QUIQPayでポイント高還元のクレジットカードと効率的な貯め方を紹介

「QUIQPayを使いたいけど、どうせならポイント高還元にしたい」とあなたは思っているのではないでしょうか?

しかし、QUIQPayは登録したクレジットカードから支払い、そのクレジットカードのポイントが貯まるシステムなので

「どのクレジットカードを使えばいいの?」

と、膨大なクレジットカードを前にして、悩んでいる人も多いでしょう。

本記事はQUIQPayで利用でき、かつポイント高還元のクレジットカードを紹介していきます

また、QUIQPayを利用し、セブンイレブンでポイント二重取りをする裏技も紹介します。

本記事を読めば、QUIQPayの利用を最もお得にすることができます。

QUIQPayはポイント高還元も可能な電子マネー

QUIQPayは登録のクレジットカードから支払いが行われるため、登録するカードによっては高還元が可能です

というのも、クレジットカードは支払い額に応じてポイントが貯まり、かつQUIQPay対応のカードには高還元なものもあるからです。

クレジットカードの平均的な還元率は0.5%ですが、高還元なカードになると1%のものもあります

ポイント還元率重視の人は1%以上の高還元なカードを選ぶようにしましょう。

ちなみに、クレジットカード単体とQUIQPayの違いは、支払いのスピードです。

というのも、QUIQPayはレジ付近にある読み取り機にかざすだけで、瞬時に支払いが完了するからです。

一方、クレジットカードは機械に差し込み一定時間待つ必要があるほか、サインの記入や暗証番号の入力を求められることがあります。

QUIQ Payでポイント高還元のおすすめカード3選

ここでは、QIUQPayで利用できるおすすめの高還元カードを3枚紹介します

「QUIQPayを使いたいけど、どれがいいのかわからない…」という人は以下の3枚のなかから選ぶのがおすすめです。

おすすめの高還元カード

【JCB CARD W】年会費無料でポイント還元率1%の高還元カード

JCB CARD Wは年会費無料かつポイント高還元なので、万人におすすめのクレジットカードです

というのも、クレジットカードの平均的なポイント還元率が0.5%のなか、JCB CARD Wは1%となっているからです。

また、JCB CARD Wはセブンイレブンでポイント還元率2%となるため、セブンイレブンのユーザーの人にもおすすめです。

JCB CARD Wで貯まるOki Dokiポイントは、30万店舗で利用できる「JCBプレモ」(ギフトカード)にチャージできます。

また、他にもnanacoポイントなどの共通ポイントとの交換などにも利用できるため、利用先に困ることはありません。

JCB CARD WのQUIQPayはカード決済とスマホ決済の両方に対応しています。

【JCB CARD W】年会費無料でポイント還元率1%の高還元カード

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
無料 1.0% 0.6%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
1週間程度 最高2,000万円 無料
JCB CARD Wは年会費無料で、常にポイント2倍の高還元カードなので(ポイント還元率1%)、万人におすすめのクレジットカードです

貯まったポイントは、全国30万店で使えるギフトカード、「JCBプレモ」のチャージなどに利用できます。

今なら新規入会で、ポイント還元率が最大30倍になります(2019年12月31日まで)。

また、JCB CARD Wでスマホ決済(Google Pay/Apple Pay)を利用すれば、利用額の20%がキャッシュバック(最大10,000円まで)されます(2019年12月15日まで)。

さらに、14,000円のキャッシュバックキャンペーンも行われているので(2019年3月31日まで)、JCB CARD Wに入会するなら今がチャンスです。

  • スマホ決済で20%キャッシュバック
  • 新規入会でポイント最大30倍
  • 14,000円のキャッシュバック

【楽天カード】楽天市場でポイント3倍の高還元カード

楽天カードは楽天市場でポイント高還元のクレジットカードなので、ネットショッピングをよく利用する人におすすめです

というのも、楽天カードは年会費無料かつポイント還元率1%で、楽天市場での利用はポイント3倍となるからです。

楽天カードのQUIQPayスマホ決済のみ対応しており、Apple PayとGoogle Payで利用できます。

スマートフォン決済で高還元を実現したい人は検討するようにしましょう。

【楽天カード】ポイント還元率1%で楽天市場ならポイント3倍

対応電子マネー

R EdyQUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
無料 1.0%~3.0% 0.5%~1.5%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
7営業日程度 最高2,000万円 500円(税別)
楽天カードはポイント還元率1%の高還元カードで、かつ楽天市場でポイント3倍となる、楽天ユーザー必携のカードです

貯まるポイントは楽天スーパーポイントで、楽天市場や楽天ペイの支払いに使えます。

また、今なら新規入会&利用で5,000円相当の楽天スーパーポイントがプレゼントされます(2019年10月31日現在)

楽天市場で欲しい商品がある人は、今が入会のチャンスです。

  • ポイント還元率1%
  • 楽天市場でポイント3倍
  • 5,000円分のポイントプレゼント

【ミライノ カード GOLD】年会費3,000円の高還元ゴールドカード

ミライノ カード GOLDはポイント還元率1%の高還元ゴールドカードで、現金主義者の人におすすめです

というのも、ミライノカード GOLDのポイントはキャッシュバックという形で受け取ることができるからです。

ミライノカード GOLDは年会費が3,000円と格安で、年100万円利用すれば次年度無料となります。

他にも最高5,000万の海外旅行傷害保険や、国内外の空港ラウンジを無料で利用できるサービスなど、ゴールドカードらしい特典も付いています。

ミライノカード GOLDはQUIQPay対応しており、QUIQPay機能搭載のミライノ カード GOLDを発行できます。

また、iPhoneユーザーの人ならApple Pay でQUIQPayによる支払いもできます。

【ミライノ カード GOLD】格安年会費で持てる高還元ゴールドカード

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
3,000円(税別) 1.0% 0.4%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
7日程度 最高5,000万円 無料
ミライノ カード GOLDはポイント還元率1%の高還元ゴールドカードで、特にリーズナブルなゴールドカードを探しているあなたにおすすめです

