収入証明不要で即日融資可能なカードローン

融資を受けるためには、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類は必須です。
しかし、収入証明書は必ずしも必須ではないので、用意しなくてもお金を借りることはできます。

収入証明書不要で融資を受けたいと思っている人の中には、

  • 収入証明書がない
  • 今収入証明書を持っていない
  • 収入証明書不要が本当なのかわからない

といった状況になっている人もいるのではないでしょうか。

結論から言えば、50万円までの借入れなら原則収入証明書なしでカードローンの利用が可能です。

この記事では、収入証明書なしで利用ができるカードローンについて解説していきます。
今日中にお金が必要だけど収入証明書が用意できない人はぜひ参考にしてください。

収入証明書不要で利用可能なカードローン会社

原則として50万円までなら収入証明書不要でカードローンを利用する事が可能です。
即日融資を受けるのであれば、大手消費者金融のカードローンを選択する必要があります。

なぜなら、消費者金融では50万円までの貸し付けには収入証明書の確認義務がないからです。

消費者金融は貸金業法に則る必要があります。
多重債務者の増加を受けて、2009年に貸金業法が改正され、以下の場合は収入証明書の確認義務が発生するようになりました。

  • ・1社あたりの借り入れが50万円を超える場合
  • ・他社借入と借入額の合計が100万円を超える場合

上記のいずれかに当てはまらなければ、消費者金融は収入証明書の確認なしで貸し付けすることができるのです。

大手消費者金融のアコム、アイフル、プロミスの収入証明書の提出を必要としない条件を確認しましょう。

カードローン会社収入証明書の提出を必要としない条件
プロミス・借入希望額が50万円を超えない
・借入希望額と他社借入額との合計が100万円を超えない
アイフル・借入希望額が50万円を超えない
・借入希望額と他社借入額との合計が100万円を超えない
アコム・借入希望額が50万円を超えない
・借入希望額と他社借入額との合計が100万円を超えない

3社ともに、50万円までの借り入れには原則として収入証明書の提出が必要ではありません。

プロミス

Webからの申し込みであれば、10分程度で手続き完了することができます。
必要書類も写真を撮って申し込み時に添付するだけで済みます。

  • 2020年オリコン顧客満足度1位(ノーバンクカードローン)
  • 他社借り入れをしている人でも審査できる
  • 低収入・アルバイト・パートの人でも申し込み可能
プロミスで申し込み

50万円未満の借入では収入証明書が原則不要です。

金利借入限度額審査時間
4.5%~17.8%最大500万円最短30分

※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要です。
アイフル

アイフルの融資可能か1秒診断サービスでは、年齢・雇用形態・年収・他社借入金額を入力するだけで診断ができます。

  • 書類で在籍確認の相談がしやすい
  • 融資可能か1秒で診断できるサービス
  • 初めて利用する人は30日間利息0円
アイフルに申し込む

書類で在籍確認を行っても審査が不利になることはありません。

金利借入限度額審査時間
3.0%~18%最大800万円最短30分

銀行カードローンも原則50万円まで収入証明書不要

銀行カードローンでも原則50万円までであれば、収入証明書不要でカードローンを利用可能です。
ただし、銀行カードローンは即日融資に対応していませんので、即日融資を希望する人は消費者金融のカードローンを選ぶ必要があります。

銀行は消費者金融と違い、貸金業法が適用されません。その代わりに、銀行は銀行業法を守る必要があります。

銀行業法では収入証明書の提出を義務付けていないので、銀行には貸し付けの際に収入証明書確認の法的義務は生じません。

ただし、過剰貸付への自主規制により、消費者金融と同程度の基準を設けて、50万円を超える貸し付けの際には収入証明書の提出を求める銀行が一般的です。

以下から、メガバンクや大手インターネット銀行のカードローンの収入証明書の提出基準を確認しましょう。

銀行収入証明書の提出が必要としない条件
三井住友銀行・借入希望額が50万円を超えない
三菱UFJ銀行・借入希望額が50万円を超えない
みずほ銀行・借入希望額が50万円を超えない
楽天銀行・借入希望額が50万円を超えない
・借入希望額と他社借入額との合計が100万円を超えない

