プロミスで即日融資を受ける方法を解説

大手消費者金融のプロミスのカードローンは、コンビニATMなどの提携ATMが充実していることもあり、即日融資も受けられるカードローンです。

とはいえ、プロミスで即日融資をしようと思っているとの中には、以下のような不安を感じている人もいるでしょう。

  • 何時までに申し込めば即日融資が可能?
  • 即日融資を受けるのに特別な準備は必要?
  • 審査にどれくらいの時間はかかるの?

結論から言うと、申し込み当日の20時までに申し込みを完了させることで即日融資を受けられる可能性が高いです。
申し込み状況によっては、融資を受けられるのが翌日以降にずれ込んでしまう可能性もあります。

この記事では、プロミスから即日融資を受けるためのポイントを紹介していきます。

即日融資にも対応できる申し込み方法

プロミスの申し込み方法は、Web、電話、郵送、自動契約機、店頭窓口の5種類あります。
中でも、Web申し込みであれば店舗に移動する事がないので、申し込み時間を短縮することができます。

Webからの申し込みなら自動契約機のように来店する必要なく、審査時間中も拘束されることがないので、空いた時間で手短に申し込み手続きを行うことができます。

更にWeb完結申し込みであれば、金融機関によっては15時以降も即時振込が可能な「瞬フリ」というサービスを提供しているので24時間(メンテナンス時間を除く)融資を受ける事もできます。

申込方法受付時間
Web24時間365日
電話9時から22時
自動契約機9時から22時
店頭窓口10時から18時(平日のみ)

※自動契約機は、契約機により営業時間が異なります。

即日融資を受けるには当日20時までに申し込み完了

プロミスで即日融資を受けるためには、20時までには申し込みを完了させておく必要があります。

プロミスの審査実施時間が9時から21時までだからです。審査が完了しなければ当然、融資をしてもらえません。

プロミスの審査は最短で30分、申し込みから利用までは最短1時間です。
そのため、21時までに審査を完了させて即日融資をしてもらうためには、どんなに遅くとも審査終了1時間前の20時までに申し込む必要があるのです。

21時までに審査が完了しない場合は、融資は翌日にずれ込んでしまいます。

ただし、20時までに申し込んだからと言って100%、21時までに審査が完了するわけではありません。

審査内容によっては、1時間以上かかってしまうこともあります。
確実に即日融資を受けたい人は、時間に余裕を持って申し込みをおこなってください。

申し込み方法即日融資も可能な時間帯
WEBから申し込み
(プロミスコールからの申し込み)
20時までの申し込み
郵送での申し込み即日融資不可
店頭窓口での申し込み16時までの申し込み
(営業時間は18時まで、土日・祝日は休業)
無人契約機での申し込み20時までの申し込み
(営業時間9:00~22:00 ※契約機により営業時間が異なります。)

なお、電話、無人契約機ともに土日や祝日も申し込み可能ですが、店頭窓口の場合は平日のみの受付となります。
※混雑状況によっては即日融資を受けられない場合もあるので、確実に即日融資を受けたい場合には午前中に申し込むなど早めに申し込みを行って下さい。

プロミス

プロミスで「フル入力」から申し込みであれば、申し込み後にカードローン審査に移り、Web上でカードローン契約が可能です。
カンタン入力の場合は、申し込み後に電話で申し込み情報の確認をする必要がある分、審査に移る前に手間がかかります。

  • 20時までの申し込みで即日融資を受けられる可能性があります
  • 土日・祝日でも融資まで最短1時間
  • 初めての利用の人は30日間利息0円・最短30分審査
  • ※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要です。

金利借入限度額審査時間
4.5%~17.8%最大500万円最短30分

早く融資を受けるならインターネットから申し込む

インターネットからの申し込みであれば、24時間365日受付をしています。
更に、Web完結申し込みであれば、郵送物なしで自分の口座に振り込み融資が可能なので、融資まで最短1時間で借入をする事ができます。

