即日融資


今すぐお金が必要になり、即日融資を受けたいと思っている人は多いと思います。

即日融資を受けるにあたって、

  • 今日中に融資を受ける方法を知りたい
  • どうやって申し込めばいいのかわからない
  • 金利が高くて後々返済できないのではないか

などの理由から即日融資を受けることへ不安を感じる事は多いのではないでしょうか。

結論から言うと、消費者金融のカードローンであれば即日融資を受ける事ができます。

この記事では、即日融資を受けられる消費者金融や申し込みの時間帯、申し込み時のポイントを解説していきます。

紹介する即日融資を受ける方法を実践する事で、スムーズに手続きを進められるので是非活用してみてください。

※今回の記事は正確な情報を発信するために、FPの矢野翔一先生に監修していただきました(この記事の制作スタッフを見る

即日融資が受けられるのは消費者金融

カードローンには銀行と消費者金融の2種類がありますが、即日融資に対応しているのは消費者金融だけです。

消費者金融が即日融資を可能にしている理由は、申込者の基本情報をコンピューターによる自動審査によって、最短30分で審査を行えるからです。

即日融資も対応している消費者金融一覧

即日融資に対応している大手消費者金融は、プロミス・アコム・アイフル・SMBCモビット・レイクALSAです。

大手消費者金融では、審査を最短30分で終える事ができ、消費者金融と提携している口座を持っていれば24時間即日融資に対応することができます。

プロミス

Webからの申し込みであれば、10分程度で手続き完了することができます。
必要書類も写真を撮って申し込み時に添付するだけで済みます。

  • 土日でも提携口座に24時間融資が可能
  • 申し込みから融資まで最短1時間
  • 30日間利息0円・最短30分審査
金利借入限度額審査時間
4.5%~17.8%最大500万円最短30分

※※メールアドレスとWeb明細利用の登録が必要です。
SMBCモビット
  • 書類で在籍確認ができる
  • Web完結で即日融資に対応可能
  • 借入/返済時ローンカード不要
金利借入限度額審査時間
3.0%~18%最大800万円10秒簡易審査

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
アコム
  • 20時までに申し込み完了で即日融資に対応可能
  • 30日間無利息で融資が可能
  • 返済翌日から35日後が次の支払期日で返済調整しやすい
金利借入限度額審査時間
3.0%~18%最大800万円最短30分

審査について詳しく知りたい人は、以下で解説をしています。

一方で、銀行カードローンは即日融資ができません。
銀行で即日融資を受けられない理由は以下で詳しい解説をしています。

即日融資を申し込むための準備

即日融資を受けようとしている人は2つの準備をしておくことで、申し込みがスムーズになります。

必要書類を用意しておく

予め「本人確認書類」と「収入証明書類」を用意しておくことで、カードローン申し込みにかかる時間を短縮することができ、即日融資を受けられる可能性が高くなります。

「本人確認書類」としては以下のものが利用できます。

・運転免許証
・マイナンバーカード
・パスポート
・健康保険証+住所の確認が取れる書類(住民票など)

運転免許証などの顔写真付きの本人確認書類を提出する場合は補助書類が不要ですが、顔写真の付いていない健康保険証は補助書類が必要になりますので注意しましょう。

記載された自宅住所と現在お住まいの自宅住所が異なる場合、住所確認書類として公共料金の領収書などを合わせて提出する必要があります。

「収入証明書類」としては以下のものが利用できます。

・給与明細書(直近2か月)
・源泉徴収票(最新年度)
・確定申告書(最新年度)
・所得証明書(最新年度)

必要書類についてより詳しく知りたい人は以下で解説をしています。

審査受付の対応時間を確認しておく

カードローン申し込みを完了してから審査を行うまで早くて30分~1時間かかります。
そのため、消費者金融の営業時間である午前中に申し込みをすると即日融資を受けられる可能性が高くなります。

Web申し込みは24時間対応していても、審査回答はカードローン会社営業時間内で行われるからです。

営業時間外である深夜・早朝、当日の審査回答に間に合わない21時以降にカードローン申し込みをした場合、翌日の営業時間内に審査されることになります。

大手消費者金融各社の審査受付時間は以下の通り。

消費者金融名審査受付時間
プロミス9:00~21:00
アコム8:00~21:00
SMBCモビット9:00~21:00
アイフル9:00~21:00
レイクALSA平日・土曜・祝日9:00~22:00
日曜9:00~19:00
第3日曜:8:00~19:00

今すぐ即日融資の申し込みをしようとしている人は、以下ページでカードローン申し込みをWeb上で完結できる方法を解説していますので、参考にしてください。

土日の即日融資について

大手消費者金融は、土日の即日融資にも対応しています。

Webから申し込みを行うのであれば、20時までに申し込み手続きを完了させておく必要があります。

自動契約機を使って申し込みを行う場合は、21時までに申し込み手続きを完了させてください。
※カードローン会社によっては21時までの営業の場合があるので、終業1時間前までには申し込みを済ませてください。

