2017年税制改正はここがポイント!

今年も様々な税金制度が変わり、生活に影響を持つ季節がやってきました。

2017年も注目される税制改正が予定されています。

資産税・相続税関連を中心に、いくつか確認してみましょう。

続きを読む

お得な大韓航空マイルを貯められるクレジットカード・ベスト3

大韓航空は、日本の地方空港にも数多く就航していて、地方空港→ソウルと経由すれば世界中に行くことができます。

マイレージプログラム「スカイパス」は有効期限が10年もあり、スカイチーム加盟航空会社の利用でもマイルが貯まります。

今回は、大韓航空のメリット・デメリットとともに、マイルを貯めるのにおすすめのカードも紹介します。
続きを読む

必要保障額の目安はいくら?定期保険でカバーしよう!

生命保険は、万が一の場合に備えるためのものです。

万が一の場合にどれだけのお金があればいいのかを計算すると、思いのほか多額の備えが必要だということに気づくでしょう。

しかし、保険料をムダにしたくないからとすべて終身保険で備えるのには無理があります。

定期保険も含めて、生命保険で必要保障額を用意できるようにしましょう。

続きを読む

医療保険で実費補償型がふさわしいケースを紹介!

生保系の医療保険と損保系の実費補償型医療保険について、以前比較する形で(「医療保険(生保系)と実費補償型医療保険(損保系)の違いとは?」)紹介しました。

それではさらに踏み込んで、実費補償型を選んだほうがいいのは、どのようなケースと言えるでしょうか?

実費補償型医療保険は、子育ての時期だけ考えたい若年層の方、高額療養費制度を使ってもなお医療費が高く感じる高所得者、短期入院や差額ベッド代に備えたい方にはお勧めです。

続きを読む

実は専業主婦(専業主夫)にもぴったり?収入保障保険のすすめ

生命保険というと、家計を支えている人に万が一のことがあった場合に備えるというイメージが強いでしょう。

けれども、毎月一定額を受け取ることができる収入保障保険は、専業主婦(専業主夫)の人に万が一のことがあった場合に備えることもできる保険なのです。

どのような使い方ができるのかを解説しましょう。

続きを読む

葬儀(費用)保険はいわゆる生命保険とは何が違うのか?

葬儀(費用)保険は、その名前からイメージされる商品とは異なる性格のものもあります。目的にそぐわない保険を選んでしまうことのないよう、加入前にはよく商品内容を確認したほうがよいでしょう。

葬儀(費用)保険の実態は、少額短期保険や傷害保険なので、葬儀費用に充当されることが多い生命保険(死亡保険)とは違うようにも見えます。ただし少額短期保険の場合は、実際には死亡保険としくみがよく似ています。

高齢者にも入りやすいとは思いますが、本当に葬儀費用を賄う目的にかなうかは、想定している葬儀の規模にもよるため、注意が必要です。

続きを読む

セゾンカードインターナショナル

クレディセゾンが発行する「セゾンカードインターナショナル」は年会費無料で即日発行も可能な、数少ないクレジットカードです。
それに加えて、ETCも無料で即日発行が可能なうえ、審査が易しく入会がしやすいという点でも人気があります。

今回はセゾンカードインターナショナルのサービス内容から人気の秘密まで詳しく解説しましょう。

続きを読む

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

消費者金融会社のアコムが発行する「アコムACマスターカード」は、他のクレジットカードにある、「カードを使うとポイントが貯まる」「海外旅行保険の付帯」といったサービスがありません。他のクレカと比べると魅力に乏しいかもしれません。

しかし、アコムACマスターカードはクレジットカードの中で最も審査難易度が低いとも言われており、さらに申込方法も多様で即日発行も可能と、他のカード審査で落ちた方やすぐにカード利用をしたい方向けのカードといえるでしょう。

ただし、リボ払い専用であったり、少々クセのあるカードであることは確かです。

今回はアコムACマスターカードの基本情報はもちろん、気になる審査基準や申込方法、返済方法などについて徹底的に解説します。

続きを読む

これで迷わない!クレジットカードのマイル還元率計算法

クレジットカードの比較サイトにあるマイル還元率。サイトによってバラつきが見られ、いまいち、その構造がわかりづらくなっています。そこで、今回は、還元率の求め方をわかりやすく解説。一般的な4人家族の家計をモデルに、月々貯まるマイルもシミュレーションしてみます!

続きを読む

非課税枠を使って節税もできる!生命保険の贈与税を解説

生命保険はいざという時に備えられるという本来の目的に加えて、税金でも優遇されるという特徴があります。よく知られているのは、「生命保険料控除で所得税・住民税が軽減されること」と「相続税が非課税になる部分があること」です。

ただ、それ以外にも「贈与税の非課税枠」を活用した節税方法もあるんです。今回は、生命保険を活用した贈与についてお話しします。

続きを読む