suicaでポイントを貯める方法と効率的な貯め方を解説

Suicaは全国の駅の改札通過ができるほか、コンビニやスーパー、飲食店など61万店の買い物にも使える電子マネーです。

Suicaは鉄道利用や特定店舗の買い物でポイントが貯まるため、以下のように思う人は多いのではないでしょうか?

「どうせなら使うならSuica利用で最大限ポイントを貯めたい」

結論から言えば、SuicaはクレジットチャージとモバイルSuicaの併用により、効率良くポイントを貯めることができます

本記事ではSuicaの利用で効率良くポイントを貯める方法を紹介していきます。

本記事を読むだけで、最も効率よくSuicaを利用できるようになります。

Suicaとは?その特徴を紹介

Suicaは、店舗の買い物だけでなく、電車やバスなどの移動にも利用できるため、利便性の高い電子マネーです

何故なら、SuicaはJR東日本発行の電子マネーのため、JR東日本の駅改札通過機能が付いているからです。

加えて、Suicaは、全国の鉄道会社などが発行する交通系ICカード(PASMOなど)と提携を結んでおり、相互に駅改札通過機能と加盟店を開放しています。

そのため、SuicaでPASMOエリアの駅改札を通過したり、SUGOCAエリアで買い物をしたりできるのです。

【提携を結ぶ10の交通系電子マネー】

・Kitaca(JR北海道)
・Suica(JR東日本)
・TOICA(JR東海)
・ICOCA(JR西日本)
・SUGOCA(JR九州)
・PASMO(パスモ)
・manaca(名古屋市交通局)
・PiTaPa(するっとKANSAI)
・はやかけん(福岡市交通局)
・nimoca(ニモカ)

【発行カードごとのエリア図】

また、Suicaは店舗での買い物にも利用でき、以下を含む約60万店舗で支払いが可能です。

・セブンイレブン
・ローソン
・イトーヨーカドー
・イオン
・ドン・キホーテ
・マツモトキヨシ
・ららぽーと
・デニーズ
・ガスト
・マクドナルド
・ビックカメラ

Suicaは、チャージした残高の範囲で、買い物や駅改札通過に利用できる電子マネーです。

Suicaは駅の券売機やコンビニのレジなどで、現金によるチャージができるほか、ビューカード(株式会社ビューカード発行のクレジットカード)からもチャージができます。

ビューカードによるチャージは、駅のATM「VIEW ALTTE」でできるほか、オートチャージも可能です。

オートチャージはSuica残額が設定金額以下になると、ビューカードのカード払いから自動チャージされる機能です。

Suicaの支払いは、専用の端末にタッチするだけでできるため、らくらくスピーディな決済が特徴です。

駅改札の通過は、Suicaを駅の自動改札機の読み取り部にタッチする(かざす)だけでできます。

また、店舗の支払いは、会計時に「Suicaで」と伝え、レジ前にある読み取り機にSuicaをタッチする(かざす)だけです。

Suica利用で貯まるJRE POINTとは?

Suicaにはポイントサービスがあり、利用するたびにポイントが貯まるため、現金払いよりもお得です

何故なら、Suicaの利用で貯まるポイントはJRE POINTで、JRE POINTはSuicaのチャージ残高に移行できるからです。

Suicaのチャージ残高はJR東日本をはじめとする、全国の駅改札通過に利用できるほか、Suicaの加盟店の買い物にも使えます。

Suicaなら4つのシーンでポイントが貯まる

Suicaは全部で4つのシーンでポイントを貯めることができます。

ここではそれぞれのシーンについて紹介していきます。

ポイント加盟店でポイントが貯まる

Suicaは特定店舗(JRE POINT加盟店)での買い物で、JRE POINTが貯まります

何故なら、Suicaを使ってJRE POINT加盟店で買い物をすると、税込100円か200円利用につきJRE POINTが1ポイント貯まるからです。

主なJRE POINT加盟店とポイント還元率は以下の通りです。

加盟店 還元率
NewDays 200円→1ポイント
acure(自販機) 100円→1ポイント
エキュート 200円→1ポイント
BECK’Sコーヒー 200円→1ポイント
JR東日本ホテルホテルメッツ 200円→1ポイント
イトーヨーカドー(関東甲信越・東北エリアの店舗) 200円→1ポイント
紀伊国屋書店:(関東甲信越・新潟エリアの店舗) 100円→1ポイント
洋服の青山(関東・山梨エリアの店舗) 100円→1ポイント
ANA(国内線機内販売) 200円→1ポイント

