コンビニでお金を借りる2つの方法

銀行や消費者金融の窓口など、お金を借りることができる場所は色々ありますが、深夜や早朝、あるいは休日にすぐにお金が借りることができる場所となると限られます。

店舗数が多く、24時間お金が借りられる場所として最も利便性が高いのがコンビニです。

この記事を読んでいる人の中には、下記のような疑問点や悩みを持っているのではないでしょうか。

  • コンビニで本当にお金を借りられるのか
  • コンビニでお金を借りる時の手順を知りたい
  • コンビニで借りる際の手数料を知りたい
  • 近くの店舗で借りることができるのかを知りたい

この記事を読んでいただければ、コンビニでお金を借りることに対するあなたの不安や疑問点が解決するはずです。

コンビニでお金を借りる方法

コンビニでお金を借りるには2つの方法があります。

2つのうちどちらかを契約していれば、コンビニのATMからお金を借りる事ができます。まずは、金融機関のカードローンを利用してコンビニでお金を借りる方法を見ていきましょう。

コンビニATMでカードローンを利用する

銀行か消費者金融のカードローンを契約しておくとコンビニのATMで借入する事ができます。
銀行や消費者金融のカードローンは、多くのコンビニATMと提携しているからです。

プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビットといった大手消費者金融の提携コンビニATMは以下の通りです。

大手消費者金融の提携コンビニATM
  • プロミス
  • セブン銀行(セブンイレブン)、ローソン銀行(ローソン)、イーネット(ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ等)

  • アコム
  • セブン銀行(セブンイレブン)、ローソン銀行(ローソン)、イーネット(ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ等)

  • アイフル
  • セブン銀行(セブンイレブン)、ローソン銀行(ローソン)、イーネット(ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ等)

上記のように、大手消費者金融では数多くのコンビニATMと提携しています。
近くにひとつは借入できる店舗があるのではないでしょうか。

セブン銀行ATMはスマホアプリで借入可能

プロミスなどのスマホアプリに対応した消費者金融と契約している人は、セブン銀行ATMであればアプリを使って借入ができます。
セブン銀行ATMにはローンカードが必要なく、スマホアプリひとつで借入できるサービスがあるからです。

通常、コンビニATMでお金を借りるのにはローンカードが必要です。しかし、セブン銀行ATMであれば、財布を持ち歩く必要もないというわけです。

スマホアプリを使ったセブン銀行ATMでの借入方法は以下の通りです。

公式アプリの使い方
  1. 契約している消費者金融のスマホアプリにログイン
  2. スマホアプリの「ATM」を押す
  3. 出金選択をして借入金額を入力
  4. 消費者金融のスマホアプリのカメラ機能が立ち上がる
  5. ATM上部の「スマートフォン出金・入金」を押す
  6. ATM画面に表示されたQRコードをアプリのカメラで読み取る
  7. スマホアプリに表示された企業番号をATMに入力
  8. ATMに表示された手数料を確認のうえ「確認」を押す
  9. ATMに暗証番号を入力
  10. ATMに表示された金額を確認のうえ「確認」を押す
  11. 紙幣の受け取り

スマホアプリを使ってお金を借りる方法については以下で詳しい解説をしています。

なお、借入金額を1万円単位に設定している金融機関が多いですが、プロミスでセブン銀行ATMを利用する場合は、1,000円単位で借入や返済をすることが可能です。

プロミス

申し込み後にアプリをDLしておけば、審査通過後にアプリを使用してコンビニで借入ができます。

  • コンビニATMから1,000円単位で借入ができる
  • 最短1時間で融資を受けることが可能
  • 30日間利息0円・最短30分審査
金利借入限度額審査時間
4.5%~17.8%最大500万円最短30分

※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要です。

コンビニATMで借入する手数料

ローンカードやアプリからATMで借入を行う際、手数料が掛かりますが、一番手数料が安いコンビニはセブンイレブンです。
ここでは、借入の際にかかる手数料一覧を紹介します。

借入手数料
コンビニATMセブン銀行0円
ローソン銀行借入額2万円までは110円(税込み)、借入額2万円以上は220円(税込み)
イーネット(ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ)平日8:45~18:00と土曜日9:00~14:00は0円、それ以外の曜日・時間帯は110円(税込み)
消費者金融ATMプロミス0円
アコム0円
アイフル0円
SMBCモビット借入額1万円までは110円(税込み)、借入額1万円以上は220円(税込み)
銀行ATMみずほ銀行平日8:45~18:00は0円、平日8:00~8:45と平日18:00~23:00は110円(税込み)、平日23:00~24:00は220円(税込み)、土日8:00~24:00は110円(税込み)、土日0:00~8:00は220円(税込み)祝日8:00~23:00は110円(税込み)、祝日0:00~8:00、23:00~24:00は220円(税込み)
三菱UFJ銀行曜日問わず8:45~21:00は0円、それ以外の時間帯は110円(税込み)
三井住友銀行0円
りそな銀行平日8:45~18:00は0円、それ以外の曜日・時間帯は110円(税込み)
楽天銀行(提携ATM)0円
住信SBIネット銀行(提携ATM)0円

上記のように、コンビニATMではセブン銀行ATMのみ、時間帯や曜日も関係なく借入手数料が0円です。
借入の際の手数料は1回あたり100円から200円程度と小さい金額ですが、何度も借入をする場合は馬鹿にならない金額になってしまいます。