Web申し込みの場合、申し込みが殺到し、当日中に審査を行うことができない可能性があります。

自動契約機の店舗の営業時間は21時までなので、1時間前には申し込み手続きを完了していなければ、審査が翌日になってしまうからです。

土日に即日融資を受けるための方法については、下記の記事で詳しく解説しています。

中小消費者金融では即日融資ができるのか

中小消費者金融で即日融資を受けるには、平日の14時までに申し込みを完了、店頭窓口への来店が必須といった条件が設けられています。

大手消費者金融よりも即日融資を受けるための条件が厳しいケースが多いため、条件を事前に確認しておきましょう。

Webから安心して申し込みができる中小消費者金融として、「キャッシングのフタバ」があります。

中小消費者金融となると、個人情報の管理や金利について不安を感じる人もいるかと思いますが、フタバは創業50年以上で、健全な融資を行っていることが特徴です。

キャッシングフタバ
  • 他社借り入れ4社以内なら審査が可能
  • 創業50年続いている中小消費者金融
  • 初回借入日から30日間は無利息
金利借入限度額審査時間
14.959%~17.950%最大50万円最短即日

中小消費者金融だとしても、必ず即日融資が受けられるわけではありません。
以下の2つどちらかに当てはまる人は審査に通過することができません。

注意ポイント

現在他社の借入で延滞している状態の人
借入額が年収の3分の1以上、または3分の1に近い人

中小消費者金融で即日融資を受ける方法については下記の記事で詳しく解説しています。中小消費者金融の利用を検討している人は参考にしてください。

即日融資を受けるまでの流れ

即日融資を受ける流れは、振込融資か直接ATMから融資を受ける方法の2つあります。

融資方法によって、申し込み方法や融資を受けられる時間帯が変わってきます。
ここでは2つの融資方法について解説していきます。

振込で即日融資を受ける方法

振込で即日融資を受けるには、Webからカードローン申し込みを行ってください。

振込で即日融資を受ける流れは以下の通りです。

振込で即日融資を受ける流れ

  • WEBサイトから申し込み
  • 仮審査結果の通知
  • 必要書類の画像をメール添付、もしくはスマホアプリで提出
  • 本審査結果の通知
  • 会員ページから借り入れの申し込み
  • 指定口座への振込融資の実行

申込先の消費者金融に提携口座があるかないかで即日融資に間に合う申し込みの時間が変わります。

以下が即日融資に間に合う申し込み時間です。

即日融資に間に合う申し込み時間

・提携口座を持っている人は20時までに申し込み完了
・提携口座を持っていない人は平日の13時までに申し込み完了

申し込み完了までに間に合わない人は、自動契約機に行って申し込み手続きをする必要があります。

提携銀行口座を持っている人が20時までに申し込みを完了すればよい理由は、2018年10月に全銀協に加盟する全国500行以上の金融機関で、土日祝日問わず24時間振込が可能となるモアタイムシステムが導入され、提携銀行口座を持っている人なら24時間振込融資を受けられるからです。

一方、提携銀行口座を持っていない人が13時までに申し込み完了しなければならない理由は、銀行の取引対応時間内の15時までに振り込みしてもらう必要があるからです。

カードローンの審査は申し込み順に行われているため、申し込み状況によっては1時間近くかかってしまう可能性があり、審査にかかる時間も考えると、13時までに申し込みを完了させておく必要があります。

直接ATMから即日融資を受ける方法

直接ATMから融資を受ける方法は2つあります。

ここでは2つの方法について解説をしていきます。

自動契約機からローンカードを発行してATMから融資を受ける

20時までに自動契約機に行き、20:30までに申し込み手続きを完了させてください。

カードローンの審査は申し込み順に行われているため、申し込み状況によっては1時間近くかかってしまう可能性があります。

そのため、20時30分までにはカードローンの申し込みを完了させておけば、営業時間内の22時までにローンカードの発行ができるので、店舗内にあるATMから即日融資を受ける事ができるからです。

自動契約機から融資を受けるまでの流れは以下の通りです。

自動契約機から融資を受ける流れ

  • 自動契約機へ行く
  • 自動契約機から受付をし、申込書と必要書類の提出
  • 申込内容確認の電話
  • 審査・在籍確認
  • 審査結果の連絡、契約手続き
  • ローンカード発行

