カードローンの在籍確認の内容と会社にバレない解決策

カードローンの申込をした際に行われる在籍確認。この在籍確認について不安を持っている人も多いのではないでしょうか。

在籍確認を気にしている人の中には、

  • 在籍確認で何を確認されるのかわからない
  • 勤務先への電話連絡をなくしたい
  • 非正規雇用の場合どこに在籍確認が来るのか

といった悩みを抱えている人が多いです。

この記事を読むことで、在籍確認についての不安を解消する事ができますので、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

在籍確認はなぜ行われるのか

在籍確認は、申込者がカードローン申し込み時に記入した勤務先に本当に在籍しているかどうかを確認するために行われます。

融資の申込には、安定した収入があることが前提条件であり、審査の申込時に申告した情報が本当に正しいか裏付けを取るために在籍確認が必要だからです。

なお、在籍確認は原則会社への電話連絡によって行われます。

カードローン会社を名乗ることはない

在籍確認の電話連絡は一般的に非通知で行われ、カードローン会社名は言わず、担当者の個人名を名乗って連絡が来ます。

そもそも在籍確認は「会社に在籍しているかどうか」が確認できれば十分なので、カードローン会社の担当者が個人名で電話をかけても問題ないのです。

申込した人も、会社にカードローンの申込だとバレる可能性が低くなりますし、会社から経済苦を疑われる心配も少ないでしょう。

ただし、銀行の在籍確認の場合は、稀に銀行名でかかってくることもあります。

もし銀行名でかかってきた場合は、「付き合いで作ったクレジットの在籍確認」や「口座開設に不備があったための電話」などと会社に言えば、カードローンの在籍確認と疑われることも無いでしょう。

在籍確認で確認される事項

在籍確認の電話連絡では、まず個人名で会社に電話がかかってきます。
ここで本人が電話に出なくても用件が伝えられることは無く、本人への取次を求められます。

本人へ取次がれた際にはじめてカードローン会社の名前と、カードローンの本人確認であった旨を伝えられ在籍確認が終了します。

在籍確認の電話では、

・氏名
・年齢
・生年月日

など本人が特定できる事項の申告を求められるため、会社の人に不自然に思われたくない場合は一旦席を外すなどしておく方が無難です。

万が一本人が休暇の場合は、取次ぎした人から「〇〇は本日休暇をいただいております」と言った旨の報告を受けても在籍確認として認められます。

なお、在籍確認が行われる時間帯は明確に決まってはおらず、カードローン会社の営業時間内に行われます。

勤務先が休みの場合

勤務先が休みの場合は、電話による在籍確認が出来ません。
在籍確認が出来なければ審査に通らないため、お金を借りることが出来ません。

在籍確認は1度確認が取れなくてもすぐに審査に落ちるということはありません。
在籍確認が取れなかった場合は、本人に一度連絡が行われ、会社に連絡がつかなかった旨が伝えられます。

その際に「勤務先が休みのため、休み明けの〇〇日以降に連絡してほしい」と伝えましょう。後日再度在籍確認の連絡が来ます。

在籍確認の連絡が取れるまで、審査には通過できませんので、今すぐにお金を借りたい場合は会社が休みの時を外してカードローンの申込をするようにして下さい。

電話連絡をなくす方法

電話連絡ではなく、書類による在籍確認を行うことで、勤務先への電話連絡をなくすことができます。

書類での在籍確認が行われる理由は、勤務先の都合によりどうしても電話による在籍確認が出来ない場合があるためです。

例えば以下のようなケースが考えられます。

・会社の方針で、個人の在籍情報を教えられない場合
・勤務先が非通知の電話に対応していない場合 
・会社が休業日で電話そのものが繋がらない場合

このようなケースに該当する場合、一度カードローン会社の担当者に在籍確認を書類によって代えることは出来ないか相談してみると良いでしょう。

相談している時間はない、今すぐにでもお金を借りたい、けれども誰にもカードローンの利用をバレたくないという人は以下で詳しい解説をしています。

書類による在籍確認

書類による在籍確認が認められた場合は、以下の書類の提出が求められます。

・社名が入っている健康保険証
・社名が入っている直近の源泉徴収票
・社名が入っている直近の給与明細
・社員証など

在籍している社名が入っている書類を提出することによって、現在も在籍していると確認が取れますので、在籍確認として認められます。

万が一、社名が入っていない書類の場合は、他の社名が入っている書類の提出が必要です。

SMBCモビット
  • 書類で在籍確認に対応しているので会社の人にバレにくい
  • 書類で在籍確認ならWeb上でカードローン契約が完結できる
  • ローンカード不要なのでスマホで借入/返済ができる
  • ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

