今すぐ5万円が必要な時にお金借を借りる方法

毎月計画的に生活していても、突然やってくる急な出費に対応できないという状況はありますよね。

今すぐに5万円借りたい人の中には、

  • クレジットカードの引き落としや公共料金の支払いに間に合わない
  • 給料日まで1、2週間の生活費が足りない
  • 親や友人には内緒でお金の問題を解決したい
  • 買い物や旅行のために少しお金を借りたい

という悩みを抱えている人が多いです。

結論から言うと、大手消費者金融のカードローンを利用することで今日中に5万円の融資を受けられます。

この記事では、今すぐ5万円が必要な人がスムーズにお金を借りる方法を解説していきます。

消費者金融のカードローンで5万円を借りる

大手消費者金融のカードローンであれば、無担保・保証人なしで5万円の融資を受けることが可能です。

プロミスやアコムをはじめとした大手消費者金融では、最短30分で審査が終わるため、即日融資も対応しています。

審査についての詳しい解説は以下で行っています。

即日融資対応の消費者金融

消費者金融審査時間
プロミス最短30分
アコム最短30分
アイフル最短30分
SMBCモビット最短30分

大手消費者金融で5万円を借りるならプロミス

大手消費者金融のカードローンから5万円を借りるのであればプロミスが適しています。

5万円を借りるのにプロミスが適している理由は以下の通りです。

詳しく紹介していきましょう。

最大適用金利が低い

プロミスは他の大手消費者金融と比べて最大金利が低いため、5万円程度の少額融資で十分という人はプロミスで借入すると支払い利息を抑えることができます。

大手消費者金融の金利

カードローン会社金利
プロミス年4.5%~17.8%
アコム年3.0%~18.0%
アイフル年3.0%~18.0%
SMBCモビット年3.0%~18.0%
たとえば、プロミスで5万円を1ヵ月借りた場合の金利は

50,000円×17.8%×30日÷365日=731円

ですが、他の大手消費者金融では

50,000円×18.0%×30日÷365日=739円

となり、若干ではありますがプロミスの方が支払い利息を少なく抑えることが出来ます。

繰り返し使う可能性が高いカードローンでは、少しでも支払い利息を抑えたいと思う人が多いです。
借入期間が長くなったり、借入金額が今後増える可能性があるという人はプロミスの利用を検討されると良いでしょう。

プロミス

Webからの申し込みであれば、10分程度で手続き完了することができます。
必要書類も写真を撮って申し込み時に添付するだけで済みます。
申し込み後にスマホの公式アプリから必要書類を提出することも可能です。

  • 消費者金融の中で最大金利が17.8%と低い
  • スマホから原則24時間取引ができる
  • 30日間利息0円・最短30分審査
プロミスで申し込み
無利息期間は初回借入から適用されます。
金利借入限度額審査時間
4.5%~17.8%最大500万円最短30分

※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要です。

30日間無利息期間がある

他のアコムやアイフルなどの大手消費者金融でも無金利期間のサービスは提供されていますが、サービス期間のスタート時期に違いがあります。
プロミスでは”初めての利用の翌日から30日間無利息”となっていますが、アコムやアイフルは”契約の翌日から30日間”です。

つまり、アコムやアイフルでは借入をしていなくても契約を行ってしまえば無利息期間が始まってしまうため、知らないうちに無利息期間が終わってしまっていた、なんてこともあり得ます。

プロミスでは契約だけして利用していなくても無利息サービスが始まることはありません。

プロミスで契約することによって、初回借入時から30日間無利息期間サービスを受けられます。

SMBCモビットに関しては無利息期間がありませんので、少しでもお得に借入したい方はプロミスの利用を検討してみてはいかがでしょう。

プロミス

Webからの申し込みであれば、10分程度で手続き完了することができます。
必要書類も写真を撮って申し込み時に添付するだけで済みます。
申し込み後にスマホの公式アプリから必要書類を提出することも可能です。

  • 消費者金融の中で最大金利が17.8%と低い
  • スマホから原則24時間取引ができる
  • 30日間利息0円・最短30分審査
プロミスで申し込み
無利息期間は初回借入から適用されます。
金利借入限度額審査時間
4.5%~17.8%最大500万円最短30分

