お金の参考書 投資関連

株を始めたい学生は必見!勉強の仕方や少額資金で投資する方法を伝授

学生が株をはじめるというと、未だ金銭面でも親に頼っている人がいる一方で、自らアルバイトなどで稼いだ資金を株で運用したいと考えている方も多くおられるのではないでしょうか。

そこで、学生が株をはじめる上でのメリットやデメリット、注意点や知っておくべきことについて説明します。

未成年の場合は、親の承諾が必要

株式の売買を行うには、銀行ではなく、証券会社に口座を開設することが必要です。

同じ学生でも成人している人と未成年の人では、証券会社に口座開設をする際に対応が異なります。

成年の場合は、口座開設においては特に制限はなく、親の承諾は必要ありません。

株式の売買についても、全て自己責任で行うこととなります。

しかし、未成年の場合は、株の口座開設をする際に、親の承諾が必要となります。

株の口座開設をする際に本人の口座だけでなく、親も同じ証券会社に口座を保有する必要があります。

未成年でも取引できる証券会社は実は多くはなく、全ての証券会社で、未成年者が株式の売買をできるというものではないのです。

未成年者が口座開設する際には、どこの証券会社であっても、親権者との続柄の確認書類と親の同意書が必ず必要となります。

同意書の内容は、未成年の子供が成人になるまでの期間、親権者が子供の代理で取引を行うということです。
未成年者の取引の責任は、親権者の責任において管理するという、親権者の責任を明確にしています。

必要書類に関しては、口座開設予定者の本人確認書類はもちろんのことですが、親権者であることを示す確認書については、住民上や健康保険証、母子手帳等、証券会社が指定する確認書を提出する必要があります。

必要書類は一点でいいのか、二点必要なのか等と各証券会社によって異なる場合がありますので、口座を開設する予定の証券会社にお問い合わせ頂ければと思います。

株の資金は誰が負担するのか

証券会社での口座開設が無事完了したとしても、誰が運用資金を出すのかは大変大きな問題となります。

学生が、自らアルバイトなどをして貯めたお金があり、お年玉やお小遣いをこつこつ貯めた自分名義の預貯金があれば話は簡単ですが、親が投資資金を援助するとなると、金額によっては贈与税がかかる場合があり、注意しなくてはなりません。

贈与税とは、個人から財産をもらったときにかかる税金のことをいいます。

基礎控除額は年間を通して110万円です。

年間110万円以内の贈与であれば税金はかかりません。

例えば、300万円を親権者から子供に対して贈与する際、1年間にまとめて300万円を贈与すると贈与税がかかりますが、3年に分割して毎年100万円ずつ贈与したとすると、贈与税はかかりません。

なお、贈与税を納める必要がある際は、確定申告が必要となります。

重要な点として、扶養控除の問題があります。

学生が扶養に入っていると、親権者等が扶養控除を受けることができます。

学生が株式投資で得た利益も、親の所得に左右する場合がありますので、注意が必要です。

「源泉徴収あり」の特定口座で取引をし、損益通算や確定申告をしなければ問題ありませんが、税金に関しては人により変わってきますので、細かい点については最寄の税務署や税理士にお問い合わせ下さい。

学生が株をはじめるにあたり、知っておきたいメリットやデメリット

学生が株をはじめることで、利益を出したり、経済に興味を持ったり、就職活動をする上でも様々なメリットがある一方、損失リスクなどのデメリットがあります。

そこで、株式投資を始める前にこそ知っておきたいメリットやデメリットについて説明します。

メリットについて

一つ目は、大きな利益を出せる可能性があることです。

銀行の普通預金に預けていたとしても、ほとんど利息がつかず、大きく利益を上げることはまず不可能といえます。

しかし、株式投資は元本が毀損するリスクはありますが、値動きが大きく、うまくいって大きな利益を上げることができれば、アルバイトの回数を減らすことで学業に専念する時間を増やすことができ、奨学金の返済に充てることもできるかもしれません。

