20代のクレジットカード保有率74%!学生たちの間で人気のクレカとは?

先進国の中でも、個人のクレジットカード保有率が低いというイメージのある日本。しかし、実際には、20~60代のクレジットカード保有率は何と84%。その中でも学生を含む20代のカード保有率は74%という、意外と高い結果が出ました。そこで、今回は、20代のクレカ保有事情を徹底検証!そして大学生のための「🔰初めてのクレカ選び」について、ポイントを説明します。

続きを読む

自分のブラック情報をチェック!個人信用情報の調べ方

クレジットカードを申し込む前に審査が通るか不安という人は、個人信用情報機関に、自分の信用情報を照会することができます。

一度カード審査に落ちてしまって、その原因を知りたい、という時にも、ここから原因が探れるかもしれません。そのやり方を伝授いたします。
続きを読む

損害保険金にも税金がかかるの?注意すべき保険金

損害保険の保険金は、保険金によって儲けるのではなく損害を補償する性格があることから、生命保険の保険金に比べると非課税のものが多いです。

しかし一部の損害保険金は課税されます。傷害保険の死亡保険金・年金払い積立傷害保険・棚卸資産補償保険金などです。

雑損控除や医療費控除においても、災害補償の保険金や医療保険給付金は支払った額から差し引くことになります。

続きを読む

クレジットカード審査の見送り、クレームは禁物!

クレジットカードの審査で見送りという残念な結果になっても、決してやってはいけないことがあります。
それはクレームです。
一度や二度のクレームはまだしも、何度もクレームを行っていると、カード会社から「クレーマー」扱いされ、次のカード審査に影響を及ぼす場合も考えられます。
カードが審査落ちという結果になったとしても、感情に任せた行動に出るべきではありません。

まずは冷静になって、時がたつのを待ってください。
申込みと審査結果の記録は個人信用情報機関に記録されています。
その記録は6か月で消えます。それまでは、ただ待つのみです。

カードの審査に落ちたからといって、今後も絶対にカードが作れないわけではありません。
なぜ審査落ちしてしまったのかを知り、今後どうすべきか対処する必要があります。そのノウハウをまとめましたので、参考にしてみてください。

続きを読む

【年代別 保険の選び方】既婚・未婚、状況別の30代・40代編

皆さんこんにちは、ファイナンシャルプランナーの藤です。今回は、既婚者、未婚者など状況に応じた30代・40代の保険の選び方について解説いたします。

30代となると、職場内での立場は明確になり、転職を考えている方もいらっしゃるとは思いますが、ある程度、将来について考えている時期でしょう。

ここでは、結婚して間もない場合や子どもが一人いる場合、未婚である場合について見ていきます。年齢より状況が合えば参考になると思います。ですので、40代で結婚したばかりの方なども想定しております。

続きを読む

クレジットカードだけじゃない!旅先で便利な学生向けプリペイドカード

学生時代の長い休みを利用して、海外旅行や短期留学をする学生さんも多いと思います。

海外は、日本と比べるとそれほど治安もよくないので、旅行先に多額の現金を持っていくことはおすすめできません。こんな時は、クレジットカードなどのキャッシュレスでショッピングができるカードを持っていくと、より安全で便利です。

しかし、家族にクレジットカードを持つのを反対されていたり、クレジットカードに抵抗のある学生さんもいるでしょう。そんな学生さんにお伝えしたいのは、現金不要で買い物できるカードは、クレジットカードだけではない!ということです。

最近では、海外旅行向けに発行されているプリペイドカードもあり、選択肢も広がっています。今回は、海外旅行に便利なプリペイドカードをご紹介しましょう。

続きを読む

クレジットカードのメリット・デメリットを知り、得するクレカを選ぶ!

クレジットカードを持ちたいけど、どのカードにすればいいかわからない……。そんな時、ネットで色々と調べ過ぎたばかりに、その情報量の多さから余計にわからなくなったという人も多いのではないでしょうか?
今回は、クレジットカードのメリットとデメリットを端的に説明し、メリット別にお得なクレジットカードもご紹介します。
ぜひ、クレジットカード選びの参考にしてみてください。
続きを読む

iDeCoおすすめブームの中、個人年金保険の意義を考える

個人年金保険

専業主婦や公務員でも加入できるようになったと言われる個人型確定拠出年金。普及を目的として「iDeCo」という愛称までつけられました。

資金を積み立て運用し、公的年金を補完していく手段として期待されています。一方で、従来から公的年金を補完するものとして、生命保険会社は個人年金保険を販売しています。

個人年金保険が置き去りにされたかのごとくの現状ですが、受給額が読める年金という点は、他の年金保険にない大きなメリットではないでしょうか。

続きを読む

アメリカやシンガポールで急成長する「保険×AI」の最新レポート

insurtech

保険×Technologyで生み出されるInsurtech。日本でも保険会社やスタートアップ企業がTechnologyの最新技術を使って、顧客に新しいサービスを届けようと奮闘しています。

ただInsurtechの先進国とされるアメリカや、アジアのTechnology市場でも急激に成長するシンガポールと比べると、どうしても「遅い」印象が拭えません。
日本国内でもInsurtechに強い関心は持たれており、ある協会で最新事情をレポートするイベントが開催されると会場を溢れるほどの聴講者が集まりました。

アメリカやシンガポールの最新事情を企業側から伝えると同時に、日本の進捗状況についてもお伝えします。

続きを読む