d払いの仕組みやメリットと利用におすすめのクレジットカード3選!

d払いはポイント還元率最大7.5%という破格のポイント還元率を実現できるため、利用を検討している人も多いでしょう。

しかし、あなたは以下の悩みから利用をためらっているのではないでしょうか?

「自分がd払いに合っているか分からない…」
「d払いに使うクレジットカードはどれが良いのか分からない…」

結論から言えば、d払いはドコモ関連のサービス利用者におすすめで、d払いの支払いに使うクレジットカードはdカードを利用するのがおすすめです

本記事ではd払いの仕組みや特徴、メリットなどを紹介しつつ、d払い利用におすすめのカードとしてdカード、dカード GOLDを詳細に解説していきます。

本記事を読めば、あなたは自分がd払いに合っているのかが分かり、すぐにd払いを高還元で利用できるようになります。

d払い利用におすすめのカード

「d払い」とは?サービスの概要と仕組みを解説

「d払い」はドコモが運営するスマホ決済サービスで、d払いアプリを搭載したスマホがあれば、d払い加盟店でのスマホによる買い物が可能となります

何故、スマホで買い物ができるかというと、d払いは事前にチャージして利用するチャージ式のスマホ決済サービスだからです。

アプリを介して事前にチャージした残高から決済分の利用額が引かれるため、現金やクレジットカードなどが不要なのです。

チャージはコンビニやセブン銀行ATMでできるほか、アプリ操作で銀行口座残高からチャージすることもできます。

また、d払いアプリにクレジットカードを登録すれば、d払い決済分の支払いをカード払いにすることも可能です。

d払いの支払いは、会計時に「d払いで」と店員に伝え、d払いアプリの画面を提示するか、店舗設置のQRコードをd払いアプリのカメラで撮影するだけで済み、決済額はチャージ残高や登録のクレジットカードから支払われます。

また、d払いにはポイントが貯まるというメリットもあり、d払い決済額に対し、ポイント還元率0.5%でdポイントが貯まり(200円=1Pt)、貯まったdポイントは1ポイント1円でd払いの支払いに利用できます。

d払い(アプリ)はアプリストアでダウンロードすることで入手できます(無料)。

d払いが使えるお店は?

d払いは現在150万ヶ所での支払いが可能で、コンビニやスーパーのみならず幅広い店舗で利用することができます

d払いは携帯キャリア大手のドコモが運営するスマホ決済サービスなので、急速な店舗拡大を行うことができており、今後も利用可能店舗が急激に増えていくことが予想されます。

d払いで支払いができる店舗の具体例を挙げると以下の通りとなります。

【d払いによる決済が可能な店舗例】

セブンイレブン
ファミリーマート
ローソン
サミット
マツモトキヨシ
ウエルシア
高島屋
スポーツデポ
GEO
東急ハンズ
ジュンク堂書店
ビックカメラ
コジマ
AOKI
日高屋
松屋
はなの舞
郵便局
JAPAN TAXI
BIG ECHO

d払いのメリット4つ

d払いには現金決済や他のスマホ決済にはない様々なメリットがあります

なかでも以下の4点はd払いの特徴とも言える大きなメリットとなります。

次からは上記4項目について詳しく紹介していきます。

支払い方法が多岐に渡る

d払いはスマホ決済のなかでも特に支払い方法が多岐に渡るため、利便性が高いというメリットがあります

d払いは携帯キャリアのドコモが運営しているため、ドコモのユーザーなら利用額を電話料金と合算の後払いで支払いができる、電話料金合算払いが利用できるのです。

キャッシュレス決済利用分と電話料金をひとまとめにして支払うことができれば、支払い管理が楽になります。

また、d払いは通常のスマホ決済で利用できる以下の支払い方法も選択できます。

方法内容
現金コンビニ、セブン銀行ATMで現金チャージした残高で支払い
銀行口座銀行口座からチャージしたチャージ残高から支払い
クレジットカード決済額を登録のクレジットカードから支払い