二つ目は、経済や世界情勢に強くなれることです。

株式市場は国内情勢、世界情勢にも大きく影響されます。

特に、昨今の北朝鮮のミサイル問題や、米国の経済政策、各国の中央銀行による金融緩和政策の行方などは、極めて重要なポイントです。

株式投資で生き残るためには、このような問題について勉強をする必要があります。

株式投資をきっかけに積極的にアンテナを張れるようになれば、時事問題に強くなり、就職活動などにおいても有効に生かすことができ、視野も広がるのでははないでしょうか。

また、株式投資を通じて、様々な企業を知ることも出来ます。

人生の中でも学生時代に株式投資を行った経験は、大きな財産になると思います。

デメリットについて

一つ目は、株式投資は大きく利益を上げられる一方、大きく損失を被る可能性があることです。

特に、学生は主な収入源はアルバイトだけですから、予想以上に損失を出してしまうと、学業に大きな影響を与える可能性があります。

損失が出た場合に、挽回しようとするあまり、奨学金をつぎ込んでしまってさらに損失を出してしまって大学を辞めざるをえなくなってしまったという方もおられます。

特に信用取引や日経平均先物などは、レバレッジが大きいため、短期間で大きなリターンを得られる可能性がありますが、逆に短期間で大きな損失を抱えてしまうという可能性も秘めています。

特に、現物の株式投資だけであれば投資した元本以上に損失が出る可能性はありませんが、信用取引や日経平均先物などでは投資した元本以上の損失を出してしまうことがあるため、特に注意して頂きたいと思います。

二つ目は、株式投資にのめりこんでしまいすぎると、学業がおろそかになり、株式投資のこと以外への興味が減衰してしまう可能性があります。

「過ぎたるは及ばざるが如し」といいますが、しっかりと勉学に励み、将来への夢についても忘れぬように投資とお付き合いして頂ければと思います。

また、学生時代にしか経験できないことがありますし、何よりも自由に時間が使える期間は一生涯を通じても極めて限定的な期間です。

学生の本分である勉学に励むことは忘れないで頂きたいなと思います

勉強や経験は自分への投資です。

学生が株取引をした際に失敗しがちなケース

株の取引経験が少ない学生は、取引経験不足により失敗しがちなケースがあります。

失敗しがちなケースは、買いたい株についてよく調べることをしないで株を買ってしまうことです。

株を勢いで買ってしまったのはいいけれど、買ってから値下がりすることも少なくはないですので、株を買う際には事前に情報を取集して納得がいってから買うようにしてください。

また、株を買ったけれど、買った途端に値下がりし、損して株をうる「損切り」ができないケースもあります。

株を買ったときに、どこまで下がったら売却するか自分の中でルールを決めておくことも大切です。

学生は資金がないので少額資金でどのように取引したらよいのか?

投資用資金が少ない学生の場合、少額投資でどのように取引したらいいのでしょうか。

株を買うには多額の資金を用意しないといけないと思っている方も多いかもしれませんが、株式市場で上場している銘柄のうち約1400銘柄は10万円以下で購入することが出来ます。

少額取引の場合、手数料が気になるところですが、10万円以下の取引の場合、松井証券、SBI証券、楽天証券のネット証券は手数料が無料なので、利用してみてもいいでしょう。

また、通常100株単位や1000株単位でしか買えない株を1株から買うことができる「株式ミニ投資(ミニ株)」からはじめてみることもおすすめです。

投資金額が少なくても取引することは、可能なのでぜひチャレンジしてみてください。

学生は、株の勉強をどのようにしたらいいのか

全く株をやったことがない学生にとっては、どのように株の勉強をしたらいいのかわからないですよね。

そこで、株の勉強の方法について一例をご紹介いたします。

新聞であれば、「日本経済新聞」をお読みいただければよろしいかと思います。

経済の情報や質は、ずば抜けています。

企業研究をして投資したい銘柄を選ぶ際にも、「日本経済新聞」の情報はとても参考になります。

また、日本証券業協会のホームページには、動画で学ぼう!よくわかる証券投資の基礎知識が掲載されていますので、動画で証券投資の基礎知識を学ぶことができます。

ぜひ、参考にしてみてください。

まとめ

学生時代から株式投資に触れることについては、様々な視野が広がるというメリットがある一方、株式投資に夢中になって、思いがけない損失を出してしまうデメリットがあります。

証券会社に学生が口座を開設する際は、成年であれば何の問題もありませんが、一部の証券会社でしか口座開設をすることはできず、未成年の学生が口座を開設する際には、親権者の同意が必ず必要となります。

さらに、投資資金についても、子供の預貯金だけではなく親権者が贈与するということになるのであれば、贈与税にも気をつけなければなりません。

親権者と子供が株式投資を通じて、経済や海外情勢、リスクリターンの取り方について等をしっかりと話し合い、より一層絆を深めることができるきっかけとなれば大変嬉しく思います。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

株式投資

株の初心者

株の基礎知識

株の情報収集

株の用語集

株の口座開設

タグリスト

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション