お金の参考書 投資関連

マネックス証券はIPOが完全平等抽選!少ない金額のプチ投資も

マネックス証券の評価ポイント!
マネックス証券のここがオススメ!
  • 少ない金額でスタートできるプチ投資
  • 商品ラインナップが豊富で、お好みのスタイルで投資が可能
  • 投資判断に役立つ豊富な情報提供
  • 使わないと損するNISA、iDeCoにも対応
  • 「わかりやすさ」を重視した各種ツール
  • IPOは完全平等抽選である
  • リバース注文(Uターン注文)ができる

マネックス証券の魅力

少ない金額でスタートできるワン株

マネックス証券は、少ない金額でスタートできるワン株があります。

ワン株とは、株式ミニ投資の一種で、マネックス証券のオリジナルのサービスです。

例えば、本来は100株や1000株単位でしか購入することができない株式であったとしても、ワン株を利用することで1株から購入することができます。

元々、1株単位となっているものは、さらに細分化して購入することはできませんが、取引単位が大きかったり、株価そのものが大きすぎて購入することができなかった株を少額で購入することができるようになるのは大きな魅力です。

また、これを利用して、様々な株式を少量ずつ購入することが可能となることから、初心者にとって分散投資がしやすくなるといえます。

商品ラインナップが豊富で、お好みのスタイルで投資が可能

マネックス証券は、商品ラインナップが豊富で、お好みのスタイルで投資が可能であることは大変大きなポイントです。

そこで、商品のラインナップについて説明します。

まず、マネックス証券なら一部を除く投資信託が原則100円から購入できます。少額から投資を始めることができ、国債分散投資も簡単に行うことができます。

外国株式/ETF

マネックス証券では、日本国内の株式のみならず、アップル、グーグルやマイクロソフトその他多くの米国株式や、百度やペトロチャイナその他多くの中国株式に投資をすることができます。

また、個別銘柄だけでなく、ETFも扱っているので、個々の企業について詳しくなくても、安心して投資することが可能です。

マネックス証券の外国株式の売買取引手数料は他社と比較しても安い部類となっている上に、情報提供サービスも充実しています。

投資信託

マネックス証券は、投資信託のラインナップに大変力を入れており、取り扱い本数は1000本を越えています。

また、購入の際に発生する手数料がゼロであるノーロード投信についても数多く取り扱っており、資産形成に大きく貢献します。

しかも、自らの投資方針に合わせた投信を探すことができるファンドの検索機能も充実しており、多くの投信がある中でどの投信を買えばよいかわからない初心者にとっても安心です。また、インドやブラジル、ロシアその他多くの新興国のファンドも取り揃えています。

外国債券

マネックス証券では、外国債券も取り扱っています。

様々な国の通貨建て、投資期間も多くの投資家のニーズに対応できるような債券を揃えています。

昨今、世界の安全保障問題が話題になっていますが、様々な国の通貨で分散投資を行うことにより、リスクを低減させることも可能である側面も人気の理由の一つです。

投資判断に役立つ豊富な情報提供

マネックス証券のサービスの一つとして、投資判断に役立つ豊富な情報提供や情報分析ツールがあります。

ロングショート分析ツール

信用取引を用いた株式の運用戦略の一つでロングショート戦略というものがあります。

これは、同業他社などで同様の株価変動をする2種類の銘柄のペアをすると予想をする銘柄にショート(空売り)をすることにより、株価市場全体の動きに捉われずに利益を生み出していく取引のことをいいます。

このロングショート戦略を分析するツールをマネックス証券は用意しています。

クォンツ・プレミアムサービス

テクニカル分析や、ファンダメンタル分析「日柄・値幅分析」、「理論株価分析」、「チャート足型検索」、「QRチャート」など様々な分析を行うことができます。

投資家の投資手法に合わせた分析ができる大変心強い投資分析ツールです。

マネックス証券は、これらの他にも、日本証券新聞のネット配信や、米国株式市場や中国株式市場のリアルタイムの情報提供サービスも行っており、日本の国内株式のみならず、海外の株式市場についても積極的な情報提供サービスを行っています。

使わないと損するNISA、iDeCoにも対応

マネックス証券では、使わないと損するNISA、iDeCoにも対応しています。

NISAは、株式や投信などで得ることのできた売却益や配当金などについて非課税となる制度のことをいいます。

マネックス証券では、NISAにももちろん対応しており、口座管理料も無料となっています。

さらに、マネックス証券の「つみたてNISA」なら、独自の機能である「MONEX VISION β」に資産の残高を取り込むことが可能です。

これによってNISAのポートフォリオを分析することができ、長期の資産形成をサポートしてくれます。

NISAは、株式や投信などで得ることのできた売却益や配当金などについて非課税となる制度なので、利用するこにより節税になりますので使っていない方は利用することをお勧めいたします。

