お金の参考書 投資関連

株初心者の始め方は証券会社の選び方が重要!銘柄選択から買い方まで

株式投資に興味があっても、「株は怖そうなのでやるならきちんと調べてから株式投資を始めたいな」と思っている人はたくさんいらっしゃると思います。

特に、「株式投資を始める前に知っておくべきこと」や「株をどのように始めたらいいかについて」や「株は簡単に始められるのか」について特に気になりますよね。

また、株式投資を始めようとしている人にとって、「初心者が株を始めるのに必要なこと」や「株式投資のやり方」や「株の選び方」については、特に知りたいことでしょう。

そこで、今回は株式投資に興味がある人や株式投資を始めようとしている皆さんに、「株の始め方」に関して詳しく説明していきます。

株を始める前に知っておくべきこと

まず、株を買うということはどういうことなのでしょうか。

株を買うことは、企業が発行する株式を購入するということをいいます。

簡単に言うと、投資家が出資することにより、会社のオーナーの一員となり、株主の権利を取得することです。

投資家は、株主の権利を得ると、配当金や株主優待を受ける権利や、株主総会に出席する権利を得ることができます。

また、その会社の価値は、企業の業績や将来性、資産などを元に、投資家が取引所で売買されることで決定されます。

一方、企業側としては、発行した株式を投資家に買ってもらうことで事業の運営や新規設備に投資したりする資金を得ることができます。

株価は投資家が価値を決めた金額で売買される価格のことを言います。

株価の変動は、簡単にいうと企業への評価が日々変わるからと考えていいと思います。

まずは証券会社に口座を開設しなければ始まらない

株を買うためには、証券会社を通して証券取引所を介して売買する必要があります。

つまり、株の売買を始めるためには証券会社に口座を開設しなければならないのです。

口座を開設するまでにかかる期間は、書類が全て整ってさえいれば、オンライン上で手続きを行えば翌日には口座開設が完了する場合があります。思ったより、簡単ですよね。

株初心者におすすめ証券会社の選び方

たくさんの証券会社がある中で、どの証券会社を選べば良いのか、どうやって証券会社を選べば良いのか分からない方は多くいらっしゃると思います。

そこで、これから株を買うまでの流れについて、どのように証券会社を選び、どのように口座を開設し、そして、どうやって株を買っていくのかについてお話しいたします。

株初心者が取引しやすい証券会社とは、どのような条件の証券会社なのでしょうか。

まず、株式投資をこれから始める初心者にとっても取引しやすい証券会社を選ぶ際、求められる条件として「現物株の少額取引で手数料が安い証券会社」「金融商品の種類が豊富」「投資情報が充実」
といった点をバランスよく満たしていることが大切です。

また、株初心者が証券会社を選ぶ際に特に大切なのは、証券会社の手数料です。

証券会社の手数料も各社まちまちですが、「現物株の少額取引」
でも手数料が安いかどうかは最も大切な要素です。

例えば、1度の取り引きで手数料が100円しか異ならないとしても、100回取引をすると1万円の差がつきます。

この積み重ねが後々大きなものとなってくるのです。

初心者にオススメの証券会社ランキング

それでは、先ほど挙げた株式投資をこれから始める初心者にとって重要な3条件である「現物株の少額取引で手数料が安い証券会社」、「金融商品の種類が豊富」、「投資情報が充実」をバランスよく満たした証券会社のランキングを紹介します。

★オススメNO.1「SBI証券」

SBI証券は、口座開設数が410万口座を超える規模(2017年12月末)で、口座数だけではなく、投資家から預かっている資産(預かり資産)、個人投資家の株の売買代金などでもネット証券NO.1です。

商品ラインナップも豊富で、IPO銘柄数、投資信託取扱本数もネット証券NO.1です。SBI証券が初心者にオススメの証券会社である理由である、「初心者にも大変見やすくわかりやすい画面構成の最強ツールの『HYPER SBI』」があります。

このHYPER SBIでは、板情報画面においてマウスをドラッグアンドドロップすることで注文や注文訂正等が可能です。最短ではなんと1クリックで発注することができ、高速でトレーディングを行うことができます。

