審査なしでカードローンの借入をしたい人がすべき方法

審査のなしのカードローンを探している人は、「過去にカードローン審査に落ちてしまった」、「自分は審査に通らないのでは?」といった不安を抱える人が多いです。

実際、カードローン会社は申し込み者の返済能力を確認するため、必ず審査をしているので、審査なしでカードローンを契約する事はできません。

とはいうものの、カードローン会社はカードローンを利用してもらい、利息によって利益を出しているため、様々なサービスを提供しより多くの人に利用してもらおうとしています。

仮に、無職や信用情報に問題がありカードローンの契約ができないという人でも、カードローン以外の方法で現金を受け取る方法があります。

この記事では、審査なしのカードローンを探している人の状況別に解決策を解説していきます。

審査なしのカードローンは存在しない

カードローン会社は、申込者の返済能力と信用情報を必ず確認しているので、審査をなしのカードローンはありません。

カードローン会社が審査をなしにしてしまうと、嘘をついて申し込みをする人や返済能力がない人に融資をしてしまう可能性があります。

また、返済できない人に融資をしてしまうと貸し倒れのリスクが高くなってしまうので、カードローン契約時には審査を行っているのです。

審査なしでカードローンを探す人の解決策

審査なしのカードローンはありませんが、信用情報に問題がない人は、カードローン審査に通過する可能性が高いので大手消費者金融に申し込むことをおススメします。

過去に金融事故があり、信用情報が問題で審査に落ちた人は、大手消費者金融に申し込む以外の方法を検討してください。

カードローンを探している人は状況によって違うので、自分の状況に適した解決策を見つけることで、カードローンを契約する事ができます。

今の状況 解決策
時間がないけど今すぐお金を借りたい 即日融資に対応している
大手消費者金融に申し込み
信用情報に問題がある カードローンの審査に通らないので
債務整理や質屋を利用
会社への在籍確認の電話連絡が嫌 書類で在籍確認ができる
大手消費者金融へ申し込み
他社借り入れ額が多い おまとめローンを利用して1社にまとめる
書類の準備ができない 50万円以下の借入金額で申し込み
学生だけどお金を借りたい 20歳以上でアルバイトなどの収入が必要
無職だけど現金が欲しい 質屋を利用、モノを売る

無職の人はカードローン会社に返済能力を認めてもらうことができないため、カードローンを利用する事ができません。
ただし、「無職の人でもお金を借りる方法」として解説をしているので、参考にしてみてください。

即日融資を希望の人は大手消費者金融

今すぐお金が必要で即日融資をしたい人は、大手消費者金融のアコムをおススメします。

当サイトでは独自に、即日融資に対応した大手消費者金融(アコム・プロミス・アイフル・SMBCモビット)を利用したことがある人100人に審査から融資までのどれくらいの時間がかかったをアンケート調査しました。

その結果、100人中70人の人がアコムを利用し、申し込みから審査まで1時間~3時間以内に融資ができたと回答。

大手消費者金融の審査から融資までの時間は以下になりました。

消費者金融会社 審査時間から融資までの時間
アコム 1時間~3時間
プロミス 1時間~12時間
モビット 3時間~翌日
アイフル 3時間~翌日

即日に対応している消費者金融の中でもアコムが審査から融資までの時間が早いです。

この結果から、「いますぐお金を借りたい!」という人はアコムを利用するのが良いでしょう。

アコム

おすすめポイント

  • 即日融資可能で、審査は最短30分
  • 会員数150万人超で国内最大手
  • 30日間無利息で借入可能
金利 借入限度額 審査時間
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分

最短30分で審査結果が分かります。

金融事故記録は5年~10年残る

信用情報機関に異動情報として記録される金融事故記録は5年~10年残るため、その間はカードローンを利用する事ができないので記録が消えるまで待つしかありません。

カードローン審査の際には、カードローン会社は個人信用情報機関へ申し込み者の信用情報の確認をします。
ここで信用情報に異動情報(ブラック)があると審査に落ちてしまうわけです。

