来店不要で即日融資が可能な消費者金融

「今すぐお金が必要だけど消費者金融探すのが面倒」「お金を借りに店舗に行くのが抵抗ある」など来店不要で即日融資ができる所を探している人は多くいます。

カードローンの申し込みから借入までWeb上で完結できる消費者金融であれば、来店不要で即日融資が可能です。

来店不要なので、ふと思いついた時や空いた時間にカードローンを契約する事ができます。

この記事では、来店不要で即日融資が受けられるカードローンについて解説していきます。

即日融資できるのは消費者金融のみ

カードローンには「銀行」と「消費者金融」の2種類がありますが、即日融資ができるのは、消費者金融のカードローンのみです。

銀行系カードローンは、2018年1月から金融庁の指示により反社会勢力に融資を避けるべく、警察庁による個人データベース照会が必須になり審査に時間がかかるため、即日融資は不可となっています。

したがって、来店せずに即日融資を受けたい場合には、必然的にプロミスなどのWeb完結申し込みができる消費者金融のカードローンを選ぶ必要があります。

来店不要で即日融資するための手順

来店不要で即日融資を受けるためには、「Web上でカードローンの申し込みから契約まで完結できること」と「借入用のカード不要な状態」の2点を満たす必要があります。

なぜなら、来店せずに即日融資となると、Webでカードローン契約を完結させなければならないからです。

また、借入用のカードはATMから取引をする時に必要なものになりますが、カードを受け取るには来店するか郵送するかしかありません。

そのため、来店不要で即日融資を受けたい人はカードレスで融資ができる消費者金融に申し込みをする必要があります。

Web完結申し込みの流れとしては以下の手順になります。

審査の流れ

  • 消費者金融の公式サイトから「Web完結」で申し込む
  • 申し込み完了後に送られるメールか専用アプリから必要書類の提出
  • 審査結果の通知(メール)が届く
  • 在籍確認の電話
  • 銀行口座を登録し、登録した口座へ振込融資を申請

以上が来店不要で即日融資をするための手順になります。

WEB完結可能業者を選ぶ

来店をしないで即日融資をするのであれば、いわゆる『WEB完結申込』対応の消費者金融を選ぶ必要があります。

Web完結申し込み以外にも、即日融資の申し込み方法としては、無人契約機や店頭での申し込みといった方法もありますが、いずれも来店が必要となります。

また郵送での申し込みは来店不要で申し込みができますが、必要書類を郵送したり、借入用カードが必要で届くまで借入ができないなど即日融資ができません。

即日融資でかつ来店不要となると、必然的にWeb完結で申し込みする必要があります。

借入用のカード不要で振込融資ができる消費者金融を選ぶ

借入用のカードが不要(カードレス)な消費者金融会社であれば、Web上で振込融資の申請を行い、自分の銀行口座のカードを使ってATMで借入する事ができます。

借入するためにカードが必要になる場合、カードが届くまでカードローンを利用する事ができません。

カードが必要となると、即日で融資可能との通知が届いたとしても、結局、郵送でカードが届くまでに1日以上は待たなければならないので、即日融資は不可となります。

カードローン申し込みをする

消費者金融専用のカードローン申込フォームへ必要事項を入力します。

申込者情報 ・氏名
・生年月日
・性別
・電話番号
・メールアドレス
・運転免許証の有無
住居・家族の情報 ・自宅住所
・持ち家賃貸か
・既婚、独身
勤務先情報 ・勤務先名
・勤務先住所
・勤務先電話番号
・勤務先の規模
・入社時期
・雇用形態
・年収
その他 ・保険証の種類
・他社借入金額
・希望借入額

必要事項を入力し、確認ボタンを押した後申し込みを完了させると、申し込んだ消費者金融から受付メールが届きます。

その後、審査結果のメール(あるいは自分の電話に連絡)が送られ、在籍確認が行われます。

必要書類をアップロードする

申し込み後に必要書類の提出を求められるので必要書類を消費者金融へ添付して送信してください。

カードローン審査をするためには、必要書類の提出が必要です。

WEB完結申し込みに必要な書類
  • 社会保険証または組合保険証と給与明細書1か月分
  • 運転免許証またはパスポート
  • 源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書2か月分のうちいずれか1点

借入方法は振込申請

来店不要の場合は「振込融資」によって借入をしてください。

カードローン契約後、申し込みを行った消費者金融サイトへログインをし融資の申請を行います。

消費者金融と提携している銀行口座であれば、24時間振込融資が可能です。

提携していない銀行口座しか持っていない人は、銀行の当日振込受付時間の14時までに振込融資の申請をする必要があります。

来店不要で即日融資が受けられる消費者金融

Web完結申し込みができ、来店不要で振込融資に対応している消費者金融会社はプロミス、SMBCモビット、アイフルです。

その中でもプロミスは振込融資に提携している銀行数が多く、ネット銀行や地方銀行にも対応しています。

プロミス

カードレス&郵送物なしの「WEB完結申し込み」を利用すれば、Web上でカードローン契約ができ、自宅に郵送物が届くことがないので、誰にもバレずに来店不要で融資が受けられます。

また、振込融資の申し込みから最短10秒で融資が実行される「瞬フリ」を提供しています。
瞬フリを使えば、土日・祝日問わず最短10秒で24時間融資を受けることが可能です。