また、SBI証券だけが可能であるPTS取引という夜間取引や、在籍するアナリストによるオンラインセミナーやアナリストレポートなど、豊富なマーケット情報を得ることができる点も大きな魅力です。

SBI証券の評価ポイント!
SBI証券のここがオススメ!
  • 手数料が安い
  • 貸株金利が高い「貸株サービス」
  • 豊富な取扱い商品
  • ネット証券NO.1のIPO取り扱い実績
  • SBI証券だけの夜間取引(PTS取引)
  • 見やすさと高性能の最強ツール「HYPER SBI」
  • 豊富なマーケット情報
★オススメNO.2「楽天証券」

楽天証券は、SBI証券に次ぐ280万件口座(2018年11月1日)の規模で、幅広い層から支持を集めています。

パソコンやスマホでも便利な取引ツールがあるので、初心者から積極的に投資を行うトレーダーまで大変人気があります。

楽天証券が初心者にオススメの証券会社の理由である「PCもスマホも便利な取引ツール」は「MARKETSPEED」と呼ばれており、ドラッグアンドドロップで簡単に発注することができ、株の初心者にもオススメのツールです。

株式ニュースや市況情報のみならず、日経テレコンや四季報まで無料で読めるのは大変嬉しい機能なのではないでしょうか。

また、楽天証券は日本株のみならず、様々な国の株式や投資信託、FX、株価指数先物、日経225オプションやカバードワラントなどの豊富な商品ラインナップも大きな魅力です。

楽天証券が自動的に運用をしてくれる資産運用のロボアドバイザーである『楽ラップ』も大変注目されています。

楽天証券の評価ポイント!
楽天証券のここがオススメ!
  • リーズナブルな手数料
  • MARKETSPEEDのツールが使いやすい
  • ポイントがたまる優遇金利5倍
  • NISAは、手数料が永久無料
  • IPOの取り扱い実績がある
  • 外国証券の取り扱いが豊富
  • 資産運用のロボアドバイザー「楽ラップ」
★オススメNO.3「松井証券」

松井証券の最大のポイントは、なんといっても1日の取引金額が合計10万円までであれば手数料が無料であることです。

合計10万円まではあるとはいえ、手数料が無料であるのは松井証券だけです。少額で株式投資を始めようとする初心者にとっては、大変大きな魅力なのではないでしょうか。

また、長年の経験に培われたフリーコールのサポート体制は、パソコンの操作なども教えてもらうことができ、初心者にとって安心できる材料の一つだと思います。

配当金や株主優待、チャートの形状や相場に関するテーマなどから株式銘柄を検索することができる情報ツールを無料で利用することができます。

株を始めたばかりの初心者にとってはたくさんの銘柄から一つの銘柄を選ぶのは大変難しいことです。そうしたときにこれらの松井証券が用意している銘柄検索ツールは、投資する際の大変大きな味方となるのではないでしょうか。

松井証券の評価ポイント!
松井証券のここがオススメ!
  • 1日の株式約定代金合計10万円までなら手数料無料
  • 信用取引の手数料が無料
  • フリーコールでの安心サポート体制
  • 豊富な無料情報ツール
  • IPOが完全平等抽選
  • 投資信託のロボアドバイザーが無料

口座開設するのに必要な書類

口座開設をするためには必要な書類はなんでしょうか。

事前にそろえる必要がある書類について、説明していきます。

各証券会社によって、必要な本人確認書類やマイナンバーの書類の写し、銀行口座の通帳などが必要となります。

運転免許証を持っている方は、免許証をご用意いただくと顔写真も入っているので、口座開設する上で便利です。

口座開設の方法

それでは、口座を開設開設する際にはどうしたらいいのでしょうか。

まず、証券会社のホームページにアクセスをし、口座開設の手続きをします。

名前や住所、投資方針や運用予定金額などを入力します。

口座開設の際には、必要書類の写しをスマホやタブレットでから応募する際にはそれらの書類をカメラ機能などで撮影をしてファイルによって送ることで手続きを行うことができる証券会社もあります。

