カードローンの「審査に通らない原因」と「審査に通る方法」を解説

カードローン審査に通らなかったあなたは、以下のように悩んでいたりしませんか?

  • どうして審査に通らなかったのか、原因が分からない
  • でもすぐにお金が必要なので、審査に通りたい

カードローンの審査に通過できないのには、かならず原因があって、それは主に5つが挙げられます。

審査に通るためには、まずは審査に通らない原因が何なのかを見極めることが大切です。原因を明らかにして対策を立てられれば、借入が可能になります。

本記事ではカードローンに審査に通らない原因と対策について紹介しますので、あなたの必要なお金を手にすることができるようになります。

審査に通らない5つの原因を知る

カードローンの審査に通らない原因は、主に5つに分けられます。

以下から自分に当てはまるものをクリックして、原因と対策をチェックすれば審査に通る確率を上げることができます。

その他の原因についても説明していますので、参考にしてください。

過去に金融事故を起こしたことがある

あなたが過去に金融事故を起こしたことがあると、カードローン審査に通らない可能性が高いです。

カードローン会社は審査時に必ず、申込者の信用情報を個人情報機関に照会しており、過去に金融事故を起こしているかどうかをチェックしているからです。

過去に金融事故がある場合、返済能力に問題がある人と判断され審査に落ちてしまうのです。

信用情報とは、キャッシング、カードローン、クレジットカードなどの利用時に記録される、金融機関での利用履歴のことで、以下のものがあります。

  • 申込件数
  • 他社の借り入れ件数
  • 審査履歴
  • 金融事故情報(延滞、滞納・債務整理、自己破産)
  • 返済履歴

信用情報には、単純な申し込み、借入・返済の履歴だけでなく、延滞・遅延や債務整理などのマイナスの履歴も残ります。

マイナスの履歴のうち、金融事故になる項目としては以下のものが挙げられます。

  • 長期延滞:2~3ヶ月の長期の延滞
  • 債務整理:自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求
  • 代位返済:保証会社による代理での返済
  • 強制解約:長期延滞、規約違反などによる強制解約

1、2度の短期の延滞ならば特に問題ありませんが、長期延滞や債務整理などの金融事故は、返済能力に問題があるとみなされ、大手消費者金融の審査にはほぼ通らないと考えるべきです。

一方で、金融事故がない人に関しては、大手消費者金融のカードローン審査に通る可能性が十分にあります。

大手消費者金融でおすすめなのは、最大手の一つである「プロミス」です。

プロミスは会員数130万人超で、国内最大手の消費者金融の一つです。

WEB申し込みにも対応していて「即日融資」や「最短1時間での融資」などスピーディーな融資が可能です。

Webで最短1時間融資プロミス

ポイント

  • • 最短で即日融資が可能
  • • カードレス&郵送物なしの「WEB完結」
  • • 30日間無利息
金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分

他社の借入が4社以上あると審査に通りづらい

他社からの借り入れが4社以上あると、返済が困難な多重債務者になるリスクが大きいとみなされますので、審査上でもかなり不利に働き、審査に通りづらいです。

カードローン会社が信用情報を確認した際に、複数社から借入をしている人は、1社ごとの返済に割くことができる資金も少なくなるので、返済能力がないと判断されてしまうからです

借入が1~3社の場合は、審査に通る可能性がありますので、自分の借入状況を確認するとともに、アコムの3秒診断を利用して借入可能かどうかをチェックしてみましょう。

アコム

おすすめポイント

  • ・借入できるかを3秒で診断
  • ・即日融資可能で、審査は最短30分
  • ・330日間無利息で借入可能
金利 借入限度額 審査時間
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分

