プロミスで即日融資をする方法を解説

プロミスで即日融資をしようと思っていているけど「本当に即日融資できるのかわからない」、「どうすれば即日融資できるの?」といった疑問を持っていませんか?

プロミスでは即日融資が可能で、24時間カードローンの申し込みを受け付けています。

Web完結申込であれば、プロミスが審査を行っている20時までに申し込みを完了させることで自分の銀行口座へ振り込み融資が受けられます。

提携銀行口座を持っている人で振込融資の場合、24時間いつでも融資が可能です。

平日遅い時間や土日祝日の場合は、自動契約機で借入用のカードを発行する事でATMから借入をする事ができます。

ここでは、プロミスで即日融資を受けるにはどうすれば良いのかという解説していきます。

即日融資可能な時間帯

プロミスで即日融資を受けるためには、20時までには申し込みをしておく必要があります。

プロミスの審査回答時間は9時~21時なので、当日中に審査に通過するためには、この審査回答時間内に契約を完了しなければなりません。

審査にかかる時間が30分~1時間ほどかかることを考慮すると、21時の1時間前の20時までには申し込みを済ませておく必要があるということです。

店頭窓口でも即日融資が可能ですが、営業時間も18時までと短く、土日・祝日は休業であることには注意しておく必要があります。

ここでは申し込み方法と即日融資可能な時間帯をまとめました。

▼各申し込み方法の即日融資可能な時間帯

申し込み方法 即日融資可能な時間帯
WEBから申し込み
(プロミスコールからの申し込み)
20時までの申し込み
郵送での申し込み 即日融資不可
店頭窓口での申し込み 16時までの申し込み
(営業時間は18時まで、土日・祝日は休業)
無人契約機での申し込み 20時までの申し込み
(営業時間は22時まで)

※上記の時間帯でも混雑状況によっては即日融資不可の場合もあるので、確実に即日融資を受けたい場合には早めに申し込みを行って下さい。

プロミス

ポイント

  • カードレス&郵送物なし「WEB完結」
  • 最短30分で審査
  • 30日間利息0円
金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分

早く融資を受けるならインターネットから申し込む

インターネットからの申し込みであれば、24時間365日受付をしています。
更に、Web完結申し込みであれば、郵送物なしで自分の口座に振り込み融資が可能なので、融資まで最短1時間で借入をする事ができます。

Webからの申し込みなら無人契約機のように来店する必要なく、審査時間中も拘束されることがないので、空いた時間で手短に申し込み手続きを行うことができます。

Web完結申し込みであれば、金融機関によっては15時以降も即時振込が可能な「瞬フリ」というサービスを提供しています。

そのため、20時までに申し込みを済ませれば当日中の融資も可能です。

早く融資を受けたいと考えている人は、Webから申し込みをすることをおススメします。

プロミス

ポイント

  • 最短1時間で融資
  • カードレス&郵送物なしのWeb完結申し込み
  • 30日間利息0円
金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分

即日融資を受ける方法

即日融資を受ける方法として、「瞬フリ」「ローンカードを発行」の2つがあります。

その中でも、「瞬フリ」は土日でも24時間振り込み融資が可能なサービスなのでおススメです。

瞬フリを利用して即日融資

瞬フリを利用することで、最短10秒で24時間振り込み融資が可能であり、土日祝日いつでも融資を受ける事ができます。

ただし、瞬フリを利用するには、三井住友銀行やジャパンネット銀行など24時間振り込み対応をしている提携口座が必要です。

2018年10月に全国銀行協会(全銀協)に加盟する全国500行以上の金融機関で、24時間振込が可能となるモアタイムシステムが導入されました。

これに伴いプロミスでは、24時間振り込みに対応している銀行の口座を持っている人なら土日祝日問わず、いつでも融資を受けられるサービスとして「瞬フリ」が提供されることになりました。

「瞬フリ」を利用するための手順は以下の通り。

  • 会員サービスにログイン(Web-IDとパスワード、またはカード番号とカード暗証番号を入力)
  • 振込先口座を登録または変更(「お客さま情報の照会・登録/変更」の「振込先口座登録・変更」から希望の振込先口座を登録)
  • 振込キャッシングのお申込み(「瞬フリのお手続き」から、振込キャッシングのお申込み振込金額を入力)
プロミス

ポイント

  • 10秒で振り込み融資「瞬フリ」
  • 30日間利息0円
  • 最短30分で審査
金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分

ローンカードを利用して即日融資

自動契約機からローンカードを発行する事で、土日や夜間の申し込みでも即日融資をする事ができます。

ローンカードを発行すれば、コンビニなどのATMから融資が可能となります。

ATMからの出金は土日や夜間でも受け付けているので、ローンカードの発行まで完了していれば、いつでも即日融資を受けることができます。

プロミスは土日の審査にも対応

プロミスは土日でも21時まで審査を行っているので、休日の急な借入でも融資に対応してくれます。

プロミス店頭は、土日は休業となりますが、無人契約機での申し込みやWEB申し込みであれば、土日でも申し込みから審査までを完了させることが可能です。

WEB申し込みや無人契約機であれば、最低限のスタッフで運営できるために土日も申し込みから審査まで可能となっているわけです。

土日の在籍確認に注意

土日の在籍確認は勤務先が休みという企業も多いので、予め担当者に相談(プロミスコール(0120-24-0365))すると電話連絡以外の在籍確認方法を提示してくれる可能性があります。

なぜなら、在籍確認は「返済能力の確認」と「不正利用の防止」のために、土日であろうと必ず行われます。

在籍確認がないと、無収入であるにも関わらず過去の職場の情報を申告したり、虚偽の職場を申告したりなどして審査に通過しようとするケースも。

職場に在籍していることが確認できれば、申し込み時に申告した収入が嘘ではないことが、収入証明書類と合わせて確認できます。

また、他人の情報で不正利用をしていないかチェックすることも在籍確認の目的です。

たまたま拾った社会保険証を利用して他人の情報でカードローンの申し込みを行い、他人の借金で自らが金銭を得る行為を防ぐためにも在籍確認が行われます。

ただし土日で在籍確認はできないが、どうしても融資が必要なことを伝えると、電話連絡以外の在籍確認方法を提示してくれる可能性があります。

電話連絡以外の在籍確認方法としては、書類による在籍確認があります。

会社員や公務員であることを証明できる以下のような書類を提出することで電話の在籍確認の代わりにしてくれる場合があります。

在籍確認書類の例
  • 社員証
  • 会社名が書かれている給与明細
  • 健康保険証(協会けんぽ・組合健保)

必ずではありませんが、書類による在籍確認という方法のほかに「在籍確認を後回しにしてくれる」というパターンもあります。

「土日で会社が休みなのですが急いでいるので今日中にお金を借りたい」ということを伝えると、明日以降に在籍確認をすることを条件に融資を実行してくれる場合があります。

とくに少額融資であれば、プロミス側としても万が一貸し倒れが起きた際の損害も小さいため、在籍確認を後回しにしてくれる可能性は高くなります。

在籍確認について融通を効かせてくれるかどうかは、その人の返済能力、過去の返済実績などから判断されることにはなりますが、まずは融通が可能か担当者に相談が必要です。


関連記事

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資