特に、クレジットカードによる支払いはスマホ決済分と、クレジットカードによる利用額の支払い分でポイントの二重取りができるため、おすすめです。

ポイント還元率0.5%でdポイントが貯まる

d払いはポイント還元率0.5%でdポイントが貯まるため(200円=1Pt)、ポイントの付かない現金決済よりも実質的に安く買い物ができます

何故なら、dポイントは1ポイント1円でd払いの買い物に使えるポイントなので、お金と同じ性質を持っているからです。

d払いはアプリストアでダウンロードするだけで入手でき、チャージはコンビニ(ローソン)でできるため、普段は現金で買い物をしているというあなたはすぐにd払い決済を中心にすることをおすすめします。

ドコモサービスユーザーは最大ポイント還元率+7%

d払いはドコモ関連のサービスを利用しているほどポイント還元率が上がるため、ドコモサービスのユーザーであれば絶対に利用するべきだといえます

というのも、d払いはドコモのケータイやdカード、DAZN、dマーケットなど、ドコモサービスの利用度合いにより、最大ポイント還元率7.5%(200円=15Pt)となる「dポイント スーパー還元プログラム」を実施しているのです。

【d払い還元率アップ条件】

条件還元率
dポイントプログラムプラチナステージ+1%
dカードでドコモ利用料金の支払い+1%
dマーケット(対象21サービス)+2%
いちおしパック契約+1%
DAZN契約+1%
Disney DELUXE+1%

dポイントは1ポイント1円でd払いの支払いに利用することができるため、ポイントの使い道困ることはありません。

上記サービスを1つでも利用しているのであれば、d払いの利用がおすすめです。

d曜日はネットショッピングで最大6%還元

d払いはネットショッピングで特にポイント高還元になるスマホ決済サービスであるため、ネットでよく買い物をするあなたにおすすめです

d払いはネットショッピングではポイント還元率1%の高還元となり、さらに「d曜日」にあたる金曜・土曜はポイント還元率3%となるのです。

さらにd曜日は1ヶ月の間に3サイトで3,000円(税込)以上買い物をすると、次回以降の買い物はポイント還元率が6%となります。

d払いで支払いができるネットショッピングサイトは以下の店舗を含む約200サイトです。

【d払い対象ネットショッピングサイト】
Amazon
メルカリ
ノジマオンライン
ラクマ
無印良品ネットストア
小田急百貨店オンラインストア
マツモトキヨシ
ニッセン
ソニーストア
Jetstar
peach
ABC-MART ONLINE STORE

上記以外の様々なネットショップでポイント6%還元を実現できるため、ネットショッピングをよく利用するならスマホ決済はd払いで決まりです。

d払いはクレジットカード併用でポイント二重取りが可能

d払いはクレジットカードの併用でポイント二重取りが可能となるため、クレジットカードを使うと実質的なポイント還元率アップが実現できます

何故なら、d払いは決済分の支払いをクレジットカード払いにできるため、d払い決済分としてポイント還元とは別に、クレジットカード利用分のポイント還元も受けられるからです。

例えば、d払い決済分の支払いをポイント還元率1%のdカード GOLD払いにすることで、d払い決済分のポイント還元率0.5%とdカード GOLD払い利用分のポイント還元率1%で、合計1.5%のポイント還元を実現できるのです。

クレジットカードのなかには入会金・年会費無料で、一切手数料がかからない高還元カードがたくさんあります。

d払いを利用するならクレジットカードを同時に入手しておくのがおすすめです。

d払いにおすすめのクレジットカードはdカード

d払いを利用するのであれば、利用額の支払いは支払いはdカードのカード払いにするのがおすすめです

dカードをd払いの支払いに利用すると、d払い決済分で貯まるdポイント(ポイント還元率0.5%)とは別に、dカードの支払い分でもdポイントも貯まるからです(ポイント還元率1%)。

dカードはポイント高還元なのに加え、同じdポイントが貯まるため、ポイントを一元管理できるほか、ポイントをd払いの支払いに利用できるため、使い道に困ることもありません。