アコムの3秒診断を行う

借入総額が自分の年収の3分の1以上

他社からの借入額と併せて、年収の1/3以上の借入額になってしまう場合は、カードローンの審査に通ることはありません。

なぜなら、借入には貸金業法という法律で定められている「総量規制」という規制があり、自分の年収の3分の1以上の借入ができないからです。

総量規制の具体例として、以下のケースを見てみましょう。

  • 年収300万円
  • 消費者金融2社から合計80万円の借入をしている

上記のケースでは、総量規制により借入の上限金額は300万円の1/3の100万円までとなります。

すでに他社からの借入が80万円ありますので、20万円を超える借入をすることはできないことになります。

総量規制内でも「上限に近い借入」は審査で不利になる

3分の1以上の借入がなかったとしても、それに近い借り入れがある場合には審査に通らない可能性があります。

年収に対して借入額が大きい人は、1社ごとに割ける返済額が小さくなる危険性があり、貸し付けを行う消費者金融としても貸し倒れのリスクが大きいと判断するからです。

総量規制の上限以下だとしても、希望する借入額はできるだけ少なくすることが重要です。

希望額が少ないほど返済の目途が立つものとみなされ、審査に通過しやすくなります。

銀行系カードローンは総量規制の対象外

銀行系のカードローンについては貸金業者ではないという扱いであるため、銀行法に従って営業をしていますので、総量規制の対象外となります。

だからと言って銀行系カードローンの審査が通りやすいわけではありません。

銀行系カードローンは近年、過剰融資の批判を受け、自主的に総量規制に応じた規制を行う流れになっています。

銀行系カードローンで借入を検討している人も、消費者金融で借入する時と同様に、年収の1/3を越えないように、借入額を低く抑えるようにしましょう。

在籍確認ができない

カードローンの審査では必ず電話による職場への在籍確認があり、在籍確認が出来ない場合は、審査に通ることができません。

なぜなら、在籍確認は申込者が融資をするにふさわしい人物かを判断するために、以下の2点を確認するものだからです。

  • 安定した収入があるかを確認するため
  • 他人の情報で不正利用をしていないかを確認すること

まず、「安定した収入があるのかを確認すること」が一つです。

在籍確認がないと、無収入であるにも関わらず過去の職場の情報を申請したり、虚偽の職場を申告したりなどして審査に通過しようとするケースも考えられます。

職場に在籍していることが確認できれば、申し込み時に申告した収入が嘘ではないことが、収入証明書類と合わせて確認できます。

二つ目に、他人の情報で不正利用をしていないかを確認することが目的です。

たまたま拾った社会保険証を利用して他人の情報でカードローンの申し込みを行い、他人の借金で自らが金銭を得る、というような不正行為を防ぐためにも在籍確認が行われます。

このように在籍確認では、個人の返済能力を見るだけでなく、不正利用のリスクを防ぐためでもあります。

電話での在籍確認があること自体が不安だという方は、SMBCモビットを利用しましょう。SMBCモビットは電話ではなく、勤務先の証明書類の提出などで在籍確認融資を受けることが可能です。

SMBCモビット

おすすめポイント

  • ・「在籍確認の電話なし」で申し込みが可能
  • ・10秒簡易審査で結果がすぐに分かる
  • ・即日融資に対応
金利 借入限度額 審査時間
3.0%~18.0% 最大800万円 最短30分

収入がない人はカードローンに申し込めない

カードローンの申し込み条件は現在収入がある人に限られるので、無職などで収入のない人は、カードローンの申し込みはできません。

無収入の人は、カードローンの審査において返済能力がないとみなされるので、借入をすることができません。

カードローンで借入するためには、まずはアルバイトなどして収入源と職場を確保するところから始めるようにしましょう。

専業主婦も収入がないので、カードローンの審査に通過できません。ただし、配偶者に収入がある場合には、貸付を受け付けてくれる金融機関もあります。

専業主婦がカードローンに申し込みをする場合には、申し込みの際には必ず配偶者の同意書や配偶者との婚姻関係を示す書類が必要となります。

収入のある配偶者の方に申し込みをしてもらう方が審査には通りやすくなりますので、基本的には配偶者と相談して申し込みをお願いするのが良いでしょう。

審査の基準を満たしていない

カードローン契約には審査があるので、審査基準を満たす必要があります。

カードローンでは、仮審査の段階ではコンピューターによるスコアリングで返済能力を点数化し、点数の合計が各金融会社の設定した基準に達しているかで貸付可能かの判断を行います。

スコアリングの点数が基準点に達していない場合には、返済能力が低く、貸し倒れのリスクが高いとみなされ、審査に落とされてしまうことになります。

たとえば、申し込み者の年収が350万円の場合、「年収」のスコアリングが以下の配点だったとすると、申し込み者の「年収」のスコアは2点となります。

  • 200万円以下・・・1点
  • 200万円以上400万円未満・・・2点
  • 400万円以上600万円未満・・・4点
  • 600万円以上800万円以下・・・6点
  • 800万円以上・・・8点