それぞれの異動情報が信用機関に残る内容は以下の通りです。

金融事故情報の内容

  • 延滞・遅延

    クレジット契約の代金を61日以上または3ヶ月以上の支払い遅延が起きた場合

  • 代位弁済

    支払い遅延により、保証会社による借金の一括返済が発生した場合

  • 強制解約

    長期遅延や規約違反で強制解約となった場合

  • 債務整理

    債権整理で借金の減免をした場合。任意整理、個人再生、自己破産など。

異動情報の記録は、CIC(指定信用情報機関)、JICC(日本信用情報機構)、JBA(全国銀行協会)という3つの信用情報機関で共有され、カードローン会社の借入審査の際に利用されます。

下記の表は金融事故を起こした状況と異動情報の記録されている期間を表したものです。

金融事故情報 CIC JICC JBA
延滞・遅延 5年 1年 5年
代位弁済 5年 5年 5年
強制解約 5年 5年 5年
自己破産 5年 5年 10年
個人再生 5年 10年
任意整理 5年 5年

異動情報が残っている5年~10年間は、大手消費者金融にカードローンの申し込みをしても審査に通過することはできません。

どうしてもお金に困っている場合は、身内に借りる、モノを売る、といった方法でお金を作ることを考えてください。

SMBCモビットは在籍確認の電話連絡なし

会社への電話連絡が嫌だという人は、電話連絡なしに対応した大手消費者金融SMBCモビットのWEB完結申し込みをおススメします。

SMBCモビットのWeb完結申し込みでは、在籍確認の電話連絡をなしにするために一定の条件を設けています。
条件を満たしていれば、書類による在籍確認をすることができます。

在籍確認の電話をなくす条件
  • 社会保険証か組合保険証のどちらかの保険証を提出
  • 収入を証明する源泉徴収票か直近2ヶ月分の給与明細が必要
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの普通預金口座が必要

例えば、社会保険の加入には、雇用期間1年以上、週20時間以上の労働、月88,000円以上といった条件があります。
この時点で申込者には安定した収入を得ているということが確認できるため、電話連絡をしなくても書類で確認する事ができるのです。

SMBCモビット

おすすめポイント

  • WEB申し込みで「在籍確認の電話なし」が可能
  • 10秒簡易審査で結果が直ぐにわかる
  • セブン銀行ATMならカードなしでの借入も可能
金利 借入限度額 審査時間
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分

Web上で在籍確認ができます。

借入額が年収3分の1以上あると審査に落ちる

既にカードローンの借入が年収の3分の1以上ある人は、カードローン会社の貸し倒れリスクが高くなってしまうため、カードローン審査に通過する事ができません。

借入には、年収の3分の1以上借り入れできないという「総量規制」という法律があります。
既に借入額が年収の3分の1に達している人は、総量規制に触れてしまう恐れがあることから、カードローンを利用することができません。

例えば、年収300万円の人がA社に50万円、B社から50万円の借入があるとします。

C社から新たに借入を行おうとしても、既に合計で100万円の借入があるので、カードローンを利用することができません。
(1社のみの借入でも100万円を借りていた場合は、2社目に申し込みすることはできません。)

また、年収300万円の人がA社に70万円、B社から20万円の借入がある場合、10万円まであればC社に申し込みをする事ができます。
しかし、総量規制ギリギリの借入となってしまうと、申込者はカード会社に返済能力を疑われ、審査に落ちるケースが多いです。

もしも複数社から借入があり、年収の3分の1の借入をしている人は、おまとめローンを検討してみてください。

総量規制ギリギリの人はおまとめローンを検討

おまとめローンを利用する事で借入件数を1つにまとめる事ができるので、返済の計画がたてやすくなります。

おまとめローンは総量規制の例外貸付にあたるため、一時的な総量規制を超える融資が認められています。

例えば、年収300万円の人がA社に50万、B社30万、C社20万円、3社から合計100万円の借入をしていたとします。

すでに年収の3分の1である100万円の借入があるので、新規のカードローン会社から借入できません。

しかし、A社でおまとめローンを利用した場合、B社・C社の借入額を全額返済することを条件として一時的に総量規制を超えた融資を受ける事ができます。

A社に100万円を借りる(一時的に借入額合計200万円)