近くに複数のコンビニがあり、どのコンビニATMで借り入れるか迷っている人は、手数料も参考にして選んでみてください。

コンビニATMで返済時にかかる手数料

次に、コンビニATMで返済時にかかる手数料を見ていきましょう。

返済手数料
コンビニATMセブン銀行0円
ローソン銀行借入額2万円までは110円(税込み)、借入額2万円以上は220円(税込み)
イーネット(ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ)平日8:45~18:00は0円、それ以外の曜日・時間帯は利用不可

借入時はセブン銀行ATMのみ手数料が0円でしたが、返済時はイーネットATMも手数料0円で利用することができます。

ただし、24時間365日返済できるセブン銀行ATMとは違い、イーネットATMで返済できる時間帯は、平日の8時45分から18時までに限られます。それ以外の曜日、時間帯では返済することはできませんので注意してください。

コンビニATMを利用できる時間帯

コンビニは24時間365日営業している店舗が多く、コンビニATMも24時間365日利用可能なカードも多いです。
しかし、曜日によっては夜中に利用できないカードもありますので、利用の際には時間帯や曜日に注意してください。

それぞれのコンビニATMの利用可能時間帯は以下の通りです。

利用可能時間帯
消費者金融プロミスセブンイレブン=曜日問わず0:10~23:50

ローソン=月曜日は7:00~23:50、月曜日以外は0:10~23:50

アコムセブンイレブン=曜日問わず0:10~23:50

ローソン=月曜日は0:10~1:00、5:00~23:50、月曜日以外は月曜日以外は0:10~23:50

アイフルセブンイレブン=曜日問わず2:00~3:00以外は利用可能

ローソン=月曜日7:00~23:00、火~金曜日は0:00~24:00、土曜日は0:00~23:50、日曜日は7:00~23:50

SMBCモビットセブンイレブン=曜日問わず0:10~23:50

ローソン=月曜日は7:00~23:55、月曜日以外は0:05~23:55

銀行ATMみずほ銀行セブンイレブン=土曜日22:00~翌日曜日8:00以外は利用可能

ローソン=土曜日22:00~翌日曜日8:00以外は利用可能

三菱UFJ銀行セブンイレブン=24時間365日利用可能

ローソン=24時間365日利用可能

三井住友銀行セブンイレブン=日曜日21:00~翌月曜日7:00以外は利用可能

ローソン=日曜日21:00~翌月曜日7:00以外は利用可能

りそな銀行セブンイレブン=24時間365日利用可能

ローソン=24時間365日利用可能

楽天銀行セブンイレブン=24時間365日利用可能

ローソン=0:05~23:45

住信SBIネット銀行セブンイレブン=24時間365日利用可能

ローソン=24時間365日利用可能

クレジットカードのキャッシング枠を利用

クレジットカードにキャッシング枠が付帯されていれば、コンビニATMから借入をする事ができます。
キャッシング枠を付帯されていない人は、クレジットカード会社の自分の会員情報ページからキャッシング枠を申し込む必要があります。

クレジットカードには、買い物や飲食代金を支払うことができるクレジット機能とともに、現金を借入できるキャッシング機能が付帯されていることが一般的です。

キャッシング機能が付帯されているクレジットカードであればコンビニATMから現金を借りることができます。

融資とキャッシングの違いについては以下で詳しい解説は以下で行っています。

なお、キャッシングできる限度額のことをキャッシング枠といいます。
一般的なクレジットカードであればキャッシング枠が付帯されていますが、サービスや特典の面からおすすめのクレジットカードを2つ紹介します。

楽天カード

年会費ポイント還元率マイル還元率
無料1%0.5%
発行日数海外旅行傷害保険ETC年会費
7日程度最高2,000万円500円
  • 申し込み時にキャッシング枠を付けられる
  • 入会金・年会費無料
  • ポイント還元率1%の高還元

セディナカードJiyu!da!

年会費ポイント還元率マイル還元率
無料0.5~10%0.5%
発行日数海外旅行傷害保険ETC年会費
2週間~無料
  • 毎月の支払い額を調整できる
  • 年会費無料
  • 三井住友銀行グループなので安心してキャッシング枠が使える

クレジットカードのキャッシング手数料

クレジットカードのキャッシングはカードローンよりも手数料が高いです。
そのため、翌月に一括で返済ができる人に向いています。

クレジットカードのキャッシングだと、楽天カードの場合は1万円以下の利用につき1回110円、1万円を超える利用1回につき220円かかります。

プロミスのカードローンであれば、自社ATMはもちろん、セブンイレブンをはじめとする多くのコンビニATMの手数料は0円です。

つまり、同じ2万円を借りた場合、プロミスでは2万円の現金を受け取ることができますが、楽天カードのキャッシングだと1万9,780円しか受け取ることができないのです。

1回1回の金額は小さいと思うかもしれませんが、10回繰り返した場合、2,200円もの差が出てしまいます。

コンビニでお金を借りる方法は、カードローン、クレジットカードの2種類があります。
ローンカードを持っていない場合は、新たに申し込む必要があるというデメリットがありますが、手数料は安いというメリットがあります。

クレジットカードは持っている人が多く、手軽にお金を借りられるように思いますが、カードローンに比べると手数料が高いというデメリットがあります。

返済回数や借入金額に応じて、自分に合った方法を選んでください。


関連記事

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資

お金を借りる方法