Webからの申し込みなら無人契約機のように来店する必要なく、審査時間中も拘束されることがないので、空いた時間で手短に申し込み手続きを行うことができます。

Web完結申し込みであれば、金融機関によっては15時以降も即時振込が可能な「瞬フリ」というサービスを提供しています。

そのため、20時までに申し込みを済ませれば当日中の融資も可能です。
Web完結の申し込み方法については以下で解説をしています。

プロミス

プロミスで「フル入力」から申し込みであれば、申し込み後にカードローン審査に移り、Web上でカードローン契約が可能です。
カンタン入力の場合は、申し込み後に電話で申し込み情報の確認をする必要がある分、審査に移る前に手間がかかります。

  • 20時までの申し込みで即日融資を受けられる可能性があります
  • 土日・祝日でも融資まで最短1時間
  • 初めての利用の人は30日間利息0円・最短30分審査
  • ※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要です。

金利借入限度額審査時間
4.5%~17.8%最大500万円最短30分

即日融資を受ける方法

即日融資を受ける方法として、「瞬フリ」、「振込キャッシング」、「ATM」の3つがあります。

中でも瞬フリは提携口座を持っている人であれば、メンテナンス時間を除き、土日・祝日問わず24時間借入が可能です。

以下から、瞬フリ、振り込みキャッシング、ATMの利用方法を詳しく見ていきましょう。

瞬フリ利用で最短10秒の融資も可能

瞬フリを利用することで、最短10秒で24時間振り込み融資が可能であり、土日祝日いつでも融資を受ける事ができます。

ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行といったメガバンクをはじめ、地方銀行の多くも24時間365日振り込み可能で、対応する銀行は全国で約200を数えます。

しかし、一部24時間の振り込みに対応していない銀行もあります。
提携口座については、以下のページより確認してください。

「瞬フリ」を利用するための手順は以下の通り。

  • 会員サービスにログイン(Web-IDとパスワード、またはカード番号とカード暗証番号を入力)
  • 振込先口座を登録または変更(「お客さま情報の照会・登録/変更」の「振込先口座登録・変更」から希望の振込先口座を登録)
  • 振込キャッシングのお申込み(「瞬フリのお手続き」から、振込キャッシングのお申込み振込金額を入力)

提携口座がない人は振込キャッシングの対応も可能

「瞬フリ」と違い、平日14時までにはカードローン契約を済ませた状態にし、14時50分までにプロミスに融資を申し込む必要があります。

14時50分を過ぎてしまうと即日融資がされませんので、今日中にお金が必要な人は申し込み時間に特に注意してください。

また、瞬フリと違い、土日・祝日の振り込みにも対応していません。

ATMを使って即日融資

ローンカードまたは、公式スマホアプリを使う事で、コンビニなどの提携ATMから即日融資も可能です。

ATMからの出金は土日や夜間でも受け付けているので、ローンカードの発行、カードローンの申し込みが完了していれば、いつでも即日融資を受けることができます。

ローンカードの発行は、自動契約機まで出向く必要があります。
自動契約機の営業時間は22時までなので、即日融資を希望する人は、自動契約機に行く時間に注意してください。
※自動契約機は、契約機により営業時間が異なります。

  • 22時までに自動契約機でローンカードを発行する
  • プロミスATM、提携ATMからローンカードを使ってお金を引き出す

なお、プロミスのローンカードは、プロミスATM、提携銀行ATMのほか、セブン銀行、ローソン銀行といった提携のコンビニATMで24時間365日、手数料無料で利用することができます。

プロミスは土日の審査にも対応

プロミスは土日でも21時まで審査を行っているので、休日の急な借入でも融資に対応してくれます。

プロミス店頭は、土日は休業となりますが、無人契約機での申し込みやWEB申し込みであれば、土日でも申し込みから審査までを完了させることが可能です。

土日に即日融資を受ける方法については以下で詳しい解説をしています。

土日の在籍確認に注意

土日の在籍確認は勤務先が休みという企業も多いので、予め担当者に相談(プロミスコール(0120-24-0365))すると電話連絡以外の在籍確認方法を提示してくれる可能性があります。