ただし、以下のタイプのSuicaではポイント貯まらないので、注意が必要です。

・Suicaカード(氏名などの登録がされていないSuica)
・記念Suica
・モノレールSuica
・りんかいSuica

また、Apple PayやGoogle PayでのSuica利用の場合は、別途「モバイルSuicaアプリ」をインストールする必要があります。

電車利用でポイントが貯まる

Suicaは、JR東日本の鉄道を利用すると、JRE POINTが貯まるため、移動代金でポイントを貯めることができます

JRE POINT WEBサイトでSuicaを登録した上で、Suica残高を使ってJR在来線に乗車すると、以下の通りにポイントが貯まるのです。

カードタイプ 200円→1ポイント
モバイルSuica(スマホ決済) 50円→1ポイント

それぞれ利用額に満たない場合でも1ポイントが貯まります。

ただし、Suica定期券を定期券区間で利用した場合は、JRE POINTは貯まりません。

また、他社区間が含まれている場合の他社区間分は、ポイントが貯まりません。

Suicaグリーン券の購入でポイントが貯まる

SuicaはSuicaグリーン券の購入でもポイントを貯めることができます

JRE POINT WEBサイトに登録したSuicaでSuicaグリーン券を購入すると、以下のようにポイントが貯まるのです。

カードタイプ 200円→1ポイント
モバイルSuica(スマホ決済) 50円→1ポイント

グリーン車をよく利用する人は必ず利用しておきたいサービスです。

モバイルSuica定期券の購入でポイントが貯まる

Suicaは、モバイルSuica定期券の購入でも、ポイントが貯まります

JRE POINT WEBサイトにモバイルSuicaを登録した上で、モバイルSuica定期券を購入すると、購入金額50円ごとに1ポイントが貯まるのです。

購入区間に他社線が含まれていてる場合でも、購入金額に対してポイントを受けられます。

ただし、モバイルSuicaでないカードタイプのSuica定期券は、対象外です。

クレジットカードからのチャージでポイント二重取り

Suicaのチャージでクレジットカードを使うと、ポイントの二重取りができます

何故なら、クレジットカードは利用額に応じたクレジットカードポイントが貯まるため、Suicaのチャージ分に対してもポイントが付与されるからです。

Suicaは乗車やポイント加盟店での買い物利用でポイントが貯まるため、チャージ分と合わせてポイント二重取りが可能なのです。

ただし、Suicaへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードは限られています。

Suicaのチャージでポイント高還元を実現できるクレジットカードは、Suicaチャージでポイント3倍の「JRE CARD」です。

JRE CARDはポイント還元率が0.5%ですが、Suicaのチャージではポイントが3倍の1.5%還元となるのです。

また、JRE CARDは、Suicaチャージ・Suicaオートチャージ・窓口での切符購入・定期券の購入でも、ポイント3倍となります。

貯まるポイントはJRE POINTで、JRE POINTは1ポイント1円として、Suicaのチャージ残額に移行できます。

JRE CARD

対応電子マネー

Suica
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
477円(税別) 0.5%~3.5%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
7営業日程度 最高500万円 477円(税別)

JRE CARDはポイント還元率0.5%のクレジットカードで、1,000円利用につき5ポイントのJRE POINTが貯まります。

貯まったJRE POINTは1ポイント1円でSuica残額に移行可能です。

また、SuicaのチャージやJR東日本の定期券購入ならポイント3倍になります。

JRE CARDはSuicaや定期券機能付きのものも発行できるため、Suicaと二重に持つ必要がないクレジットカードです。

今なら期間限定で、5,000円相当のJREポイント(期間限定ポイント)がプレゼントされるキャンペーンが実施中です(2020年1月31日までに申し込んだ人が対象)。

JREポイント(期間限定ポイント)は、商品との交換や、JRE POINT加盟店での買い物や飲食、JR東日本のショッピングサイト「JRE MALL」の買い物に使えます。

  • Suicaチャージで1.5%還元
  • 駅ビルで3.5%の超高還元
  • 5,000円相当のポイントプレゼント

関連記事

記事一覧

おすすめの電子マネー