これらの手続きを終えると、数日後にログインするためのパスワードや、取引するための暗証番号などが送られてきます。

そして、送られてきたパスワードを入力してログインし、株式を購入するための資金を入金ができ次第、取引することが可能となります。

株で損したくない人、儲けたい人が気を付けなければならないこと

「株で損をしたくない」「株をするからには儲けたい」と思うことは誰しもが共通することです。

初心者が失敗せず、成功するために気を付ける点が3つあります。

まず、一点目は、「現物取引しかしない」
ということです。

株式投資は、現物取引以外に、証券会社からお金を借り、口座に入金した金額以上の取引ができる「信用取引」というものがあります。

例えば、100万円を口座に入金した場合、約300万円までの取り引きが可能となります。

もし、思わぬ業績の不調などで株価が一気に大きく下がってしまった場合、入金した金額以上の損失を被ってしまう場合もあります。

初心者にはお勧めしません。

そして、二点目は、「少額から始める」
ということです。

最初に大きく投資をし、失敗してしまうと立ち直りが利きません。

筋トレも急に大きな負荷をかけると体を壊してしまうこともありますが、似たようなことです。

最初は少額から始め、慣れてきてから増額していきましょう。

最後の三点目は、「下がったからと言って焦らない」ということです。

初心者の中には、株を買ってすぐに株価が下がったりしてしまうと、心配になってすぐに売却してしまう方もいらっしゃいます。

そこで、株を買う前に「ここまで下がったら諦めて売却する」と決めておくことが大切で、そうすれば少し下がったくらいでは動じることもありません。

株で勝つには、いかに損失を減らすことができるかが最も大切です。

過度にリスクを取りすぎないように挑んでもらえたらと思います。

初心者が選えらぶべき株はどんなもの?

初心者が選ぶべき株はどのような銘柄でしょうか。

選定方法やお勧めの銘柄などについてご説明いたします。

どのような選び方をするのか?

それでは、どのようにして株の銘柄を選べばよいのでしょうか。

株を始めたばかりの投資の初心者にとっては、自分の生活に身近な企業で業績のいい銘柄を選ぶ方法を取ることをお勧めします。

例えば、日常的にスーパーに行っている方にとっては、魚や野菜などの値段の上下に敏感になっているのではないでしょうか。

また、ファッションに関心を持っている方にとっては、売れ筋の服などに詳しい方もいらっしゃると思います。
 
株主に対して定期的に支給される株主配当金や株主優待が充実している銘柄に投資をする方法も人気の手法です。

配当金が多い銘柄の中では、株価に対して配当金の割合が4%を超えているものさえあります。

配当金は、中間決算と期末決算のタイミングに合わせて年に1~2回、企業が投資家に対して支払うことが多くなっています。

配当利回りが4%の株式を100万円分持っていた場合、税金を考えなければ1年間に4万円の配当金を受け取ることができますから、預貯金と比較すると大変大きいことが理解していただけると思います。

また、日常的に利用することが多い企業で、株主優待が充実している銘柄であれば、日常の生活でも恩恵を受けることができます。

配当利回りが高い銘柄や株主優待については、インターネット証券のツールに多く搭載されているスクリーニング機能を使って検索されることをお勧めします。

様々な銘柄を選定する手法がありますが、自分の投資に関する考え方やライフスタイルに合わせて銘柄を選定してみてはいかがでしょうか。
 

オススメの銘柄はこれ!

それでは、「少額投資にオススメな銘柄」と「株主優待でオススメな銘柄」についてご紹介します。

★少額投資 (10万円以下で買える銘柄)

銘柄コード5020 JXTGホールディングス(6/15終値:764円 76400円)

東燃ゼネラルと経営統合し、国内シェア5割の石油元売り最大手。

(オススメ理由:国内シェア約5割の石油元売り首位企業で、銅など非鉄事業も兼営しています。原油価格の上昇が、株価の後押しとなることが多い銘柄です。足元、WTI原油価格は1バレル=70ドルを超える水準まで上昇しています。中東での地政学的リスクの高まりが原油価格の上昇要因になるから)

銘柄コード1893 五洋建設(6/15終値:735円 73500円)

