【クレジットカード利用調査】コロナ禍でクレジットカード利用にも明暗が分かれたか?

調査目的
    新型コロナウイルス感染症対策として私たちの生活に制限がかけられた中、消費行動の変化に伴い提携サービスを皮切りに、クレジットカードにも新規発行や解約退会といった明暗が分かれています。
    リエールファクトリー株式会社 足澤憲氏監修のもと、コロナ禍中(2月~6月現在)におけるクレジットカード新規発行または解約退会の実態調査を行い、カード種類と見直し理由そしてメインカードの利用変化を明らかにし、アフターコロナ禍におけるカード業界の動向について解説していただきました。

調査回答者の属性(n=418)

調査対象:コロナ禍中(2月~6月現在)にクレジットカードの新規発行または解約退会をした人

調査回答者の属性

  • 性別:男性39.0%/女性61.0%
  • 年代:20代33.3%/30代30.9%/40代23.9%/50代9.8%/60代2.2%
  • 婚姻:未婚44.3%/既婚55.7%
  • 職業:正社員45.5%/契約社員・嘱託社員4.5%/派遣社員4.1%/パート・アルバイト18.2%/フリーランス・業務委託2.2%/自営業・自由業6.7%/専業主婦(主夫)13.6%/学生3.1%/無職2.2%
  • 年収:100万円未満27.0%/100万円以上~150万円未満7.9%/150万円以上~300万円未満20.8%/300万円以上~500万円未満29.2%/500万円以上~700万円未満8.9%/700万円以上~1,000万円未満4.1%/1,000万円以上2.2%

調査1:コロナ禍中のクレジットカード新規発行または解約退会

コロナ禍中にクレジットカードを「新規発行した」252人、「解約退会した」176人

コロナ禍中のクレジットカード新規発行または解約退会

コロナ禍中(2月~6月現在)におけるクレジットカードの新規発行または解約退会について調査したところ、「新規発行した」と回答したのは252人、「解約退会した」を回答したのは176人で、新規発行がおよそ1.5倍上回る結果となりました。

調査2:コロナ禍中に新規発行したクレジットカードと理由

コロナ禍中に新規発行されたクレジットカード1位は「楽天カード」
新規発行の理由は「ポイントが貯まる」や「入会金・年会費が無料(安い)」

コロナ禍中に新規発行したクレジットカード名

新規発行した理由

新規発行したクレジットカード名では、「楽天カード」が104人と突出して多く、次いで「イオンカード」32人、「三井住友カード」23人、「dカード」18人、「Yahoo!JAPANカード」15人と続き、上位5種で回答者の7割以上を占める結果でした。

新規発行した理由として、「ポイントが貯まるため」が175人と最も多く、次いで「入会金・年会費が無料(安い)ため」133人、「付与ポイントが使いやすいため」89人、「よく利用するサービスの提携カードのため」74人と続き、ポイント還元率やカード保有にあたる費用等でのお得感が重視される内容です。
また、外出自粛要請に伴うオンラインショッピングの利用増加も、クレジットカードの新規発行に拍車を掛けているようです。

コロナ禍中に新規発行したクレジットカード 上位10種

楽天カード104人
イオンカード32人
三井住友カード23人
dカード18人
Yahoo!JAPANカード15人
JCBカード9人
ENEOSカード8人
セブンカード・プラス7人
リクルートカード7人
エポスカード6人

新規発行した理由 上位5項目

ポイントが貯まるため175人
入会金・年会費が無料(安い)ため133人
付与ポイントが使いやすいため89人
よく利用するサービスの提携カードのため74人
入会時の特典が魅力だったため71人

調査3:コロナ禍中に解約退会したクレジットカードと理由

コロナ禍中に解約退会されたクレジットカードは「イオンカード」、「楽天カード」、「dカード」
解約退会の理由は「ポイントが貯まらない」や「提携サービスを利用しなくなった」

コロナ禍中に解約退会したクレジットカード名

解約退会した理由

解約退会したクレジットカード名では、「イオンカード」23人、「楽天カード」20人が上位回答でしたが、突出したカード種類はなく満遍なく見直されている傾向です。

解約退会した理由として、「ポイントが貯まらないため」48人、「クレジットカードの提携サービスを利用しなくなったため」46人、「年会費が高いため」44人、「利用限度額が低いため」40人が上位を占めており、クレジットカード保有に見合うお得感が得られないことや、コロナ禍での外出自粛による“新しい生活様式” で利用するサービスの変化が解約につながっているようです。

コロナ禍中に解約退会したクレジットカード 上位10種

イオンカード23人
楽天カード20人
dカード18人
オリコカード17人
三井住友カード15人
ビューカード13人
三菱UFJニコスカード11人
ANAカード10人
エポスカード10人
JCBカード6人

解約退会した理由 上位5項目

ポイントが貯まらないため48人
クレジットカードの提携サービスを利用しなくなったため46人
年会費が高いため44人
利用限度額が低いため40人
クレジットカードの汎用性が低いため28人

調査4:コロナ禍中のメインクレジットカード変化

コロナ禍中に4人に1人がメインクレジットカードを変更、メイン使い1位は「楽天カード」

コロナ禍中のメインクレジットカード変化

コロナ禍中のメインクレジットカード変化について、「変わった」と回答した人は27%と、4人に1人がコロナ禍にメインで使うクレジットカードを変えたことが明らかになりました。
メインで使うクレジットカードとして、「楽天カード」が154人で突出して多く、次いで「Yahoo!JAPANカード」52人、「イオンカード」47人と続き、上位3種で全体の6割を占める結果でした。
上位2種はいずれも提携オンラインショッピングサイトでの利用でポイント還元率が良く、需要増加に伴うメイン利用だと考えられます。

メインで使う理由として上位3項目を抜粋すると、「ポイント(マイル)が貯まりやすい」、「買い物(特定の店)で使うのに便利」、「スマホ決済と組合せ利用しやすい」であり、いずれも利用時に付与されるポイントが重視される内容であり、コロナ禍における経済の不安から節約志向が高まりお得感が支持される結果でした。

監修者プロフィール

足澤 憲
リエールファクトリー株式会社
COO/CTO 足澤 憲

リエールファクトリー株式会社
COO/CTO 足澤 憲

クレジットカードを40枚以上所持するクレカマニア。決済方法を組み合わせて、最高還元率を求めるAI-Creditの企画・開発を行なっている。

調査概要
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2020年6月3日~2020年6月9日
  • 調査対象:コロナ禍中にクレジットカードの新規発行または解約退会をした418人(任意)
  • 調査監修:リエールファクトリー株式会社 足澤憲

  • 関連記事