即日融資とキャッシングの違い

お金が足りないときに頼りになるのが、即日融資やキャッシングです。

一見同じものと認識しがちな即日融資とキャッシングですが、実は明確な違いがあり、それぞれに向いている人がいます。

この記事を読んでいるあなたは今、下記のような悩みや知りたいことがあるのではないでしょうか。

  • 即日融資とキャッシングの違いが知りたい
  • どちらの方が自分に合っているのか知りたい
  • 即日融資できるカードローンやクレジットカードが知りたい

この記事では、上記のようなあなたの知りたいことをすべて網羅しています。

最後まで読んでいただければ、即日融資とキャッシング、どちらでお金を借りるべきか必ずわかるはずです。

特に今日中に現金が必要な方の場合、その特徴を知らずに申し込んでしまうと今日中の借り入れができなくなってしまう可能性もあります。
ぜひ最後まで読んで、上手に借り入れしてくださいね。

即日融資とキャッシングの違い

即日融資とはとは?文字通り「即日」、つまり申込日にカードローン会社から融資をしてもらえるものです。

即日融資とは、文字通り「即日」、つまり申込日のうちに融資してもらえるものです。
一般的には、大手消費者金融のカードローンを指します。

なぜなら、現在、即日融資に対応しているのが大手消費者金融のカードローンだけだからです。

銀行カードローンもかつては即日融資に対応していましたが、現在ではすべての銀行はカードローン商品の即日融資を廃止しています。

つまり、「即日融資」という言葉を使うときには、大手消費者金融のカードローンの即日融資のことを指すことが多いです。

キャッシングとは?一般的にはクレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使ってお金を借りる方法のことを言います。

クレジットカードにはショッピングや食事代、月々の生活費などを支払うことができるクレジット機能のほかに、現金を借りることができるキャッシング機能が付帯されていることが多いです。

クレジットカードにもよりますが、通常、10万円から数十万円のキャッシング枠が付帯されています。

このキャッシング機能を使うとコンビニATMなどの提携ATMからお金を借りることができるのです。

ただし、クレジットカードの申込時にキャッシング枠を0円にして申し込んだ場合は、キャッシング機能を使うことはできません。

この場合はあらたにキャッシング枠を付帯する申し込みをする必要があり、その際には改めて審査が行われます。

自分のクレジットカードにキャッシング枠が付帯されているか分からないという人は、クレジットカード会社から月々送られてくる明細書を確認してみてください。

キャッシング可能な金額が記載されているはずです。そのほか、会員専用のWebページからも確認することができます。

即日融資を受けられるカードローン

プロミスやアコムなど大手消費者金融のカードローンは即日融資も受ける事ができます。

なぜなら、大手カードローン会社の審査スピードが早いからです。

審査スピードの早さの理由は、大手カードローン会社の審査システムにあります。

大手消費者金融が採用している審査システムはスコアリングシステムと呼ばれるものです。

スコアリングシステムは、申込者の年齢や年収、勤務先、勤続年数、雇用形態といった属性をコンピューターで自動的にスコアリングしていき、ある一定のスコアに達した場合に融資可能とするというものです。

審査について詳しい解説は以下で行っています。

プロミス

プロミスで「フル入力」から申し込みであれば、申し込み後にカードローン審査に移り、Web上でカードローン契約が可能です。
カンタン入力の場合は、申し込み後に電話で申し込み情報の確認をする必要がある分、審査に移る前に手間がかかります。

  • 申し込みから融資まで最短1時間
  • 土日でも即日融資も対応している
  • 30日間利息0円・最短30分審査
  • ※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要です。