なぜなら、在籍確認は「返済能力の確認」と「不正利用の防止」のために、土日であろうと必ず行われます。

在籍確認がないと、無収入であるにも関わらず過去の職場の情報を申告したり、虚偽の職場を申告したりなどして審査に通過しようとするケースも。

職場に在籍していることが確認できれば、申し込み時に申告した収入が嘘ではないことが、収入証明書類と合わせて確認できます。

また、他人の情報で不正利用をしていないかチェックすることも在籍確認の目的です。

たまたま拾った社会保険証を利用して他人の情報でカードローンの申し込みを行い、他人の借金で自らが金銭を得る行為を防ぐためにも在籍確認が行われます。

ただし土日で在籍確認はできないが、どうしても融資が必要なことを伝えると、柔軟に対応してもらえる可能性があります。

「土日で会社が休みなのですが急いでいるので今日中にお金を借りたい」ということを伝えると、明日以降に在籍確認をすることを条件に融資を実行してくれる場合があります。

とくに少額融資であれば、プロミス側としても万が一貸し倒れが起きた際の損害も小さいため、在籍確認を後回しにしてくれる可能性は高くなります。

在籍確認について融通を効かせてくれるかどうかは、その人の返済能力、過去の返済実績などから判断されることにはなりますが、まずは融通が可能か担当者に相談が必要です。

プロミスで即日融資を受ける流れ

最後に、プロミスで即日融資を受ける流れを見ていきましょう。
即日融資が可能なWeb、電話、店頭窓口、自動契約機での申し込みから借り入れまで、詳しくお伝えします。

Webから即日融資を受ける場合

  • 1.プロミス公式ホームページから申し込み
  • 24時間365日申し込み可能です。「カンタン入力」と「フル入力」が選べ、カンタン入力を選んだ場合は、申込後に電話での審査があります。

  • 2.必要書類の提出
  • 本人確認書類をスキャナやスマートフォンのカメラで撮影し、プロミスに送信してください。

  • 3.審査
  • 申込内容を元に審査が行われます。審査は最短30分で完了しますが、申込内容によっては30分以上かかる場合もあります。

  • 4.契約
  • 審査に通った場合は、契約に進みます。契約方法はカードレスで利用できる「Web契約」、ローンカードが発行される「来店契約」のいすれかを選ぶことが可能です。来店契約を選んだ場合は、別途、自動契約機でローンカードを発行する必要があります。

  • 5.借り入れ

店頭窓口、自動契約機から即日融資を受ける場合

  • 1.店舗窓口、自動契約機に行く
  • 本人確認書類を持参のうえ、店頭窓口、自動契約機まで出向いてください。自動契約機の営業時間は9時から22時(土日・祝日も営業)、店頭窓口の営業時間は平日の10時から18時です。
    ※自動契約機は、契約機により営業時間が異なります。
    遅くても営業時間が終了する1時間前までには申し込みを済ませてください。

  • 2.審査
  • 最短30分で審査が完了します。

  • 3.契約書類の作成、カード受け取り
  • 4.借り入れ

電話申し込みから即日融資を受ける場合

  • 1.プロミスコールに電話
  • プロミスコール(0120-24-0365)に電話をして申し込みます。プロミスコールの受付時間は土日・祝日問わず9時から22時です。

  • 2.審査
  • 最短30分から1時間で審査結果が出ます。

  • 3.自動契約機に行く
  • 本人確認書類を持参のうえ、自動契約機もしくは店頭窓口に出向いてください。自動契約機の営業時間は9時から22時(土日・祝日も営業)、店頭窓口の営業時間は平日の10時から18時です。
    ※自動契約機は、契約機により営業時間が異なります。

  • 4.契約書類の作成、カード受け取り
  • 5.借り入れ

関連記事

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資

お金を借りる方法