【特定疾病の治療費も保障する終身保険】マニュライフ生命こだわり終身v2

FPに聞いた
こだわり終身v2のメリット

死亡保険なのに、特定疾病にかかった場合にも備えられる!

ノンスモーカーなら保険料が安い!

元国営会社で信頼性の高いマニュライフ生命の生命保険

終身死亡保険をお探しの方で「ガンなどの重い病気がなんとなく心配ではあるけれど、掛け捨ての医療保険には抵抗がある・・・」という方。
「1年以上喫煙していない」ノンスモーカーの方。

こだわり終身v2はあなたにピッタリの終身保険かもしれません。
特定の保険会社に所属せず、複数社の保険に熟知したファイナンシャルプランナー(FP)さんに伺ったこだわり終身v2のメリットを紹介していきます。

※保険会社に気兼ねなく正直にコメントしてもらうため、FPさんは匿名です。

「こだわり終身保険v2」は死亡保険なのに、特定疾病にかかった場合の保障にもなる!

「こだわり終身保険v2」は低解約返戻金タイプの終身保険です。
「低解約返戻金タイプ」とは、
●月々の保険料は割安だけれど、途中で解約すると返戻金は少額しか戻らない
●保険料を満額支払い終われば、支払った以上の返戻金が受け取れる

というしくみを持つ保険のことです。

こだわり終身v2には「特定疾病保険料免除特約」、すなわち「特定の病気になった場合、保険料が免除される」という特約を付加することができます。
「特定の病気」というのは
●悪性新生物
●急性心筋梗塞
●脳卒中

のこと。

保険加入後に上記の特定疾病の状態になってしまった場合、治療費や働き方の変化により保険料を支払い続けるのが困難になることも想定されます。

しかし保険料の払込が終了する前に保険を解約しなければならなくなった場合、残念ながらすでに払い込んだ保険料よりはるかに少ない返戻金しか戻ってこきません。

そのような場合に備えて、いくつかの保険会社は特定の疾病にかかった場合に以後の保険料を免除する、といった特約を用意しているのですが、「こだわり終身v2」の場合、ここに他社と違った大きな特徴があるのです。

こだわり終身保険v2の商品詳細

「こだわり終身保険v2」保障内容

「こだわり終身保険v2」の主契約
死亡保険金被保険者が死亡したときに支払
高度障害保険金被保険者が病気またはケガにより所定の高度障害状態になったときに支払
「こだわり終身保険v2」の特則
特定疾病保険料払込免除特則保険料払込期間中にガン・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になったとき、それ以後の保険料払込を免除
「こだわり終身保険v2」の特約
配当新災害割増特約
無配当年金特約
指定代理請求特約
リビング・ニーズ特約
無配当年金支払移行特約

「こだわり終身保険v2」の特定疾病保険料払込免除特則

●契約時に特定疾病保険料払込免除特則を適用した場合、被保険者が保険料払込期間中にガン・急性心筋梗塞・脳卒中により所定の状態になったとき、以後の保険料払込を免除
●払込免除になった場合、特定疾病で所定の状態になった時、一時払いで保険料の払い込みがあったものとして取り扱われる

通常多くの会社でつけることのできる「特定疾病払込免除」は、所定の特定疾病になった場合以後の保険料支払いが免除され、それまでの予定と同じように支払ったものとして解約返戻金が積立てられます。

「こだわり終身保険v2」では、特定疾病で所定の状態になった時に一時払いとして扱われるため、保険料払込期間満了を待たずに解約しても多額の解約返戻金を受取ることができるのです。

「こだわり終身保険v2」における特定疾病保険料払込免除特則による払込免除事由は以下のとおりです。

特定疾病保険料払込免除事由
ガン(悪性新生物)責任開始日より91日目にあたるガン責任開始日以後に、初めてガンの診断確定を受けたとき
急性心筋梗塞責任開始期以後の疾病を原因として急性心筋梗塞を発病し、所定の状態が継続したと医師に診断されたとき
脳卒中責任開始期以後の疾病を原因として脳卒中を発病し、所定の状態が継続したと医師によって診断されたとき
大きな病気になった場合、ドカンと増える解約返戻金で病気の治療費をまかなうことも可能です
FPコメント

各生命保険会社が持つ「特定疾病保険料免除特約」は通常、特定疾病の状態になった場合に以後の保険料の支払いが免除され、解約返戻金は予定通り保険料を支払ったものとして積み立てられていく仕組みになっています。

病気になったときに、病気になったから解約金が特別増える、ということはなく、病気にならずに普通に払込んだときと同じだけ受け取れる、ということですね。

しかし、こだわり終身v2の特定疾病保険料免除特約は、特定疾病の状態になり特約が発動した時点で、「一時に保険料を支払ったもの」として取り扱われるのです。


どういうことかと言うと、例えば、
30歳女性が1000万円の保障額でこだわり終身v2に加入した場合、
毎月の保険料は25,810円です。

この女性が1年後にガンになった場合、それまでの総支払額は約31万円(25,810円×12ヶ月)になりますよね。
ですが、その時点で解約した場合の解約返戻金は突然約515万円に増えるのです。