というのも、ミライノ カード GOLDは年会費3,000円で持つことができるからです。

平均的なゴールドカードの年会費は10,000円なので、その3分の1以下の維持費で持つことができます。

貯まったポイントは現金に交換することができるため、現金主義者の人にもおすすめです。

  • ポイント還元率1%
  • 最高5,000万円の海外旅行傷害保険
  • 空港ラウンジサ―ビス付き

QUIQPay(nanaco)の作り方

ここではQUIQPay(nanaco)の作り方を紹介していきます。

以下の手順で作成することになるので、各項目をチェックしつつ作ってみてください。

QUIQPay(nanaco)ならセブンイレブンでポイント2重取りが可能

「QUIQPay(nanaco)」は電子マネー「nanaco」にQUIQPay機能が付いたタイプで、セブンイレブンでポイント2重取りができます

というのも、セブンイレブンなら、QUIQPay(nanaco)のQUIQPay機能での支払いで、200円につき1nanacoポイントが還元されるからです。

加えて、QUIQPay登録のクレジットカードからの支払いによるクレジットカードポイントも貯まるため、ポイント二重取りとなるのです。

nanacoポイントは1ポイント1円分のnanaco残高に移行できます。

nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドーなどのnanaco加盟店の買い物に利用できます。

ただし、QUIQPay(nanaco)を利用できるクレジットカードは、以下の3社発行のカードのみです。

  • セブン・カードサービス
  • JCB
  • セディナカード

QUIQPay(nanaco)の利用なら「JCB CARD W」がおすすめ

QUIQPay(nanaco)の利用なら、セブンイレブンでポイント高還元の「JCB CARD W」の利用がおすすめです

というのも、JCB CARD Wはポイント還元率1%の高還元なのに加え、セブンイレブンでは2%還元になるからです。

加えて、QUIQPay(nanaco)のQUIQPay機能による支払いで、200円につきnanacoポイントが1ポイント貯まるため(0.5%還元)、合計で2.5%還元となります。

【JCB CARD W】年会費無料でポイント還元率1%の高還元カード

対応電子マネー

QUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
無料 1.0% 0.6%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
1週間程度 最高2,000万円 無料
JCB CARD Wは年会費無料で、常にポイント2倍の高還元カードなので(ポイント還元率1%)、万人におすすめのクレジットカードです

貯まったポイントは、全国30万店で使えるギフトカード、「JCBプレモ」のチャージなどに利用できます。

今なら新規入会で、ポイント還元率が最大30倍になります(2019年12月31日まで)。

また、JCB CARD Wでスマホ決済(Google Pay/Apple Pay)を利用すれば、利用額の20%がキャッシュバック(最大10,000円まで)されます(2019年12月15日まで)。

さらに、14,000円のキャッシュバックキャンペーンも行われているので(2019年3月31日まで)、JCB CARD Wに入会するなら今がチャンスです。

  • スマホ決済で20%キャッシュバック
  • 新規入会でポイント最大30倍
  • 14,000円のキャッシュバック

QUIQPay(nanaco)の作り方

ここではQUIQPay(nanaco)の作り方を紹介していきます。

以下の手順で作成することになるので、各項目をチェックしつつ作ってみてください。

nanacoを申し込む

QUIQPay(nanaco)の利用には、電子マネー「nanaco」が必要になるため、まずnanacoの申込みをします

というのも、QUIQPay(nanaco)はnanacoにQUIQPay機能が付いたものだからです。

nanacoの申込みはnanacoの公式サイトより可能です。

QUIQPay(nanaco)対応のクレジットカードを入手する

QUIQPay(nanaco)を作るには、QUIQPay(nanaco)対応のクレジットカード会社が発行する、クレジットカードも必要です

というのも、nanacoにはQUIQPayの機能が付いているだけで、その機能を利用するには、QUIQPayの支払いに使うクレジットカードが必要だからです。

【QUIQPay(nanaco)対応のカード会社】

  • セブン・カードサービス
  • JCB
  • セディナカード

クレジットカードはカード会社各社の公式ホームページより申込みが可能です。

各カードの公式サイトからQUIQPay(nanaco)を申し込む

nanacoとQUIQPay(nanaco)対応のクレジットカードが用意できたら、最後にQUIQPay(nanaco)の申込みを行います

というのも、nanacoとクレジットカードを入手したら、次はnanacoのQUIQPay機能に、クレジットカードを登録する必要があるからです。

「nanacoのQUIQPay機能の支払いで使うクレジットカードはこれですよ」、という登録をカード会社に依頼する必要があるのです。

申込みは各カードの会社のホームページから行うことができます。

QUIQPay(nanaco)利用の注意点

QUIQPay(nanaco)はnanacoとQUIQPayが一体となっているため、利用する際は、レジで必ずどちらの電子マネーで支払うかを伝える必要があります

というのも、QUIQPay(nanaco)は見た目はnanacoのため、店員の人に何も伝えずに支払おうとすると、店員の人が「nanaco」による支払いと勘違いする可能性があるからです。

nanacoで支払う場合は「nanacoで」、QUIQPayで支払う場合は「QUIQPayで」と伝えるようにしましょう。


関連記事

記事一覧

おすすめの電子マネー