お金の参考書 投資関連

人気殺到のIPO株とは!当選確率を上げる方法から売り方まで

新聞などでよく目にすることもある、IPO株とはどういう株のことなのでしょうか?

IPO株とは、「未上場企業」が市場から資金調達や知名度の向上をはかるために「新たに証券市場に上場する企業(銘柄)」のことを言います。

「IPO株は、なかなか当選しない」と耳にすることも多いですよね。

では、どのようにしたらIPO株の当選確率を上げることができるのでしょうか。

当選確率を上げるための方法や、証券会社でのIPO株の買い方から売り方、値動きついても説明します。

また、投資家がIPOに参加するメリットとデメリット、企業がIPOを行うメリットとデメリットについても説明していきます。

IPO株の抽選に有利な方法

IPO株は、各証券会社によって取り扱っている銘柄が異なります。

上場する企業の幹事会社に入っている証券会社でしか申し込みが出来ないからです。

自分が保有している証券会社では抽選が行われない銘柄でも他の証券会社では抽選参加を行っている場合もあります。

IPO株を購入するためには、なるべくIPO株の実績のある多くの証券会社に口座を保有し、抽選申し込みをすることで、有利になります。

また、抽選応募をする際には、上場する銘柄の主幹事証券会社から申し込みをすることをお勧めします。

IPO株は、ほかの幹事会社でも申し込みをすることが出来ますが、IPO株の配分に関しては主幹事会社の配分が多い傾向にあるからです。

IPO株でおすすめの証券会社

IPOの当選確率を上げるには、IPOの取り扱い実績がある証券会社に口座開設をする必要があります。

そこで、IPOの実績があるおすすめ証券会社をご紹介いたします。

SBI証券

IPO株の取り扱い実績で、SBI証券はネット証券NO.1の実績があります。

SBI証券に口座開設をすることによって、他のどのネット証券よりも多くのIPOに申し込みをすることが出来ます。

また、「IPOチャレンジポイント」という制度があり、新規上場株式のブックビルディング後の抽選や配分に外れた回数に応じてポイントが加算されていき、そのポイントを利用することでIPOに当たりやすくなる制度があるのも特徴です。

SBI証券おすすめポイント
SBI証券のここがオススメ!
  • ネット証券NO.1のIPO取り扱い実績
  • 手数料が安い
  • 豊富な取り扱い商品
  • SBI証券だけの夜間取引(PTS取引)
  • 見やすさと高性能の最強ツール「HYPER SBI」
  • 豊富なマーケット情報

楽天証券

楽天証券もIPOの取り扱い実績があります。

楽天証券では、資金量および独自のランク制度によって当選確率が変化する仕組みになっています。

資金量の多い方にとってはおすすめになります。

楽天証券おすすめポイント
楽天証券のここがオススメ!
  • IPOの取り扱い実績が豊富
  • リーズナブルな手数料
  • MARKETSPEEDのツールが使いやすい
  • ポイントがたまる優遇金利5倍
  • NISAは、手数料が永久無料
  • 外国証券の取り扱いが豊富
  • 資産運用のロボアドバイザー「楽ラップ」

IPO株とは何か?

IPOとは、Initial Public Offeringの略語で、日本語に直すと「新規公開株」や、「新規上場株式」となります。

つまり、IPO株とは「未上場企業」が市場から資金調達や知名度の向上をはかるために「新たに証券市場に上場する企業(銘柄)」のことを言います。

未上場企業が、東京証券取引所などの証券市場に上場することにより、投資家は証券会社を通じて、株式の売買ができるようになります。

非公開株式(上場していない株式)でも売買は可能です。

しかし、非公開の株式を買おうとすれば、株式を持っている人を探し出して、売買価格の交渉を相対した上で、双方合意する、という手順を踏む必要があります。

非公開の株主を探す方法は、株主については主要なところはHPや帝国データバンク等で分るケースもありますが、正確なものは難しいと思います。

基本的に非公開会社は情報公開義務がありませんので、これらの情報を正確に調べることはかなり難しいのです。

非公開の株式に対して、上場した株式であれば、誰でもが市場がつけた価格で比較的短時間に売買することが可能になります。

未上場企業が新たに証券市場に上場するためには、法律を守り、財務状況や経営体制が健全で、尚且つ資産や利益の基準を満たした会社は証券取引所から「上場して良い」という許可をもらいます。

新規上場が約束された株式は上場前に情報が公開され、上場直前に購入予約を受付開始します。

未上場企業が上場するまでの流れは、
1.証券会社による事前審査を受け、上場に適した会社かどうかチェック
2.1の審査に問題がなければ、証券取引所が審査。
3.2の審査に問題がなければ、上場が承認されます。
4.承認されてから約1ヶ月後に、上場する。