金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分

即日融資を受ける際は申し込み時間帯に注意

即日融資を受けようと考えている人は、当日の21時までに申し込み手続きを完了させておく必要があります。

その理由は、多くの大手消費者金融の営業時間(審査実施時間)が22時までだからです。

審査は最短30分で完了しますが、そこから様々な手続きをする必要があるため、申し込みから融資まで最短でも1時間はかかってしまいます。

即日融資を受けたい人は以下で詳しい解説をしています。

そのため、22時に終わってしまう審査業務に間に合わせるためには、どれだけ遅くとも21時までに申し込む必要があるのです。

大手消費者金融の営業時間、審査時間、申し込みから融資までの時間の目安は以下のとおりです。申し込みの際にぜひ参考にしてください。

金融会社 営業時間 審査時間 申し込みから

借り入れまでの時間

アコム 8時~22時 最短30分 最短1時間
アイフル 8時~22時 最短30分 最短1時間
プロミス 9時~22時 最短30分 最短1時間
SMBCモビット 8時~21時 最短30分 最短1時間

上記のように、いずれも審査時間は最短30分で、申し込み借り入れまでは最短1時間です。

ただし、SMBCモビットの場合は、営業時間がほかの会社より早く21時までとなっています。

SMBCモビットを申し込む際は、遅くとも20時までに申し込んでください。

クレジットカードで即日キャッシング

クレジットカードでキャッシングをする場合、申し込み当日にキャッシングをすることはできません。
ただし、ACマスターカードであれば、当日キャッシングを利用できる可能性があります。

「カードローンは申し込み当日に融資できるのに、なぜクレジットカードはできないの?」という疑問を持つ方も多いでしょう。
これはカード発行までの時間の違いによるところが大きいです。

カードローンの審査は最短30分で完了し、最短1時間でローンカードが発行され即日融資も可能です。

クレジットカードは申し込みからカードが手元に届くまで短い場合でも数日、平均すると2週間ほどかかってしまいます。

カードローンは大手消費者金融であれば、無人契約機で自分でカードを発行することができます。
しかし、クレジットカードは郵送が一般的で、手元にカードが届くまで利用することができません。

実は、クレジットカードも大手消費者金融と同じく、審査の際にはスコアリングシステムを採用しています。

それだけに、もっと早く手元に届けることも可能ではあるでしょう。

カードローンとクレジットカードは役割が違う

カードローンが「今現金が必要」という人を顧客にしているのに対し、クレジットカードは「お金は必要ではないけれど便利にお得に買物をしたい」という人を基本的には顧客にしています。
融資や利用開始までの早さが顧客への訴求になりにくいという側面があるのです。

さらに、審査の工程も審査時間が長くなってしまう要因になっています。

「持っているだけでステータス」と言われるようなアメリカン・エキスプレスのゴールドカードなどは顕著な例ですが、通常の審査に加えて、クレジットカード会社が「このカードを持つのにふさわしい人かどうか」を審査します。
このような審査が複合してカード発行までの時間が伸びてしまうのです。

ACマスターカードはアコムと同様の流れで審査が行われます。
加えて、無人契約に出向けば郵送されることを待つことなくクレジットカードが発行されます。

そのため、申込日当日にACマスターカードのキャッシング機能を使ってのキャッシングも可能なわけです。

ACマスターカード

  • 最短即日発行
  • 全国600台以上のむじんくんで申込日の受け取りが可能
  • 入会金・年会費無料
  • カードローン機能付帯

土日・祝日に即日融資(キャッシング)をしたい

土日・祝日に融資を受けたいのであれば、大手消費者金融のカードローンを選ぶ必要があります。

それは、大手消費者金融では土日・祝日でも審査をしていて、無人契約機を利用すれば土日・祝日でもローンカードを発行して、借り入れすることができるからです。

そもそも、土日・祝日に限らず、現在、即日融資(キャッシング)が可能なのは、大手消費者金融だけです。

中小の消費者金融では、土日・祝日に審査をしていない会社も多く、審査をしていたとしても融資まで1日~数日程かかることが一般的です。

また、先ほどもお伝えしたように銀行カードローンは即日融資を廃止していますし、クレジットカードも発行まで時間がかかってしまいます。

そのため、即日融資が必要な人は消費者金融の一度となるわけです。

ただし、唯一の例外が、現在持っているクレジットカードにキャッシング枠が付帯されている場合です。

クレジットカードにキャッシング枠が付帯されている場合は、コンビニATMなどからお金を借りることができます。


関連記事

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資

お金を借りる方法