※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要です。

消費者金融のカードローンを選ぶべき5つの理由

5万円お金を借りるのであればカードローンが早くて便利です。

カードローンを選ぶべき理由は以下の5つです。

詳しく説明していきましょう。

収入証明書の提出不要

5万円を借りる場合は、源泉徴収票をはじめとした収入証明書の提出が不要です。

運転免許証などの本人確認書類があれば今すぐお金を借りることができます。

なお、以下の場合は貸金業法に基づいて収入証明書の提出が必要となりますので注意が必要です。

  • 【年収確認書類の提出が必要になるケース】
  • ・借入額が50万円を超える場合
  • ・借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合

収入証明不要のカードローンについて詳しい解説は以下で行っています。

無利息期間があるカードローン会社がある

プロミスやアコムをはじめとした大手消費者金融では「30日間金利0円」などの無利息期間のサービスを提供しています。
一か月以内に返済できるのであれば、無利息で借入が可能です。

無利息期間があるカードローンは大手消費者金融のみならずセントラルなどの中小消費者金融でも行われていますが、銀行カードローンでは行われていません。

低金利で融資を受けられる消費者金融については以下で解説しています。

友人や家族にバレにくい

大手消費者金融のカードローンは、契約書などが自宅に郵送されることがないため、家族にバレる可能性が低いです。

Web完結で申込みした場合や、プロミスのアプリローンなどスマホアプリで契約する場合などはローンカードも発行されませんので、万が一友人や家族に財布を見られた場合なども借入がバレにくいです。

また、借入する方法も

・スマホを用いて借りる
・振込サービスで銀行口座に振込む

上記を実行することで、カードローンの利用がバレる可能性は限りなく低くなります。

なお、銀行カードローンの場合は契約内容の確認が自宅に届く可能性がありますので、注意が必要です。
もし書類などを自宅に郵送してほしくないという人は、大手消費者金融のカードローンの利用を検討してみて下さい。

1、2万円など借入金額の調整が可能

カードローンは利用限度額の範囲内で繰り返し利用できる商品のため、

「今日は1万円だけ」
「今週は旅行だから5万円必要」
「今月余裕があるから多めに返済しよう」

など自分の都合にあった利用ができます。

必要な金額だけの借入を繰り返せますので、無駄な借入をする必要がなく支払い利息を抑えることが可能です。

アコムでは、35日以内の返済か毎月指定日での返済かを自分で選び、返済ができます。

アコム
  • 返済翌日から35日後が次の支払期日で返済調整しやすい
  • 21時までに申し込み完了で即日融資に対応可能
  • 30日間無利息で融資が可能
金利借入限度額審査時間
3.0%~18%最大800万円最短30分

すぐに融資を受けられる

大手消費者金融のカードローンは、最短30分審査、即日融資が可能なので、急な出費にも対応することが可能です。

「今日お金が必要」
「今すぐにお金を借りたい」

という人は、大手消費者金融のカードローンを選んでください。

Web完結型であれば来店する必要もないため、今すぐに申し込み手続きを始めることができます。

すぐに融資を受けられない銀行カードローン

銀行カードローンで5万円を借りようとしても、すぐに融資を受けられません。
銀行カードローンは保証会社が付いているので、発行までに「銀行審査」「保証会社審査」の二つの審査を通過する必要があります。。

銀行で融資を受ける際には反社会的勢力ではないか警察庁のデータベースに個人情報を照会をします。

照会の回答は最短でも翌日になってしまうため、銀行カードローンでは即日融資が原則不可能です。

審査や照会に時間がかかりますので、今すぐお金が必要という人には銀行カードローンは向いていません。
現在、即日融資を受けられるのは消費者金融のカードローンのみとなっています。