金利 借入限度額 審査時間
3.0%~18% 最大800万円 10秒簡易審査

派遣社員や個人事業主、専業主婦の人の在籍確認

ここでは派遣社員や個人事業主である人の場合、どこに在籍確認の連絡が来るのかを説明していきます。

派遣社員の場合

派遣社員がカードローンを申込む際には、申告する勤務先は派遣元となる「派遣会社」を設定してください。

なぜなら、派遣先が派遣社員の名前を把握していない場合や短期間労働で勤務先が変わってしまう場合もあるためです。

派遣社員は、場合によってはスムーズに在籍確認が行うことができないケースが存在します。

在籍確認が行えないケース

・派遣会社が登録されている社員の個人名を答えない場合
・派遣先が派遣社員の名前を把握していない場合
・複数の派遣先で働いており、固定の職場が無い場合
・日雇い派遣などで短期間しか在籍しない場合
・複数の派遣会社に登録している場合

ご自身の判断で派遣会社に電話が行っても対応が難しいと思われる場合などは、派遣先に電話をしてもらうようにカードローン担当者に相談してみましょう。

個人事業主の場合

カードローン申し込み時に申告した事務所や店舗に電話がかかります。
もし事務所や店舗が無く、自宅で事業を行っている場合は自宅にかかります。

そもそも固定電話が無い場合は、携帯電話に電話するという形で在籍確認を行うケースも存在します。

ただ、個人事業主の場合は、本当に勤務しているか判断するには電話確認だけでは難しい場合も多いので、追加で書類の提出が必要になる場合があります。

その際には

・確定申告書
・所得証明書
・納税証明書

などが求められる場合があります。

専業主婦の場合

専業主婦の人は、自宅または自分の携帯電話に在籍確認の電話が来ます。

専業主婦はそもそも収入がないので、本人確認と詐欺目的の申し込みを未然に防ぐために在籍確認が行われます。

在籍確認で旦那にバレるかどうか不安という人は、以下で旦那にバレずにカードローンを利用する方法を解説しています。

在籍確認がなかったケース

在籍確認は必ず行われるはずですが、中には在籍確認が行われなかったケースも存在します。

在籍確認の連絡がなかったケースは以下のような状況が考えられます。

本人確認が済んでいる

以前に申込したカードローン会社の商品を利用したことがあり、本人確認が済んでいる場合は在籍確認が行われない場合もあります。

ただし、この場合は勤務先が変わっていない事や、逆算して勤続年数が合致していることが条件となります。

本人の情報が変わっている場合、正確な情報を更新するために在籍確認が行われます。

これまでの信用情報に問題がない

個人信用情報に問題が無い場合は、在籍確認が行われないケースが存在します。

そもそも在籍確認が行われる理由は「安定した収入」があるかどうか、安定した収入があるか確かめる理由は貸し倒れのリスクがあるかどうかを把握するためです。

信用情報に問題が無いということは、過去支払いを遅延したり他社借入が多かったりすることが無いということです。つまり貸し倒れリスクは少なく、在籍確認も行われないケースがありえます。

借入希望額が10万円以下

借入希望額が10万円以下の場合も貸し倒れのリスクが少ないため、在籍確認が行われないケースが存在します。

ただし、借入希望額が10万円であっても、既に他社借入が10万円以上ある場合や、過去延滞などをしている場合などは在籍確認が行われます。

場合によっては在籍確認が行われないケースは存在しますが、基本的に在籍確認が行われると考えておいてください。

10万円以下で借り入れを希望している人は、今すぐにお金を借りたいと思っている人が多いと思います。
以下では少額からでも即日融資を受ける方法を解説しています。


関連記事