プロミスで「フル入力」から申し込みであれば、申し込み後にカードローン審査に移り、Web上でカードローン契約が可能です。
カンタン入力の場合は、申し込み後に電話で申し込み情報の確認をする必要がある分、審査に移る前に手間がかかります。

  • 土日でも提携口座に24時間融資
  • 融資まで最短1時間
  • 30日間利息0円・最短30分審査
金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分
SMBCモビット

SMBCモビットのWeb完結なら、

・本人確認書、収入証明書、社会保険証(組合保険証)の必要書類提出
・「三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行」のいずれかの提携銀行口座

の条件を満たしていれば、電話での在籍確認を書類に変更することができます。

Web完結ができなくても、カード申込から契約を済ませれば、専用スマホアプリ「My モビ」を利用するとセブン銀行ATMで24時間取引が可能です。

「My モビ」使用方法

  • アプリにログインして「スマホATM取引」をタップ
  • 「ご出金」をタップ
  • 「ご利用可能額」を確認後、「認証画面」へをタップ
  • モビットカード番号、暗証番号、生年月日を入力
  • スマホ画面がQRコード読み取り画面になる
  • セブン銀行ATMで「スマートフォン・出金・入金」をタップ
  • QRコードを読み取り、アプリに表示された「記号番号を入力」
  • WEB完結は「在籍確認の電話なし」
  • 10秒簡易審査で結果が直ぐにわかる
  • 借入/返済時ローンカード不要
金利 借入限度額 審査時間
3.0%~18% 最大800万円 10秒簡易審査
プロミス

カードローン契約後、スマホアプリを使い、会員情報入力「融資/返済」から「スマートフォンでの取引」のメニューを選択してQRコードを提携銀行ATMに読み込ませることで、取引を行うことができるので、店舗に行く必要がありません。

セブン銀行やローソン銀行など提携しているコンビニATMが多いので「融資/返済」の利用がしやすいので、出先で急な出費があったときでもすぐに対応できます。

融資ができるか1秒診断というサービスを行っており、年齢・雇用形態・年収・他社借入金額のみの入力で診断ができます。

  • 土日でも提携口座に24時間融資
  • 詳しい個人情報不要で1秒融資できるか診断
  • 30日間利息0円・最短30分審査
金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分

来店不要で即日融資を受けるために確認すべき4つのポイント

来店不要で即日融資を受けるために、確認しておく4つのポイントがあります。

確認しておくべき4つのポイント

  • 必要書類のアップロード準備はしたか
  • 指定された銀行口座を持っているか
  • 借入限度額を50万円以下に設定しているか
  • 在籍確認ができる状態であるか

これらの項目を確認しておくことで、来店不要で即日融資を受けられる可能性が高くなります。

必要書類のアップロード準備はしたか

Web完結申し込みをする際、必要書類のアップロードをしなければならないので、スキャナーで書類を取り込むかカメラで書類を撮影しておいてください。

消費者金融は、申込者の情報が本当に正しいのかを確認するため、本人確認書類の提出を求めています。

そのため、添付された書類から住所・氏名など個人情報が読み取れない場合、再度消費者金融から書類のアップロードを求められます。

再アップロードとなってしまうと審査時間が長引いてしまうので、スムーズに行うために必要書類の準備はしておきましょう。

本人確認書類
  • 運転免許証(顔写真付き)
  • マイナンバーカード(顔写真付き)
  • パスポート(顔写真つき)
  • 健康保険証+住所の確認が取れる書類(住民票、公共料金支払い領収書など)

顔写真つきの身分証明書はいずれか1点の提出、顔写真がない身分証明書は保険証+1点が必要です。

指定された銀行口座を持っているか

消費者金融が提携している銀行を設定すると、24時間振込融資が可能です。

指定された銀行口座を持っていない場合は、振替設定をするために口座を持っている銀行に連絡し、書類によって設定しなければいけないため、即日融資ができません。

プロミス、モビットでは、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などのメガバンクをはじめ、ジャパンネット銀行やSBI銀行などネット銀行、地方銀行も提携しています。

アイフルの場合は、提携銀行口座がないので、即日融資をするには14時10分までに振込融資の申請を行う必要があります。

借入限度額を50万円以下に設定しているか

来店不要の即日融資であれば、借入限度額は50万円以下で申し込みをしてください。

50万円以上の融資となると、法律上「収入証明書類」の提出が必要になります。

審査自体も収入証明書の確認時間が必要になり、50万円以下で申し込みをした場合よりも審査が長くなり、即日融資が受けにくくなります。

50万円以下の融資では、収入証明書類の提出義務がないので、審査時間も短くなり、即日融資に対応しやすくなります。

在籍確認ができる状態であるか

在籍確認を完了させないと、即日融資を受ける事ができません。

在籍確認には「返済能力の確認」と「不正利用の防止」などの目的があり、在籍確認が取れないと審査が完了できないので、融資は実行されません。

即日融資を受けるなら当日中に在籍確認を済ませる必要があります。

在籍確認を当日中に済ませるためには、職場で電話が取れる時間までに申し込みを済ませる必要があります。
誰もカードローン会社からの電話が取れない場合は、もちろん在籍確認は完了できません。

電話に出るのは申し込み者自身でなくても構いません。他の人が電話に出て「不在にしております」と答えた場合でも、在籍実績が確認できるので在籍確認は完了となります。

即日融資を受けたい場合には、自分自身でなくても良いので、在籍確認の電話に職場の誰かしらが出れる時間までに申し込みを済ませるようにしましょう。


関連記事

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資