銀行カードローンで即日融資を受けられない理由について詳しく知りたい人は以下で解説しています。

5万円借りた場合の利息の違い

「消費者金融のカードローンは利息が高いから銀行カードローンがいい」

そう思う人も多いでしょう。

それでは消費者金融のカードローンと銀行のカードローンで5万円を1ヶ月間借りた場合、利息にどの程度違いがあるか計算してみましょう。

【消費者金融カードローン(プロミスの場合)】
50,000円×17.8%×30日÷365日=731円

【銀行カードローン(三菱UFJ銀行 バンクイックの場合)】
50,000円×14,6%×30日÷365日=600円

1ヵ月の支払い利息の差はたったの131円です。

プロミスの場合は初回借入日から30日間利息0円のため、今回5万円だけ借りたいという人は、利息0円で借入が出来るので、銀行カードローンよりもお得にお金を手に入れることができます。

専業主婦は銀行カードローンのみ利用可能

専業主婦は収入がないので消費者金融のカードローンの利用、即日融資を受けられません。
そのため、銀行カードローンに申し込みをする必要があります。

消費者金融カードローンには、総量規制とよばれる貸付を制限する法律があります。

総量規制とは?
個人の借入総額を年収の3分の1以内におさめなければならない貸金業者に課せられた規制

消費者金融の借入可能額は

借入可能額=年収÷3

となるため、収入が無い主婦は消費者金融で借入することが出来ません。

なお、銀行には総量規制がありませんので専業主婦がカードローンを契約したい場合は銀行カードローンの利用を検討してみて下さい。

専業主婦が利用できる銀行カードローン

銀行名利用限度額
(専業主婦の場合)
金利Web完結
(来店不要)
楽天銀行50万円14.5%
イオン銀行50万円11.8%~13.8%
ジャパンネット銀行審査結果による18.0%(100万円以下の場合)
横浜銀行50万円14.6%
静岡銀行50万円14.5%
スルガ銀行50万円14.9%
千葉銀行90万円14.8%
愛媛銀行50万円14.6%
十六銀行30万円14.6%

クレジットカードのキャッシング枠を利用

翌月一括で返済できる人は、クレジットカードに付帯しているキャッシングを利用すれば5万円を借りられます。

クレジットカードを持っている人は、手持ちのカード会社からキャッシング枠を付けられるか確認してみてください。

クレジットカードを持っていない人(キャッシング機能が付いていないカード含む)は、アコムACマスターカードであれば即日発行をすることができます。

ACマスターカード

  • 最短即日発行
  • 全国600台以上のむじんくんで申込日の受け取りが可能
  • 入会金・年会費無料
  • カードローン機能付帯

キャッシングとカードローンを利用した場合の金利比較

キャッシング枠の金利はクレジットカードにより違いがありますが、概ね15.0%~18.0%となっています。

クレジットカードのキャッシング枠と、消費者金融のカードローンではどの程度の金利差があるか比較してみましょう。

【消費者金融カードローン(プロミスの場合)】
50,000円×17.8%×30日÷365日=731円

【クレジットカードのキャッシング枠(三井住友カード一般会員)】
50,000円×18.0%×30日÷365日=739円

キャッシングとカードローンでは8円分の金利差がありました。

クレジットカードのキャッシング枠は50万円~100万円の場合が多く、金利も18.0%を下回る可能性は低いですが、カードローンの場合は利息制限法に基づいて利用限度額が100万円を超えると15.0%以下になるので、金利差は大きくなっていきます。

【利息制限法】

利用限度額が10万円未満利用限度額が100万円未満利用限度額が100万円以上
年20.0%年18.0%年15.0%

利用限度額は借入額ではありませんので、審査で利用限度額が100万円以上の場合は、5万円借りた場合でも年15.0%の金利で借入することが出来ます。

支払いを減らしたい人はカードローン

クレジットカードのキャッシング枠ではリボ払いの設定にしていなければ、翌月一括払いによる返済が行われます。

5万円借りた場合、翌月に5万円分の支払いが行われますので、支払いが重くなります。

返済が重くなってしまう人にありがちなのは、借入の返済を借入で行ってしまうことです。

例えば、

「5万円返すためにまた5万円借りる」

返済を借入で補う自転車操業になってしまうと、支払い利息は膨らんでいき返済もすすまない状態になってしまいます。

借りた5万円の返済を数回に分けて、計画的に行いたい場合はカードローンを選んだ方が良いでしょう。


関連記事

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資

お金を借りる方法