B社30万・C社20万円の借入額を返済して完済証明書をA社に提出(借入合計150万円)

借入金額150万円をA社に返済していく

おまとめローンで借入件数を減らしていく事で、各社に対する金利による負担も減り、一時的に総量規制を超える融資が可能です。

新規のカードローン会社に申し込んでしまうと、貸し倒れのリスクの高さから断られることが多いので、利用しているカードローン会社に相談することをおススメします。

50万円以下の借入は本人確認書類だけでOK

50万円以下の借入であれば、本人確認書類のみでカードローンに申し込むことができます。

なぜなら、給与明細書や源泉徴収票などの書類が必要となるケースは貸金業の規制等に関する法律上、

・50万円を超える契約を行う場合
・他社を含めた借入総額が100万円を超える場合

に限られるからです。
そのため、50万円以下の借入であれば、本人確認書類があればカードローンの借入をすることができます。

本人確認書類は顔写真付きであれば1種類、顔写真がないものは2種類のいずれかが必要になります。

本人確認書類(顔写真なし)
  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
顔写真なしの場合
  • 健康保険証+住民票
  • 健康保険証+公共料金領収書(3ヶ月以内)
  • 健康保険証+納税証明書

本人確認書類はカードローン会社が申込者を審査するために必須になります。

50万円以下で融資を検討しているのであれば、アコムのカードローンがおすすめです。

アコムであれば、Web上で申し込みを完了させることができ、審査時間が最短30分で行うことができます。

アコム

おすすめポイント

  • 即日融資可能で、審査は最短30分
  • 会員数150万人超で国内最大手
  • 30日間無利息で借入可能
金利 借入限度額 審査時間
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分

20歳以上の学生も継続的な収入が必要

20歳以上の学生の人は、継続的にアルバイトの収入があれば大手消費者金融でカードローンの申し込みをする事ができます。
ただし、未成年の学生はカードローンの申し込み条件に当てはまらないので、利用する事ができません。

大手消費者金融の場合、20歳以上で安定した収入がある人をカードローン申込条件としています。
また、消費者金融のカードローンは総量規制という法律上、年収の3分の1までしか借入ができないので、アルバイトの収入だと借入額が少額に制限されます。

借入する額が少額なため、カードローン会社としても貸し倒れのリスクが低くなり、学生でも申し込むことができるのです。

しかし、カードローン返済時におよそ15%~20%の金利も負担しなければならないことから、できれば身内や友人に借りる事も検討してください。

カードローンを考えている場合は、アコムの3秒診断というサービスを利用してみる事をおススメします。

3秒診断では、「年齢」「年収」「カードローン他社借入状況」の3項目を入力するだけで借入可能か診断ができます。
※3秒診断は信用情報の確認を省いているので必ず借入できるわけではありません。

アコム

おすすめポイント

  • 即日融資可能で、審査は最短30分
  • 会員数150万人超で国内最大手
  • 30日間無利息で借入可能
金利 借入限度額 審査時間
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分