以上のようになります。

企業がIPOを行うメリット

企業がIPOを行う最大のメリットは、「大規模な資金調達」ができることです。

上場していない企業の場合、資金調達の方法は銀行借入などに限られるのが通常です。

しかし上場すると、株式市場から直接資金を調達することができます。

次に、「信用力の向上」というメリットもあります。

上場企業となれば、従来、話を聞いてもらえなかった企業とも取引ができ、取引条件が有利になるといったことがあります。

また、たとえ個人向けのサービスを提供している企業であっても、上場しているということは、個人に対して安心感を与えるうえで十分なアピールポイントになります。

他には、「優秀な人材の確保」ができ、人材の採用でプラスに働くことが多くなります。

就職・転職に際して企業を選ぶことを想定した場合、上場企業であるということは、選ぶ際の重要な要素の一つになります。

実際に、上場したことで応募人数が急増したということは多々あります。

人数だけではなく、能力の面でも「IPO前は優秀な人材は取れなかった」というケースも多々あるようです。

最後に、上場準備の過程では、上場企業にふさわしい経理管理体制の強化が求められます。

これらは、企業にとっては、負担になる一方で、その実施を通じて、従来実施していなかった面から、「経営基盤の強化」が進み、経営体質がより一層強化されることになります。

企業がIPOを行うデメリット

・上場は費用が掛かる

上場は株式公開をするときだけではなく、上場を維持するためにも「費用」がかかります。

上場準備にかかる費用は、企業の規模等によって異なりますが、概ね5千万円から1億円はコストがかかります。

内訳としては、経営基盤の強化のための内部コスト、監査法人、外部コンサルタント、証券企業に支払う外部コスト等です。

IPOを果たした後にも、今度は上場を維持するためのコストがかかります。

上場している企業は有価証券報告書や四半期報告書の作成・開示に加え、決算短信等の適時開示への対応も求められます。

また、IPOに伴い株主数が大幅に増えるので、株主総会の規模も非上場企業のときと比べて大きくなる傾向にあります。

株主に向けての開示資料や株主総会の招集通知の作成・印刷代等にも多くのコストがかかります。

さらに、優秀な人材が集まってくるため、人材維持のための給与コストも今までより上がることが予想できます。

・M&A(企業の合併・買収)や株式の投機的取引に対する危険性

証券市場で自由に株式が売買されることにより、投機的取引の対象となり、買収したいと考えている人や企業がIPOをした企業の株を買い占めし、経営権が侵害される(買収)おそれがあります。

また、「訴訟リスク」があります。

会社が株主の利益を損なう行為をした場合、訴訟になるケース、これを株主代表訴訟と言います。

株主代表訴訟は上場会社に限った話ではありませんが、株主が多くなる分そのリスクは高まります。

・常に情報開示をする

上場会社は株式によって運営されているため、株主への情報開示が必須です。

四半期ごとの定期的な情報開示や突発的な事態に対する報道での会見など、常に透明性を求められます。

投資家がIPOに参加するメリット

投資家がIPOに参加するメリットは「上場前に上場予定株の一部を購入できる」ことです。

IPO株の公募価格は割安に設定されることが多いため、上場後に初値が高くなる可能性があり、すぐに大きな利益になることが多い傾向にあります。

上場前から話題になるような株は、非常に大きな値上がりと利益が予想されるので、人気も非常に高く、当然抽選も高倍率になるが、それでも挑戦する価値は大いにあると言えます。

次に、IPO当選後の「売り時がわかりやすい」です。

初値が上昇することが多いIPO株ですが、上場後は株価の値動きが激しくなることが多いので、リスクを避けるために初値が決まり次第売却する「初売り」が常套手段として行われています。

また、「長期保有で大きな利益を狙える」可能性もあります。上場後に右肩上がりで成長し続けていく株もあります。

最後に、「買付手数料がかからない」です。

通常の売買では、売買手数料がかかりますが、新規公開株の買付手数料は不要なのです。

投資家がIPOに参加するデメリットやリスク

投資家がIPOに参加するデメリットは、他の株式と同様に「損失を出してしまう可能性がある」ということです。

上場後の「初値」が上場前の「公募価格」よりも下回ることを「公募割れ」といいます。

すべてのIPOの株の初値が高くなるわけではないので、購入価格より初値が低くなることもあります。

売るタイミングを逃してしまい、保有せざるを得なくなり塩づけ状態となってしまうこともあります。

人気や注目度が低い銘柄ですと、初値が低くなる傾向があるので、事前にリサーチする必要があります。

次にIPO株は、市場での評価が固まっていないので値動きが激しく、株価が「急騰」「急落」することです。

上場後にIPO株を購入し、売却するのは損失リスクも高くなります。

上場後にどうしてもIPO株を買いたい場合は、値動きをよく見て買うようにしてください。

最後に、「なかなかIPO株購入権利に当選しにくい」です。

リスクの少ないIPOは人気なので、落選が続くことが多いです。

買いたいと思うIPOの株が見つかったら、とりあえず抽選に参加してみたほうがよろしいかと思います。

IPO株を購入するにはどうしたらいいの?

IPO株を購入するには、証券会社に口座があれば誰でも抽選に参加できます。

しかし、IPOには申込みが多く、公募価格でIPO株を買えるのは抽選で当たった投資家だけになります。

そのため、なかなか買うことができないのが現状です。

ただ、IPO抽選への参加には費用がかかりません。

申込方法といっても、IPOだからといって難しいわけではなく、通常の株を買うのとあまりかわりません。

証券会社は世の中にたくさんありますが、どの証券会社を選んで口座を作ればいいのでしょうか?

重要なのは、IPO株の配分がある証券会社に口座を作ることです。

どの証券会社でも株取引自体はできますが、IPO株はあらかじめ配分が決まっているので、割り当てのある証券会社で口座を作らないと、そもそもIPOの抽選自体が受けられません。

まず、証券会社のホームページ上で、IPOや新規公開株式(証券会社によって異なる。新規公開、新規上場など)という項目を探し、その証券会社が取扱うIPO銘柄の一覧を見ます。

自分の申し込みしたいIPOがある証券会社に口座を開設します。

その後、申し込みをしたい株の概算金額を入金しておきます。

その中で、申込受付期間中の銘柄を選び、申込をします(IPOは申込みできる期間が決まっています)。

申込に進むリンクの表記方法は証券会社によって違います。

「申込」や「需要申告」など言い方は色々ですが、一覧を見て公開日や受付状況などを見ればどこが申込なのかはすぐわかります。

申込画面に進んだら、通常の株を買うのと同じように、買いたい株数と金額を入力し、申込をします。

これで申込完了です。

IPO株の申し込み方法をまとめると、
1. IPO銘柄の一覧を見る
2. 申込受付期間中の銘柄を選ぶ
3. 買いたい株数と金額を入力し申し込む

口座を保有していて、概算金額を入金してあれば申込ができます。

IPO株の株価はどのような動きをするの?

IPO株の上場後の値動きについては、4つの事例を紹介します。

①初値で暴騰後さらに上昇するパターン

株式市場にはじめて上場して、株価が大きく暴騰するパターンです。中には、上場初日に初値がつかなく、次の日以降に持ち越されるケースもあります。

②初値で暴騰後、株価が下落するパターン

初値で暴騰後に初日は大きく上昇したにもかかわらず、その後は一転して下落を続けるパターンです。

③初値は高くないのに、その後ゆっくり上昇していくパターン

初値は公募価格に比べそれほど上昇しなかったが、初値形成後、そこからさらに上昇して高パフォーマンスになったケースです。

④初値は高くなく、その後下落していくパターン

初値は、公募価格を下回り、なおかつ初値をつけた後ゆっくりと売られていくパターンです。

この他にも様々なケースはございますが、IPO株でも銘柄によりパフォーマンスが良い株もあれば、逆に残念な結果になってしまうこともあります。

IPO株ってとにかく当たらない・・・その当選確率について

「IPO株は本当に当たらない」と耳にすることも多いかと思いますが、なかなか当選しないのは事実です。

当選確率はどのくらいかというと、大体超大型IPOで10%、普通株のIPOだと0.1%くらいだと言われています。

いかに、IPO株の当選確率が低いかという事がお分かりいただけたのではないでしょうか。

少しでも当選確率を上げるためには、より多くの証券会社に口座を保有して、IPO株の中羽扇申込に参加することが重要になります。

IPO株の売り方。売るタイミングはいつなのかを知ろう

IPO株が当たったけど、どのようにして売ったらいいのでしょうか?

初値で売りたい場合は、成行注文をすることが必要です。

成行注文は、指値注文よりも優先されるからです。

また、初値で売りたい場合は上場日当日の朝5時から9時までに売り注文を出すことを忘れないように気を付けてください。

上場日に初値がつかないこともありますので、上場日当日に初値がつかなかった場合は、翌営業日も同様に成行で売り注文を出す必要がありますので、こちらも気を付けてください。

売るタイミングについては、上場日の寄り付きで「成行注文」を出すことをお勧めいたします。

IPO株は上場後、株価がどうなるのか方向感を見極めるのは、かなり至難の業です。

短期で利益を得たいなら、初値で売った方がいいのは、多くのIPO株が初値を付けた後大幅に値下がりするからです。

将来有望なIPO株であれば、長期投資で保有するのも良いでしょう。

資金に余裕があり、長期投資できる場合は、NISAという少額投資非課税制度を利用してIPO株を保有することをお勧めします。

何年もかけて成長を見守りたいIPO株であれば、長期投資で保有してみるのもいいでしょう。

まとめ

IPO株とは、「未上場企業」が市場から資金調達や知名度の向上をはかるために「新たに証券市場に上場する企業(銘柄)」のことです。

証券取引所から「上場して良い」という許可をもらい、新規上場が約束された株式は上場前に情報が公開され、上場直前に購入予約を受付開始します。

実際に、IPO株を買いたい場合は、配分がある証券会社に口座を作ることが重要です。

申し込みをして、公募価格でIPO株を買えるのは、抽選で当たった投資家だけになります。

なかなか、抽選であたるのは難しい傾向にはありますが、申し込まなければ当たらなので投資してみたい企業があれば、チャレンジしてみるのもよろしいかと思います。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

株式投資

株の初心者

株の基礎知識

株の情報収集

株の用語集

株の口座開設

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション