すぐに5万円が必要な時にお金借を借りる方法

毎月計画的に生活していても、突然やってくる急な出費に対応できないという場合はありますよね。
5万円借りたいという方の中には、以下のような悩みや不安、知りたいことを抱えている人もいると思います。

  • クレジットカードの引き落としや公共料金の支払いに間に合わない
  • 1、2週間の生活費が足りない
  • 親や友人には内緒でお金の問題を解決したい
  • 買い物や旅行のために少しお金を借りたい

5万円を借りるといっても、これまで借金やキャッシングの経験をしたことがない人は、どこでお金を借り、返済金額がいくらになるのか不安ですよね。

結論から言うと、大手消費者金融のカードローンを利用すると即日かつWeb上で5万円の融資を受けることができます。
さらに、5万円を1ヶ月以内に返済できるのであれば、無利息で融資を受ける事が可能です。

5万円の即日融資も対応

この記事を読むことで、5万円を借りたい人が持つ不安や悩みがきっと解消するはずです。ぜひ参考にしてくださいね。

5万円借りるなら消費者金融カードローンが最適

大手消費者金融のカードローンは保証人なしで即日融資も対応しています。
そのため、今すぐに5万円借りたい人はカードローンを検討してください。

※消費者金融の利用は安定した収入がある人に限ります。

大手消費者金融では、成人していて毎月定収入がある人であれば審査に通る可能性があり、即日融資も可能だからです。
銀行カードローンも以前は即日融資に対応していましたが、現在、すべての銀行カードローンは即日融資を廃止しています。

つまり、その日のうちに5万円を借りることができるカードローンは消費者金融のカードローンだけなのです。

消費者金融のカードローンを申し込む際には、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類が必須に事前に準備をしておいてください。

大手消費者金融では5万円の融資には、通常、収入証明書類の提出は必須ではありません。
しかし、場合によっては収入証明書類の提出が求められる可能性があるため、収入証明書類も準備しておくと申し込み手続きがスムーズです。

必要書類についてより詳しく知りたい人は以下で解説しています。

合わせて読みたい

また、大手消費者金融であれば、申し込み方法によっては自宅への郵送物が一切なしで借り入れ可能です。
ローンカードも、一見しただけではカードローンのカードと分からないように配慮もされています。

カードローンの申し込みや利用が家族にバレてしまう原因として最も可能性が高いのが、自宅への郵送物やローンカードを家族に見られてしまうことです。

大手消費者金融であれば、家族バレのリスクを低減することができますね。ただし、滞納をしてしまえば、必ず自宅へ連絡が来ます。家族バレをしたくないという人は滞納には気をつけてください。

自宅への郵送物なしで利用ができる消費者金融としてプロミスがあります。
WEBからの申し込みの「WEB完結」という申し込み方法であれば、ネット上で借入・返済が可能です。

プロミス

初回借入時から30日間無利息で借りることができ、1,000円単位で借入・返済ができます。
三井住友銀行、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行など提携銀行口座を持っていれば土日・祝日関係なく融資を受けられます。

  • 提携口座を持っている人はネットから24時間融資を受けられる
  • パートやアルバイトの人でも申し込みが可能
  • 30日間利息0円・最短30分審査
  • ※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要です。

金利 借入限度額 審査時間
4.5%~17.8% 最大500万円 最短30分

専業主婦の人は銀行カードローンへ

専業主婦の人は収入がないので消費者金融のカードローンの利用、即日融資を受ける事ができません。
そのため、銀行カードローンに申し込みをする必要があります。

専業主婦の人が消費者金融のカードローンを利用できない理由は、消費者金融が貸金業法の総量規制という決まりを守る必要があるからです。

総量規制とは、年収の3分の1を超える金額を融資できないという法律です。
収入がない専業主婦の年収は0円ですから、必然的に融資額も0円になるのです。

総量規制はすべての賃金業者が守る義務がある法律ですが、銀行には適応されません。

専業主婦が申し込める銀行カードローン

銀行カードローンの中には配偶者に安定した収入があれば、申し込めるカードローンもあります。
代表的な例として、楽天銀行カードローン、ジャパンネット銀行ネットキャッシング、イオン銀行カードローン、セブン銀行カードローン、ジなどが専業主婦でも申し込むことができます。

なお、楽天銀行カードローン、イオン銀行カードローン、セブン銀行カードローンは基本的には、配偶者の勤務先への在籍確認はありません。
在籍確認で配偶者にカードローンの利用がバレてしまう可能性は低いでしょう。

特にネット通販で楽天市場を利用している会員や楽天銀行を持っている人は、楽天カードローンは審査の優遇を受けられます。

楽天銀行カードローン
  • 楽天会員のランクに応じて審査が優遇
  • 楽天銀行を持っている人は最短翌日に融資可能
  • コンビニATMの手数料無料で借入/返済しやすい
金利 借入限度額 審査時間
1.9%~14.5% 最大800万円 最短翌営業日

一方、ジャパンネット銀行ネットキャッシングは審査の際に、配偶者の勤務先に在籍確認が行われます。
配偶者に内緒にしておきたい人は注意してくださいね。

銀行からの郵送物は自分で受け取る

銀行によっては自宅へ契約書類やローンカードの郵送物が届くので、自分で受け取りをしてください。

本人以外受け取れないように配慮されていますが、その場に配偶者がいる場合は、郵送物からバレてしまう可能性があるからです。

楽天銀行スーパーローンとイオン銀行カードローンは、ローンカードと契約書類が自宅に郵送されます。

ジャパンネット銀行は、銀行口座を持っている場合は郵送物なしで利用可能です。
また、セブン銀行のローンカードはキャッシング一体型で専用ローンカードは発行されませんので、ローンカードや郵送物でカードローンの申し込みがバレてしまう可能性は低いでしょう。

銀行 配偶者の勤務先への在籍確認 自宅への郵送物
イオン銀行カードローン なし あり
セブン銀行カードローン なし キャッシュカード一体型で専用ローンカードはなし
楽天銀行スーパーローン なし あり
ジャパンネット銀行ネットキャッシング あり 銀行口座を持っている人はなし

ただし、万が一返済が滞ってしまうと自宅へ督促状が届き、さらに連絡が取れない場合は配偶者の勤務先にも連絡が行ってしまうでしょう。配偶者に内緒でカードローンを利用したい人は特に、延滞には気をつけてください。

一括で返済可能ならクレジットカードのキャッシングを利用

翌月に一括で返済できるのであれば、クレジットカードに付帯ができるキャッシング枠を利用する方法があります。
クレジットカードを持っている人は、手持ちのカード会社からキャッシング枠を付けられるか確認してみてください。

クレジットカードを持っていない人(キャッシング機能が付いていないカード含む)は、アコムACマスターカードであれば即日発行をすることができます。

ACマスターカード

  • 最短即日発行
  • 全国600台以上のむじんくんで申込日の受け取りが可能
  • 入会金・年会費無料
  • カードローン機能付帯

クレジットカードであれば家族に見つかっても言い訳がしやすく、バレずにキャッシングを利用できます。

ただし、クレジットカードのキャッシング機能を利用する際は、一括返済をおすすめします。

クレジットカードのキャッシングの金利や手数料の高さに理由があります。

金利が最も低いとされている銀行カードローンと一般的な金利のクレジットカードを、5万円を借りて一括返済した場合の支払総額と、5回に分割して返済した場合の支払総額を以下から見てみましょう。

なお、銀行カードローンの金利は14.0%、クレジットカードの金利は18.0%で計算しました。

返済方法 銀行カードローン クレジットカードのキャッシング
一括返済した時の支払総額 5万575円 5万739円
5回に分割した時の支払総額 5万1,762円 5万2,270円

同じ5万円を借りても金利によって支払総額に500円以上も差が出てしまいます。

わずかな差と思う人もいるでしょうが、これがさらに高額融資になり、支払期間も伸びるとさらに差が出ます。

極端に言ってしまうと、100万円を借りた場合、元金は同じでも金利の差によって支払総額は10万円以上変わります。

加えて、銀行カードローンや大手消費者金融のカードローンの多くは、借入や返済に手数料がかからないものが一般的です。
しかし、クレジットカードのキャッシングは、1回の利用につき、100円から200円程の手数料がかかってしまいます。

一回一回の手数料が少額なため、軽視されてしまいがちですが、支払回数が多くなればなるほど損をしてしまいます。

そのため、金利や手数料の高いクレジットカードのキャッシングは、確実に1回で返済できる人にのみおすすめできる方法なのです。


関連記事

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資

お金を借りる方法