっています。

すなわち、即日融資を受けたい場合は、必然的に消費者金融のカードローンを選ぶ必要があります。

即日振込融資なら13時までに申し込み

振り込みでの融資を申し込む場合、銀行を経由して融資が行われるため、13時までに申し込みを済ませる必要があります。

即日振込融資でお金を受け取るためには、銀行の営業時間の15時までに振り込みしてもらう必要があります。

申し込み、審査、契約手続き完了までの時間を考えると、13時が即日融資を受けるためのタイムリミットです。

振込融資の申し込みから融資実行までの流れは以下の通りです。

審査の流れ

  • WEBサイトから申し込み
  • 仮審査結果の通知
  • 必要書類の画像をメール添付、もしくはスマホアプリで提出
  • 本審査結果の通知
  • 会員ページから借り入れの申し込み
  • 指定口座への振込融資の実行

とはいうものの、消費者金融と提携している銀行口座を持っている人は13時を過ぎても振込で即日融資が可能です。

次の節では24時間即日融資ができる大手消費者金融会社を紹介します。

24時間即日融資に対応しているアコムとプロミス

大手消費者金融のアコムとプロミスであれば、提携銀行口座をお持ちの人に限り、土日祝日でも24時間振り込み融資を受けられます。

2018年10月に全国銀行協会(全銀協)に加盟する全国500行以上の金融機関で、土日祝日問わず24時間振込が可能となるモアタイムシステムが導入されました。

これに伴い、24時間振り込みに対応している銀行の口座を持っている人ならいつでも融資を受けられるサービスがアコムやプロミスから提供されました。

アコムでは楽天銀行の口座を持っている人は、24時間いつでも申し込みから1分程度で振込をしてもらうことができます。

アコム

おすすめポイント

  • 楽天銀行口座を持っていれば24時間振込融資
  • 借入できるか3秒診断サービス
  • 30日間無利息で借入可能
金利 借入限度額 審査時間
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分

プロミスでは、24時間365日最短10秒で振り込みが完了する「瞬フリ」というサービスを提供されています。

瞬フリでは地銀も含め、24時間振込に対応する多くの金融機関で最短10秒の振り込みが可能となっています。

▼大手金融機関の瞬フリ対応状況

三菱UFJ銀行

三井住友銀行

みずほ銀行

ジャパンネット銀行

曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~24:00

24時間受付

受付完了から10秒程度
土・日・祝日

住信SBIネット銀行 曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~24:00

24時間受付

受付完了から10秒程度
土・日・祝日 0:00~0:30 当日8:45~9:30頃
0:30~23:30 受付完了から10秒程度
23:30~24:00 翌日8:45~9:30頃

各金融機関の振込実施時間はこちらのプロミス公式ページ(金融機関別振込実施時間検索)から確認できます。

プロミス

ポイント

  • 提携銀行から10秒で振込融資対応
  • カードレス&郵送物なしの「WEB完結」
  • 30日間利息0円
金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分

たくさんの金融機関で、いつでもすぐに振り込みを実行してもらえるサービスは、消費者金融の中でも、現状ではプロミスのみの独自サービスとなっています。
「いつでもすぐに融資を受けたい」という人はプロミスがおすすめです。

自動契約機から即日融資なら20時までに申し込み

自動契約機で契約をする場合、20時までに申し込みを済ませ、営業時間内にローンカードを発行する事ができれば即日融資が受けられます。

大手消費者金融の審査回答の時間は21時までなので、審査時間として30分~1時間程度かかるということを考慮すると、即日融資のためには、20時までには申し込みを済ませておく必要があります。

20時までに申し込みを済ませ、ローンカードさえ発行することができれば、隣接するATMや近くにコンビのATMから出金することができます。

自動契約機での申し込みから融資までの流れは以下の通り。

自動契約機から即日融資の流れ

  • 自動契約機に行く
  • 申し込み手続きを行う(必要項目の入力、必要書類の提示)
  • 審査・在籍確認
  • 本審査結果の通知
  • 契約書の確認、署名
  • ローンカードの発行し、ATMで借り入れ
  • ※Webから予め申し込みをしておくと本審査結果までの時間を短縮できます。

流れとしては、まずはじめに住所や勤務先、借入希望額などの情報をタッチパネルで入力し、その後、本人確認書類と収入確認書類とスキャンしてカードローン会社へ提出します。

書類をカードローン会社へ提出し、申し込みが完了すると、備え付けの電話に、オペレーターから電話があり、内容確認が行われます。その後、審査・在籍確認が行われ、30分~1時間ほどで審査結果の通知があります。

あとはオペレーターからの借入・返済方法の説明を聞き、契約書に署名をしてスキャンして手続きは完了です。ローンカードが発行され、ATMから融資が可能となります。

以上が基本的な自動契約機での融資の方法です。

自動契約機からすぐに融資を受けるには、事前にWebで申し込みを済ませておくことをおススメします。

Webで申し込みをしておくと、自動契約機に来るまでの間に審査が行われ、自動契約機では「必要書類の提出」と「契約書の確認・署名」だけですぐにローンカードが発行できます。