無職の人はカードローンが利用できない

無職で収入がない人はカードローン会社に返済能力がない人と判断されることから、カードローン審査に通過することができません。

収入がない人は返済能力もないので、カードローン会社から貸したお金を回収できない可能性があると判断され審査に落ちます。

また、勤め先がないことから、カードローン審査時に必要な在籍確認をする事ができないのも審査に落ちる原因です。

もし、無職でどうしてもお金を借りる必要がある場合には身内や友人にお金を借してもらうか、3カ月以上アルバイトをしてください。

収入と職場があると証明する事ができれば、カードローンの審査を通過できる可能性があります。

カードローンを利用できない人がお金を借りる方法

カードローンの審査に通らない人は、身内にお金を借りるかブランド品などを担保にお金を借りる事を検討してください。

質屋を利用してお金を借りる

質屋では、ブランド品などの腕時計、アクセサリー、バッグ、パソコンやカメラなど電化製品を預ける代わりに、現金を融資してもらえます。

3ヶ月間の返済期限までに元金と利息を返済すれば、預けた品物は返してもらえます。

返済できない場合は、預けた店舗で商品として売りに出されてしまいますが、借入額を返済する必要はありません。

大黒屋など大手の質屋であれば来店からおよそ15分くらいでお金を受け取ることができます。

買取アプリCASHを利用する

売れる物を持っている人は、買取アプリCASHを使うことですぐにお金を作ることができます。

CASHはスマホから利用できる即時買い取りサービスのアプリです。

スマホで撮影したアイテムの写真を送るだけですぐに査定され、簡単に現金を手にする事ができるので、店舗に行く時間が省け、買取の書類を記入したりする手間がありません。

撮影したアイテムの発送も送料無料かつ宅配業者が自宅に集荷してくれるので、家にいながら直ぐにお金が作れます。

スマホで撮影したアイテムの査定結果は直ぐに返ってきてアプリ上で査定額分がチャージされます。
チャージされた金額は指定した銀行に振り込みにて受け取ることができます。
(銀行の営業時間内(15時まで)であれば即日振込対応)

わざわざ店頭買取に行って身分証の確認や書類の記載をする必要がないので、カードローンは利用できないが、早くお金を借りたいという人におススメです。

CASHを使ったの即金までの流れは非常に簡単です。

  • アプリをインストール後、電話番号の登録
  • 「アイテムを撮る」を使い写真撮影をする
  • 査定開始
  • 査定終了後、撮影したアイテムを発送(発送無料)
  • 発送後お金を受け取る

現金の受け取り方法は二種類「口座振込」と「コンビニ手渡し」があります。

当日中に即金するためには

  • ウォレット受け取り方法「口座振込」を選択
  • 当日の午後3時までに査定を行う
  • 1万円以下の場合はウォレット受け取り方法「コンビニ手渡し」を選択

コンビニ手渡しで即金希望の場合は、受け取り可能時間の7:00〜21:30を過ぎてしまうと受け取ることができません。

審査なしの金融会社は闇金

審査なしで借入ができる会社は闇金だけです。
ただし、闇金で借入をしてしまうと、返済が困難になり自分の首を絞めてしまうので借入は絶対にしないでください。

なぜなら、闇金は審査をせず個人情報を要求し貸し付けを行います。
返済できれば良いと考える人がいますが、個人情報は闇金業者へ共有されてしまい、返済後もしつこい借入の勧誘があります。

また、借金の返済をしようとしてもなかなか元本が減らず金利の支払いに追われることになってしまうのです。

闇金の金利は、年率40~50%のところが多いです。
中には、金利が「10日で1割増し」など法外な金利の業者もいまだ存在します。

消費者金融の場合は、金利が高くても法定金利上20%なので、闇金と消費者金融では2倍以上の差があります。

更に、1日でも返済が滞ると、夜中の電話、職場への電話、自宅へ押しかける、恐喝など強引な取り立てが続きます。

闇金で一時しのぎはできるかもしれませんが、結局は事態を悪化させることになり、自分の首を絞めてしまいます。

闇金に借りるぐらいなら、他で借入をできるように努力するか、どうしても無理なら、債権整理も視野に入れて考えてみるべきでしょう。

ソフト闇金に注意

ソフト闇金も絶対に利用すべきではありません。
ソフト闇金は、SNSやネット掲示板などで個人間融資をしたり、消費者金融業者を装ったりする業者のことです。

ソフト闇金も闇金と変わらないので、借入をしてしまうと、違法な金利をかけられ返済を請求されたり、個人情報を悪用されてしまいます。

ただし、従来の闇金業者と異なり、利用者を安心させたり、信頼関係を築いたりすることによって貸付金の回収を図ります。

特に最近多いのがLINEを利用した「LINE闇金」です。

LINE闇金はLINEアプリ上で個人情報のやり取りなどを交わし、返済が滞ると「LINEで友人や職場への取り立てを行う」「身分証をLINEでばらまく」など脅しをして貸付金の回収を行います。

「ソフト」と聞くと何となく利用しやすいイメージを持つかもしれませんが、実態は闇金なので決して利用すべきではありません。


関連記事

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資