このようにして職業、雇用形態などの項目でも点数付けを行い、総合点で貸付可能かの判断を行うことになります。

スコアリングされる項目は以下の通り。

  • 年齢: 60歳以上になると点数が少なる傾向ですが、それ以外は問題ありません。
  • 年収: 多いほど点数が高くなります。
  • 職業: 収入の安定する職業ほど点数が高くなります。
  • 雇用形態: 正社員の点数が高く、派遣社員では点数が低くなります。
  • 勤務先: 大手企業の点数が高く、中小企業や個人事業主では点数が低くなります。
  • 勤続年数: 勤続年数は長いほど点数が上がります
  • 居住形態: 持ち家の点数が高く、賃貸や社宅では点数が低くなります。
  • 居住年数: 居住年数が長いほど点数が高くなります。
  • 家族構成: 独身よりも家族がいる方が点数は高くなります。
  • 電話:固定電話の方が携帯電話利よりも点数が高くにあります。
  • 保険の種類 :共済保険や組合保険がある方が、点数が高く、国民健康保険のみは点数が低くなります。

スコアリングでは「安定性」が重視される

スコアリングでは、特に職業や年収の安定性が重視されます。

年収・職業の安定性が高い人の方が、滞りなく返済してくれる可能性が高くなり、貸し倒れのリスクが低いので、融資を行う金融機関からしても安心して貸付ができるからです。

特に年収については、スコアリングにおいて高い配点を置かれることが多いです。

とはいえ消費者金融のカードローンでは、基準自体がそれほど高くはなく、年収100万円を超えていれば大丈夫と考えてよいでしょう。

また年収とともに職業も重要項目で、安定性の高い、公務員、医者、弁護士、会計士などは高く評価されます。

逆にアルバイトなどの非正規雇用者は安定性が低いとみなされ、評価が低くなります。

安定性が低い職業の場合は、6ヶ月以上継続して仕事を続けることで、スコアリングが上がる可能性が高くなります。

申込時に虚偽や誤った内容で申告した

虚偽や誤った内容で申し込みをすると、審査に通らない可能性が高くなります。

カードローン会社は審査の時に、申込者の情報を信用情報や確認書類などと照らし合わせて確認するので、虚偽の申告はすぐにバレてしまいます。

虚偽の申告をした人は、信用性が低く融資するにはリスクが高いと判断されますので、審査に落ちてしまうというわけです。

虚偽の申告は、絶対行わないでください。

意図的にではないにせよ、誤った申告をしてしまった場合、確認に時間がかかってしまったり、最悪、虚偽の申告をしたと判断されて審査に落ちてしまうことがあります。

申告時の記載内容に間違いがないか、入念にチェックするようにしましょう。

カードローンの審査に通るための3つの対策

ここまで、カードローンの審査に通らない原因について書いてきました。

では、カードローンの審査に通るには、どうすれば良いのか?
対策としては3つあります。

審査に通る3つの対策

  • 自分の信用情報をチェックする
  • 借入希望額は必要な額だけにする
  • 借入先は1社に絞る

それぞれについて説明していきます。

自分の信用情報をチェックする

カードローンの審査に落ちた経験がある人は、自分の信用情報を確認してみてください。

なぜなら、個人信用情報機関に登録されている、自分の信用情報にトラブルが記載されていなければ、審査基準のスコアリングに問題があって審査に落ちたことが推測できるからです。

この場合であれば、大手消費者金融のカードローンであれば、審査に通る可能性があります。

CIC、JICC、KSCの3つの個人信用情報機関は、それぞれ信用情報の情報開示に対応しています。

気になる人は、まずは情報開示の請求をしてみることをおすすめします。

借入希望額は必要な額だけにする

申込時に借入希望額を申告する必要がありますが、本当に必要な額だけにして、極力低く申告することをオススメします。

借入希望額が低いということは、きちんと返済できる可能性が高く、カードローン会社にとってリスクが少ないと判断されるからです。

希望借入額は、10~20万円くらいまでに抑えるようにしてみてください。

借入先は1社に絞る

もし、あなたが初めてカードローンの申し込みをするのであれば、借入先は1社に絞ることをオススメします。

なぜなら、複数の会社に同時に申し込んだ場合、「非常にお金に困っている人」と判断されしまい、返済能力を疑われて審査に通りづらくなるからです。

カードローンに申し込んだことは、信用情報に記録されますので、複数の会社に同時に申し込んだ事実は、審査に際にカードローン会社にバレてしまいます。

1社に絞って申し込みすることで、審査に通る確率を上げることができます。


関連記事

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資