楽天Edyでポイントを貯めるべき人は?高還元を実現する方法も徹底解説

電子マネーの利用を検討している人のなかには、「楽天Edyを使ってポイントを貯めたい」と考えている人も多いでしょう。

しかし、あなたは以下の悩みから楽天Edyの利用をためらっていませんか?

「楽天Edyでポイントを貯めるのが自分とってベストな選択肢なのかが不安」

ポイントは電子マネー選びの最重要な基準ですから、このように考える人は多いと思います。

結論から言えば、楽天Edyは常時ポイント還元率1%が可能な高還元電子マネーで、かつ貯まるポイントも楽天スーパーポイントのため使い勝手が良く、最初の電子マネーとしては最もおすすめです

本記事では、楽天Edyのポイントサービスや、楽天Edyでポイント高還元を実現する方法を徹底解説していきます。

これを読めば、あなたはすぐに楽天Edyの利用を開始でき、かつ楽天Edyでポイント高還元を実現できます。

楽天Edyとは

楽天Edyは楽天が発行するチャージ式電子マネーで、全国70万店舗での支払いに使うことができるのが特徴です

楽天Edyは主要電子マネーであるnanaco、WAON、Suicaと比べても利用可能店舗数が格段に多く、チャージ式電子マネーのなかではNO1の店舗数を誇っているのです。

電子マネー 利用可能店舗数
楽天Edy 66万店舗
WAON 51万店舗
nanaco 58万店舗
Suica 61万店舗

楽天Edyは以下のような店舗で利用できます。

【主な楽天Edy利用可能店舗】

セブンイレブン
ファミリマート
ローソン
イトーヨーカドー
サミット
マツモトキヨシ
Amazon
高島屋
ビックカメラ
TSUTAYA
しまむら
ドン・キホーテ
マクドナルド
ほっともっと
ベローチェ
ビッグエコー

利用には事前のチャージが必要で、チャージはコンビニのレジでの現金払いでできるほか、セブンイレブンやイトーヨカドーなどに設置のセブン銀行ATMでもチャージ可能です(現金払い)。

また、楽天Edyはチャージ作業を省くこともでき、楽天Edy残額が設定金額を下回ると、自動的に楽天カードから自動チャージされるオートチャージ機能が利用できます。

支払いは会計時に「楽天Edyで」と店員に伝え、レジ付近にある専用端末に楽天Edyをタッチするだけで完了します。

楽天Edyはポイント還元率0.5%で、支払い200円ごとに1楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天スーパーポイントは楽天市場やスマホ決済サービスの楽天ペイの支払いに利用できます。

楽天Edyのポイントは使いやすい

楽天Edyのポイント還元率は0.5%と平均的な還元率で、これはnanacoやWAONと同様の還元率ですが、楽天Edyのポイントは電子マネーの中では群を抜いて使いやすいのが特徴です

楽天Edyの利用で貯まる楽天スーパーポイントは、ネットでは楽天市場の買い物に、リアル店舗では楽天Edyの支払いに使えるからです。

楽天Edyは利用可能店舗数70万店舗を誇る電子マネーですし、楽天市場は国内最大級のネットショッピングモールです。

楽天スーパーポイントは、ネットでもリアル店舗でも数多くの店舗での買い物に使えるため、非常に便利なのです。

一方、その他の主要な電子マネーであるnanaco、Suica、WAONのポイントは以下の店舗で利用できます。

  • 【nanaco】
    -リアル店舗:セブンイレブンなどnanaco加盟店【58万店舗】
    -ネット店舗:オムニ7、Joshin webショップ、BOOK☆WALKER
  • 【WAON】
    -リアル店舗:イオンなどWAON加盟店【51万店舗】
    -ネット店舗:-
  • 【Suica】
    -リアル店舗:ローソンなどSuica加盟店【51万店舗】
    -ネット店舗:-

楽天カードを利用すればポイント還元率は1%に

楽天Edyはポイント還元率0.5%の電子マネーですが、クレジットカードの楽天カードを利用すればポイント還元率を2倍の1%まで上げられます

何故なら、楽天Edyは楽天カードからのクレジットチャージ(カード払いによるチャージ)が可能で、チャージ額に応じてポイント還元率0.5%で楽天スーパーポイントが貯まるからです(200=1Pt)。

楽天Edyは支払い時にポイント還元率0.5%で楽天スーパーポイントが貯まりますが、このポイントに加えてチャージ分のポイントも貯まるため(200=1Pt)、合計でポイント還元率1%が実現できるのです。

楽天カードは入会金・年会費無料のため、手数料などの負担は一切かけずに利用できます。

加えて、楽天カードには楽天Edyの機能を搭載できるため、楽天Edyと楽天カードを別々に持つ必要もありません。

楽天カード

対応電子マネー

R EdyQUICPay(クイックペイ)
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
無料 1.0%~3.0% 0.5%~1.5%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
7営業日程度 最高2,000万円 500円(税別)
  • Edyチャージでポイント還元率1%
  • 楽天市場でポイント還元率3%
  • 5,000円分のポイントプレゼント

楽天ポイントカード加盟店なら1.5%の超高還元に

楽天Edyは楽天カードによるチャージでポイント還元率1%が可能ですが、さらに楽天ポイントカード加盟店ならポイント還元率はさらに1.5%まで上昇します

何故なら、楽天Edy(Edy機能付き楽天カード含む)には楽天ポイントカードの機能が付帯しているからで、楽天ポイントカードは楽天ポイントカード加盟店で買い物の際に提示すると、100円(or200円)ごとに1楽天スーパーポイントが貯まるポイントカードなのです。

具体的には、以下のポイント三重取りによるポイント還元率1.5~2%が可能となります。

  • 楽天カードによる楽天Edyへのチャージ(ポイント還元率0.5%)
  • 楽天Edy(楽天ポイントカード)の提示(ポイント還元率0.5~1%)
  • 楽天Edyによる支払い(ポイント還元率0.5%)

楽天ポイントカード加盟店の例を挙げると、以下のような店舗があります。

ファミリーマート
ミスタードーナツ
マクドナルド
すき家
ビックカメラ
ジョーシン
Right-on
ツルハドラッグ

上記店舗をよく利用するというあなたには楽天Edyがおすすめです。

ANAマイルを貯めるなら楽天Edy機能付きANAマイレージクラブカードがおすすめ

楽天Edyはマイル還元率0.5%の高還元でANAマイルを貯められるため、ANAマイルを貯めたい人にもおすすめの電子マネーと言えます

楽天Edy機能が付いたANAマイレージクラブカードなら楽天スーパーポイントの代わりにANAマイルが貯まり、そのマイル還元率は0.5%と高還元です(200=1マイル)。

また、Androidであれば、楽天Edyアプリを設定の上、「ケータイ de Edyマイル」サービス登録を行うことで、スマホによるEdyの支払いが行え、かつマイル還元率0.5%でANAマイルが貯まります。

さらにANAマイルを貯めたいならANAカードがおすすめ

キャッシュレス決済で楽天Edy以上のANAマイル還元率を実現したいなら、クレジットカードのANAカードを利用するのがおすすめです

ANAカードは年5,000円の移行手数料を払えば、マイル還元率1%(1,000円=10マイル)でマイルが貯まるからです。

また、ANAカードには最高1,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しているほか、入会・継続ボーナス(1,000マイル)や搭乗毎のボーナス(区間基本マイレージの+10%)など、ボーナスマイル特典も付いています。

しかし、ANAカードはクレジットカードなので、「クレジットカードだと少額決済の時はサインの記入や暗証番号の入力が面倒そう…」と思っている人もいるかもしれません。

しかし、ANA VISA一般カードであれば、電子マネーの「iD」を利用でき、楽天Edyと同じようなスピーディな支払いができます。

具体的には、iDは会計時にレジで店員さんに「iDで」と伝え、専用の端末にANAカードをかざすだけで支払いができます。

利用額はクレジットカード会社により、後日銀行口座引き落としで支払うことになります。

また、ANAカードのiDには盗難・紛失時の不正利用に対する補償制度が付いています。

一方、楽天Edyは盗難・紛失時に不正利用の補償を受けられないため、万が一に備えるならANAカードのiDを利用するようにしましょう。

【ANA VISA一般カード】ANAマイルが高還元で貯まる電子マネー機能付きクレカ

対応電子マネー

R EdyID
年会費 ポイント還元率 マイル還元率
2,000円 0.5~1.5% 0.5~3%
発行日数 海外旅行傷害保険 ETC年会費
2~3週間程度 最高1,000万円 500円
  • マイル還元率1%(要・移行手数料)
  • ボーナスマイル多数
  • 電子マネー「iD」機能付帯

関連記事

記事一覧

おすすめの電子マネー