ちなみにアコム、プロミスの自動契約機の営業時間は22時までとなっています。

消費者金融 名称 営業時間
アコム 自動契約機
むじんくん
9:00~22:00(土日・祝日可)
※一部店舗は21:00まで
プロミス 自動契約機 8:00~22:00(土日・祝日可)
※一部店舗は21:00まで

即日融資をするための必要書類を準備しておく

カードローンに申し込みをする際は、「本人確認書類」と「収入証明書」が必要です。
予め書類を準備しておくことで、すぐに消費者金融会社へ提出することができるので、申し込み時間を短縮することができます。

本人確認書類は「本当に本人が申し込んでいるのか」を確認することために、収入確認書類は総量規制(年収の3分の1までしか借入できない)などの絡みで収入をしっかり確認するために、それぞれ提出することになります。

それぞれの書類の提出が求められる理由についてもう少し詳しく解説します。

「本人確認書類」が必要な理由は以下の2つになります。

  • •「本人が申し込んでいるのか」を確認するため
  • •「申告した情報に偽りはないか」を確認するため

まれに家族や身分証を拾った誰かが本人に成りすまして申し込みをしてくるケースもあり、こうした行為を未然に防ぐためことが、本人確認書類提出の目的の一つとなっています。

また、本人確認書類には名前、生年月日など個人を特定できる情報が記載されていますので、収入証明書から得られる収入の情報と合わせて、申告した情報に嘘偽りはないかを確認しています。

「収入証明書」の提出理由は、以下の2つになります。

  • •「総量規制の範囲内であるか」確認するため
  • •「申込者に収入があるのか」を確認するため

総量規制は、貸金業者から年収の3分の1以上の借り入れすることができないことを定めた法律で、消費者金融の融資の際には必ず収入を確認することが義務付けられています。

また、申込者に本当に収入があるのかどうかを確認しています。
収入がない人は返済能力がないので、融資をすることができません。

本人確認書類、収入確認書類として使える書類について見ていきましょう。

本人確認書類としては以下の書類が利用できます。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 健康保険証+住所の確認が取れる書類(住民票、公共料金支払い領収書など)

運転免許証、マイナンバーカード、パスポートの顔写真付きの本人確認書類は補助書類は不要です。

ただし、顔写真付きでも記載された自宅住所と現在お住まいの自宅住所が異なる場合には、住所確認書類として公共料金の領収書などを合わせて提出する必要があります。

収入証明書類としては以下のようなものが利用できます。

収入証明書類
  • 給与明細書2か月
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書

いずれか1つを提出する必要があります。

クレジットカードのキャッシング枠を使う

どうしてもカードローンに抵抗があるという人は、クレジットカードにキャッシング枠を付帯させることで、即日現金を借入することができます。

消費者金融に1から申し込みを行うよりも、既にクレジットカードを持っている人はキャッシング枠を付けるとカード発行時間がない分、キャッシング枠のみの審査で終えられるので早く借入が可能です。

クレジットカードのキャッシング枠についてクレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠と別に設定されています。
キャッシング枠は任意で付けるものなので、現金の借入が必要な場合はカード発行と同時に申し込みしてください。

ショッピング枠はショッピングで利用できる限度額、キャッシング枠はキャッシングで利用できる限度額になりますので、それぞれ別枠として区別されています。

ただし、キャッシング枠はショッピング枠の中に含まれているものなので、キャッシング枠を消費すると、ショッピング枠も消費されることになります。

クレジットカードを持っていないという人は、即日発行・即日受け取りが可能なクレジットカードがあります。

即日発行・即日受取が可能なクレジットカードとして、ACマスターカードがあります。

「ACマスターカード」はカードローン・キャッシング機能が付いたクレジットカードです。
即日発行が可能で、自動契約機ではその場でカード発行も可能となっています。

年会費無料なので、急にお金が必要になる時に備えて1枚持っておくのも良いでしょう。

ACマスターカード

  • 最短即日発行
  • 全国600台以上のむじんくんで申込日の受け取りが可能
  • 入会金・年会費無料
  • カードローン機能付帯

中小消費者金融は即日に対応していない

中小消費者金融は審査に時間がかかることから、基本的に即日融資に対応していません。

中小消費者金融は利用者一人一人を人の手で審査するため、どうしても審査に時間がかかるため、即日融資できないところが多いです。

人の手の審査では、申し込み者の背景、人柄、現在の状況のども含め総合的に融資可能かの判断をするためにどうしても時間がかかってしまうわけです。

例えば中小消費者金融として、「ライフティ」があります。ライフティでは、ネットからの申し込みして審査まで完了すると、契約関連書面が自宅に郵送で届きます。

この契約書面の到着後に初めて融資が可能となるため、即日融資は不可となっています。

また、ライフティでは審査自体も最短で1日、通常は数日程度かかることが多いようです。

このように、中小消費者金融では審査自体に時間がかかりますし、申し込みから融資までのフローに郵送での書面のやりとりが含まれていたりするので、即日融資ができないことが多いです。

即日融資を受けようと考えているなら、大手消費者金融で借入を行うのが良いでしょう。


関連記事

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資