メガバンクのカードローンでは、他社借入額との合計についての収入証明書の規定はありません。

しかし、借入希望額と他社借入額の合計が100万円を超える場合には、収入証明書の提出を求められる可能性があります。

また、消費者金融と比べると銀行カードローンの審査はより厳格です。
そのため、過去に数日程度のカードローンやクレジットカードの延滞がある人、スマートフォンなどの分割払いの延滞がある人は、借入希望額が50万円以下だとしても収入証明書の提出を求められる可能性があります。

該当する人は、源泉徴収票や住民税決定通知書といった収入証明書を準備しておきましょう。

銀行で利用できるローンの種類と金利については以下で詳しく解説をしています。

収入証明書不要で在籍確認の電話連絡なしのカードローン会社

カードローンの利用を会社にバレる可能性を下げるには、在籍確認の電話連絡なしに対応したカードローン会社を利用してください。
在籍確認は、カードローン審査で必ず必要になりますが、カードローン会社によっては書類で在籍確認に対応できる場合があります。

会社名入りの給与明細書や健康保険証などの書類を提出すれば、その会社に在籍していることを客観的に示すことができるからです。

申込者の安定した収入を確認するためや、詐欺目的の申し込みを防ぐ本人確認のために、すべてのカードローン会社で審査の過程で必ず行われます。
「在籍確認なしで申込可能」といった業者は、闇金などの違法業者ですので利用しないでください。

勤務先への電話ではなく、書類の提出で在籍確認が可能な主なカードローン会社は、アイフルとSMBCモビットです。

とはいえ、すべての人が書類での在籍確認が認められているわけではありません。以下から、アイフルとSMBCモビットの書類での在籍確認の条件を確認してください。

カードローン会社書類で在籍確認が行うための条件
アイフル※いずれか1点の書類の提出が必要
・会社名入りの健康保険証
・直近1ヶ月分の給与明細書
SMBCモビット※全てを満たすことが条件
・WEB完結での申し込み
・社会保険証もしくは組合保険証の提出
・直近1ヶ月分の給与明細書の提出

なお、アイフルでは在籍確認は原則として電話で行われます。

そのため、書類提出での在籍確認を希望する場合は、申し込みの際に担当者にその旨を伝える必要があります。
申込後にコールセンターに電話をして書類での在籍確認の希望を伝えるか、本人確認の電話を受けた際に書類での在籍確認の希望を伝えてください。

アイフル

アイフルの融資可能か1秒診断サービスでは、年齢・雇用形態・年収・他社借入金額を入力するだけで診断ができます。

  • 書類で在籍確認の相談がしやすい
  • 融資可能か1秒で診断できるサービス
  • 初めて利用する人は30日間利息0円
アイフルに申し込む

昨日、24が当サイト経由で、アイフルの審査に通りました。

金利借入限度額審査時間
3.0%~18%最大800万円最短30分

誰にもバレずに即日融資を受ける方法については以下で詳しく解説をしています。

収入証明書が必要になるケース

最後に、収入証明書の提出が必要になるケースをまとめて見ていきましょう。

  • ・借入希望額が50万円を超える場合
  • ・借入希望額と他社借入額の合計が100万円を超える場合
  • ・利用限度額を増額する場合

消費者金融カードローンでも銀行カードローンでも50万円を超える借り入れの際には、収入証明書の提出を求められます。

50万円以下の借入希望額でも勤続年数が短い場合や年収に対して借入希望額が多い場合など、申込者の属性によっては収入証明書の提出が求められる可能性もあります。

また、借入希望額と他社借入額の合計が100万円を超える場合も収入証明書の提出が必要です。

消費者金融でははっきりと規定していますが、銀行の場合は規定していない銀行もあります。
規定がない場合でも、借入希望額と他社借入額の合計が100万円を超える際は、収入証明書の提出を求められことを前提にあらかじめ準備しておきましょう。

さらに、利用限度額を増額する際にも収入証明書の提出が求められます。すべてのケースで収入証明書の提出が求められるわけではありません。

しかし、50万円を超える利用限度額を希望する場合や希望する利用限度額と他社借入額の合計が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が必須です。


関連記事

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資

お金を借りる方法