海上土木首位で総合建設準大手級。海外の大型案件受注に注力。

(オススメ理由:海洋土木で最大手、総合建設としても準大手級の企業です。過去、東京湾岸再開発、関西新空港、中部新空港などの大型プロジェクトを手掛けた実績があります。海外でもアジアの大型湾岸土木・建設工事の受注に意欲的です。建設株は好調な内需を背景に評価されることが多いから)

銘柄コード3289 東急不動産ホールディングス(6/15終値:801円 80100円)

東急電鉄系の総合不動産大手で、東急ハンズからリゾート開発まで業容は多彩。

(オススメ理由:東急電鉄系で、三井不動産、三菱地所、住友不動産など総合不動産大手の一角です。渋谷と銀座を中心に物件を保有し、マンション分譲も都市型物件の構成比が高くなっています。大手不動産株は株価が安値に位置しているものが多く、出遅れ感が強いセクターだから)

銘柄コード7246 プレス工業(6/15終値:649円 64900円)

トラック用フレームやアクスル生産で国内トップ。いすゞ向けが主体。

(オススメ理由:トラック向けフレーム(アクスル/車軸部品)の加工・組み立てを主力とする企業、いすゞ自動車向けを多く手掛けています。このほか建設・鉱山用機械は国内と中国で活況を呈しており、成長ドライバーとなっています。今年ここまでトラック関連銘柄の動きは良いものではありませんでしたが、ドル円相場や世界株の落ち着きを背景に見直される場面があるのではないかと考えられるから)

銘柄コード3941 レンゴー(6/15終値:1019円 101900円)

板紙専業では首位、製紙業界で3位。軟包装などの樹脂系包材にも注力

(オススメ理由:板紙・段ボール最大手です。2016年に重量物用段ボール世界最大手のトライウォールHDを買収、ネット通販の隆盛で、宅配便など小口輸送市場急拡大の恩恵を受け続けています。2019年3月期営業予想は75.6%増の300億円としています。株価が高値圏をキープする動きを続けており、一段高への期待があるから)
 

★株主優待
(オススメ理由:株主優待のオススメ理由は株主優待の内容になります)

銘柄コード3197 すかいらーく(6/15終値:1699円 169900円)

ファミレス最大手。主力は「ガスト」。中華「バーミヤン」や和食「夢庵」も展開。14年10月に再上場。

株主優待:株主優待カード→すかいらーく系列店舗で利用できる割引券を贈呈。

銘柄コード2914 日本たばこ産業(6/15終値:3165円 316500円)

たばこが事業の中核。M&Aで海外たばこ事業を拡大中。食品・医薬品も展開。

株主優待:株主優待商品→自社製品を贈呈。

銘柄コード2702 日本マクドナルドホールディングス(6/15終値:5990円 59900円)

外食の国内上位。世界的ハンバーガーチェーン。米国本社の影響大。

株主優待:優待食事券→1冊にバーガー類、サイドメニュー、飲物等の無料引換券が1冊になったシートを贈呈。

銘柄コード7201 日産自動車(6/15終値:1019円 101900円)

自動車メーカーの大手でフランスのルノー傘下。

株主優待:株主様紹介特典制度→株主が日産車新車の購入意向がある人を紹介し、購入に至った場合にギフトカードを贈呈。

銘柄コード8267 イオン(6/15終値:2410.5円 241050円)

国内流通2強の一角で総合スーパーが中心。

株主優待:株主優待カード→イオングループでの買い上げ金額からキャッシュバック、お客様感謝デーでの割引、長期保有者へはギフトカードを進呈。

個別銘柄でなくETFもオススメ!