もちろんその時点で解約せず保険契約を継続すれば、解約返戻金は増加していきますが、がんなどの大きな病気になれば高額な治療費が必要になることも十分想定されます。
その際に、この解約返戻金を治療費として活用することができますね。


つまり、こだわり終身v2は
●亡くなった場合に支払われる「死亡保障」
●特定疾病の状態になった場合、「保険料支払免除 & 治療費(解約返戻金)」
●健康なまま過ごせた場合、解約返戻金が受け取れる「貯蓄機能」
の3つを備えていると言えるのです。


純粋に様々な病気が心配という方には別途掛け捨ての医療保険をおすすめしますが、
「なんとなく病気が心配。保障はあるに越したことないけど、掛け捨ての医療保険はもったいないなぁ」
と迷っている方や、
「がんや脳疾患など重い病気が心配。重い病気の保障を持ちつつ、貯蓄もしていきたい!」
と考える方には非常に良い保険だと思います。

ノンスモーカーなら保険料が安い!

こだわり終身v2の2つめの特徴は、ノンスモーカーであれば保険料が割引になるという「ノンスモーカー料率」制度にあります。

これは、「過去1年の間に喫煙していないひと」(過去1年以内の喫煙の有無に関する告知に加え、会社所定の喫煙検査を受ける必要あり)が対象で、喫煙者料率に比べて約8%も割引されます。
さらに、返戻率も少し高くなります。

「こだわり終身保険v2」の保険料

【契約例】
死亡・高度障害保険金額/1,000万円
保険期間/終身
保険料払込期間/65歳満了
特定疾病保険料払込免除特則あり
その他特約なし

「こだわり終身保険v2」男性保険料
契約年齢標準保険料率
(喫煙者)
非喫煙者保険料率
20歳15,300円14,130円
30歳21,180円19,450円
40歳33,840円30,910円
50歳64,390円58,820円
「こだわり終身保険v2」女性保険料
契約年齢標準保険料率
(喫煙者)
非喫煙者保険料率
20歳14,400円13,510円
30歳20,050円18,710円
40歳31,650円29,430円
50歳58,630円54,640円

ノンスモーカーであれば、20歳男性で年間1万円、30歳男性なら年間2万円近くの割引になります。

健康相談サービス「メディカルリリーフ(プラス)」が利用できる

こだわり終身保険v2に加入すると、ティーペック株式会社が提供する5つの健康サービスが無料で受けられます。

①メディカルほっとコール24

契約者本人やその家族の健康や介護に関する相談を24時間365日、医師や看護師、保健師などの専門家に相談することができます。
周辺の医療機関情報、専門医や専門外来などのニーズに対応した専門医療情報の提供を行います。

②メディカルソムリエ

はじめに診察を受けた医師とは別の専門医に相談してセカンドオピニオンを受けたいとき、総合相談委との面談や電話によるセカンドオピニオンの手配をします。
面談によるセカンドオピニオンの結果、より高度な医療が必要と判断された場合は優秀な専門臨床医を紹介してもらえます。

③メンタルケア支援サービス

ストレスやメンタルヘルスなどこころの悩みに関して、電話や面談で臨床心理士を中心とした心理カウンセラーなどの心の専門家に相談することができます。

④生活習慣病支援サービス

高血圧や脂質異常症などの生活習慣病を改善するための具体的な取り組みを提案しサポートしてくれます。
糖尿病に関する質問や相談、糖尿病専門医の紹介を受けられます。

⑤ガン支援サービス

専門スタッフにガン全般の相談、メンタルヘルス、セカンドオピニオンの相談ができます。

マニュライフ生命は信頼できる生命保険会社なの?

「こだわり終身v2」のような低解約返戻金タイプの保険は、早期に解約してしまうと、それまでに払込んだ金額より少ない額しか戻ってこないため、払込満了時まで解約せず長期間にわたって契約を結ぶことが前提になります。
長期契約する際には、保険会社の健全度や専門家からの評判も不可欠ですね。

マニュライフ生命は元国営会社。資金繰りの信頼性も高いです
FPコメント

マニュライフ生命はもともとカナダの国営の保険会社でした。それが民営化され現在に至るので、日本でいうかんぽ生命のような保険会社なんですね。
現在はカナダに本拠を置き、米国やアジアを中心に営業展開する外資系生命保険会社です。
規模もかなり大きく、資金繰りにおいての信頼性も問題ないでしょう。

あまり社名になじみがないかもしれませんが、マニュライフ生命が日本市場に参入したのはもう15年も前のことなんだそうです。
初めは企業向けの商品を主に販売していましたが、最近は個人マーケットにも本格的に参入している様子です。
ただし、対面販売を重視しているため、返戻率の試算などを気軽にネット上で行うことはできないようです。