公式アプリを使ってセブン銀行ATMから融資

大手消費者金融(プロミス・アコムなど)ではセブン銀行ATMからスマホで公式アプリを使って融資を受ける事ができます。

プロミスのアプリを利用して、セブン銀行ATMから融資を受けられる時間帯と取引手数料は以下の通り。

▼セブン銀行ATMから融資を受けられる時間帯

出金(借入)平日0:10~23:50
土日・祝日
入金(返済)平日0:10~23:50
土日・祝日

▼セブン銀行ATMから融資を受ける際の手数料

取引金額「1万円以下 110円」、「1万円超 220円」

即日融資を受けるための注意点

即日融資を受ける際に注意しておくべき点は3つあります。

3つの注意点に気を付けることで、即日融資を受けられる可能性が高くなります。

在籍確認ができるかどうか

在籍確認を完了しなければ、即日融資を受ける事ができません。

在籍確認ができないと即日融資を受けられない理由は、実際に申し込み時に申告した職場に勤務しているか確認が取れないため、審査が完了できないからです。

職場への在籍が確認できないと、収入の確認、架空の職場への在籍実績を申告して申し込みをするといった不正行為がないことの確認が取れないため、審査を完了できません。

即日融資を受けたい日に、会社が休みという人は、書類で在籍確認ができるSMBCモビットを選びましょう。SMBCモビットでは書類で在籍確認を行うことができます。

書類で在籍確認を行う場合には、3つの条件を満たす必要があります。

書類で在籍確認をする条件
  • 在籍確認書類(社会保険証または組合保険証)
  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座
  • 収入証明書類(「源泉徴収票」「税額通知書」「所得証明書」「確定申告書」「給与明細書(直近2か月分)」のいずれか)
SMBCモビット
  • 書類で在籍確認ができる
  • Web完結で即日融資に対応可能
  • 借入/返済時ローンカード不要
金利借入限度額審査時間
3.0%~18%最大800万円10秒簡易審査

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット以外の消費者金融へ申し込みをした場合も、サポートセンターに問い合わせをして相談する事で対応してくれる可能性があります。

各社のサポートセンターは以下の通りです。

プロミス:0120-24-0365(一部時間帯は、自動音声応答)
アコム:0120-07-1000(9時~22時)
アイフル:0120-201-810(9時~21時)
SMBCモビット:0120-24-7217(9時~21時)
レイクALSA:0120-09-09-09(9時~18時はオペレーター対応、それ以外は自動音声対応)

年収の3分の1以上借入していないか

自分の年収の3分の1以上の借入を希望したり、既に借入をしている人は即日融資ができません。

借入金額には年収の3分の1以上借入ができない総量規制という法律があるからです。

年収の3分の1を超えた額の融資を受けてしまうと、利息や返済に割り当てる金額が増えていき、返済が困難になる恐れがあります。

賃金業者の貸し付けに制限を設けることで、消費者金融などの利用者を経済破綻から守るために総量規制があるのです。

1ヶ月以内に複数社に申し込みを行っていないか

1ヶ月以内に複数社へカードローンの申し込みを行っていると即日融資ができません。

カードローンに申し込みをすると、CICやJICCといった信用情報機関に記録が残るため、カードローン会社が審査のときに信用情報機関の情報を照会した際に、複数社からの融資を受けていることが分かります。

複数社から融資を受けていると、1社に割ける返済額が小さいとみなされ、審査に落とされてしまうからです。

この記事の制作者
最上天晴

2012年に株式会社GVのメディアディレクターに就任。
ユーザーファーストなお金のWEBメデイアとして「まねーぶ」を2018年に立ち上げる。
電子マネー、クレジットカードの情報を”とことん”分かりやすく発信します。
専門家プロファイルで「クレジットカードの専門家」としても活躍中

矢野翔一氏
(監修)矢野翔一

2級ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP)
関西学院大学法学部法律学科卒。有限会社アローフィールド代表取締役。

賃貸経営や学習塾経営などを手掛ける。
2級ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP)、宅地建物取引士、管理業務主任者などの保有資格の知識や経験などを活かしつつ、
生活と暮らし、株式投資やFX、不動産投資などの投資関連、クレジットカード・カードローンなど、幅広いジャンルの記事執筆・監修に取り組む。

公式ページはこちら

矢野翔一先生のコメント
大手消費者金融のカードローンは即日融資に対応しており、急にお金が必要になった時の頼もしい味方と言えます。

しかし、即日融資に対応、24時間申し込みを受け付けていると言っても、24時間融資を受けられるわけではありません。

即日融資を受けるには、消費者金融の終業の1時間前には手続きを完了させる必要があります。

また、大型連休前や土日は申し込みが増えて審査に時間がかかる可能性が高いため、時間に余裕を持って申し込みを行うことが重要です。

しかし、提出した情報や書類に不備がある、在籍確認ができなければ即日融資を受けられない可能性が高まります。

即日融資を受けられるようにするためにも、提出する情報や書類に不備がないか、在籍確認に応じられる環境が整っているかを事前にしっかり確認しておきましょう。

即日融資の記事一覧

即日融資とキャッシングの違い

2020/02/12

この記事を読む

夜間でも即日融資を受けるための方法

2020/02/13

この記事を読む

派遣社員でも即日融資を受けられる

2020/02/04

この記事を読む

学生でも即日融資可能なカードローンと5つの注意点

2019/12/11

この記事を読む

アルバイト・パートの人でも即日融資を受ける方法

2019/12/03

この記事を読む

カードローンの電話申し込みから即日融資を受ける方法

2019/11/27

この記事を読む

即日融資も対応可能な銀行系カードローン

2019/11/21

この記事を読む

ブラックリスト入りでも即日融資を受けられた要因

2019/11/20

この記事を読む

現金を即日で作るための方法

2019/08/06

この記事を読む

SMBCモビットで即日融資を受ける方法を解説

2019/08/02

この記事を読む

記事一覧

カードローン

カードローン審査

即日融資

お金を借りる方法