また、dカードによる支払いは「dポイント スーパー還元プログラム」(d払いのポイント還元率が最大+7%になるキャンペーン)の対象となります。

これはd払いのクレジットカード払いのなかで唯一dカードのみが対象となるキャンペーンです。

ここではdカードとして現在発行されている2種類のカード、dカード、dカード GOLDの2枚を紹介していきます。

d払い利用におすすめのカード

d払いを利用するのであれば、何れかを入手しておくことをおすすめします。

【dカード】ポイント還元率1%でdポイントが貯まる年会費無料カード

dカードはコストをかけずにd払いのポイント還元率を上げたいあなたにおすすめです

dカードは入会金・年会費無料で利用でき、d払い利用額に対し、ポイント還元率1%でdポイントが貯まるからです(100円=1Pt)。

d払い決済分のポイント還元率0.5%と合わせて、合計1.5%のポイント高還元を実現できます。

一方、dカード GOLDもポイント還元率1%なのですが、年会費は10,000円かかります。

一切の手数料をかけずd払いのポイント還元率を上げたい慎重派のあなたは、dカードを利用しましょう。

dカード

対応電子マネー

ID
年会費ポイント還元率マイル還元率
無料1%~4%0.4%~1.6%
発行日数海外旅行保険ETC年会費
最短5営業日500円
  • ポイント還元率1%(100円=1Pt)
  • 1ポイントは1円分でd払いに利用可能
  • ローソンで3%OFF(カード決済のみ)

【dカード GOLD】空港ラウンジサービスなど豪華特典が付帯

dカード GOLDは、d払い決済分の支払いでdポイント(ポイント還元率1%)が貯まりますが、加えてゴールドカードとしての様々な特典を利用できるため、生活の質を向上させたいあなたにおすすめです

というのも、dカード GOLDには空港ラウンジサービスや最高1億円の海外旅行傷害保険などが付帯しており、普段の生活や旅行をより上質かつ安全にできるのです。

また、dカード GOLDはNTTドコモのケータイ料金なら10%還元、ケータイの紛失、故障時に最大10万円の補償を受けられるケータイ補償も付帯しているため、ドコモユーザーなら絶対に入手しておきたいところです。

dカード GOLDは年会費が10,000円かかりますが、年間の利用額によっては年会費以上の得をすることができます。

何故なら、dカード GOLDは年100万円以上の利用で10,800円、年200万円以上の利用で21,600円のクーポンがプレゼントされるからです。

クーポンはdショッピングクーポン、dデリバリークーポン、d トラベルクーポンなどからの選択式なので、利用先に困ることはありません。

dカード GOLD

対応電子マネー

ID
年会費ポイント還元率マイル還元率
10,000円1%~4%0.4%~1.6%
発行日数海外旅行保険ETC年会費
最短5営業日最高1億円無料
  • 空港ラウンジサービス付き
  • 上級会員専用デスクあり
  • 新規入会で15,000円分プレゼント(2020年3月31日まで)

d払いの支払い方法

d払いの支払い方法は非常に簡単で、現金決済やクレジットカード決済よりもスピーディな支払いができます

何故なら、d払いの決済は、会計時に「d払いで」と伝え、スマホのd払いアプリに表示されたバーコード画面を店員の人に提示するだけだからです。

後は店員の人がリーダーでバーコード画面を読み取ってくれれば決済完了となります。

一方、現金決済は紙幣や硬貨のやり取りが必要となりますし、クレジットカード決済はサインの記入や暗証番号の入力が必要となります。

スマホオンリーで素早く決済ができるd払いは、毎分毎秒が惜しいというあなたにもおすすめの決済手段となります。


関連記事

    記事一覧

    おすすめの電子マネー