個別銘柄はたくさんあって銘柄を選ぶのは大変だけど、日経平均株価ならなんとなく身近でわかりやすいと思われる方もいらっしゃると思います。

そういった方におススメなのは、日経平均株価やTOPIXといった、株価の指数に連動するETFと呼ばれる投資信託の商品の購入です。

ETFとは、Exchange Traded Fundの略称で、日本語に訳すと、「証券取引所に上場している投資信託」です。

ETFは、東証一部のような市場そのものに投資できます。

また、日経平均のように市場の動きを表す指数に対しても、投資することができます。

ETFは市場で売買することができ、日経平均やTOPIXに連動して価格が変動するものだけでなく、業種別のETFや海外の様々な市場に連動するもの、金や原油価格などの商品価格に連動するETFなど、様々なものがあります。

手数料も一般的な投資信託と比較するとかなり安いことも特徴の一つです。

株の買い方

実際に株を買うにはどのようにしたらいいのしょうか。株の買い注文の方法と、株の買うタイミングについて説明します。

株の買い注文の方法

口座開設が完了し、入金が完了したら、いよいよ株を買ってみたくなりますよね。

それでは、どのようにして株を買っていくのでしょうか。

まずは買いたい株を選びます。どの株を買えばいいのかが、株式投資の際には最も大切となります。

「安く買って高く売る」が基本です。また、値動きの激しい株はそれだけリスクも大きいものです。

大きく利益が出る可能性が高ければ、大きく損失を出す可能性も高いということを忘れないようにしてください。

注文の出し方は、簡単です。

購入したい銘柄の株価をチェックし、今取引されている株価水準で買いたいとなれば「成行注文」という注文方法を選びます。

一方で、今の株価よりも低い水準で買いたいという場合であれば 「指値注文」という発注形式を選択します。

指値注文は、株価を指定して発注するもので、例えば、現在の株価が1000円であるのに対して、「現在の株価は高いために900円で買いたい」と思えば 900円の指値注文を出します。

また、指値注文で指定した株価は変更することができます。

例えば、「900円まで株価は下落しないだろうから950円で買いたい」という場合であれば、950円に指値の変更をすればいいのです。

もしくは、「900円は少し高いのでもっと下の850円で買いたい」ということであれば、指値注文を850円に注文を変更するということもできます。

株を買う際には、状況に応じて注文方法を検討することが大切です。

「株は安く買い、高く売る」が基本ですので、常に意識しておきましょう。

株の買うタイミングはいつ?

それでは、安く株を買うタイミングはいつでしょうか。

ポイントを二点挙げます。

まずは、株価が上がり基調の際に「今後株が上がり続ける」場合です。

このとき、特に売買金額が増えているときや、直近の高値を越えてきた場合は上値を追う展開となることが多いです。

もう一つの場合は、株が大きく下落し、「これ以上は下がらなく、これから上昇していくだろう」といったときです。

この場合であれば、直近の安値を下回らず、少し持ち直してきた場合です。

直近の安値が株価のサポートになる場合が多く、何か好材料が出れば一気株価が持ち直すこともあります。

まとめ

株を買うことは、企業が発行する株式を購入するということを言います。

株を買うためには、証券会社を通して証券取引所を介して売買する必要があるので、証券会社に口座開設をしなければなりません。

、株式投資をこれから始める初心者にとっても取引しやすい証券会社を選ぶ際、求められる条件として「現物株の少額取引で手数料が安い証券会社」「金融商品の種類が豊富」「投資情報が充実」といった点をバランスよく満たしていることが大切です。

また、株初心者が証券会社を選ぶ際に特に大切なのは、証券会社の手数料です。

証券会社に口座開設するには、証券会社のホームページにアクセスをし手続きをします。

初心者が失敗せず、成功するために気を付ける点は、「現物取引しかしない」、「少額から始める」、「下がったからと言って焦らない」です。

株を始めたばかりの投資の初心者にとっては、自分の生活に身近な企業で業績のいい銘柄を選ぶ方法を取ることをお勧めします。

株を買うタイミングのポイントは、「今後株が上がり続ける」場合と「これ以上は下がらなく、これから上昇していくだろう」という局面です。

株の始め方についてご理解できたと思いますので、ぜひ株を始めてみてはいかがでしょうか。


関連記事

お金の参考書
おすすめランキング

記事一覧

株式投資

株の初心者

株の基礎知識

株の情報収集

株の用語集

株の口座開設

© Copyright 2017 お金の参考書. All rights reserved.

MENU

カテゴリ一覧

仮想通貨

資産管理

保険

クレジットカード

投資関連

インフォメーション