また、iDeCoにもマネックス証券は対応しています。

iDeCoとは、個人型確定拠出年金のことをいい、個々の老後の資産形成を支援する制度のことです。

これは、加入者自身が掛け金を拠出し、加入者自身で運用商品を選択し、運用していきます。

マネックス証券の取り扱っている運用商品の手数料は他社と比較しても安いものが多く、マネックス証券が積極的に取り組んでいる姿勢が伺われます。

iDeCoは、老後の資金を自分で作るためのお得な制度で、掛け金が全額「所得控除」され、毎年税金が戻ってくるので節税になります。

iDeCoを利用していない方は、ぜひ利用してみてもいかがでしょうか。

『わかりやすさ』を重視した各種ツール

マネックス証券は、「わかりやすさ」を重視した各種ツールがあります。

例えば、マネックストレーダーがまず筆頭に挙げられます。

マネックストレーダーは、国内株式や、先物およびオプション取引に対応したトレーディングツールです。

また、板からワンクリックで発注することができることから、大変スピーディーに注文を出すことができます。

リアルタイムランキングなどでは、値上がり率や値下がり率その他多くのランキングをリアルタイムでチェックすることができます。

さらに、株式市況アラームにおいては、当日の安値を更新したり、大口の約定ができた場合等、あらかじめ設定した項目について関係した銘柄についてリアルタイムで表示させることができます。

また、マーケットライダーというサービスもあります。

これは個別銘柄の株価ボード、つまり、登録した銘柄についての価格情報等をリアルタイムで表示するサービスです。

気配やランキング、チャートその他多くの情報を見ることができます。

完全平等抽選であるIPO

マネックス証券は、IPOは完全平等抽選であり、取扱いが多いことも特徴のひとつです。

完全平等抽選ということは、個々の運用額や取引回数、預かり資産に関係なく、完全にランダムな抽選が行われるということです。

これは少ない金額で運用する投資家にとっては大変大きな魅力です。

しかも、店頭配分がないため、マネックス証券に割り当てられる株式全てが抽選の対象となります。

このため、マネックス証券は多くの幹事証券の中でも当たりやすい証券会社であるといえるのではないでしょうか。

マネックス証券の評価ポイント!
マネックス証券のここがオススメ!
  • 少ない金額でスタートできるプチ投資
  • 商品ラインナップが豊富で、お好みのスタイルで投資が可能
  • 投資判断に役立つ豊富な情報提供
  • 使わないと損するNISA、iDeCoにも対応
  • 「わかりやすさ」を重視した各種ツール
  • IPOは完全平等抽選である
  • リバース注文(Uターン注文)ができる

リバース注文(Uターン注文)ができる

マネックス証券は、リバース注文(Uターン注文)ができます。

「リバース注文」とは、取引の注文を出す際、その銘柄について反対売買の注文をあらかじめ予約した注文を設定するものです。

例に挙げると、ある銘柄を購入する際に、その注文が約定すれば、その株価の100円上の価格で売却注文を出す、といったことが可能となる注文です。

この注文は、日中に忙しくて株を買ったものの株価のチェックができないために、せっかく株価が上がったとしても売却して利益を確定する機会を逸することが多い方や、約定した後に少しでも株価が上昇したら売却してコツコツ利益を上げていきたい方にとって特にお勧めの注文形態です。

なお、このリバース注文の手数料については、マネックス証券における指値注文や成り行き注文等と同じ売買手数料となっており、安心してリバース注文を出すことができます。

マネックス証券の口座開設の方法

マネックス証券の口座開設の方法について、大まかに説明いたします。

まず、マネックス証券のホームページを開きます。

「口座開設」のところをクリックして開きます。

「口座開設 お申込み(無料)」は、「ペーパーレス口座開設」と「郵送による口座開設」が選択できますが、未成年者以外で運転免許証をお持ちの方は「ペーパーレス口座開設」の方をお勧めします。未成年者や運転免許証をお持ちでない方は「郵送による口座開設」をご選択ください。

ここでは、「ペーパーレス口座開設」の説明をさせていただきます。

「お申込み内容の入力フォームへ」をクリックして開き、入力します。

本人確認書類とマイナンバー書類のアップロードをします。

詳しくは↓こちらで説明いたします。

まとめ

マネックス証券は、ワン投資やIPOが完全平等抽選であるなど、初心者に寄り添ったサービスがある一方で、分析ツールはベテランの投資家からも信頼が厚く、幅広いユーザーから定評があります。

益々、サービスが拡充されていくマネックス証券にはこれからも要注目です。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

株式投資

株の初心者

株の基礎知識

株の情報収集

株の用語集

株の口座開設

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション